2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Go!プリンセスプリキュア

2016年2月 1日 (月)

Go!プリンセスプリキュア 最終話 “はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!”

こんばんは。
今日はGo!プリンセスのプリキュアの感想です。
ついに最終回です。うむ。
ちょうど一年前の今日から始まったんだよなぁ。。。
トッキュウジャーが中止になったりあの日は波乱の幕開けでしたが。
2月1日に始まって1月31日に終わるって、ほんと一年丸々使ったんですな。
おかげで50話できましたし、日付的にも恵まれた作品でありました。

そんな最終回ですが。
今週も素晴らしかった。素晴らしかった。
ラスボスと話し合いって聞いてたから、今年は例年のような戦闘はないのかと心配していましたが、いやはや熱い話し合いであった。
Bパートのエピローグも、これまで登場したゲストの人達のほとんどもしっかり再登場していたましたし。
cパートでは大人になったハルカ達が出てきたりと、ほんと最後まで隙のない作品だった。
ほんといい作品を見た。

それでOP。
最終回にしてOPが地味に変わりましたな。
歌が1番にってたのにはゾクッときた。このタイミングで戻すなんて粋ですな。
最終回の少し前からOPが初期のものに戻ったドクタースランプアラレちゃんを思い出す(古

Gogo20160131mp4_000147247

ついにハルカがグランプリンセスに。
ここに来てようやくカナタの衣装と釣り合いが取れるようになった。
カナタが消えたり、このくだりは色々と熱かったな。

Gogo20160131mp4_000160513

あとクローズさんの目が光ってたな。かっけぇなぁ。
いつも光ってたっけ? とか思って見直してみたら、今週だけだった。

Gogo20160131mp4_000286364

そういえばサブタイトルのところって、ずっとフローラ一人のままでしたな。
ここって全員登場するのが通例だったのでいずれ変わるんじゃないかと思ってたけど、結局最後まで変わらなかった。
これはこれで思い切ってる気がする。

それでクローズさんとフローラ。
やっぱり最後はこの二人の決戦になるんですな。
最初の相手がラスボスとか熱い。

Gogo20160131mp4_000057541

相変わらずロン毛バージョンのクローズさんはかっこいいな。
ディスピア様がラストニンジャばりに最後に力を託してくれたらしい。

Gogo20160131mp4_000082733

それでクローズさん最終形態。
一瞬胸があるのかと思ってしまいましたが。
あの怠惰な人みたいにアバンでいきなり始末されるということもなく、しっかりラスボスやっていた。

Gogo20160131mp4_000611371

ひさびさに劇画顔も披露してくれて嬉しかったぜ。
やっぱりgoプリはこれがなくては(笑)

Gogo20160131mp4_000522742

ストフリはクローズさんと合体してる感じですな。
なんか新幹線みたいでかっこいい。

Gogo20160131mp4_000336691

フローラ「話さなきゃ。クローズと」

そんなクローズさんに、フローラは話し合いに望む。
エコーさん以来の対話型のプリキュア。

Gogo20160131mp4_000340813

マーメイド「いきなさい!」

このマーメイドの反応がよかったですな。信じてる感じが。
やっぱりハルカの相方はミナミさんですなぁ。

Gogo20160131mp4_000366028_2

グランプリンセスから、普段と配色が違う通常モードに。
これって元に戻ったんじゃなくて、グランプリンセスの通常モードになったのかな?
グランプリンセスにも2バージョンあるとは、ほんと凝ってますな。

Gogo20160131mp4_000387659

クローズ「俺とお前だけのステージだぁ。さぁ、踊ろうぜぇ!」

踊ろうぜ、っていいな。
もうここら辺からの戦闘がうごきまくってすごかったですな。
話し合いって事でどうなるか不安でしたが、完全に杞憂だった。

Gogo20160131mp4_000401586

クローズ「お前のなりたかったグランプリンセスは、そんなものかぁ!」

クローズさんの台詞も熱い。
一話で「(夢を)言ってみろ、笑ってやる!」の時にプリンセスになるという夢を聞かされて以来、ハルカがプリンセスに向かって進んでいくのを、ずっと見ていたわけですからな。
そのクローズが夢の叶ったハルカの力をその身に受けて試しているんだと思うと、何とも感慨深いものがある。

Gogo20160131mp4_000430437

リーストウルビヨンのパワーアップ版みたいなビーム攻撃、えっらいかっこよかった。
上位互換って燃えるな。
そして壮絶なロッドアクションをしながら語り。

Gogo20160131mp4_000610770

フローラ「そう、絶望は消えない。絶望はどこにでもある。今までずっと、辛いことはたくさんあった。でも、それを無かったことになんてできない。ううん。なくしたくない――楽しいことと辛いことは背中合わせ。でも! だから! 今の私がいる! ――夢も絶望も、その両方が私を育ててくれた。嬉しいこと悲しいこと、全部ひっくるめて、夢って事なのかな」

困難があるから、成長できる。夢にも近づける。
辛いことは決して悪いことではない。
この一年で積み上げてきたものがあるからこそ、言える台詞ですな。

Gogo20160131mp4_000657368

フローラ「夢だって、消せないよ? 絶望がある限り、夢だって、輝き続ける。いつまでも」
クローズ「強く優しく美しく……か」

根負けするクローズさん。
このすれ違うところほんとによかったな。まさに決着がついたという感じで。

Gogo20160131mp4_000672531

クローズ「消えてやるよ、今はな。あばよ」

Gogo20160131mp4_000696692

フローラ「ごきげんよう」

本来の意味のごきげんよう。ほんといちいち台詞が熱い。
倒すわけでも、和解するわけでもなく、お互い理解しあった上で敵が去って行くというのもすばらしいな。
夢がある限り絶望は消えないわけだから、ここで倒しちゃったらきれい事になってしまいますしね。
夢をあきらめずにしつこいくらいに念じていけば、絶望のほうが根負けして去って行くという、ある意味ものすごくパワフルな決着の付け方(笑)

それにしても、無邪気に楽しいことばかりを描くのではなく、辛いことも同じように受け入れる大切さを解くプリキュアの奥深さ。
これが対象年齢4,5歳の女児向けアニメという所がすごいよなぁ。
こんなアニメ他にあるだろうか。見てないだけであるかも知れないけど。

Gogo20160131mp4_000725959

フローラ「開け、夢への扉」

カギと鍵穴の大きさが全然違ってちょっと面白かったですが。

Gogo20160131mp4_000898177

トワの実家も復活!!!

Gogo20160131mp4_000885482

トワ「お父様、お母様!」

トワも父を母と再会。やっぱりいいなこういうの。
今回トワは両親と再会したり、友達と別れたり、泣き所が多かった。

Gogo20160131mp4_000908887

若干困惑する両親。
単に救われたってだけじゃないですからな。
目が覚めたら昔いなくなった娘がいきなり成長して帰ってきていて、さらにグランプリンセスになってるんだからそりゃ驚く。

Gogo20160131mp4_000914791

男泣きのカナタも感動した。
この人が一番長い間苦労して来たわけですからな。
ようやく苦労が報われたこの感じ、ほんと心に染みる。

Gogo20160131mp4_000959658

役目を終えて眠りにつくキー。
これは返却しなければならないけど、そうするとホープキングダムとの行き来はできなくなるとのこと。
スマプリみたいにがんばればどうにかなると言うこともなく、結構シビアな展開。
別れて終わるプリキュアってのも、めずらしいですな。

Gogo20160131mp4_001009614

桜の舞い散る中、修了式。
桜が舞うのはどちらかというと始業式の時期だと思うけど、気にしてはいけない。
クローズさん倒してからここまでに、どれくらい時間あったんだろうな。
1,2か月くらいは普通に過ごしたんだろうか。
トワは一年が修了するまではこっちにいたんですね。
どうせならヒメみたく卒業まではいればよかったのにな。せっかくただで入れたんだし(オイ

Gogo20160131mp4_001023492

別れを前に、マーブルドーナツをみんなで分け合う一同。
この前のスマプリを思い出すな。これでパフが怠け玉に入れられても大丈夫だ。
ともかく、キララやトワとの別れ。

Gogo20160131mp4_001078886

トワ「みんなには、心の底から感謝しています。これからは、お兄様と共に、ホープキングダムの、夢と希望を絶やさぬ、よう、努めて、まいります…」

涙をこらえきれなくなる感じがいい。ちょっとここ真に迫っていてウルッと来てしまった。

Gogo20160131mp4_001093428

男泣きするアロマの背中も熱い。
カナタといいホープキングダムの男は人知れず涙を流すのだな。

Gogo20160131mp4_001116160

ハルカ「心は、つながっているから。きっと、ね」

なんだかんだでハルカが一番大人ですな。
むしろこういう場で一番号泣しそうな感じなのにな。

Gogo20160131mp4_001131923

手を合わせる四人と二匹。

Gogo20160131mp4_001133308

ユイさんらしき手をのせるところが一瞬遅かったのは、少し遠慮してたんだろうか。
さすが最後だけあって、それぞれの作画も気合いはいってますな。

Gogo20160131mp4_001134407

ハルカ「強く!」

Gogo20160131mp4_001135385

ミナミ「優しく!」

Gogo20160131mp4_001136466

キララ「美しく!」

Gogo20160131mp4_001137990

トワ「Go!」

Gogo20160131mp4_001140332

一同「プリンセスプリキュア!」

トワの最後のGo担当。
ユイさんも一緒に名乗ってるところが、熱い。
変身はしないけど間違いなく一員です。

そして色んな人達のエピローグ。

Gogo20160131mp4_001155928

ユウキ君は、例の監督と一緒に励んでいる。

Gogo20160131mp4_001157245

取り巻きの三人組もがんばっている。

Gogo20160131mp4_001160001

よかった。キミマロも帰ってきた。
前回いろんなの人が絶望の檻に閉じ込められてたときもキミマロいなかったし、このまま最後までスルーされるんじゃないかとちょっと心配していた。
できればしゃべって欲しかったなぁ。。。

Gogo20160131mp4_001163045

ランコさんが歌ってる。
マコピー見習って路上シンガーでもやってるのだろうか。

Gogo20160131mp4_001165072

マーブルドーナツの人はすっかり惚れ込んでいる様子。
このマーブルドーナツの人も、地味にいいキャラでしたな。
ドーナツ君をドーナツ野郎とか言ってたし(笑)
後ろのほうで座間先生が見てるのもいいな。
この人も昔はアイドル目指してたわけですからな。若い頃に思いをはせているのだろうな。

Gogo20160131mp4_001168022

パフの代わりに違う犬を愛でる如月さん。
パフだけじゃなくて他の犬も大丈夫になってたんですな。もはや完全にいぬ好き。

Gogo20160131mp4_001166602

及川さん達もまた出てくるとは。
なにげに錦戸さんとは知り合いなのだろうか。

Gogo20160131mp4_001173115

ハナエさんら9月あたりからの後発組も仲良くなってます。
ハナエさんって直接的な絡みは少なかったけど、モブとしての出番はかなり多かった気がする。

Gogo20160131mp4_001178484

りんりんも久しぶりですな。

Gogo20160131mp4_001224400

あすか「きたきた。しっかりたのむよ」

Gogo20160131mp4_001227269

ミナミさんはあすかさんの所へ。
さすがに獣医だから大学とかにも行くと思うけど、大学卒業後のミナミさんなのだろうか。
それとも休みの時に手伝いに行っただけかな?
それにしてもあすかさんがしゃべったのは意外だった。
坂本真綾さんはこの一言のためだけに収録に来たのだろうか。

Gogo20160131mp4_001248100

キララはパリでモデルに。さすがに輝いてますな。

そしてシャットさん。

Gogo20160131mp4_001189963

シャット「意外と、赤いバラも美しいものだな」
ロック「キュアスカーレットの色だから?」

意外にもロックさんと一緒にいるシャットさん。
ロックさんはクロロと一緒かと思っていた。
なぜかマフラーに変わってますが、誰かが仕立て直したんだろうか。
意識のあるロックさんの体をバラバラにして編み直すというのもなかなかえぐいものが…(笑)
ロックさんは三銃士の力が消えて、飛ぶことすらできなくなってしまった様子ですが。
もはや自力では動けないのですかね。カウ&チキンの骨なしチキンみたいだな(ワカリズライ

Gogo20160131mp4_001200828

ゆめ先生「あら、お客さん? バラがお好きなの?」
シャット「あ、はい」

挟み撃ちにされるシャットさん。
これからは、ノーブル学園の庭師でもやっていくんだろうか。
しかしシャットさんこっちの世界に残っちゃってるけど、大丈夫なのか? もう行き来はできないのに。
シャットさんだけは力が残っていて普通に行き来できたりするのなら熱いが。

Gogo20160131mp4_001255797

クロロはロイヤルティーチャーを目指す様子。
というかクロロって、もう将来に向けて勉強始める歳だったんだな。
てっきりまだ幼児かと…(笑)

Gogo20160131mp4_001253281

シャムさんの変な声が聞けるのもこれで最後か。それが何より悲しい。

Gogo20160131mp4_001264134

パフの人間態も出てきて嬉しかった。
自在に人間になれるようになったようで、転けることもなくなった様子。
成長しているな。メイド試験には受かったのだろうか。

Gogo20160131mp4_001273708

兄のほうは、カナタ王子の執事になったみたいで、ちゃんと仕事してます。
というかまだこんな物騒なところがあるんですな。
ディスピア様の影響力はまだ残ってるんだろうか。

Gogo20160131mp4_001339174

それで最後に、ハルカがカナタ王子にキーを返却。
一話冒頭でカギを渡された時の再現になってるところがいいですな。

Gogo20160131mp4_001407808

最後に消えて一人残されるところも一話の再現なんですよね。
同じ場面なのに、片や出会いで片や別れ。印象がまるで違うところが感慨深い。

Gogo20160131mp4_001421102

カナタが去って泣くハルカ。
無理矢理さわやかに終わらせるのではなく、悲しいものは悲しいものとしてしっかり描写するところにこの作品の奥深さを感じる。

Gogo20160131mp4_001465269

ハルカ「これは、遙か彼方へ走り続ける、少女達の物語!」

そしてOPのようにハルカが走り出したところで、終了!

Gogo20160131mp4_001472253

最後の締めまでほんと見事だった。。。

と思ったら、まさかのCパート。

Gogo20160131mp4_001637330

少女「プリンセス達はもう会えないのかなぁ」

ハルカの後を継ぎそうなプリキュアの本を読んでます。
あぁ、この語り継がれていく感がたまらん。

Gogo20160131mp4_001647009

ユイさんは絵本作家になっている様子。
ユメ先生の「花のプリンセス」のシェアをごっそり奪ってそうだ(オイ
そして大人になったハルカ。

Gogo20160131mp4_001658909

ハルカ「大丈夫、夢に向かって、走り続ければ、その心の中にまた、キーは生まれる。そのキーがあれば、きっと――」

Gogo20160131mp4_001662976

Gogo20160131mp4_001664663

Gogo20160131mp4_001666234

Gogo20160131mp4_001675223

ハルカ「きっと――」

最後にハルカの微笑みで本当の締め。
思い続けたおかげで、キーも生まれて、ホープキングダムにも再びいけるようになったのかな。
最後の微笑みが、まるでカナタが再び目の前に現れたかのようで、心に染みるのう。。。

そして恒例になった様子の引き継ぎ。

Gogo20160131mp4_001715559

こうやって並ぶと、ミラクルさんってフローラと姉妹のようだ(笑)
配色がほとんど同じなんですな。

Gogo20160131mp4_001730815

来週からはまほう使い。
魔法使いって設定がすでにツボなので、正直かなり期待している。

Gogo20160131mp4_001747914

そして最後のお友達からのイラストは、作画の中谷友紀子ちゃんから(コラ
美麗なイラストだのう。
プリキュアやユイさん達だけでなく、まさかのランコさんまで入っていて熱い。

ともかくそんなわけで、終わってしまった。うぅむ。
それにしてもすごい話でしたな。
一つ一つの回に深いメッセージ性が込められていて、なくてもいい回が一つも思い当たらない。
なんかもう全ての回が名作。
ストーリー展開もほんと素晴らしかった。
大きく見れば勧善懲悪の王道話なのに、予想がつかない。
予想した展開を、予想よりも必ず熱い形で裏切ってくれる。
何度心底感心させられたことか。

本編だけでなくOPでも細かい変化が合って色々と楽しませてくれたのも素晴らしかったし。
なんかもう隙がないにもほどがある。
プリキュアに限らず、ここまで完成度の高いアニメってそうそう滅多にあるもんじゃないとすら思う。

面白い作品が終わってしまうと普通は続きが見たくなるものですが、正直この作品に関してはもうこれで十分。
ここまで全力で描ききってくれたら、未練もなにもないです。
一つの完成した物語として、このまま綺麗に残してくれればそれでいいのではないかと思う。
もちろん続きが出たら大喜びで飛びつくけども。

なんかもうけち付ける所なんてほとんどありませんが。
あえて言うなら、東西回がなかったことくらいですかねぇ。
二話から出ていて、ミナミさんと幼なじみという結構重要な立ち位置なのに、ほとんど掘り下げがなかったのが残念。
それでも東さんは、ミナミさんにトラウマ植え付けたり、司会やったり太鼓叩いたりでそれなりに目立ってたからいいのですが。
西峯さんは、ほんとなんにもしなかったからなぁ。。。
なんらかの都合でエピソードがカットされたとしか思えないな。うぅむ。
あと不満と言えば、ランコさん回が一回しかなかったことと、料理部員の名前が結局わからなかったことくらいか。

今年の完成度があまりにも高いので、次の作品がものたりなくならないか心配ですが。
まあ、予告見るだけでも楽しそうだから大丈夫だと思う。

というわけで、一年間ありがとうございました!

2016年1月25日 (月)

Go!プリンセスプリキュア 第49話 “決戦ディスピア!グランプリンセス誕生!”

こんばんは。
今日はGo!プリンセスのプリキュアの感想です。
最終回手前です。
例年だとだいたい今頃が最終回なんだけど、今年は日曜が5回あるおかげで来週もやる様子。
50話ってフレッシュプリキュア以来でしょうかね。毎年問答無用で50話やってもらいたいものですが…(オイ
しかし魔法使いは全何話になるんだろうか。
今年はオリンピックがあるから休みが増えそうで恐ろしい。

そんな、goプリキュア。
今週は、グランプリンセスになってディスピア様をやっつける話。
相変わらず熱い展開が続いてますな。
プリキュアはもちろん、生徒や妖精、かつての敵までもが一堂に会してディスピア様に立ち向かう総力戦。
毎週毎週盛り上がりっぷりがすごすぎる。

Go20160124mp4_001276594

ロックさんがクロロと合体して加勢にくるところは感動であった。
まさかこの土壇場になって開眼するとは。どんだけ小宇宙ためてたんだと。
ほんと斜め上に期待を裏切ってくれて楽しい。

グランプリンセスになるところで終わるかと思ったら、ディスピア様をやっつけるところまで行くとは予想外だったな。
しかしディスピア様、でかすぎてほとんど固定砲台状態だったのはちょっと残念。
グランプリンセスも動きにくそうだし、終盤恒例の熱い肉弾戦はないのかのう。

それはともかくユウキ君。

Go20160124mp4_000671877

ユウキ「さっきは驚いたけど、よく見りゃあいつ、春野まんまだな。何もかわってねぇ」

なんかもうユウキ君の台詞にちょっとうるっときてしまった。
ずっと憎まれ口ばかりだったのに、ここでこんなしみじみ言うのは反側だ(笑)
「何も変わってない」って台詞も深いですな。
プリキュアで一番大事なのはやはりその心であって、それは変身前も後もなにも変わってないんですよね。
ほんとプリキュアの本質をついたいい言葉だと思います。

それでクローズさん。

Go20160124mp4_000051541

ディスピア「今までよくやった」
クローズ「ありがたきお言葉」

最後までマシュマーばりに忠誠心熱い人でしたな。

Go20160124mp4_000063336

そしてディスピア様と合体。
ラスボスに心酔して最後一体化するって展開は、ライブマンを思い出すな。トッキュウジャーでもあったか。
クローズさん、来週もかっこいい姿で現れそうだしラスボスになりそうな感じですな。
序盤で退場するはずだったキャラがラスボスとは、こんな大出世は前代未聞ではないか。

Go20160124mp4_000451057

それにしても一瞬でたクローズさんのさわやか顔にちょっと笑ってしまった。
なんかかわいい。そんなにディスピア様と合体できたのが嬉しかったのか(笑)

一方、ストフリ。

Go20160124mp4_000078843

スト「戻ろう」
フリ「ああ戻ろう」
ストフリ「我ら本来の姿に」

Go20160124mp4_000084618

ストフリの本来の姿って、ディスピア様のツル?の一部だったんだな。
まあ、仮面が壊れて美少女が出てくるみたいな展開はさすがにないとは思っていたが。
いや、少しは期待はしてたけど。少しは期待はしてたけど!

Go20160124mp4_001520237

でもディスピア様が滅んだ後もストフリ部分は消えてなかったから、来週も出てくるかな。
そびえ立つ二本の柱がちょっと神々しいのですが、むしろこっちがラスボスだったりして。

そしてディスピアさま。
学園を占拠しに来ただけかと思ったら、触手は一気に世界中に広がっていた。
想像以上に規模が大きかったな。

Go20160124mp4_000558271

ブルー視点(違

Go20160124mp4_000505098

ディスピア「夢と希望の世界、ホープキングダムになぜ私がいたか、考えたことがあるか。夢のあるところには、必ず闇が生まれる。叶わぬ夢。失われ た希望。挫折、後悔。それは全て絶望となり、そうして王国に生まれた絶望は、いつしか茨の森となり、私となった。そう私は、絶望そのもの」

ディスピア様って、どっかから侵略してきたのかと思ってたけど、元々ホープキングダムにいたんだな。
一見理想郷に思えるホープキングダムも闇を抱えているってのは、ユートピア的でいいな。

それで、戦闘。
武器はなくなったけど城はあるプリキュア達が、城を使って一斉攻撃。

Go20160124mp4_000408401

トゥインクル「プリキュア、ギャラクシーコーラス!」

ものすごく久しぶりに感じるギャラクシーコーラス。一ヶ月ちょっとぶりかな。
相変わらず腕をくるくる回してるところがいい。

Go20160124mp4_000451822_2

さらにグランプランタンも放つけど、ディスピア様にはまったく歯が立たない。

Go20160124mp4_000784681

世界は絶望に覆われて、生贄になった人は絶望の扉に吸い込まれていく。

Go20160124mp4_000827123

さすがに今回ばかりは自力で復活できないはるはる。

Go20160124mp4_000838063

ディスピア「絶望せよ」

不吉なCM入り。
前にハルカが絶望したときもこれあったけど、あいかわらず怖っ!!

そしてCM開けに救世主が現れる。

Go20160124mp4_000970377

パフ「ぱふ~!」

Go20160124mp4_000973163

アロマ「まだ僕らがいるロマ!」

プリキュアは絶望しかけてたのに、まだ絶望していなかった妖精達。
プリンセスを助けるのがロイヤルフェアリーなのだと立ち向かう。
妖精達にもしっかり見せ場を作ってくれるところが、ほんと素晴らしいな。
結局一回しか使ってない回復能力でプリキュア達を回復させてやったほうがいいんじゃないかなんて言うのは無粋(ナライウナ

Go20160124mp4_001017014_2

如月「そうよね。たとえ世界がこんなになってても、私たちの気持ちはここにある!」

吹き飛ばされたパフを如月さんが抱き留め、立ち向かう。
パフを一番好きな如月さんがパフに勇気をもらって立ち上がり、それを切っ掛けに他のみんなも立ち上がる。
如月さんのパフ好き設定までこうも有効に生かしていく脚本の巧みさ。
ほんとすごいな。全ての出来事がしっかりとつながっている。
それでみんなで歩き出す。

Go20160124mp4_001024005

ハルカ「春野、おまえ、格好良すぎだぜ」

Go20160124mp4_001051176

このときばかりはランコさんもシリアス。

Go20160124mp4_001054985

このシャットさんやモブの人達が歩いて行く姿になんかグッと来てしまった。
うまく言葉にできないんだが、なんかいい。

Go20160124mp4_001075046

ユイ「何度折りに閉じこめられたって、破ってみせる!」

プリキュアに励まされたみんなが、意思を持って立ち向かう。
後ろのほうに想像以上にたくさんいたのにはちょっとびっくりしましたが。

Go20160124mp4_001088994

ユイ「私たちは、負けない!」

ユイさんほんと大活躍だなぁ。
もしユイさんがプリキュアになってたら、生徒達のまとめ役がいなくてむしろ詰んでたんじゃないかというレベル。

Go20160124mp4_001170278

前回壊れた武器の破片が、それぞれの夢と結びついてカギに変身していく。
武器が壊れたことまで伏線になってるとは、一体どこまでそつが無いのかと。

結局の所、ディスピア様に対抗できるのは、こういった一人一人の意思だけなんでしょうね。
ディスピア様が夢破れたことによる絶望の象徴だとするのなら、プリキュアが強くなるだけでは意味が無い。
絶望に唯一対抗できる手段は、絶望しても負けないだけの夢をみんなが持つこと。
その夢の象徴こそが、グランプリンセスなんでしょうな。

Go20160124mp4_001220341

OPの歌とともに、夢への扉が出現。
ここで歌とか熱すぎる。

Go20160124mp4_001232386

シャムールさんら仲間達の援護を受けながら、四人は扉に向かって進んでいく四人。

Go20160124mp4_001239094

ジャイアントロボの終盤のような熱い展開。

Go20160124mp4_001278344

ロック「手を貸すのは、今だけだね!」
ハルカ「えぇぇぇぇ!!」

シャットさんとロックさんも援護に。
ハルカが驚きながら走っていくのは笑った。今回唯一のギャグ(笑)

Go20160124mp4_001311031

この中途半端な変身状態っていいな。

Go20160124mp4_001321968_2

カナタ「夢を守るプリンセスから、全ての夢を希望に導くプリンセスに」

夢の守り手から導き手に。昇格してる感じが熱い。

Go20160124mp4_001343612

ハルカ「私、プリンセスになる!」
カナタ「なれるさ」

この一瞬回想が入るところでちょっとウルッと来てしまった。なんて上手い演出。。。

Go20160124mp4_001351557

ハルカ「プリキュア、プリンセスエンゲージ」

最後のプリンセスエンゲージから

Go20160124mp4_001393219

ようやくグランプリンセスに。
神々しい。ロイヤルキャンディばりに輝いている。
錫杖持ってプリンセスと言うよりクイーンの貫禄。

Go20160124mp4_001413886

スカーレット「私たちは夢の導き手、絶望には屈しない!

Go20160124mp4_001418454

トゥインクル「冷たい檻に閉ざされた夢」

Go20160124mp4_001422218

マーメイド「返していただきますわ」

Go20160124mp4_001426303

フローラ「さあ、お覚悟はよろしくて」

全員での名乗り熱いなぁ。
全員でパワーアップしたのってスマプリ以来ですな。

Go20160124mp4_001472159

フローラ「強く!」

Go20160124mp4_001473099

マーメイド「優しく!」

Go20160124mp4_001474590

トゥインクル「美しく!」

Go20160124mp4_001476038

スカーレット「私たちの夢は!」

Go20160124mp4_001479549

一同「絶望を乗り越える!」

トワが「Go!」担当ではなかった。さすがグランプリンセスだ。

Go20160124mp4_001500059

一同「プリキュアグランリベラシオン!」

Go20160124mp4_001504081

カギでディスピア様の胸のカギを撃ち抜いて、マグネットパワーを封印!

Go20160124mp4_001508563

ディスピア「あぁぁっぁ! わすれるな、絶望は……!」

ディスピア様最後まで言えずに消滅。ジェリドみたいだ。

Go20160124mp4_001530004

そして最後のごきげんようで終了!
ディスピア様以外とあっさりだったけど、ほんといろいろ凝縮された一話であった。

そして次回。

Go20160124mp4_001696309

大部分がエピローグっぽいですな。

Go20160124mp4_001704690

トワが帰ってしまいそうな雰囲気かもしだしてます。
キララが一人部屋になってしまう。せめて春まではいて欲しかった。

Go20160124mp4_001707518

謎のイケメン登場。
クロースさんっぽいですが。ABCの予告を見る限りでは話し合いで解決するっぽいですな。
この様子だと、クローズさんも改心するのかな?
黒須君になって学園に戻ってくるとかだったら熱いんだが。

Go20160124mp4_001713710_2

例のお花畑で、カナタと会話。
最初と最後でつながってる感じがいいですな。

Go20160124mp4_001710842

ともかく来週は最終回。
はたしてどんな風に締めてくれるのか、これまでがすごかった分期待してしまう。
楽しみだけど、終わってしまうのは悲しいのう。

Go20160124mp4_001746248

おそらく最後のお友達からの手紙は、はるねちゃんから来ている。
一瞬はるかちゃんかと思った。

2016年1月18日 (月)

Go!プリンセスプリキュア 第48話 “迫る絶望・・・!絶体絶命のプリンセス!”

こんばんは。
今日はGo!プリンセスのプリキュア感想モフ。

今回は、地獄からよみがえったロックさんが攻めて来て、脇の人達がこれまでにない勇気を見せるという話!
うぅむ、おもしれぇ。おもしれぇぇ。。。なんだこの回。
正体ばらしたり、ユイさんが覚醒したり、シャットさん男を見せたり。
どれをとってもワンエピソードできそうな展開が一つの話に凝縮されていて、最初っから最後まで全部見所としかいいようがない。

それに、話の構成もすごかった。
プリキュアの武器が壊れて、その破片が降り注ぐことがユイさんたちが目覚めるきっかけになって、生徒たちが絶望に打ち勝った事に触発されて、シャットさんが決意する。
一つのエピソードが次のエピソードの導入になっていて、それらがつながって大きなエピソードを構成してるという、話作りの巧みさ。
そのおかげで、複数のエピソードが混じっているにもかかわらず展開がスムーズでテンポも良くて、ものすごく見やすい話になっていた。
匠の技にも程があるんだが。なんかもう怖い。

しかしプリキュアは明かしたのに、未だ正体を明かさないユメ先生。
普通に生徒たちに混ざってたけど、生徒たちからしたら、だれあのBB(ry

Go20160117mp4_000039570

最初からやけにかわいいユイさん。さすが今回の実質的な主役。

Go20160117mp4_000044253

モブの人達がなんか独特。

Go20160117mp4_001000343

今回の作画、なんか妙に個性的だった気がするんだけど、気のせいだろうか。

ともかく残り三回のゴプリキュア。
今回はほんとプリキュアの存在がかすむほどに、脇の人達が活躍していた。
メイン以外の人達が活躍する展開は燃える。
シャムさんとカナタ王子も地味に活躍してましたな。

Go20160117mp4_000637678

カナタ王子かっけぇなぁ。
プリキュアでここまで戦える男性キャラってめずらしい。
岡田さんもいい線行ってたけど、最終決戦ではまこぴーの腰掛けになってたしな。
ブ(ry

Go20160117mp4_000639437

シャムさんもガチでストフリと戦ってたのは嬉しかった。
シャットさんの時はシャットさん心弱ってたし本気な雰囲気もなかったけど、今回のストフリは本気だからな。
やっぱり強いんだな、シャムさん。
ファントムさんみたいな特別な力をもらったわけでもない妖精が、敵幹部と互角の渡り合うとかほんと燃える。

今週はランコさんも地味にすごかった。

Go20160117mp4_000067021

ランコ「なにこれ、なんかの撮影!? 聞いてないわぁ!」

冒頭からテンション上げるランコさん。
キュアマリンみたいなリアクション。

Go20160117mp4_000325946_2

ランコ「なんの撮影!? 教えなさいよ!」

ディスピア様が攻めてきて深刻な雰囲気の中、ランコさんとキララだけ空気が違う。

Go20160117mp4_000333011

腰に手を回して抱きついてるランコさん。
どんだけキララが好きなのか(笑)

Go20160117mp4_000485470

キララがキュアトゥインクルだとしって驚愕するランコさん。
戦い終わった後の絡みが楽しみだな。

Go20160117mp4_001154752

アロマ「絶望なんてキャラじゃないロマ!」

アロマの説得も冴えていた。

Go20160117mp4_001218736

ランコ「あやうくトップアイドルになり損ねるところだったわ」

トップアイドルなんてキャラじゃないロマ!

一方、ハルカ。

Go20160117mp4_000352272

それでディスピア様と戦うために、友達の前で変身する事を決意するはるはる。
ほんとはるはるは要所要所で引き締まるな。

Go20160117mp4_000357818

キララの微笑んで前に出るところも格好良かった。

Go20160117mp4_000512592

ユウキ「春野が、フローラ!?」

ユウキ君がフローラに惚れるみたいな展開あるんじゃないかとちょっと期待してたけど、そういうエピソードは結局なかったな。
エピソードがないだけで惚れてはいるんだろうけど。

Go20160117mp4_000516606

なにも語らずに行くところも渋い。

Go20160117mp4_000529520

パフ「みんな~がんばるパフ~」

パフやカナタ王子たちも正体を明かす。

Go20160117mp4_000530431

驚きのあまり長細くなるランコさん。

Go20160117mp4_000532525

驚きのあまり舌を噛む如月さん。
やっぱり今日の作画って独特だと思う(笑)

Go20160117mp4_000549108

ユウキ「知ってるのか雷電!」

自体を知ってる様子のユイさんに、みんなが集中攻撃。
周りのぴりぴりした空気がなんか不穏で怖かった。

Go20160117mp4_000869551

それでなんやかんやで、みんな檻の中に閉じ込められ、プリキュアの武器もロックさん二に破壊されてしまって大ピンチ。

そこに、ユイさん。

Go20160117mp4_001079489

ユイ「戦うんだ、私も、ハルカちゃんたちと一緒に!」

四度目にして、ついに絶望の檻をぶち破るユイさん!
熱い。熱すぎる。
冗談で言われていたことが、この土壇場でこんな熱い形で実現するとはのう。
なんかもうこの凄まじい展開に、感動とも笑うともつかない変なテンションで見てしまった。

Go20160117mp4_001124062

ユイ「あたしだって檻から出られたんだもの。みんなだってきっとできるよ!」

武器の破片が降り注ぐ中、ユイさんみんなを元気づける。

Go20160117mp4_001171904

ユイ「一緒にたたかお。最後に夢を叶えるのは、自分だよ」

ユイさん完全にヒロイン。
プリキュアに頼らずに自力で檻から出ると言う行為は、夢は人に頼らず自分の力で叶えるものだということの含みになってるんですな。
単なる復活劇ではなく、この作品の根底にあるテーマをも同時に語るんだからすごい。

Go20160117mp4_001192443

次々と友達の夢があふれていき、みんな復活していく。
こうやって守ってきた夢が、つぎつぎと集約されていくというのも感慨深いですな。
これまで一つ一つ積み重ねてきたからこそある感動。
しかもその担い手が主人公ではなくユイさんというところがすばらしい。
「自分にもできた」という言葉は、夢を守る側ではなく、守られる側だからこそ言える言葉だし。
守られる側の視点で、友達を呼びかけることができるのは、まさにユイさんしかいないですからな。
ユイさんがプリキュアになって欲しいとも思っていたけど、こういう展開見せられるとならなくて正解だったとしみじみ思う。

一方、ボロ雑巾ことロックさん。

Go20160117mp4_001300754_2

ロック「ディスピア様の、タメに・・・う、ああああああ」

一番反抗していたロックさんが、従順なロボットにされてしまうという残酷さ。
なんかロボトミー手術的な恐ろしさを感じる。「カッコーの巣の上で」を思い出してしまった。
それにしてもディスピア様エグいな。ハマーン様だってここまではしなかったぞ!
ティターンズはロザミィに似たようなことやってたけど(ソウカヨ

Go20160117mp4_001302499

もう見るからに悲惨なことになってるロックさん。
シャットさん回の醜い顔もそうだったけど、変にマイルドにせず描写が徹底してるところがいいな。

Go20160117mp4_001311828

クロロ「あいつ、助けられないロロ? 何だか、かわいそうロロ・・・」

それまで恐がっていたクロロすら同情心が芽生える。
記憶がなかったとはいえ、身体を共有していただけあってそれなりに気持ちは通じていたんだろうか。
単にクロロが優しかったというだけかも知れないけど、こういう心変わりに説得力が出るのも、描写がちゃんとしてるからだと思う。

そして、シャットさん。

Go20160117mp4_001281865

フローラ「ありがとうユイちゃん! 勇気をもらったのは、こっちだよ!」

Go20160117mp4_001287876

プリキュアたちがユイさんに勇気をもらう姿を見て、シャットの心にも変化が訪れ・・・。

Go20160117mp4_001352597

クローズさんをぶん殴る!
プリキュアでここまで熱い男の拳が見られるとは。
ユイさんもシャットさんも、これまで虐げられる側だった人達が、自分の殻を破ってこうやって立ち上がるのは、実に爽快。

Go20160117mp4_001367427

シャット「ロック! きさまさんざん私を馬鹿にしておきながら、その様はなんだ! あれだけえらそうにしていたきさまは、どこ行った! 見ろ! 私たちが落ちぶれているあいだに、プリキュアどころか、妖精も、人間どもも、どんどん変わっていく! 変わるぞ、私たちも! ディスピアノ呪縛から抜け出すのみ!」

絶望に包まれていたシャットさんが、人間たちの変わっていく姿に触発されて立ち直る。そしてそのシャットさんが、ロックさんを叱咤する。
この希望が連鎖していく感じが素晴らしく熱い。

Go20160117mp4_001386916

ロック「だね・・・・・・」

目に輝きが戻るロックさん。友情だなぁ。
険悪だったこの二人に、こんな友情が芽生えるとは夢にも思わんかった。
王道な物語にもかかわらず、こうまで先の展開が読めないというのもすごい。

Go20160117mp4_001453105

それでグランプランタン食らって浄化されるロックさん。
このふわっと浮いてるロックさんがちょっとかわいい。

Go20160117mp4_001491238

ボロ雑巾の姿に戻るロックさん。
あまりにも無残な姿だけど、さすがに生きてるよな・・・・・・?
改心したロックさんをクロロが着てる姿が最終回あたりに出てきたらちょっと泣くかもしれん。

Go20160117mp4_001497321

クローズ「くだらんまねを」
シャット「ふっ」

シャットさん、殴られながらも微笑んでるところがかっこいいな。
一応仕返ししていくシャットさんも、なんか人間くさくていい。
それで決戦始まるところで終了。

Go20160117mp4_001534823

フローラ「ディスピア、さあ、お覚悟はよろしくて」

この絵かっこいいなぁ。

Go20160117mp4_001536746

キーの並びも熱い。

そして次回。
去年の今頃は、すでに短縮バージョンでGoプリのキャラ解説とかやってたけど、今年は通常バージョンですな。

Go20160117mp4_001691695

ディスピア様も覚醒。
ちゃんと仮面外すんだな。さすがの貫禄。

Go20160117mp4_001704882

あぁぁぁ、光り増したドレスで進んどる!
ED曲2番の「進め光り増したドレスで」ってのは、グランプリンセスのことだったんか。
なんかもうこれだけで感動なんだが。ほんとストーリーとシンクロしてるのう。

Go20160117mp4_001704257

ユイさんもはや完全にヒロイン。
みんなの祈りがグランプリンセスを生み出すって感じかな。
ユウキ君、シャイニングフィンガーやりそうな空気ですが。

そしてグランプリンセス。

Go20160117mp4_001715356_2

さすがにかっこいいな。
ゴールドクロス的な高級感を醸し出している。
来週は、やっぱりグランプリンセスになったところで引きって感じかな。
それで再来週に決戦とか。あぁ、もうすぐおわるのう。

そしてお友達からのおたより。

Go20160117mp4_001747349

グランプリンセスを暗示するかのように、本物のプリンセスから来ている。
熱い。

2016年1月11日 (月)

Go!プリンセスプリキュア 第47話 “花のように・・・!つよくやさしく美しく!”

こんばんは。
今日はGo!プリンセスプリキュアの感想ですっ。。。
さっき、大半書き終えたところで、いきなりパソコンが落ちてファイルがぶっ壊れた時にはどうしようかと思った。
幸いにして、最近使い始めたマイクロソフトのOneDriveっていうネットストレージに自動的にバックアップされてたので助かったですが。
使ってなかったら、今日上げられなくなるところだったぜ。。。
無料だからなんとなく使いはじめて、保存するものないからとりあえず日記保存してたんだけど、こんな形で助けられるとは。
ほんとありがたかった。これはもう手放ばなせません。

宣伝はともかくgoプリですが。
今週は、はるはるが夢に終わりなどない!と悟るという話。
正直ハルカがめざしてるのは精神的なプリンセスであるということは前に語られてたことなので、なんか再確認みたいな話だな~とか思いながら途中までは見てしまいましたが。
再確認だけでは終わらずに、途中からさらにハルカの夢が深く掘り下げられていた。さすがだのう。

そんなわけで今週は、がっつりはるはる回。
異世界に行ってしまった都合上、他のキャラにはほとんど出番が無かった。

Go20160110mp4_001091901

とはいえ、出番は少なかったけどシャムールさんがよかったなぁ。
この教え子の成長に心底驚いてる表情に、えらい感動してしまった。
今回冒頭で紅茶をハルカが振る舞っていましたが、最初にシャムさんから教わったのが紅茶なんですよね。
最初はまともに紅茶の蓋すら開けられずにつぼみつぼみ言われていたハルカが、一年の修行を経て開花する。
その姿を当たりにしたシャムさんの気持ちはいかばかりのものかと。
ほんとこの表情ほどハルカの成長を端的に現しているものはないと思う。

Go20160110mp4_001463924

シャム「もう教える物はなにもないわ。ユー達、とっても素敵なプリンセスになったわね」

ついにシャムさんのところも卒業か。。。
後は最終決戦のみって感じですな。
goプリが終わってあの変な声が聞けなくなると思うとすこぶるさびしい。

一方、ユイさん。

Go20160110mp4_000325852

ユイ「気をつけてね」

ユイさんはやっぱり行かないのか・・・。
と、少々残念に思っていたら、最後にノーブル学園にディスピア様が攻めてくるという熱い展開になっていたな。
ユイさんがプリキュア代わりに孤軍奮闘したりするのだろうか。
ここに来てユイさんプリキュア化の予感・・・!(ない)
ともかく来週最後の見せ場がありそうで、非常に楽しみである。

あと久しぶりにストフリが出て来ましたが。

Go20160110mp4_001062290

相変わらず素敵なアクションです。

Go20160110mp4_000620463

メツボーグは一見蝶っぽいけど、朱雀っぽい尻尾が付いてるからやっぱり朱雀なのかな?

Go20160110mp4_000629956

戦う前のトワの顔がえらい男前だった。かっけぇ。。。

それで主役のハルカ。

Go20160110mp4_000042368

一同「おいし~い」
ハルカ「やったー!」

なんかミナミさんのキャラが(笑)
ハルカは合格してからもティーレッスンを欠かしていなかったとのこと。
やっぱり陰で色々やってるんだな。化粧も少しはできるようになったのだろうか。
そこに雪が降り出して、花を見に行くハルカ。

Go20160110mp4_000078787

ハルカ「スノードロップって言うんだ。花言葉は、希望」

スノードロップでググってみたら、花言葉は「希望」の他に「あなたの死を望みます(贈り物をする場合)」なんて物騒なのもあるらしい。
よし、ディスピア様に送りつけろ!(コラ

そうこうしているうちに、カナタから花の城がヤバイと連絡があって駆けつけることに。

Go20160110mp4_000355988

それで鳥の幻覚を見て城の中へ入っていくハルカ。

Go20160110mp4_000430058

気がつけば、花のプリンセスの姿に。

Go20160110mp4_000436930

王子先輩みたいな人も出てくる。

Go20160110mp4_000445242

鳥「ようやくたどり着いたのですよ、王子様の元へ!」

未完だった絵本の続きかと思うと、ちょっと熱いものがありますが。
こんな世界を構築できるとは、ディスピア様の正体はもしやユメ先生ではないのか(ない

Go20160110mp4_000501099

プリンセスの世界を堪能するはるはる。

Go20160110mp4_000503663

ドレスのまま寝てる(笑)

Go20160110mp4_000550381

ハルカの頭に鳥が止まってたのがちょっと面白かった。リアル鳥の巣。
アロマにずっとやって欲しかったことを違う鳥がやるとは。

Go20160110mp4_000532400

それで紅茶を入れさせてくれなかったり、

Go20160110mp4_000791408_2

花が勝手に育ったりと、自分の夢見たプリンセスとはちょっと違う。

Go20160110mp4_000796433

ハルカ「どうして、どうしてすぐに花は咲くの!」

あまりの違和感に動揺するはるか。
ディスピア様やりすぎなだよなぁ。いきなり花が生長したら誰だってびびるわ(笑)
ディスピア様はあんまりハルカの夢のことは把握できてないみたいですな。

王子「種は花を咲かせ、永延に枯れない。ここは、幸せあふれる国なのだから」
ハルカ「違う。これは花なんかじゃない。綺麗に咲くから美しいんじゃない。花が美しいのは、土に根を張り、太陽の光へ根を伸ばし。寒さに耐え、葉を広げ。そうやって、いつか美しく花を咲かせようとがんばるから。自分の力で精一杯努力して――」

ハルカが好きなのは、花の見かけではなく、花を咲かせようとがんばる姿。
ハルカにとっては、つぼみだろうと三分咲きだろうと、花を咲かせるために成長していくその姿は、常に美しいものなんでしょうな。
ハルカって将来、ノーブル学園の教師になりそうな気がしてならない。
夢に向かって努力してる姿を見守るとか、まさに適任なんじゃないだろうか。

Go20160110mp4_000953971

ハルカ「なんの努力もしないで叶う夢なんて、夢じゃない!」

自力で気づいて覚醒するハルカ。相変わらずのメンタリティです。
どんなに試練があっても次々と自力で復活するんだからすごい。
もうどうやったらこの人に勝てるのか。ドキプリチームを相手にしている時以上の絶望を感じる(ゼツボウスンナ

Go20160110mp4_000981517

クローズ「ディスピア様の作戦は失敗か。だがこんな予感はしていた――お前の夢は、俺が潰してやる!」

あんまりディスピア様を信用していなかったクローズさん。
鳥になってハルカをそそのかしながらも、内心微妙な気持ちだったんだろうか。
なんか銭形警部みたいだ。プリキュアを倒せるのは自分だけ的な。

Go20160110mp4_001075968

クローズ「お前の夢ってなんだ。本当のプリンセスってなんだ。キーが全部そろってるのに未だにグランプリンセスになれてねぇ。どうすればなれる。いつなれる! ――そうだ。お前の夢なんて本当はどこにもない。終わりのない夢を、おまえは追い続けているんだぁ!」

クローズさんの語りが熱い。
一話の「(夢を)聞かせてみろ、笑ってやる!」以来、一貫してハルカの夢を否定し続けるクローズさんは、まさに因縁のライバルって感じで熱い。
当初は途中で退場させる予定だったみたいだけど、退場させなくてほんと良かったと思う。
これで最後の最後でハルカの夢を理解するみたいな展開になったら泣く! 最後まで悪役であって欲しい気持ちもなくはないけど。

Go20160110mp4_001155057

フローラ「終わりがない。そう、私の夢に、終わりなんてないんだ。私の夢は、大地に咲く花のように。強く、優しく、美しくあること。たとえどんな苦しみや悲しみの中にあっても、ずっとずっといつまでも、強く優しく美しくあり続ける存在。それが、私がなりたいプリンセス!」

「夢に終わりはない」って、ED曲の2番を思い出すな。
「ごらんプリンセス、グランプリンセス、夢は終わりなく始まる」って歌詞があるのだが。
ほんと、改めて作品にマッチしたいい歌だと思う。

ともかく、ある意味ではハルカは最初っからプリンセスだったわけですな。
プリンセスというものに憧れて、ずっと「強く優しく美しく」あろうと努力を繰り返してきた。
そうやって努力する姿こそが、ハルカの理想とする姿だった。
それは常にハルカの中にあるもので、始まりもなければ終わりもない。最後まであり続けるもの。
そのことに気づいたハルカにとって、めざしていたプリンセスはもはや夢ではなく、ハルカそのものになる。
ハルカはもう、夢に迷うことはないだろうな。進路には迷うかも知れないが。

そして新必殺技。

Go20160110mp4_001224980

桜をバックに背筋を伸ばすフローラ格好良すぎる。

Go20160110mp4_001227296

フローラ「プリキュア、サクラトレビュランス!」

やはり桜が最強なんだな。さすが日本の心。
必殺技に日本語が混じってるのって一回りしてかっこいいと思う。

Go20160110mp4_001340732

それでロイヤル体当たりでメツボーグを処刑。

ついに全部の城が開放されてディスピア様の城も消滅し、ホープキングダム(城以外)も元通りに。

Go20160110mp4_001430876

カナタ「ホープキングダムが!(でも、実家は・・・・・・)」
トワ「わたくしたちの国が!(でも、実家は・・・・・・)」

やっぱりディスピア様倒したら、オモチャになった城は元に戻るのだろうか。

あとはあの扉を開けば、国民も解放されるとのこと。
しかしそれを開くには、グランプリンセスになる必要がある。
クローズさんも言ってたけど、キーってもうとっくに全部そろってるんですよね。
グランプリンセスの事にほとんどふれないから、なんかすっかり忘れていた。

Go20160110mp4_001497957

シャム「大丈夫、きっともうすぐ・・・・・」

シャムさんが意味深でしたが、何か知ってるんでしょうかね。

で、そこにディスピア様登場。

Go20160110mp4_001527404

ディスピア「いいだろう。ホープキングダムはお前達に渡そう。だが、絶望は止められない」

ディスピア様がノーブル学園に乗り込んできたところで、終了。
これがもうちょっと早かったら、冬休みで誰もいなかったのに(笑)

そして次回。
ノーブル学園に戻ったプリキュア達。
そこで彼女らが目撃したのは、累累と広がるゼツボーグの屍の山の中心で、血まみれでたたずむ七瀬ゆいの姿・・・・・・(コラ

嘘予告はともかく。
ABCの予告のページ見たら、動画ではふれられていない結構重要なことがネタバレされていた。
予告をネタバレというのかはよくわかりませんが、ABC見ずに楽しみにしてる人もいるかもしれんので、一応配慮。
ネタバレいやなひとは、ここでごきげんようしといたほうがいいかもです。



そんなわけで次回ですが。
公式の解説によると、学園の人達に正体ばらすっぽいですな。

Go20160110mp4_001671878

このリアクションは、ばらされた直後かな?
ランコさんが相変わらず熱いですが、如月さんも負けず劣らず。
如月さんは、パフの正体に驚いてるのかも知れんが。

Go20160110mp4_001672140

驚く生徒達をユイさんにまかせて戦うらしい。
ユイさんがこれまで培ってきた避難誘導の真髄が見られる時がきそうです。

Go20160110mp4_001667646

まさかのロックさん再登場。生きてたんかい。

Go20160110mp4_001674924

クローズさんも男前になってるし、

Go20160110mp4_001670156

シャットさんも何かやりそうですな。
なんだかんだで三幹部大集合か。熱いなぁ。
ここまで三者三様に命運別れてる三幹部ってのもめずらしい。

Go20160110mp4_001678484

ディスピア様がつまんでるボロ雑巾みたいなのってロックさんでしょうか。
なかなかエグいことになってますな。たのしみだ。

魔法つかいプリキュアの予告も開始してますな。

Go20160110mp4_001716273

変身バンクは二人同時なんですな。
握手しながら変身するのが特徴みたいですが、スイートみたいにふたり同時じゃないと変身できないのかな。
この調子だと、6月くらいまではふたりはプリキュアでいきそうな感じですな。

そして映画の予告も。

Go20160110mp4_001718230

もう20周年か、早いなぁ。10周年が去年のことのように思える(オイ
というか20作目って事みたいだけど、これだけ見るとほんと20周年にしか見えない(笑)

Go20160110mp4_001725519

ピエーロ様だ!
今回は再生怪人と戦う感じなのかな?
ということはブルーさんのゾンビが見られるのか(コラ
しかしピエーロさんってかっこいいな。ラスボスのデザインでは一番好きかも。

Go20160110mp4_001727085

敵は魔女ソルシエールさん。
美人の敵がボスってめずらしいですな。
顔立ちは大人なのに衣装は魔法少女っぽくて、何ともフェティシズムあふれるというか(オイ

Go20160110mp4_001727870

手下の人もなんか男前。
実はこっちが黒幕な気がする。
ソルシエールさんのトラウマいじくって操ってるみたいな。

Go20160110mp4_001749960

そしてお友達のイラストで締め。
さゆきちゃんがすごくうまい。
みうちゃんも6歳でここまで描けるとは、将来性を感じますな。

2015年12月28日 (月)

Go!プリンセスプリキュア 第46話 “美しい・・・!?さすらうシャットと雪の城!”

こんばんは。
今日はGo!プリンセスのプリキュアの感想ロマ。
ニンニンが二週連続で休みだったんでまさかプリキュアもかとちょっと恐ろしかったですが、プリキュアの休みは来週のみであった。
よかったよかった。二週も休まれたら、恐れの力で幻月様が復活しまくってしまう。

そういえば公式サイトに書いてあったけど、主題歌とかのハイレゾ音源なんてものが26日に発売されたみたいですな。
CDの44.1kHz/16bitに対して48kHz/24bitで録音された高音質な代物。
当然CDには収録できないので、ネット上のみの販売。
プリキュアの商品ってこの手のハイテクには疎い印象があったんだけど、意外と最先端行ってますな。
一曲540円。フルコーラスとテレビサイズが同じ値段なのが微妙に納得いかない。

それでうちのパソコンのサウンドボード、ハイレゾ再生にも対応してるみたいなので、とりあえずe-onkyoにあるやつを視聴してみたのですが。
うん・・・・・たしかに音に厚みがでてるような気がしなくもないような気がしなくもないような。。。。。。。。
正直、私の節穴な耳では違いがよくわからん!! 
そもそもハイレゾでちゃんと再生できてるのかもよくわからんのですが。対応してれば普通に再生するだけでいいんだろうか。
新エンディングの歌、毎日日記とか書く前に必ず聞いてるくらいに気にいってるので、良くなってるならちょっと買ってみたいのだが。
違いがよくわからんので、買うに踏み切れん。うむぅ。。。

ともかくgoプリ。
今年最後です。
毎年クリスマスあたりから最終決戦が始まるので、やきもきした感じで終わるのが恒例になってた気がしますが、今年は比較的すっきりとした終わり方でしたな。
まあ、今年は6月と11月に嫌がらせかと思えるほどにやきもきする休止期間をすごさせられたからな。
さすがに今回は大目に見てくれたのだろう。うむ。

それで今週は、シャットさん回です。
一応決着付いたけど、さすがにあっさり味方にはならんかったな。
これは最後に駆けつけてくるパターンですな。
悲惨なシャットさんとは対照的に、冬休み直前?の学園の様子も描かれていましたが。

Go20151227mp4_000570816

楽しそうで良かったですな。みんなほんと生き生きしてます。

Go20151227mp4_000572625

映画の人も出てきたのが嬉しかった。この人ずっと出てこなかったからな。
今年は色んな人の夢を助けるのがテーマだったおかげで友達もたくさん出て来たので、こういうシーンは映えますな。

それでトワ。
ホープキングダムには雪が積もることはないとのことで、雪が積もってテンション上がってます。

Go20151227mp4_000354033

雪を見てはしゃいでるところとかかわいかった。

Go20151227mp4_000413700

みんなが雪で色々と作ってるのを見て、自分も今はなき実家を作る事に。

Go20151227mp4_000478771

どんどん話は大きくなって、イメージ図まで作って本格的に。

Go20151227mp4_000540147

ランコ「話は聞かせてもらったわ!」

やはり今週も登場するランコさん。
毎回衣装もちがってなかなか熱い。

Go20151227mp4_000540634

キララ「あ、一条ランコ」

誰にでも親しげにあだ名をつけるキララが、ランコだけはフルネームという。
この微妙な距離感がなんか好き。

Go20151227mp4_000577248

城を手伝うといいながら、しっかりガッツドーナツ君も作ってるランコさん。
ここひと月くらい色々と出まくってるランコさんですが、今週あたりで一段落だろうか。
来週はもう、学校の話やらなそうだしなぁ。

Go20151227mp4_000660122

友達と一緒に、幸せそうなトワ。

Go20151227mp4_000695030

そして完成する、城。
雪祭りの自衛隊レベル。
これを一日かからずに作ってしまうとは、ノーブル学園の生徒恐るべし。
きっと建築家とか大工が夢の人が大量にいるに違いない。

一方、幸せ満開のトワとは対象の人生を歩むシャットさん。

Go20151227mp4_000590309

シャット「私を見るな・・・・・・」

シャットさん、帰る場所もなく不審者のような目で見られて、すっかり絶望してます。
先週も思ったけど、この比較残酷すぎるんですが!

Go20151227mp4_000598258

シャット「あぁ!」

シャットさんのバラを奪って飛び立つ鳥。ディスピア様にもらった薔薇が・・・(違
しかしこの場面、虹が架かってて妙に綺麗なんだけど、どういう意図が含まれとるのかよくわからん(笑)
孤独なシャットさんを皮肉っているのか、それともシャットさんが過去を捨てて未来へ羽ばたくことを暗示してるのか。。。

それで戦闘。

Go20151227mp4_000795088

久しぶりにトワがフルで変身してましたが。

Go20151227mp4_000921715

逆に3人が変身がごっそりカットされててちょっと面白かった。
いきなりお辞儀って、ここまで思い切ったカットはじめて見た気がする(笑)

Go20151227mp4_000997218

シャット「美しいのは、この私のみだー!」

城を守るために、シャットの出した暗黒闘気みたいなのを受け止めるスカーレット。
シャットさんもこういうの出せたんだな。
さすがにここまで本気になられると、シャムールさんじゃ勝てないだろうな。

Go20151227mp4_001049683

自分の絶望でパワーアップするシャットさん。
鬼気迫りすぎです。こわい。
そんなシャットさんにマーメイドが容赦なく現実を突きつける。

Go20151227mp4_001143886

マーメイド「自分の顔を見てご覧なさい」

全て人のせいにして、八つ当たりをするシャットさんは美しくないとプリキュア達。

シャット「ロックに見下され、クローズに見下され、ディスピア様にも見捨てられ、残されたのは自分のみ、信じられるのはもう、この私のみだぁ!」

ロックさんはクローズさんのことも見下してたけどな。
どころかディスピア様も見下してたんじゃないだろうか。
ともかく「自分のみ」しか信じられないと、絶望するシャットさん。
「~のみ」って口癖が、まさかこういう形で生きて来るとは(笑)
これってたまたまだろうか。
最終的にシャットさんが孤独になることを見越して「~のみ」って口癖を設定したんだとしたら、ちょっとすごいですが。

Go20151227mp4_001083535

シャット「トワイライト! 思えばお前との出会いが、私の運命を狂わせた! きさまがいなければ、私はここまで落ちぶれることはなかった!」

シャットさんは自分が世界一美しいと思っていたのに、トワイライトさんを自分よりも美しいと認めてしまったことで、自分の美に対する自信がなくなってしまったのでしょうな。
それでもトワイライトさんに仕えることで新たな人生を歩めそうになったのに、そのトワイライトさんは記憶を取り戻してディスダークを去ってしまった。
自信を無くしてトワイライトさんもいなくなってしまったシャットさんには、もはや何も残っていなかった。
しかも周りの連中はいじめてくるし、身の置き場もなくなってしまったシャットさんは、蝉だの猫だのをいたぶるくらいしかできなくなって、ここまで落ちぶれてしまった。

今回シャットさんのやってることはキララの言うとおり八つ当たりではあるけど、トワにも少しは責任があると言えばある気もします。
ディスダークを去って、シャットさんをひとりぼっちにしてしまったわけですから。
仲間の大切さを何よりも大切にしているプリキュアになった今のトワならば、それがどんな酷なことかはわかるはず。
トワも被害者だし、シャットの事を気にかける余裕なんてなかったわけですが、理由はどうあれシャットを孤独にしてしまったのは事実。
そんなトワも、ようやくシャットさんに手をさしのべる。

Go20151227mp4_001396164

スカ「トワイライト、孤独で、人の事など考えない人間でしたわ。気高く、尊く、麗しく、ただそれだけで良いと。でも、今のわたくしは違います。暖かくて、大切な者をたくさんいただきましたから。それを守るために、強く優しく戦う姿、それが美しい姿だと思っています。かわりましょう、シャット。わたくしと一緒に」

プリキュアを通じて仲間を大切にする心を学んだことで、シャットにも手をさしのべる事ができるようになる。
トワのこの数ヶ月間に学んだことが、ここで結実したといってもいいでしょうな。すばらしいのう。

今回シャットさんは簡単に仲間になることはできませんでしたが、いずれ助けに来て戻ってくるんでしょうな。
そのとき、何かを守るために強く優しく戦って、トワに教えられた内面の美しさを知ることになるのかな。
シャットさんからは今後も目を離せませぬ。
ところでこれって、かわいいという外面的な理由でプリンセスに憧れていたハルカが、成長するに従ってその精神性の美しさに気づいたのと、地味に同じなんですな。
シャットさんも真のプリンセスになれるのか・・・(プリンスです

Go20151227mp4_001189596

ともかくなんだかんだで最終形態のシャットさん。
シャットさんは猫だったんですな。ちょっとかわいい。

Go20151227mp4_001210914

フローラ「助けよう」

変わり果てたシャットの姿に動揺するスカーレットに、一言声を掛けるフローラ。
フローラ最近出番少ないけど、毎回要所要所でしっかり重要なことやってますな。

Go20151227mp4_001341220

それでグランプランタンでやっつける。
最終形態のわりにはあっさりでしたな。
さすがに初期クローズさんやロックさんの時みたいな、やたらと気合いの入った戦闘はなかったか。
せめて劇画顔だけでも見たかったのだが・・・(笑)

Go20151227mp4_001347428

一瞬で遠景だけど、初の手書きロイヤル。ちゃんとレースの羽も付いてるな。

Go20151227mp4_001355610

シャット「なんのつもりだ、トワイライト」

帽子なくして髪のほどけたシャットさんかっこいいな。シンみたいだ。
トワイライトの時の反省と共に、シャットさんに手をさしのべるとスカーレット。
ここでトワイライトの時のバイオリンのBGMとか粋です。

Go20151227mp4_001407593

しかしシャットさんは、手をはね除けて去って行く。
安易に仲間にならないところがいいな。

Go20151227mp4_001441550

壊れた城は、ユイさん指導の下修復されていた。
避難誘導で鍛えた指導力が生きています。
ユイさんもミナミさんみたくこれをきっかけに夢が変わって建築家にな(ry

Go20151227mp4_001472021

シャム「風邪を引いたら、美しくないわよぉ」

洒落たマフラーを渡すシャムさん。
この二人の関係もしっかり描かれていて、なかなか隙がないですな。
しかし横にいるちっちゃいのが元ロックさんだって事に、シャットさんは気がついているんだろうか。

それでみんな帰省。

Go20151227mp4_001503597

ハルカは早速家の手伝い。

Go20151227mp4_001508300

ミナミさんは現地へペンギンを見に。

Go20151227mp4_001509587_2

キララの家はやっぱり鍋なんだな。ステラさん鍋好きだな(笑)

Go20151227mp4_001513665

トワは、帰ってきたカナタと共に錦戸さんの家に。
カナタって普段はどこで寝泊まりしているのだろうか。

Go20151227mp4_001523058

一人さすらうシャットさん。かっこいいな。
なんかイーラの記憶喪失回の最後を思い出す。

Go20151227mp4_001527929

年賀状を書くハルカ。
年賀状の量が半端じゃないな。業者かと(笑)
これを全部手書きで書いてるんだとしたらすごいな。
2,3千枚はありそうな気がしますが、年賀状代だけでも十万は超えそう。
やっぱりはるはるの家はお金持ちだな。

Go20151227mp4_001532913

ハルカ「みんな、良いお年を」

Go20151227mp4_001548259

微妙に不穏なシーンも挿入されてますが。
しかしここまで和やかに新年を迎えるプリキュアってめずらしい気がする。

Go20151227mp4_001550592

オモチャ勢揃い。すごい量。

そして次回。
今度はハルカが花の城を復活させる話ですな。

Go20151227mp4_001723917

ハルカがいきなりプリンセスになってしまうという超展開。

Go20151227mp4_001728503

クローズさんの罠っぽいですが、黒須君の時といいクローズさんって精神攻撃好きですな。
次々回あたりクローズさんとも決着になるのかな。

そんなわけで来週は休みか。お覚悟はしてたけどつらいのう。
まあでも、正月はアニマックスでハトとスマとドキの映画やるみたいだからな。
無料放送みたいだし、それを見て生き抜いていこう。

Go20151227mp4_001748208

それにしてもわかなちゃんが上手い。

2015年12月21日 (月)

Go!プリンセスプリキュア 第45話 “伝えたい想い!みなみの夢よ大海原へ!”

こんばんは。
今日はGo!プリンセスのプリキュアの感想です!
今週は映画のCMやってましたな。
まだ魔法使い達は出てこないけども。

Go20151220mp4_001596457

まこぴー! まこぴーじゃないか!
中の人も復活したし、ついに次回はしゃべるのだろうか。
ドキドキプリキュアもだいぶ過去の作品になってきているが、まこぴーは不滅っ!

そんなプリキュアですが。
今週は、シャットさん回前編(違
しかし今回はミナミさん回ですが、シャットさんも印象的な回だった。
家族の絆をいっそう深めるミナミさんと、親?に失敗策だと切り捨てられるシャットさん。
なにげに対比構造になっていて熱い。
来週まさかのシャットさん回だし、なんかもう楽しみで仕方がない。

それでミナミさん。

Go20151220mp4_000046036

みなみ「波は、どこから来るの?」

子供の頃の思い出から始まる最後のミナミさん回。
いきなり溺れてたり夢見てたり、ミナミさん回って独特な始まりかたすることが多いですな。

Go20151220mp4_001448081

ミナミ「私は、海藤家のお仕事はできません――。他にやりたいことが。夢が、できました!」

Go20151220mp4_001464745

父「おめでとう。大海原に飛び込むときが来たようだな。ブラボーですわ

打ち明けたミナミさんに対する最初の言葉が「おめでとう」って、父の親心に泣ける。。。
幼いミナミさんが海を見つめていたときから、父はミナミさんがこうやって大海原に飛び込む時を待っていたんでしょう。
やっぱり家族に反対されて修羅場になるような話にはならなかったですな。
ミナミさんの内面を描く回で、そんな波乱はノイズにしかならないですからな。

みんな理解ある人で打ち明けてみれば大した事ではなかったけど、ミナミさんだけが一人思い悩んでいたという感じですが。
ミナミさんは責任感が強すぎるために、周りの期待に添うことと自分の夢を同一視してしまっていたんですよね。
本当は他人の希望と自分の夢は切り離して考えるべきものだけど、他人の希望に沿って生きることが当たり前になりすぎてしまって、当人はそれが不自然であることにすら気づかない。
そんなミナミさんが、今回の事件をきっかけとして自分の心を見つめ直し、主張する。
それはこれまでロボットのようになっていたミナミさんに、はじめて「意志」が生まれた瞬間でもあるわけです。
今回の話は、ミナミさんが過去を捨て去って、生まれ変わる話でもあるんですよね。
これはものすごく大きな事で、自分の意思をもつことのできたミナミさんがこれからどれだけ大きくなっていくのか、想像も付かない。
レイカさんの留学話も同じ構図だったけど、こういう過去の自分を乗り越えて一歩前に踏み出すという話は、本当に心打たれます。

Go20151220mp4_001372642

それにしてもミナミさんの気持ちを察していた兄が格好良かった。
気をつかって店の予約をしてる所も粋だったし。
なんかちゃらちゃらしてる印象しかなかったんだが、全くの誤解だった(笑)

前半のクリスマスパーティも熱かったですが。

Go20151220mp4_000515116

クリスマスツリーを作る三人。
この三人って単なるユウキ君の取り巻きかと思ってたけど、もはやユウキ君よりも目立ってますな。

Go20151220mp4_000531715

ユイさんは腹話術。
パフにしゃべらせるのって反則のような気もするけど気にしない。

Go20151220mp4_000539253

久しぶりのパフに喜ぶ如月さん。夏のお祭り以来でしょうか。

そして芸人。

Go20151220mp4_000524596

まこぴーが映画のCMに出た回にこれをやるのは、何か因縁を感じる。

Go20151220mp4_000530161

キララ「芸達者だなー」

キララのすっかり冷めた態度が面白かった。

Go20151220mp4_000547229

Go20151220mp4_000594425

見てるときもランコさんだけいちいちリアクションが他と違って熱い。
最近ほんとランコさんが毎週爪痕残しているなぁ。
来週はみんなで雪の城作るみたいだけど、ランコさんも作るんだろうか。
一人で違うもん作ってたら面白いんだが。

Go20151220mp4_000610856

最後に、キャラソンと共に踊る四人。すばらしいのう。
初期の頃はつぼみとか言われてたハルカですが、今は周りからはどう思われてるんだろうか。
あのころに比べてだいぶ目立ってきてるし、三分咲きとか言われてるのかな。

Go20151220mp4_000612594

悩みを抱えつつも、ミナミさんも張り切っていた。

Go20151220mp4_000637196

しかし白銀さんのコスプレに誰も突っ込まないのがちょっと面白かった。

それでもう一人の主役。

Go20151220mp4_000353965

いきなりディスピア様にアイメイクの話を持ちかけるシャットさんですが。

Go20151220mp4_000372068

ディスピア「シャット、お前は失敗策だ」

ついにディスピア様に愛想尽かされてしまったシャットさん。
というかこんなピンチなのにディスピア様にアイメイクの話持ちかけるってどれだけ空気読めないんだ(笑)
でもこれってシャットさんなりにご機嫌とろうとしてたんだろうな。化粧のことしか頭にない人だし。

Go20151220mp4_000375842

ディスピア「愚かな。なぜこうなってしまったのか。いっそ、この手で――」

「いっそこの手で」って、プリキュアの手で殺されるくらいならいっそこの手で始末つけてやろうって親心に聞こえなくもないですが。
初期クローズさんと違って、シャットさんは失敗続きでもずっと大目に見てくれてたわけだし。
なんだかんだでディスピア様ってシャットさんに愛着あったのかもしれん。

Go20151220mp4_000382046

アイメイクが崩れて泣き顔みたいになってるところが悲壮。

Go20151220mp4_000785822

それでメツボーグをもらってマーメイドを倒そうとします。
今回は亀ですな。
このまえは龍で、その前は四本足の獣でしたが、四聖獣モチーフなのかな?
この調子だと最後は鳥か。
クローズさんも鳥だし、メツボーグと合体して最強形態になるとかだったりして。

Go20151220mp4_000893020

シャットさん、マーメイドだけをホープキングダムに連れてきて一人ずつ倒そうとするけど、

Go20151220mp4_001037634

あっさり仲間達がやって来てしまう。シャットさん・・・・・。
しょうがないので全員を相手にすることに。

Go20151220mp4_001059014

メツボーグが円盤形態になって、四人を攻撃。強いぞガメラ!

Go20151220mp4_001071520

さらに海を汚すメツボーグ。今回のメツボーグなんか邪悪でいいな。

Go20151220mp4_001077312

シャット「絶望だ。この海もお前達も、絶望に飲まれて終わるのだ!」

シャットさん真に迫ってるな。

Go20151220mp4_001134279

マーメイド「時に絶望や困難に飲まれることもあるでしょう。でも、それでも! たえまなく生まれ続ける。困難だとわかっていても叶えたい夢が生まれる。海も、私たちの心も。消して絶望で満ちたりしないわ!」

Go20151220mp4_001183935

マーメイド「私は海のプリンセス、キュアマーメイド。海と夢を汚す者は、私が成敗します!」

こういう名乗りってしびれるな。
レイカさん回の「私の名前は青木レイカ」を思い出す。

Go20151220mp4_001185264

Go20151220mp4_001186390

パルテノンハートばりの蹴りでメツボーグを蹴り上げ。
ちょっとバレエっぽい動きをしていたのが、マーメイドの初回みたいで嬉しかった。
やっぱりマーメイドの戦い方はバレエが基礎になってるんですな。

Go20151220mp4_001292421

グランプランタンでごきげんよう。

Go20151220mp4_001304356

シャット「最後のチャンスが、うぁあああああ!」

あぁ、シャットさん。。。
しかしディスピア様にもらったゼツボーグで勝てないんだから、もう誰がやっても勝てないよなぁ。

Go20151220mp4_001338281

それで城復活。

Go20151220mp4_001548103

最後にミナミさんが家族に思いを打ち明けて、雪の街に消えていくところで終了。
素晴らしい締めだのう。
しかし仲間達が戦闘後にまったく登場しなかったのって、なにげにレアですな。
もしかしたらプリキュア初なんじゃないだろうか。わからないけど。

そして次回。

Go20151220mp4_001727299

ついに来たシャットさん回です。

Go20151220mp4_001720808

トワ「美しさにこだわっているようですけど、シャット今のあなたは美しくありませんわ!」

やっぱりトワとシャットさんとの因縁の話になるのかな。

Go20151220mp4_001732270

シャットさんついに変身。やっぱりシャットさんも例の劇画調になるんだろうか。
まあ、でも決戦と言うよりは救済の話になるんだろうな。
きっと最後はシャットさんが本当に美しいものを見つけるんだろう。

シャット「ディスピア。私の勝ちだ。私はキラキラを手に入れた・・・・」

って、これだと死んじゃうか。生きるんだシャットさん!

2015年12月14日 (月)

Go!プリンセスプリキュア 第44話 “湧き上がる想い!みなみの本当のキモチ!”

こんばんは。
今日はGo!プリンセスのプリキュアの感想ございます!!
今週は最後のミナミさん回の前編ですな。

Go20151213mp4_000041185

すーいーへーいーせーんの終わりには、あああ~~♪

それで今週は、ミナミさんが新しくできた夢に確信を持つ話。
夢は一つだけじゃなくてもいい。たくさんあるのも途中で変えるのもまったく悪いことではないというメッセージの込められた素敵な話。
現在の幼児がいずれ夢に迷ったとき、是非ともこの物語を見直してもらいたいものです。

夢を一途に追いかける物語はたくさんあるけども、途中で夢を変更する物語ってのはもしかしたら初なんじゃないでしょうか。
知らないだけでどっかにあるかも知れないけど。
下手するとこれまでやって来たことは何だったんだってことにもなりかねないし、結構冒険ですよねこういう話って。
その点、ミナミさんはなんだかんだで夢をぼやかしてたからな。このさじ加減は絶妙だった気がする。

そんなゴプリキュア

Go20151213mp4_000210808

12月15日は、スカーレットさんの誕生日らしいですな。うむ。
他のキャラは海の日だったり宇宙の日だったりしますが、12月15日ってなんかあったっけ?
Wikipedia見てみたら、赤壁の戦いがあった日らしいですが、赤つながり・・・?(絶対違う
「風と共に去りぬ」が公開された日でもあるけど、スカーレット・オハラつながりでしょうか。
他に赤関係の記念日ないし、謎は深まるばかり。
14日だったら、赤穂浪士で赤つながりだったのに!

出番はないけど今週も輝いていたランコさん。

Go20151213mp4_000499151

無慈悲に却下されてて笑った。
ランコさん、キララに勝った記念像を建てることを命令している。
しかもプリンターを使わせてもらえなくなって、手書きという。
知らないところで熱いことになってるなぁ、ランコさん。

ザマスの先生の名前も明かされてましたな。
座間スミレさんというらしい。
まんまザマだったんかい。ショウって息子がいたりしないのだろうか。
ミナミさんに進路調査票を催促してましたが、ノーブル学園は2年で進路調査票出すんだな。
ニンニンの黄色も2年で出してたし、最近の学生は早いな。

Go20151213mp4_000488142

ザマ「悩むということは悪いことではないザマス。あなたもとことん悩むザマスよ」

これまでは説教ばかりで憎まれ役のポジションでしたが、今回はいい役してましたな。

Go20151213mp4_000469627

アイドル、警察官、マンガ家と色々と迷った末に、教師になったらしい。
ここに来てまさかほんとに夢を語ってくれるとはのう。
こういうひとが意外な一面見せると、ハッとしますな。
来週OPにスミレさんも出場できるだろうか。

Go20151213mp4_000850035

トワは今週出番少なかったけど、地味に重要な役割してましたな。

Go20151213mp4_000853672

みなみ「心配を掛けたくなくて、ついね」

かつてのパターンの逆で、今度はミナミさんの「なんでもない」からトワ達がミナミさんの気持ちを察するという。
ほんとこういう過去の出来事を生かすような展開はしびれるな。

そして、キララとミナミさん。

Go20151213mp4_000668768

ミナミさんは、最近よく夢を見るそうな。
海に呼ばれて、海の生き物たちと楽しく泳いでいる夢。
海はどこまでも広くて、先を知りたいと思うけど、どうしてもその先に行くことができない。
自分はその先に本当に行きたいのかどうかも、わからない。
悩むミナミさん。

先週、仲間達に助けられたキララは、今度はミナミさんを助けるためにがんばってます。
ハルカのドレスの頃から、キララの世話焼きな性格は一貫してますな。
まったく人を寄せ付けなかった反動というか、友達がいるのが嬉しくてしょうがないんでしょうな。

Go20151213mp4_000511570_2

キララ「へんたい! へんたい!(違」

生徒会の会議中に乗り込んできて連れ出すキララのアグレッシブさ。
なぜわざわざ会議中に・・・(笑)

Go20151213mp4_000562573

大した用事もないのに連れ出されて、その上、プライベートなことにまで踏み込まれて、さすがにミナミさんも堪忍袋の緒が切れる。

Go20151213mp4_000587247

みなみ「あなたには関係のないことよ!」
キララ「なにそれ、いじっぱり!」

関係ないって言われて、ひるまずに言い返すところがキララっぽくていいですな。
プリキュアでケンカとはレアなものを見た気がする。
スイプリ序盤ではしょっちゅうだったけど、スマイル以降では初かな?
ヒメとイオナさんも険悪だったけど、あれはケンカと言うより一方的に恨まれてただけだしな。

Go20151213mp4_000598336

キララ「あー、もううまくできないなぁ」

こういうのは慣れてないから、上手くできないと反省するキララ。
ここでケンカ別れせずに、反省するところが大人です。

Go20151213mp4_000644277

それにしてもこの二人の組み合わせはかっこいいな。
ハードボイルドな雰囲気が漂っている。
二人ともタメに見えて仕方ないけど、キララ一歳年下なんだよな。

それで久しぶりのシャットさん。

Go20151213mp4_000706362

シャット「忌々しい虹が二本も! っていうか、そろそろ手柄を立てないと私がまずい!」

トワイライトさんがいなくなってから半年近くまともに仕事してなかったシャットさんが、ようやく焦りだした。
しかしシャットさんでも虹を見て「美しい・・・」にはならないんですな。
さすがにその辺はディスピア様への忠誠心の方が優先するんだろうか。

ともかくシャットさんが、スミレさんと遭遇。

Go20151213mp4_000870303

ザマ「何をしてるザマスか!」

こうしてみるとシャットさんでかいな。ハイヒールはいてるからかな?

Go20151213mp4_000881179

進路指導室へ連れて行かれそうになるシャットさん。
またシャムールさん回みたいな人生相談になるんじゃないかと一瞬期待してしまいましたが。
そんなことにはならず、スミレさんはゼツボーグの生贄に。

Go20151213mp4_000894326

ザマ「生徒達の夢を応援するザマス!」

ランコさんここでも目立ってる。ランコさん推しが熱い。

そして戦闘。

Go20151213mp4_001057931

フローラ「えい!」

Go20151213mp4_001059004

スカーレット「は!」

Go20151213mp4_001059870

トゥインクル「やぁ!」

Go20151213mp4_001060609

マーメイド「きゃあ!」

四コマ漫画みたいでちょっと笑ってしまった。
ミナミさんがオチ担当なんてめずらしい。

 

Go20151213mp4_001039429

ミナミさんは、心に迷いがあるから力が弱まっている様子。
ハルカの時は変身すらできなくなってたし、やっぱり夢の力は重要なんだな。
キララがモデルを休業したときはパワーダウンしてなかったけど、あれは開き直ってたから影響なかったんでしょうな。
ゼツボーグを率先して倒してたりしてたのは一見強がりに見えたけど、あれはあれで全力投球だったんだろう。

それで一人で悩んでるミナミさんに、ハルカが激オコ。

Go20151213mp4_001171422

フローラ「マーメイド!」

Go20151213mp4_001172946

マーメイド「は、はい」

フローラの剣幕にびびるマーメイドがちょっと面白かった。
フローラのむくれっぷりあざとくて素敵。

Go20151213mp4_001205883

フローラ「夢は、変わってもいいと思います!」

手を取ってミナミさんを励ますハルカ。
ハルカはなんだかんだで頼もしいな。ミナミさんのナイトにふさわしい。

Go20151213mp4_001240144

トゥインクル「大事なのは、どうしたらいいかじゃなくて、マーメイドが、どうしたいかじゃない?」

いい台詞なのだが、どうしてもこの前のM1グランプリのコントを思い出してしまう・・・(笑)
ともかくハルカの励ましやキララのアドバイスもあり、復活するミナミさん。

Go20151213mp4_001279799

みなみ「本当はもう気づいていた。自分の心の奥底からわき上がるのぞみに。なのに気づかないふりをしていた。幼い頃からの夢も、とても大切だったから――でも、もう迷わない! 私は、自分の信じる道を進む!」

戦いながら本心を打ち明けるくだり格好良かった。
話すときでも、常に物語が動いてるって、いいな。

Go20151213mp4_001347969

新必殺技のコーラルメイルシュトローム。
イルカが泳ぐところが、夢とシンクロしてる感じでいいな。

Go20151213mp4_001352402

しかしメイルシュトロームといいながら、なぜか蹴り。
トンファーキックを彷彿とさせる熱い技だ。
そしてグランプランタンで止め。

Go20151213mp4_001463513

マーメイド「ごきげんよう」

マーメイドの「ごきげんよう」久しぶりに聞いた気がする。

そして戦闘後。
自分の本心を、ようやくみんなに告白。

Go20151213mp4_001512047

みなみ「海の生き物のお医者さんになりたいの」

Go20151213mp4_001532233

アスカさんはフロリダの水族館にいて、毎日ブログをアップしているらしい。

Go20151213mp4_001548835

ミナミさんの笑顔で終了。
次回にもう一波乱ありそうですが、キララ回の前半と違って綺麗に終わりましたな。
これでミナミさんは、来年一年勉強してフロリダの高校を受験するとかだろうか。
春からいきなりフロリダに旅立ちそうな気がしなくもないけど、キララみたく向こうじゃなきゃできない仕事があるわけでもないし、さすがにそれは生き急ぎすぎだよな。。。
でも最終回で全員がそれぞれの道に進んで旅立っていくってのもありそうな気がしなくもないし、よくわからんが。

ともかく次回。

Go20151213mp4_001727625

真冬の水着回(違
相変わらず希望に満ちたタイトルがいいな。大海原へ!

Go20151213mp4_001709939

ミナミさんが、両親と話をつける回ですな。
こういう話は胃が痛くなりますが。
話してみたら、「おk♪」とか軽いノリで了解されたりして(笑)
でもたぶん両親は反対しないだろうし、期待を裏切ることに罪悪感を感じている、ミナミさんの心の整理が中心になるんだろうな。
両親も反対どころか、逆にミナミさんを励ますかもしれぬ。

Go20151213mp4_001719632

そしてクリスマスパーティでは、ランコさんがまこぴーばりに傘まわし。
トップアイドルに傘まわしは必須らしい。

Go20151213mp4_001709101

料理部員の人も久しぶりに出てくるな。
名前未だにわからんけど、スミレさんみたいに明かしてくれんもんかのう。
ともかく、たのしみである。

2015年12月 7日 (月)

Go!プリンセスプリキュア 第43話 “一番星のきらら!夢きらめくステージへ!”

こんばんは。
今日はGo!プリンセスのプリキュアを見たのでその感想でございます。

今週はキララが復活する話!
ランコさんも登場したし、今週も素晴らしい回でしたな。
キララ回でもあったけど、これまで明かされてなかった人達の夢がまとめて明かされてて、総まとめ的な内容になっていた。
モブな人達の夢が次々明かされる中、如月さんとか東さんとか身近なキャラほど夢が明かされないねじれ現象的なことになっていたので、ようやく溜飲が下がったような気がする。
あとは舘社長の夢もわかればknpkなんだが・・・・・・。
やっぱり会社を大きくすることだろうか。

Go20151206mp4_000163870

OPではりんりんが登場。
逆にEDのレフィさんは消えてしまいましたな。
9月あたりからひたすら続いていた映画の宣伝もすっかりなくなって、一抹の寂しさを感じる今日この頃。
この前見に行った映画館も、木曜で公開終了だ。。。

そんなGoプリキュアですが。
久しぶりに登場のボワンヌさん。

Go20151206mp4_000097400

予告にもあったこの場面。
てっきり旅立つキララを見送っている場面なのかと思って、勝手に感動していたんだが。
単にボアンヌさんが日本に到着した場面だった。感動が・・・!

ボワンヌさんは、今度独自のブランドを立ち上げるので、キララを専属モデルにしに来たとのこと。
業界から干されて評価が暴落しているこのタイミングで引き抜きにやってくるとは、ボワンヌさん抜け目ないな(オイ

Go20151206mp4_000419565

キララが一度はボワンヌさんの提案を断るところは良かった。
ボワンヌさんに助けてもらって復活じゃ、仕事上では復活できても、モデルをあきらめたキララの考えが変わるわけじゃないですからな。
キララが自分でモデルをやることの意味を悟った上で、ボワンヌさんの力添えを受けるという流れは見事でした。

そんなキララ。

Go20151206mp4_000038765

ずいぶんとたおやかになったキララさん。
今回キララ色々百面相もやっていましたな。
goプリってハルカ以外はあまり顔崩れないけど、ハルカの次に崩れてるのはやっぱりキララだろうか。
それはともかく。

Go20151206mp4_001011219

キララ「あーあ、やっぱり・・・・・・たのしいや!」

紆余曲折あったけど、最終的にはモデルに戻るキララ。
一度はあきらめたものの、やっぱりここが自分の居場所だと再認識する流れの素晴らしきこと。
キララのステージの作画の気合いの入りっぷりは、ほんとすごかったですな。
同級生達のステージも華やかではあったけど、キララだけはまさに別格。
キララがステージに立った瞬間、空気が変わるのがハッキリわかるんですよね。
ああいう空気感を映像で再現してしまう匠の技にはしびれます。

Go20151206mp4_001024959

キララ「キラキラ輝く一番星。世界一の、トップモデルだよ!」

Go20151206mp4_000517497

夢への宣言から始まって、再び宣言することでキララのエピソードを締めるこの流れは最高ですな。
ほんとキララかっこいい。

それでキララはボワンヌさんの専属モデルになるって事で、春でみんなとお別れになるそうな。
中学中退して海外に行くって事はキララ小卒になるのか? とか一瞬考えてしまったが。
よく考えればというか考えなくても、中学は義務教育だった。
キミマロみたいに留学って形になるのかな?

しかしここまでハッキリ別れを予感させるプリキュアってのは初でしょうか。
クローズさんが言ってた夢が孤独を作り出す的なことが、現実になりつつありますが。

Go20151206mp4_001518525

ハルカもあのエピソードで心の整理を付けたおかげで、この別れも前向きなものになりそうな感じですな。
変に湿っぽくならなかったのは、クローズさんのおかげかも知れない。ありがとう。

今回は、クラスメイトの人達も熱かった。
キララを励ますために、みんなでコスプレパーティやっていた(違

Go20151206mp4_000747815

みなみ「イッツショーターイム!」

のりのりのミナミさん。
司会にかこつけて自分の夢は語らないあたり、悩んでるんだろうなぁ、という気がしなくもないですが。
そういえば、ノーブル学園って司会業が夢って人はいないのかな。
学園ものとかだと、やたら熱い実況するような放送部員の人とかたまにいるけど。
あとマスコミが夢の人も出さないと!(作品違う

最初に現れるのはハルカ。

Go20151206mp4_000763842

ノーブルパーティの時に作ったドレス、なにげに活用しまくってますな。
1話の時は恥ずかしがって人に話せなかったのに、いまや胸を張って夢を主張できるようになってます。

Go20151206mp4_000778711

緊張するユイさんの目が熱い。
こういうランウェイを歩く日が来るとは、当人も夢にも思わなかったろう。

Go20151206mp4_000795460

Go20151206mp4_000798391

ヒトミンとヨウタンは警察官と医者。
ここぞとばかりに主張しています。
モブキャラ止まりのキャラかと思っていたら、意外と熱いキャラ達だった。

Go20151206mp4_000809273

ユウキ君は手に過ぎに着替えておきながら、いまさらでたくないとだだをこねる。
着替えてテニスラケットまで持ってきてるのに、直前になってびびった様子。
そして真打ち。

Go20151206mp4_000825005

ランコ「いくわよ、自作のデビュー曲、らんこレヴォ――」

ランコさんミラクルピースみたいな格好しとる。
やはりこの人の濃さはレベルが違うな。キララとはまた違った方向で場の空気を支配してしまう。
さすがキララと死闘を演じただけのことはある。
自作の歌は、らんこレヴォリューションでしょうか。
ゆるキャラデザインしたり、作詞作曲したり、ランコさんなにげに多彩だなぁ。
山崎邦生みたいだ(笑)

Go20151206mp4_000834271

如月さんの夢がまさかの裁判官だったとはちょっとびっくりだった。
法服姿かっこいいな。
パフの影響で動物関係の何かになるんじゃないかとも思っていたけども。
それだと、学園入ったときは夢がなかったってことになっちゃうか。

Go20151206mp4_000837467

東さんは野球選手。西峰さんは日本舞踊の家元。
西峰さんの日本舞踊の家元って、えらい難易度高い夢ですな。
日本舞踊ができるだけじゃなくて、どっかの家系に養子に入るとかしないとなれないんじゃなかろうか。
もともとそういう家系だったりするのかな? 西峰さんが新しい舞踏の家系を起こすとかだったら熱いが。

Go20151206mp4_000839531

ハナエさんがフラワーコーディネイター。
9月の段階では夢のなかった人が、短期間で急成長している。

Go20151206mp4_000846136

この二人の夢は解説してくれなかったですが。
今川さんはビッグ・ザ・ブドーで、古芝さんはマッドサイエンティストだろう(は?

Go20151206mp4_000874956_2

最後に、スペシャルゲストのりんりん。
「だれあの子?」とか言われてたけど、やっぱりまだ知名度はないんだな。

Go20151206mp4_000876300_2

キララが過去の自分に重ね合わせた瞬間、無音になる演出が素晴らしいってもう。
自分が夢を与えたかりんさんをきっかけに夢を思い出すって流れもいい。いい!
やはりりんりんは、ステラさんに憧れたかつてのキララの姿なんですな。
ここちょっと泣きそうになってしまた。

Go20151206mp4_000900639_2

キララ「ぜんぜんダメ、ステージは雑だしモデルは素人ばっかで見ちゃいられないよ」
ハルカ「そりゃ、ほんとは見る側じゃないからね、キララちゃんは」

このハルカの返しも粋だった。

Go20151206mp4_000953937

そして楽屋で待ち構える奥さん。
結局、トワは夢を語らなかったな。
まあ、グランプリンセスになるって言われても「なに?」ってなりそうだけど。

それでなんだかんだあって、ディスピア様がメツボーグを送り込んでくる。

Go20151206mp4_001112669

龍のようなメツボーグ。
ディスピア様のメツボーグはデザインがガチすぎて、違うアニメのようだ。
戦闘でもほとんどキララの一人舞台でしたが。

Go20151206mp4_001254882

キララ「サンキュ」

助けてくれた仲間にしみじみとお礼。
この仲間のいることの幸せを再確認するかのような感じがいいですな。

Go20151206mp4_001272937

ロゼッタばりにバリアを足場にしてからの攻撃も熱かった。
技名なかったけど、ミーティアハミングより強そうだ。

Go20151206mp4_001380003

それでギャラクシーコーラスからのグランプランタンでとどめを刺して、ごきげんよう。
先週フローラに譲ったぶん、今週はしっかりトゥインクルが担当していた。

Go20151206mp4_001449709

拠点も解放。レコンキスタ運動は進んでいく。

Go20151206mp4_001507514

それでキララが来年の春にパリに行ってしまうことをみんなに告白。
一瞬湿っぽい雰囲気になるものの、はるはるの前向きな応援などもあって、

Go20151206mp4_001549714

最後は笑顔で終了!
見事にまとまったのう。ほんと見事だ。
ここまで綺麗にまとまると、もはや思い残すこともなにもない。

そして次回。
ミナミさん回ですな。やっぱり前後編なんだろうな。

Go20151206mp4_001709153

来週はひたすらミナミさんが悩む感じですが。
キララとは対照的に、心が揺れまくってますな。
一つの夢をまっすぐに追いかける人もいれば、道に迷って悩む人もいる。
多方面から夢の形を描く今作の構成の巧みなこと巧みなこと。

Go20151206mp4_001714602

久しぶりにザマスの先生も登場。
この人が重要な役目とかやってくれたら熱いのだが。
実は私も昔は・・・みたいな感じで夢明かしてくれるとか。
夢どころか未だに名前もわからないけど。

Go20151206mp4_001716803

それにしても、しっかり腰の入ったフローラの正拳突きが見事だ。

ともかく来週からはミナミさんの最後のエピソード。
またキララばりに熱い展開があるのかと思うと、楽しみでしょうがありませんが。
次から次へと素晴らしいエピソードが見られるとおもうと、なんて贅沢なアニメなんだろうかと。
素晴らしいのう。

2015年12月 1日 (火)

Go!プリンセスプリキュア 第42話 “夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道!”

日付変わってしまいましたがこんばんは。
まほうつかいプリキュアの発表がこの前ありましたが。
来年の春の映画の情報も公開になってますな。

15112701

エコーさんがいる! いやっほーい!!!
今までひたすらハブられてたけど、ようやく日の目を見る日が来たか。
やっぱりフィギュアーツの投票で一位になったのがでかかったんだろうか。

というか次も歌う路線なんですな。
まあ春のカーニバルはたしかにいまいちだったけど、一回不評だっただけであきらめてたらなにも発展はありませんからな。
今回は前回の反省を踏まえて良くなってるはずですし、これも腰を据えて三部作くらいにはして欲しいと思う。

ともかく今日はGo!プリンセスのプリキュアの感想でござる。
今回は、キララが夢とプリキュアとの狭間で悩む話。
まさかの前後編。
というか前後編って知らずに見てたので、やたら後味悪く終わってどうしようかと思ってしまった。
ここに来て二回もつかって夢を描くとか、なかなか熱い展開ですな。
この調子でミナミさんも前後編なのかな? それで年明けあたりから決戦と。熱いのう。

しかし今の空気だと、とてもランコさんは出られそうにはないのう。
モデルやめようとするキララを叱咤しに来るなんて展開になったら泣くのだが、その役はボワンヌさんがやりそうだしな。
ミナミさん回に関わるわけもないし年開けたらもう決戦だろうし、来月の27日あたりが最後の勝負になりそうである。
というか27日ってあるんだろうか。

それで、新キャラの明星かりんさん。

Go20151129mp4_000395354

服のセンスがハルカの父のようだ。
いや、逆だな。ハルカの父にモデルなみのセンスがあるんだろう。
かりんさん、ハトプリでモモカさんの妹役やってた露木かりんさんみたいなガツガツしたキャラかと思ったら、意外と素直な人だったな。
でも同じモデル業で名前まで同じだし、やっぱりあの人を意識したキャラなのだろうか。

Go20151129mp4_000631222

元々は地味な人だったけど、雑誌であるモデルさんに憧れてモデルを志すようになったとのこと。
しかしそのモデルさんが誰だかは、キララがいくら問い詰めても教えてくれない。
まあ、バレバレですが!

Go20151129mp4_000960014

ゼツボーグにされたところで明かされる展開は熱かった。
ステラさんに憧れてキララがモデルになって、そのキララに憧れてかりんさんがモデルになるという、この夢が受け継がれていく感じが熱いですな。

そして、キララ。

Go20151129mp4_001122638

キララ「聞いちゃったよ。りんりんの夢は、私を見て描いてくれた夢なんだよね」

ステラさんの姿によって夢を与えられたキララは、いつの間にかカリンさんを初めとして色んな人に夢を与えていたんですな。

Go20151129mp4_000564377

今までは無邪気に自分が夢を叶えることだけを考えていたけど、モデルになるということは、他人に夢を与えるということでもあるってことを、今回の件ではじめて気がついたんでしょうね。
夢を与えたからには、見捨てることなんてできないし、見捨てたくもない。
だから何百回同じことがあっても、同じように助けると、キララは断言する。

Go20151129mp4_001156766

キララ「夢を守るのがプリンセスプリキュアの使命。そして私は、プリンセスプリキュアだから!」

トップモデルになるという困難な夢に立ち向かうキララは、夢の重みを身に染みて知っており、他人の夢を守ることも全力になれる。
そんなメンタリティを持っているキララはまさにプリキュアにふさわしいんだと思います。
本当に熱い話だ。
心に愛がなければ、スーパーヒーローにはなれないのさ・・・・!

Go20151129mp4_001548908

とはいえ他人の夢を守ったツケは大きく、結局ジャパンコレクションはおシャカに。
かつてうららやミキたんも似たようなことになってたし、この手の展開は芸能人プリキュアの宿命ですな。
そう考えるとまこぴーは恵まれていた。
まあ、まこぴーの場合、最後の頃はともかく途中までは王女様探す手段としてアイドルやってたみたいなもんだから、どっちか選べって言われたら「あ、じゃあアイドルやめます」ってなりかねないが。

ともかくキララの場合は、うらら達とは違って周りから干されかねない事態にまで至るという、かつてないシビアな展開になっています。
飛行機1本乗り遅れただけで間に合わなくなるようなタイトなスケジュール組んだ社長が悪いんじゃないかって気がしなくもないですが。
まあどんなに余裕もってスケジュール組んだところで、間に合わなくなる絶妙なタイミングでゼツボーグが攻めてくるだろうから、あまり関係ないか。
間に合ったら間に合ったで、今度は会場がぶっ壊されるだろうし。
でなければ、みゆきさんが納得しないっ!!(は?

そんなことはともかく。
プリキュアばっかりやって全然仕事してないと言われがちなキララですが、見えないところでしっかり仕事はしているようで、マーブルドーナツも食べる暇もなかった様子。
しかしその束の間の休息にも、サインをねだられてましたが。

Go20151129mp4_000057372

迷いつつもしっかりとサインしているところがえらいですな。
これがハルカ達と出会う前だったらシカトしてたんだろうなと思うと感慨深いものがあります。

Go20151129mp4_000066236

しかしここってノーブル学園の庭かと思ったら、マーブルドーナツのテラスだったんだな。
ちょっとした営業妨害(笑)
ハルカの顔がハニワみたいになっとる。

Go20151129mp4_000557909

キララ特集が組まれるほどの人気ぶり。
またどっかにランコさんの名前がないか探してしまいましたが、今回はないな。
「少女読んで」だか「少女読ムズ」だかって雑誌の「安心してください少女まんが雑誌ですよ」って注意書きが、ファミ通の攻略本みたいで面白かったですが、わざわざそんな注意書きのある雑誌ってあるんだろうか(笑)
片肌脱いだ女子中学生が表紙飾ってる少女マンガ雑誌なんて普通ないだろうけど。

Go20151129mp4_000560506_2

このインタビュー、よく見ると細々といろいろ書いてありますな。
まだちゃんと読んでないですが、好きな食べ物が「もやし」って(笑)
ドーナツじゃないのかと。

Go20151129mp4_000473667

トゥインクル「ごきげんよう」

戦闘も瞬時に片づけてました。
バンクだけで戦闘が終わるってのも新しい。
しかし今さらトゥインクルハミングで倒せる敵って、一体どんなゼツボーグだったんだ。
シャットさんが適当に作ったゼツボーグに違いありません。

それで、そんなシャットさん。

Go20151129mp4_000737199

ストフリじゃプリキュアを倒すのは無理としゃしゃり出てくるものの、クローズさんに怒鳴られて今回の出番は終了だった。
しかしシャットさんって、もはや数ヶ月にわたってほとんどまともに仕事してないですな。
38話でMS型ゼツボーグ出してるけど、あれはただの前置きだったし。
その前は34話でネコ相手だし、まともに人間をゼツボーグにして戦ってるの見るには27話まで遡らなきゃならん。
しかも26話はセミだし!!
トワイライトさんがいなくなって以降、ほんと役に立たなくなっとる(笑)
シャットさん最後どうなるか楽しみで仕方がない。

そして戦闘。
シャットさんの代わりに、例によってストフリが担当。
ニンニンの晦さんばりに働いてるな。

Go20151129mp4_000930809

ストフリ「プリキュア発見」

柱からのぞき込んでるストフリがかわいい。

Go20151129mp4_000991076

かりんさんから生まれるきらら型ゼツボーグ。
かっけぇ。

Go20151129mp4_001200202

トゥインクルも久しぶりに単独変身ですな。
久しぶりだけど何話ぶりだろうか。もしかしたらこれで最後かも知れない。

Go20151129mp4_001315727

トゥインクル「シャランラ、銀河よ! プリキュアギャラクシーコーラス!」

あなたの心に忍び込みそうなかけ声と共に、新必殺技。

Go20151129mp4_001319800

やっとトゥインクルに強そうな必殺技が・・・・・。
ミーティアハミングは「いた!」ですまされるレベルだったからな。

Go20151129mp4_001420785

フローラ「ごきげんよう」

グランプランタンで撃破。
あいさつがトゥインクルじゃないのは、来週にとってあるのだな。うむ。

Go20151129mp4_001455682

しかし飛行機は行ってしまう・・・・・・。
海藤家に自家用ジェットはないのか! キミマロ呼んでこいキミマロ!

敵は倒したけど、仕事はダメになり凹む社長。

Go20151129mp4_001466012

社長「海外どころか、今までの仕事も当分なくなると思ってちょうだい」

ここでタイミングよく電話が鳴ったから、なんかいい知らせでも来たのかと思ったら、苦情の電話だった。救いない。。。

Go20151129mp4_001536172

星の城も光らず。

Go20151129mp4_001547452

部屋で一人で号泣する流れかと思ったら、そう云うこともなく、静かに黄昏れて終了。
吐息がさびしい。

それで次回。
キララ回の後編。

Go20151129mp4_001728304

これ見るだけでもちょっとくるものがあるな。なんて希望に満ちた場面なのか。
ボワンヌさんキララのこと忘れてなかったんだな。いい流れだ。。。

Go20151129mp4_001717076

キララのために仲間達がファッションショーを開催するような感じですが。
これでキララがモデルへの情熱を再燃させるって感じかな。
ここから一から出直す、みたいな流れでも熱いとは思うけど、まあ、ボワンヌさんが助けてくれるんだろうな。
来週が楽しみである。

2015年11月27日 (金)

映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!をみたっ!

こんばんは。
プリキュアの次回作が正式に発表されて、なにげに公式サイトもできあがってる今日この頃。
次は魔法使いらしい。
魔女を倒した後に魔法使いが主役になるとはな。ディスピア様の執念を感じますが。
タイトルロゴにくっついてるような三角帽かぶるんだとしたら、初の帽子かぶるプリキュアですな。
あとほうき使って戦うんなら、初の全員が武器標準装備のプリキュアになるな。
ビジュアルの公開がたのしみである。

来年の話はともかく。
今日は、先週プリキュアの映画見てきたのでその感想です。
なんかちまちま書き続けて結局一週間近くかかってしまった。

しかし時間は、やっぱり70分ちょっとなんですな。
三本立てだから少しは長くなるかと思ったら、今までどおりであった。
女児の集中力が云々って話も聞くけど、90分くらいやってるしそれくらいはやってほしいもんです。
まあ、たしかにレフィやってるあたりで集中力が持たずに泣き出してる子供いたけど!

それで、いたずらかがみ。
CGかわいかった。なんかプルプルしていて楽しかったです。うむ。
あとフローラだけかと思ったら、他の三人もしっかり出てくるんですな。
最後にちょっとでるだけだったけど、うれしかったぜ。
しかし結構あっという間に終わるので、内容は正直よく覚えてない(汗
あの鏡の中のフローラってどうなったんだっけ・・・・・・。

あとスタッフロールで、一瞬宮本加奈子って名前が出てきた気がして、まこぴー!? ってちょっと焦ったのですが。
あとでググってみたらやっぱり演技協力してたみたいですな。
フローラの表情とかは、宮本加奈子さんの演技が元にしてるらしい。あの舌だしてる変顔とかもやったのか(笑)
ともかくまこぴーの人が復活してて喜ばしいことですな。
来年のオールスターではしゃべるだろうか。

次に、パンプキン王国。
うん、おもしろかったと思う。
めちゃくちゃ熱かった去年とか、話がやたら凝ってた一昨年とかに比べたら見劣りしてしまうのは否めないですが、まあ、時間短くなっちゃったしな。。。
パンプルルヒメとの絡みがほとんどなかったり、マーメイドとトゥインクルが単なるやられ役というか、いまいち活躍できてなかったのがちょっと残念でしたが。
あとフローラが、精神的に折れそうになったりとかピンチになるようなくだりがほとんどなくて、おおむね順調に敵を倒しちゃったので、若干メリハリにかけたような気もした。
まあ、それでも十分面白かったですが。

短いなりに家族の絆とかしっかり描かれていて、なかなかいい話だった。
最後、王様達が「こんなもの!」って宝石とか捨てながら、パンプルル姫に走っていくシーンはちょっとくるものがあった。
敵のウェープさんもいい感じにゲスくてよかったし、怪物に変身するところとか迫力があってすばらしかった。

パンプルル姫も、なかなか凜としていて格好良かったですな。
塔に閉じ込められるという辛い状況にもかかわらず、悲嘆に暮れているわけでもなく落ち着いていて、とても大人な雰囲気を漂わせていた。
それに落ち着いている現在に比べて、幼い頃はすごく無邪気に描写されていて、あのギャップもよかったな。
自力で水晶を突き破って脱出したのは衝撃でしたが(笑)
あれってたぶん、国民達の頑張りを見て勇気づけられたとか、力をもらったとかそういうことなんだとは思うのですが。
そこに至るまでの描写がほとんどなかったので、なんか物理で解決したように見えてしまってちょっと笑ってしまった。
まあでもあんなことができるくらいだし、幼い頃は元気な感じだったから、意外とお転婆な性格なのかも知れない。

しかしあのパンプキン王国って、あの世界ではどういう立ち位置なんだろうな。
あの国の食品、日本で普通に販売されてるみたいだし、みんな普通に受け入れてたけど、ブルースカイ王国みたいに地球上のどっかにあるって設定なのだろうか。
国民を奴隷労働させて、力つきたら穴の中に捨てられるとか、やたらとシビアな描写があったのにはちょっと驚いた。

まあそれはともかく。
みなみさんときららの活躍がほとんどなかった代わりに、トワは非常に活躍してましたな。
ハルカの「トワちゃんがいない!」から、颯爽と登場するシーンはえらい格好良かった。。
最初から一人だけ不穏な感じに気がついてましたし、黒須くんの時といいトワは一貫して用心深いキャラをつらぬいてますな。

しかし、フェニックスブレイズが破れてしまっていたな。
本編だと一度も破れてないので、このまま無敗でいくか? と微妙に期待していたのだが、映画の方で破れていたとは。
なんか微妙にショックだった(笑)
あと敗れてないのは、現役のプランタン除けばエクラ・エスポワールだけか。
あれは破れずに終わりそうな気がする、というか今後出てくるのかどうかも微妙ですが。

地味にアロマも活躍していたな。
あのカリン様の塔を思わせるほどの高い塔を、力つきるまで往復しまくっていて熱いことになっていた。
最後の最後でシャムールさんが「やっと登場よぉ~」とかいいながらでてきたのも熱い。

この前大活躍だったゆいさんは、こっちでは例によって置いてけぼりでしたが。
それでも序盤にしっかりと見せ場(誘導係)は作っていた。さすがです。
あとスタッフロールが、ユイさんが笑顔で出迎えてる様子で締めてる感じになってたのは、なかなか粋な演出だったと思う。
おかげでほとんど出番なかったのに、とてもユイさんが印象に残ってる。

そして、レフィのワンダーナイト。
これはすばらしかったですな。EDのCGであそこまでアニメ作れるんですな。すごい。
時間が短いこともあって、終始テンションが高くて非常に楽しかったです。
これが最後だったってこともあって、見終わった直後は前二作はちょっと頭から飛んでしまっていた。

レフィの歌をバックにプリキュア達が塔に向かっていくような流れは素晴らしかったな。
ああいう歌をバックに話が進行するのってとても好き。
最後のラスボスと戦うマーメイド達と、塔の最上階に向かって駆け抜けるレフィ達が同時進行で展開する流れも、熱かった。
ラスボスがフリーザ様だったのはちょっと笑いましたが。
しかも最後バイバイキーンみたいなやられ方してるし。晦さんかと(笑)

ただ、パンプキン王国でパンプルル姫がレフィの人形持ってたから、これでその関係が明かされるのかとちょっと期待してたけど、特になにもなかったですな。
もしかして夢オチ?とか途中で思ってしまったけど、そうでもなかったし。
あれはなんか裏設定でもあるんだろうか。

まあそんなわけで、3本とも楽しかった。
実に満足しています。うむ。
最後に春の予告も入ってましたが「プリキュアの涙が狙われる」そうですが。
涙を狙うと言うことは、ひたすら泣かせる話なのか。
逆に涙を消すという目的で、プリキュアが漫才でもやり始めたら熱いが(おい

ともかく次は春っ!
その頃はもう新しいプリキュアが始まってるんだな。うむ。。。

より以前の記事一覧