2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

アニメ・コミック

2016年6月 4日 (土)

ドキドキプリキュアの2話を見る

こんばんは。
ドキプリキュア見ていてなんとなく書きたくなったので唐突に感想です。
2話です。アリスがまったく出てこない唯一の回。
vlcsnap-error089
vlcsnap-error335
ハートと戦うイーラとマーモ。
二人同時でジコチュー生み出したり、直接戦い挑んできたり、初期の頃の二人はやけにアグレッシブ。
後の方ではちょっと考えられない。
vlcsnap-error776
マナ「トランプ王国から来た妖精が私に不思議な力を与えてくれたのよ。あたしはその力で変身して、ジコチューな人達と戦ったの」
vlcsnap-error008
六花「だったら私は白ウサギの後を追いかけて世界の真実を暴きに行くわ」

このやりとりがすげー好き!
こんな返しが真顔ですぐにできる六花のセンスが素敵すぎる。
六花の出てくるシーンで一番好きかも知れない。
vlcsnap-error987
完璧超人VS正義超人。
キン肉マン2世にも今回のジコチューみたいな人出てましたな。
なんか記憶がごっちゃになってて、線路下ろして動き止めるんだったよな~とか思ってみていたら、それはキン肉マン2世の方だった。
vlcsnap-error467
しかしこのジコチュー強かった。六花がいなかったらここで詰んでいた。
しかも今回のジコチューやたらしゃべってたな。
こんなに敵がべらべら言葉を話すのってドキプリくらいだろうか。SS以前はわからんけど。
ハートキャッチもよくしゃべるけどあれは被害者の心の叫びだしな。。。
vlcsnap-error640
六花「大体私プリキュアをする自信ないもの。だから無理」

無理といいつつしっかり変身している六花。
こういう予告が連続で続くんだよな。ロゼッタの方がひどかったけども(笑)

2016年5月21日 (土)

スマイルプリキュアの最終回!

こんばんは。
昨日も例によってBSのスマイルプリキュア見ていたのですが。   
ついに最終回になってしまいましたな。一年は早いものです。   
それで今週は、ピエーロ様をやっつけるという話。   
vlcsnap-error141   
最終回ってひたすら泣いてたっていうイメージだったのですが、改めてみてみたら思った以上に泣いていた。   
恐怖で泣いて絶望で泣いて気合いで泣いて別れで泣いて喜びで泣く。全ての感情が涙で表現されていた。   
まさに感情剥き出しという感じで、ここまで熱い最終回だったとは。   
vlcsnap-error178   
ピ「世界を、絶望で飲み込んでくれる」   
   
ひたすらでっかくなったピエーロ様。   
OPに毎週出てた手は侵略のイメージ画像じゃなくて、ピエーロ様そのものだったんですな。   
いつもとは違うアングルで見られてちょっと嬉しかった。   
vlcsnap-error039   
ピエーロ様にはレインボーヒーリングもきかず、地球も大変なことに。   
ハピプリではキュアハニーがよくやってます。   
vlcsnap-error540   
み「大好きな人のいる世界で、もっと、もっと、生きたい!」   
   
生きたい!って台詞が生々しくてちょっと驚いた。   
死を連想させるような台詞って、プリキュアではめずらしいですね。   
vlcsnap-error986   
みゆきの叫びに答えて奇跡が起こる。   
しかし最後の力を使うと、もう二度とキャンディ達には会えなくなってしまうという究極の選択が――   
vlcsnap-error938   
れ(せっかく留学蹴ったのに……)   
   
地球の平和には変えられないと、みんな渋々納得しようとするけど、   
vlcsnap-error736   
みゆきだけが納得せずに、号泣。   
vlcsnap-error170   
それ切っ掛けにみんなも号泣。   
こんな境地に至っても、友達を優先するみゆきの一貫した態度はすごい。   
いままで大切な友達と一緒にいるためにずっと戦ってきたわけだからね。   
それこそ地球が滅びようとも変えようとしない友達への思いの強さは半端じゃない。   
vlcsnap-error700   
キャ「キャンディも、みゆきと同じくらいいっぱいいっぱい友達を作って、みんなにウルトラハッピーを分けてあげたいクル!」   
   
キャンディも熱いな。   
鼻水の描写を見たのはダイの大冒険以来だ。まさが女児向けアニメで見ることになるとは。   
vlcsnap-error862   
離れていても気持ちは一緒だから、今できることをする。   
未来をあきらめないキャンディの力説より、みんな泣きながらも決断する。   
このエピソードの後にれいかさんの留学話があったとしたら、れいかさんの選択は変わっていたかも知れないな。   
vlcsnap-error297   
vlcsnap-error968   
一同「プリキュア、スマイルチャージ」   
   
スマイルにならないスマイルチャージ。勇ましい。   
変身シーンはカットされてたけど、ピースはピカリンじゃんけんやったんだろうか。   
vlcsnap-error725   
キャ「キャンディ達は絶対に負けないクル!」   
vlcsnap-error087   
ビ「これから先のミライにどんな困難があっても」   
vlcsnap-error400   
マ「私たちは絶対に前に向かってすすんでいく!」   
vlcsnap-error604   
ピ「これからも、大変なことがたくさんあると思う! でも!」   
vlcsnap-error669   
サ「それを全力で乗り越えて初めて! ほんまもんの笑顔になれるんや!」   
vlcsnap-error834   
ハ「私たちはどんな時も、本当の笑顔を忘れない! 絶対にがんばっていくんだから!」   
vlcsnap-error710   
ハ「かがやけえええ!」   
   
ハッピーの叫びはいつ聞いてもしびれる。   
vlcsnap-error613   
そして究極形態になったハッピーが、   
vlcsnap-error574   
究極のさば折りでピエーロ様を包み込む。   
この倒し方すきだなぁ。   
vlcsnap-error689   
ピ「絶望をこえるというのか。それは」   
   
最後まで冷静だったピエーロ様。   
そして戦闘後。   
vlcsnap-error559   
一同「キャンディのことが、大好きだよー」   
vlcsnap-error395   
みゆきに諭されて無理に笑いながら去って行くキャンディ。   
vlcsnap-error541   
キャンディが去ったあと、みんな泣く。   
最後別れた後に泣くというのは、goプリを思い出しますな。   
vlcsnap-error773   
vlcsnap-error905   
vlcsnap-error585   
vlcsnap-error196   
挿入歌と共にみんなのエピローグ。   
vlcsnap-error666   
やよいちゃんは賞を取った様子。   
小さな賞っていってたけど、14歳で佳作ってすごすぎです。   
vlcsnap-error404   
み「私は今、私がもらった小さな幸せをこんどは色んな人に伝えたくって、絵本を描き始めました」   
   
ここのみゆきの描き込みがなんだかすごくて、どきっとしてしまった。   
vlcsnap-error468   
み「タイトルは、最高のスマイル」   
vlcsnap-error919   
これまでの回想と共に特殊エンディング。   
こういう特殊なエンディングってスマプリだけでしょうか。SS以前はわからないけど。   
しかしダンスは絶対に入れなきゃいけないんですかねえ(笑)   
   
EDのあとにエピローグ。   
vlcsnap-error702   
み「うわーちこくちこく!」   
vlcsnap-error692   
み「ドタバタ遅刻に曲がり角、とっても素敵なー出会いの予感!」   
   
学校行くのに手ぶらなみゆき。制服も着てない(笑)   
無粋な突っ込みはともかく、一話冒頭の再現というところが粋ですね。   
vlcsnap-error321   
そこにキャンディが再び降臨。   
お星様にたくさんお願いしたら来られるようになったとのこと。   
実に理にかなっている。   
vlcsnap-error036   
一同「みんな笑顔でウルトラハッピー!」   
   
そしてみんなやってきて、これからもみんな一緒となったところで終了!   
みんな登校中なのに普段着で手ぶらなのは、これのためだったんですな。   
提供絵の再現ですが、れいかさんが笑顔になってるところがいいですな。   
   
ともかくそんなわけで再放送も終わってしまった。   
見るのは2回目だけど実に面白かった。   
本気で笑顔を届けようという意志に貫かれた素晴らしい作品だったと思う。   
一年間ありがとうごさいました!   
vlcsnap-error823   
来週からはついにドキドキプリキュアですな。   
vlcsnap-error681   
まだ善人だった頃のナリアさんも出てます。   
ここからはすでに過去に感想かいたことあるので毎週は書かないとは思いますが、当然見ていこうと思います。   
2週目のスマプリと違って、ドキプリは本放送にMXとTVKの再放送ですでに3週もしてるんで、次で4週目です。   
こんなに何週もしてる1年もののアニメは他にはZガンダムくらいです。   
vlcsnap-error965   
来週からまこぴーの勇姿がまた見られるかと思うとドキドキが止まらない。   
   
ドキプリは私が初めて見たプリキュアという事で思い入れもひとしおな作品だったりもするので、4週目でも楽しみです。   
競馬ファンは自分の応援していた馬の子どもがデピューして初めて一人前と言われるように、プリキュアファンは最初に見たプリキュアがBS11で再放送されて初めて一人前と言われてますし(どこでだよ)   

2016年5月15日 (日)

スマイルプリキュアの47話!

こんばんは。   
今日もレイによってスマイルプリキュアを見ていたのですが。   
最終回一つ前ですな。今週はピエーロ様とひたすら戦う話。   
vlcsnap-error011   
デコルが全部そろって人間形態になるキャンディ。   
語尾はクルのままでしたが、若干話し方が大人びた。   
まさか人間になるとは思わんかったので、はじめてみたときはたまげたもんです。   
三幹部もポップも、スマプリのキャラはなんだかんだで全員が人間形態になりましたな。   
vlcsnap-error644   
ピ「わが名は皇帝ピエーロ。全てはバットエンドに」   
   
ピエーロ様も復活。かっけえなぁ。   
ピエーロ様、春映画でも活躍してましたな。しゃべらなかったけど。   
vlcsnap-error599   
ピ「私にいい考えがある」   
   
声の人は玄田哲章さん。ハウリングもやってましたし、大物が多いですな。   
個人的には龍神丸とかコンボイの印象がやたらつよいですが。   
vlcsnap-error693   
ピエーロ様が生み出したこの人達も、一応アカンベーなんだろか。   
vlcsnap-error699   
vlcsnap-error067   
vlcsnap-error257   
vlcsnap-error950   
vlcsnap-error833   
新必殺技も今週はバンクでなく新規書き下ろし。   
vlcsnap-error012   
顔を影にして両手で電撃はなつピースがやたら格好いい。   
イデオンソードみたいだ。   
さすがにここまで来ると感電もしませんな。   
vlcsnap-error529   
日産「プリキュアファイヤーシュート!」   
vlcsnap-error812   
青黄「プリキュアサンダーブリザード!」   
   
連携技も熱かった。   
こういうのもっと前からやって欲しかったな。   
vlcsnap-error823   
ピ「考えるな」   
   
感じろ(違   
ピエーロ様は、生きとし生けるもの全ての負の感情が集まったものとのこと。   
全世界の怨念の集まったものって、ピエーロ様昨今のプリキュアの中でも相当スケールでかいですな。   
vlcsnap-error965   
マ「そんな敵と、どうやって戦うの」   
ビ「絶望の、物語」

       

この絶望感に満ちたやられ方が素敵。このまま消滅しそうな勢い。   
vlcsnap-error030   
相変わらず容赦のない絶望顔。   
スマプリって良くも悪くも表情が実に豊かである。   
vlcsnap-error419   
絶望に沈んでいくハッピーに手をさしのべるシーンがすごく好き。   
このキャンディの神々しさは最初見たときから目に焼き付いている。   
しかし手をさしのべたのはハッピーのだけなのかな。   
他のみんなは自力で脱出したのだろうか(笑)   
vlcsnap-error002   
vlcsnap-error742   
vlcsnap-error535   
vlcsnap-error123   
vlcsnap-error564   
ウルトラマンみたいに変身する一同。   
ウルトラハッピーってのはこれの伏線だったのか(違   
vlcsnap-error469   
びっくりするピエーロ様。   
ピエーロ様って歴代ラスボスの中でも相当に表情豊の方だと思う。   
vlcsnap-error819   
ハ「希望、それは友達!」   
   
大切な友達が一緒なら、どんな大変な未来でも笑顔でまっすぐに歩いて行ける、それがスマイルプリキュア。   
ほんとに、一年かけて友達との絆の大切さをひたすら説いてきた作品でしたから、この言葉にも重みがあります。   
ましてや震災の翌年に作られた作品だけに、スタッフの思いがどれだけ詰まってるのかと思うと、何ともこみ上げてくるものがある。   
   
そして反撃。   
vlcsnap-error866   
vlcsnap-error930   
vlcsnap-error992   
ボッコボッコにされるピエーロ様。   
vlcsnap-error249   
このハッピーの悩ましげなほどに全力な感じがいい。   
vlcsnap-error717   
しかし全力の攻撃も、あまり効いていなかった。   
ドラゴンボールのようだ。   
vlcsnap-error147   
そして宇宙規模にまで広がったところで終了。   
ピエーロ様ほんとスケールでかいなぁ。   
vlcsnap-error422   
次回はついに最終回。   
今までの思い出を語る感じの予告がすばらしいな。   
次回の内容よりも、友達との絆を強調するようなことろがほんとスマプリらしいな。   
リアルタイムで見てたらこのEDだけで泣いてたかもしれない。   

2016年5月 7日 (土)

スマイルプリキュアの46話!

昨日も例によってBSのスマイルプリキュアを見ていたのです。
vlcsnap-00003
バッドエンドプリキュアさんたちと戦う回ですな。
一話で終わらせるにはあまりに惜しい方々。
最後の個人回で一人ずつやっつけてってもよかったんじゃないかとずっと思ってたけど、見直してみるとやっぱりこれでよかったんじゃなないかなと思ってしまった。。
みんな真っ黒い性格してるし和解もないので、この人達と五週にわたって戦い続けたらもはや違うアニメになりそうなので(笑)
まあもっとこの人達見たいという気持ちもありますが!
しかしずっと戦い尽くめだったような印象がありましたが、見直してみると意外と戦ってないですね。
ジョーカーさんとの会話に結構尺を採っている感じでした。
vlcsnap-00001
BEハ「人が苦しんでるのを見ると、あー幸せなんだー、ってすっごく幸せな気分になるの」

BloodーCの双子ばりにゲスいバッドエンドハッピーさん。
福圓さんのゲスいしゃべり方か素晴らしいです。
vlcsnap-00005
BEサ「うちは太陽、世界中焼き尽くす太陽。サニーは二人もいらんねん。太陽はいっこでええ」

真っ赤な炎を背景に立ってるバッドエンドサニーさんかっこいいのう。
プリンセスサニーといい、サニーてちょっと変えただけでものすごく印象変わりますな。
もちろん素のサニーもかっこいいけど。
vlcsnap-00009
BEピ「ぷっ!」

泣き真似してピースを引っかけるバッドエンドピースさん。
ここだけちょっと空気が違って面白かったですが。
こういうのを本当の意味であざといって言うんだろうな。
vlcsnap-00012
BEマ「敵は容赦なく徹底的に叩きつぶす。それが私の直球勝負だ」

素早さ生かして全力でつぶしに来るバッドエンドマーチさんガチで強そう。
しかしバッドエンドマーチさん、やたらかっこいいけどなんでトリプルテールやってないんだろ。
目つきも違うし、コピーだって言わなきゃわからないくらいに似てないですな。
ラーメンマンランボーのようだ!!!
マーチがこの髪型やったらどんな感じになるんだろな。
vlcsnap-00017
BEビ「美しい、美しさこそ正義。この世界には美しいものだけがあればよい。見にくいものや見苦しいものは、存在する価値もない」

カワイイは正義みたいなこと言っているバッドエンドビューティーさん。
お互い剣で戦ってたみたいですが、まったくそういうシーンが描写されなかったな。
チャンバラ見たかったけど、作画が大変だからかなぁ…。
しかしジョーカーすら圧倒したビューティーを剣でまったく相手にしないんだから、この人個人戦じゃ最強なんじゃなかろうか。
vlcsnap-00020
戦闘中にロイヤルクイーン様も出てくるけど、実はもう死んでいてさらにキャンディが娘だったという超展開。
一気に秘密が明かされていく。
しかしプリキュアの女王様は何でみんなデカいんだろうか(笑)

そして反撃。
vlcsnap-00024
ハ「あきらめずにがんばっていれば、きっとミライはキラキラ輝くから。私はキュアハッピーだから!」
vlcsnap-00022
サ「太陽はみんなを照らしたり、暖めたりするんや。うちはそんな太陽になりたい。うちは太陽サンサンのキュアサニーやからな!」
vlcsnap-00025
ピ「きれい事かも知れない。でも私は、世界が平和になって欲しい、みんなが笑顔になるのを目指してがんばるよ。だって私はキュアピースなんだもん」
vlcsnap-00026
マ「あんたが私より強くても、例え世界が滅んでも、私は絶対に負けない。私はキュアマーチ。ピンチの時でも勇気を持って、全力で前に進むんだ!」
vlcsnap-00029
ビ「人を思いやる清き心、それは静かにゆっくりとと降り注ぐ雪のようです。私の名前はキュアビューティ。私は、その美しい心を守ります!」

それぞれが名前に込めた思いを語っていく展開がすばらしいですな。
最初っからついてたからただ名乗ってるわけじゃなくて、ちゃんと思うところがあって名乗っていた。
vlcsnap-00034
vlcsnap-00033
vlcsnap-00036
vlcsnap-00030
vlcsnap-00037
作画もみんな迫力あってかっこいいし、最後の個人回で会得した必殺技で戦っていく展開も熱かった。
しかしレイカさんで気がついたけど、これって最後の個人回の必殺技作画の使い回しなんですね。
一応これもバンクだったんだな。
vlcsnap-00043
バッドエンドプリキュアがやられてうちひしがれるジョーカーさん。
しかしすぐに豹変。
vlcsnap-00041
ジョーカー「お前ら、ほんとに何もわかってねえなあ。もう手遅れだっていってんだよ!」

口調が変わった。ジョーカーさんかっこいいぜ。
vlcsnap-00040
それでピエーロ様に取り込まれてドロドロに溶けるジョーカーさん。
とても幸せそうです。見事に悪人のまま退場していったなぁジョーカーさん。
vlcsnap-00044
キャンディが復活したところで終了。
ほんと今回はいろいろあったな。
vlcsnap-00046
そして来週はピエーロ様復活。
固定砲台だった前回と違って、今回は動くぞ。
しかしほんとピエーロ様かっこいいなぁ。
ラスボスの造形の中じゃ一番好きです。フィギュアーツ出たら買いたいくらい。

2016年4月30日 (土)

スマイルプリキュアの45話!

こんばんは。   
昨日というかおとといも例によってBSのスマイルプリキュアを見ていたのですが。   
今回は、3幹部と戦う話でしたな。ひたすら戦い尽くめでしたな。   
vlcsnap-00001   
冒頭でいきなり無機物と化すキャンディ。衝撃的展開。   
キャンディがミラクルジュエルだったとのこと。   
はじめっからいた友達が実は……って展開は、ダイの大冒険を思い出すな。   
vlcsnap-00002   
ジョーカー「やくたたずの皆さんに集まっていただいたのは他でもありません」   
   
自分のことを棚に上げて他人をやくたたず呼ばわりするジョーカーさん。   
あんたが何もしなければ一番の戦力が引退してたってのに!   
ともかく、三幹部は黒っパナの影響で実はもう死ぬ直前だったらしい。プリキュアらしからぬダークな展開。   
vlcsnap-00003   
そして世界中からバットエナジーを奪われていく。   
やよいちゃんち、今夜はカレーだろうか。   
というかこの買い物袋、一瞬ヤギが倒れてるのかと思ってしまった。   
袋が身体で、ネギとニンジンが足で、ジャガイモが頭。   
最近プリパラばかり見てるから頭がどうにかなってきたのかも知れない……(オイ   
vlcsnap-00004   
vlcsnap-00005   
vlcsnap-00006   
三幹部パワーアップ。アカオーニさんがだいぶ男前になった。   
寿命寸前なのに黒っパナつかってさらに寿命を縮ませてますが。   
最終的には三人とも妖精に戻ったけど、この寿命の問題はどうなったんだろうな。   
最後は妖精に戻れてみんな満足そうだったでござる……みたいな展開だったら嫌ですが。   
vlcsnap-00007   
ハッピーVSウルフルン。先週から連戦ですな。   
こうしてみるとウルフルンでかいな。大きさも大きくなってるんだろう。。   
vlcsnap-00018   
アカオーニさんはマーチとサニー。   
ありそうであまりなかったような気がする。組み合わせ。   
vlcsnap-00019   
アカオーニさん、仁王様みたいでほんとかっこいいんだが。   
vlcsnap-00020   
マジョリーナさんVS幼なじみ。   
vlcsnap-00009   
剣構えるマジョリーナさんもかっこいいな。   
vlcsnap-00011   
マーチ「マーチシュート!」

 

以前のマジョリーナ戦でも見せたマーチのこの連打、普通に使いこなせるようになってたんだな。   
vlcsnap-00012   
しかしキャンディの幻にだまされて、   
vlcsnap-00013   
自ら盾になる二人。この場面が妙に作画がよくて美しい。   
しかしマジョリーナさんこんな幻を見せるような技まで見せて、ほんとに魔法つかいみたいだ。   
まほプリにもこういう魔法つかい出てこないかな。   
   
それでプリンセスフォームを破った後に、語る三人。   
vlcsnap-00021   
鬼「お前達にはわからないオニ!」   
魔「私たちが何度も味わったあの悔しさ! 寂しさ! 痛み!」   
   
三人は童話の中では常に悪役で、虐げられ、誰からも相手にされなかったとのこと。   
そんな辛い日々の中でそこにジョーカーが現れ、協力することで居心地のいいバットエンドの世界を作り出そうとしたとのこと。   
そういえば、この前ちょうどシュガーラッシュやってたけど、あれも虐げられた悪役が悩むみたいな話でしたな。   
あの映画って米国での上映は2012年の11月からみたいだから、ちょうど同じ時期にやってたというのもなかなか熱い偶然。   
この三人も、ザンギエフとかと一緒にあのグループカウンセリングみたいなの受けたほうがいいな(ダマレ   
vlcsnap-00022   
鬼「うとまれ、さげすまれ、誰からも相手にされない! その悔しさや寂しさ、お前達にはわからないオニ!」   
   
お前には青鬼さんがいるじゃないか!   
だれか「泣いた赤鬼」をアカオーニさんに読んでやってくれ!!   
vlcsnap-00027   
彼らの辛い話を聞いてすっかり戦意をなくす5人。   
いい場面なのに、ハッピーの頭が……。   
vlcsnap-00028   
そして菩薩と化すキュアハッピー。   
今さら気づいたけど、これってウルトラキュアハッピーなんだな。   
映画だけじゃなくてテレビの方にもでてたんだ……。   
vlcsnap-00035   
みゆき「私は、絵本の中のみんなが大好き。ほんとは、オオカミさんも鬼さんも魔女さんもとっても優しいんだよね。絵本がたくさんの夢や希望をあたえてくれるのは、みんながいてくれるおかげだもん。ありがとう」   
   
絵本好き設定がこう言う形で生きてくるのはいいですな。みゆきだからこそ、説得力がある。   
例え悪役であっても、読者は決して嫌っていない。   
そのことがわかっただけでも、悪役にとってはどれだけ救いになることか。   
シュガーラッシュとはまた違った決着の付け方です。   
vlcsnap-00038   
ポップ「ウルルン、オニニン、マジョリン! そなたらでござったか」   
   
復活する三人。ウルルンかわいい。   
vlcsnap-00039   
ポップ「長く辛い旅でござったな。お帰りでござる」   
   
けだし名言。   
しかしポップ三人のこと知ってたんだな。   
なんか仲も良さそうだけど、やっぱりメルヘンランドでも三人は嫌われてたんだろうか。   
vlcsnap-00040   
それでバッドエンドプリキュアがでてきたところで終了!   
ひたすら連戦です。   
vlcsnap-00041   
このタイミングで闇キュアとはほんとテンション上がるけど、一週で終わりなんだよな。   
どうせなら最後の個人回は、彼女らがそれぞれ担当して欲しかったのう。

2016年4月24日 (日)

スマイルプリキュアの44話!

それで昨日は例によってBS11(別名、太鼓の達人地獄)でスマイルプリキュアを見ていたのです。   
44話、最後のみゆき回ですな。   
初めて見たときは、最後のみゆき回はシンデレラの回だと思ってたので、ちょっと意外だった。   
まあ、5人の中でみゆきだけコメディで締めるわけがないのですが(笑)   
vlcsnap-2016-04-23-21h18m37s875   
いつの間にかすっかり冬になってるスマイルプリキュア。   
個人回をやってるうちにだいぶ季節は進んでます。   
みんな厚着になってますが、ポンチョのなおちゃんかっこいい。   
これの本放送回って12月23日だったみたいですが、考えてみるとスマプリってまったくクリスマスネタやらなかったですな。   
クリスマスパーティーとかで一番はしゃぎそうなメンバーなのにちょっと意外ですが、構成上仕方がない。   
   
今回は、みゆきの過去が明かされる回。   
vlcsnap-2016-04-23-23h17m36s664   
かつては人見知りだったみゆきですが、   
vlcsnap-2016-04-23-21h24m03s282      
妖精だかイマジナリーフレンドだか謎の少女に出会ったことで、勇気を出して笑顔になれば輝く未来が待っていることを知る。   
人見知りの子を初めとした全ての子に向けた熱いメッセージが含まれたすばらしい回。   
実際これ見て人生変わった子もいくらかはいるかもしれない。   
vlcsnap-2016-04-23-22h01m37s649   
みゆきはあの子の名前覚えてないって言ってたけど、スマイルちゃんというのだろうか。   
スマイルプリキュアの源流という感じで、なかなか熱い名前。   
そもそもスマプリは、ストーリーを極力廃してとにかく視聴者を笑顔にすることだけを考えて作られているわけですし。   
笑顔になれば未来が開けるという今回の話は、まさにこの物語のテーマそのものなんですよね。   
ある意味、今回がスマプリでもっとも大事な回といってもいいんじゃないかと思う。   
vlcsnap-2016-04-23-22h20m49s264   
しかしいい話なんだけど、どうしてもニコちゃんがチラついて…(笑)   
なんで映画と丸かぶりの話をあえてやったんだろうな。   
やっぱり大事なことだから二回言ったんだろうか。冗談抜きでその線が一番しっくりくる気もするんだが。   
一番伝えたいことだから映画でもやりたいけど、かといって本編でやらなかったら本末転倒なので、どっちでもやったとか。   
ことの顛末インタビューかなんかで語られてたりはしないんだろうかなぁ。   
vlcsnap-2016-04-23-22h27m11s865   
飴「みゆきは元から変クル」   
アカネ「ほんまやなあ」   
   
この意味もなく友達の名前を呼んで和んでるくだりが好きだなぁ。   
何とも幸せな空気。河野さんの作画も、ここではいい味出している。   
   
一方、不幸な人。   
vlcsnap-2016-04-23-21h13m20s438   
ウ「どうせオレは一匹狼、風の向くまま気の向くままよ!」   
   
生きていたウルフルン。   
アカネに負けて以来、帰ることもできずにずっと屋外を彷徨ってたみたいですな。   
シャットさんやジャベルさんみたいになってますが、スマプリにはシャムールさんやオナリさんのようなポジションの人がいないので助けてもらえない。   
まあでもジョーカーさんもやられておあいこだから、帰っても問題なさそうだけど(笑)   
vlcsnap-2016-04-23-22h38m21s072   
最後に出してきたアカンベーが家のアカンベーって所も熱いな。   
1話でウルフルンが最初に出したのも、家なんですよね。   
なんだかんだでみゆきとウルフルンって宿敵同士だったんだなと思う。   
vlcsnap-2016-04-23-22h34m32s595   
ハッピー「みんなの優しさが、どんな時も私を励ましてくれる。前に進む勇気をくれる。私の心を温かくしてくれる!私を、ウルトラハッピーにしてくれる!」   
   
恒例の持ち上げをやりながら、自分にとってのウルトラハッピーがどういうものかを悟るみゆき。   
このあとの叫びも熱かった。キュアハッピーの叫びは心に響く。   
   
それで戦闘後。   
vlcsnap-2016-04-23-22h50m45s770   
みゆき「私ね、みんなのおかげでウルトラハッピーが見つかったの。それはね、人を思いやる優しい心だと思うんだ。私がウルトラハッピーって思ったときは、いつも誰かの優しさで心が温かいの。これからは、みんなからもらったその優しい気持ちを、みんなでわけていきたい」   
   
自分の道を見つけるみゆき。   
なんだかんだでこの物語は、みゆきの幸せ探しの旅だったのかもしれぬ。   
vlcsnap-2016-04-23-22h48m05s894   
vlcsnap-2016-04-23-22h48m08s905   
vlcsnap-2016-04-23-22h48m10s314   
キャラソンと共に、若干のクリスマス要素。   
ほんと楽しそうでいいな。   
vlcsnap-2016-04-23-22h53m09s087   
みゆき「私の名前は星空みゆき。ハッピーなことが大好きで、みんなと笑顔でいればきっとキラキラした未来ガマっていると信じています。みんな笑顔でウルトラハッピー♪」   
   
これで、最後の個人回も全員終了ですな。どれもほんといい話だった。   
vlcsnap-2016-04-23-22h54m53s300   
次回からはひたすら決戦ですな。   
来週で三幹部の長い旅が終わる……。

2016年4月16日 (土)

スマイルプリキュアの43話!

こんばんは。
それで例によってBSでスマイルプリキュアを見ていたのですが。
43話ですな。最後のれいかさん回。
れいかさんがようやく自分の道を見つけるという話。
正直、今まで色んなアニメを見てきましたが、ここまで号泣した話は他にないってくらいはじめて見たときはオイオイ泣いてしまった回です。
作画も演出も音楽もすばらしいし、何より話が素晴らしすぎるし。ほんと感動しまくってどうしようかと。
他にアニメ見てこれくらい泣いたのは、キン肉マン王位争奪戦でロビンマスクが消滅する話くらいです。
vlcsnap-2016-04-16-23h08m16s937 
留学と遊びだったら、誰もが留学の方が「正しい」というでしょう。しかしれいかさんは「正しくない」ほうを選ぶ。
れいかさんが今回の経験で手に入れたのは、自分の気持ちを主張できる明確な「意志」であり、それは漠然と留学しただけでは絶対に得ることのできない尊いもの。 
ミナミさんのクリスマス回でもおんなじようなこと書いたけど、周りに流されるままだった人が自分の意志をもつようになる話は、ほんとに好きです。
今までれいかさんは、まわりの期待に応えるまま自分を殺してきたのかと思うと、もうほんと泣けてくる。
それに遊びを選んだと言っても、16話でみんなの楽しみを学ぶ話をみてもわかるように、れいかさんにとってみゆき達と交流することは学ぶことでもあるわけですしね。
今のれいかさんにとって留学とどちらが大事かなんて、もう考えるまでもありません。

そんな留学回。
vlcsnap-2016-04-16-21h40m57s035
先生「イギリス留学の選別メンバーにあなたが選ばれたわ!」
れいか「え?」

一度やると決めたら最後までやり遂げるって言った直後にいきなり動揺すれいかさん。
もうこの辺から上手いです。
しかし今回に限らず、れいかさんってほんとアップが多いな。
気のせいではないと思うんだけど、意図的にやってるんだろうか。

れんかさんが選ばれたのは、イギリスに全国から優秀な生徒が集められて行くいわば日本代表の留学というなんだかすごい留学。
キミマロもイギリスに留学してたけど、この留学だったりして。
しかし留学は一年の頃に申し込んでおいたらしいですが、その後なにもなしにいきなり決まったんだろうか。
しかも二年の冬から三年の冬という受験で一番あわただしい時期に留学しちゃって帰ってきてから大丈夫なのかとか、いろいろ突っ込みどころもあるけど気にしてはいけない。
vlcsnap-2016-04-16-22h12m02s640
兄「僕も申し込んだけど、僕は結局いけなかったからね」

兄ちょい役のわりにかっこいいな。髪も青いし。
プリキュアってたくさんいるわりに、兄がいるのはれいかさんのほかは、舞、いつき、みなみ、トワと、ありすがいるとかいないとかで異様に少ないけど、そのほとんどが金持ちというか名門なんだな。
やっぱり跡継ぎとかそういう関係で、名門キャラは兄が設定されやすいのかな。実際いつきにはそういう話もあったし。
6人中2人がGOプリというのも、さすがノーブル。

まあそれはともかく。
vlcsnap-2016-04-16-22h02m35s563
家に勝手に上がり込んでくるジョーカー。正体どころか、家までばれてたんだな。
胴着姿でタクトを構えるれいかさんかっこいい。
vlcsnap-2016-04-16-22h04m20s445
ジョーカー「私あなたを見直しますよ。だって留学しないと言うことは、あの田皆さんの期待を裏切るのでしょう? 皆さんあなたの留学を自分のことのように喜んでいたのに、やめると言ったらどんなにがっかりすることか。そんなひどいこと、とても素敵ですねえ」

ジョーカーの精神攻撃が熱いですが。
れいかさんが留学をやめたいと思っていることを承知した上で、こうしてねちねち言ってくるジョーカーは、なんだかんだで一番れいかさんのことを理解してますよね。この関係性もなんか好き。
vlcsnap-2016-04-16-22h44m16s135
れいか「私も、行きたくない! もっとみんなと一緒にいたい! みんなと別れて離ればなれなんて、そんなのやだー!」

個々の敬語がなくなるところにグッとくる。
vlcsnap-2016-04-16-22h48m33s644
れいか「私の名前は青木れいか。またの名を、キュアビューティー!」

この名乗りがほんといい。ここからキャラソンが流れてきて、もう泣けてしょうがない。
vlcsnap-2016-04-16-22h52m23s450
このジョーカーとの対峙のシーンが名場面すぎる。
vlcsnap-2016-04-16-23h03m34s161
れいか「私が歩く私の道は、私が決める私だけの道」
vlcsnap-2016-04-16-23h08m48s259
れいか「ビューティーセレインブリザードアロー!」
vlcsnap-2016-04-16-23h11m12s816
この壊す鑑に自分の姿が映るところも素晴らしい。
vlcsnap-2016-04-16-23h11m35s110
みゆき「ビューティー、すごい」

そりゃこんなの見せられたら、もうこんな感想しかでてこない(笑)
vlcsnap-2016-04-16-23h13m53s041
れいか「私の名前は青木れいか。目指す未来へ向かって大切な友達と歩み続ける。それが私の、道です」

ここに至ってはじめて自分の道といいきるんですよね。
一年迷い続けていたれいかさんの道にようやく決着がついたかと思うと、感慨深いにもほどがある。
ほんと素晴らしい回でした。
来週は最後のみゆき回ですな。ニコちゃんには見せてはいけない回。
ほんと終わりが近づいて来ているのう。

2016年4月10日 (日)

スマイルプリキュアの42話!

こんばんは。   
昨日も例によってスマイルプリキュアを見ていたのです。   
42話です。最後のなおちゃんのエピソードですな。   
マジョリーナさんのガチっぷりに震える回。   
vlcsnap-2016-04-09-22h03m17s145   
前回もいったけど、今回のシリアスっぷりはプリキュア随一なんじゃなかろうか。   
まったくギャグ要素ないし、なおちゃんずっと深刻な顔してるし、兄妹本気で死にかけるし。   
シリアスな分、なおちゃんの家族への気持ちが強く伝わってくるし素晴らしい回ではありましたが、何でなおちゃんにだけこんなに試練が降りかかるのか(笑)   
vlcsnap-2016-04-09-21h24m19s479   
なお「ねえ、れいかちゃん。私、お姉ちゃんになったんだよ」   
   
かわいい。幼き日のなおちゃんは今よりも丸っこいな。   
小さい頃かられいかさんとは仲良かったみたいだけど、どんな形で知り合ったのかがちょっと気になるな。   
なおちゃんがマナさんばりにれいかさんの家に忍び込んだりしたんだろうか。   
vlcsnap-2016-04-09-21h35m24s701   
なお「私の兄妹には、指一本ふれさせない!」   
   
兄妹あまえにして変身を決意するなおちゃんが実にかっこいい。   
スマプリにも正体ばれ展開あったんだな。すっかり忘れていた。   
vlcsnap-2016-04-09-21h38m18s382   
マーチ「マーチシュートインパクト!」   
   
家族を守るために全力で蹴り上げるマーチはめちゃくちゃかっこよかったけど、   
vlcsnap-2016-04-09-21h40m26s191   
マジョ「これで負けるわけにはいかねえんだよ!」   
   
これでもたおせず弟たちが死にかける。もうマジョさんべらんべえ口調になってるし、怖いよ!   
普通の回ならインパクト!→浄化技の流れなのにな(笑)   
徒競走回で転けるのもそうだったけど、いつもすっきりとは活躍できない試練のなおちゃん。   
vlcsnap-2016-04-09-21h41m11s943   
マジョ「フッ指をくわえてみてるがいい、お前の兄妹の消える姿をな!」

   

邪悪すぎる……!   
一般人を容赦なく殺めようとした幹部って、マジョさんくらいじゃないだろうか。   
お巡りさんが泣く!   
vlcsnap-2016-04-09-21h44m17s144   
マーチ「いやああああああ!!」   
   
悲鳴が切実すぎる。   
vlcsnap-2016-04-09-21h47m55s002   
ハッピー達がこれほど頼もしく思えた回もないかも知れない。   
もっと早く来いってのは一連の個人回のお約束ですが(笑)   
vlcsnap-2016-04-09-21h52m23s979   
なお「怖かった……怖かったよう……」   
みゆき「大丈夫、大丈夫だよ。みんな一緒だから」   
   
やっつけたあとも、まだなおちゃんの恐怖は収まらない。   
この泣き声があまりに真に迫ってて、最初見たときからずっと耳に残っている。   
みゆきの母性も心に染みる。ちゃんと主人公してる。   
vlcsnap-2016-04-09-22h00m41s482   
そしてユイちゃん誕生。   
後にノーブル学園に入りプリキュアと共に絶望と戦うことに(違   
vlcsnap-2016-04-09-22h00m19s440   
なお「あたしの名前は緑川なお。私にはたくさんの兄妹がいます。ケイタ、ハル、ヒナ、ユウタ、コウタ、そして、ゆい。私、家族が大好きです」   
   
冒頭と同じセリフで締め。   
あれだけの修羅場を見せられたあとだと、同じセリフでもまるで重みが違う。こういう演出素晴らしいのう。   
vlcsnap-2016-04-09-22h17m21s558   
来週はついにれいかさんの留学回か……。   
予告見るだけで泣けてくる。

2016年4月 3日 (日)

スマイルプリキュアの40と41話!

こんばんは。   
昨日も例によってスマイルプリキュアを二本連続で見ていたのです。   
ジュウオウジャーの所にこんな長いのを書くわけにもいかんので別枠です。   
しかし危ないところだった。    
名前で週間予約しているのですが、EPGが上手く更新されてなくて、19時からの分が「未定」のままで予約が働いていなかった。    
直前になって気がついて予約したけど、あやうく失敗するところだった……。    
 
それで一本目!    
vlcsnap-2016-04-03-22h17m25s992   
最後の熱血人生シリーズで、アカネが宝物をもらう話。   
お好み焼き作ったりお笑いやったり初恋したりしてきたアカネの人生も、ついに完結です。   
……死ぬみたいだな(コラ    
ドキプリでは六花がよく悩んでましたが、個人回のタイトルに法則性があるのってなかなか熱い。    
vlcsnap-2016-04-03-22h12m03s954   
アカネ「うちの名前は日野あかね。太陽サンサン元気が取り柄の中学二年生や」    
   
この一話でみゆきがやった自己紹介風に始まるところからして、これまでとは違う雰囲気がただよってます。    
OPの場面を劇中で入れてたり、スマプリって素材の生かし方が独特でいいですな。    
   
しかし知らないうちにアカネってバレー部のエースな感じになってたんですな。    
2話ではエースの子にぼこぼこにされてましたが、あれからだいぶ上手くなったんでしょうか。    
というか、アカネがバレーやったのって2話以来か?(笑)    
中盤に一回くらいバレー回あってもよかった気がする。    
vlcsnap-2016-04-03-22h19m24s592   
このベッドの上でアカネが「うれしいなぁうれしいなぁ」ってよろこんでるシーンがすごく好き。    
スマプリの色んな場面の中でも、2番目くらいに好きだったりする。    
今回はアカネの感情がド直球に描かれていて見ててちょっと恥ずかしくなるくらいでしたが、それだけに喜びも悲しみもまっすぐに伝わってきて、えらい心に残る。    
ベタで先の読める展開ではあったけど、それでもなお感動させされる小細工無しの力強い脚本という感じです。    
こういうまっすぐな話を書けるって、なにげに凄いことだと思うのです。大人ってどうしても斜に構えてしまいますからな。
vlcsnap-2016-04-02-23h30m15s151    
やよいちゃんの顔芸も面白かったですが、今回もじゃんけんなかったですな。    
次の回はさすがにあったけど、あと1、2回くらいだろうか。    
しかも今後はみんな重要回だから全部チョキだろうな。    
vlcsnap-2016-04-02-23h28m50s627    
ウルフルン「てめえら全員、ぶっ殺してやるう!」    
   
ぶっ殺してやるなんてセリフをプリキュアで聞くとは……ぶっ壊してやるかもしれんけど。    
今回ウルフルンひたすらガチでしたな。    
「俺はお前のことが嫌いだったんだよ!」とか、先週まであんなに楽しそうに遊んでたのにつれないな…(笑)    
「ピエーロ様っていったいなんなんだ!」ってセリフも、最初聞いた時は衝撃的だったなぁ。    
ウルフルン達はピエーロがなんなのか知らずに仕えてたんですな。    
vlcsnap-2016-04-02-23h27m48s311    
アカネが自分の宝物がみゆき達だったことに気がついて、逆転する展開も非常に熱かった。    
文字通り燃えている。熱血人生ですな。    
vlcsnap-2016-04-02-23h25m49s673    
アカネ「うちの名前は日野アカネ。太陽さんさん元気が取り柄で、友達が宝もんの中学二年生や!今日も明日も熱血パワーで絶好調!」    
   
最後にまた自己紹介で締めるのも趣ぶかくていいですな。すばらしいのう。    
   
それでいったん終わった後、42話。    
引き続きスマイルプリキュアをお楽しみ下さいみたいな変則的なナレーションをちょっと期待したけど、いつも通りだった。    
   
次は最後のやよいちゃん回ですな。    
やよいちゃんがマンガコンテストを目指して漫画を描くという、一つのことをやり遂げる尊さを描く身につまされる話。    
ちょっと勘違いしてたけど、やよいちゃんってこの回までは特に漫画家目指してたわけではなかったんですな。    
ベレー帽かぶってGペンまで持っているので、てっきり手塚治虫や藤子不二雄を目指して漫画描きまくっているものかと(笑)    
モブ男子の「賞に出してみたら」の一言を切っ掛けに意識するようになったみたいですが、やよいちゃんの人生を、みゆき達じゃなくてモブが変えてるって所がなかなか熱い。    
   
しかし理解ある男子だな、あのモブ男子。    
ハピプリのピースのあいさつの時にも書いたけど、私が中学の時にも授業中も休み時間もひたすらドラゴンボールみたいなマンガ描いてるリアルやよいちゃんみたいな女子がいたのですが、男子からはキモがられていたからなぁ。。。    
私も当時から小説書いてるような人間だったんで全然キモイとは思わなかったのですが、話しかける度胸もなくどんなマンガ書いてんのかすれ違い様にちらちら見たりしていたもんです。    
あの子は漫画家になれたのかのう。やよいちゃん見るたび思い出す。    
vlcsnap-2016-04-02-22h28m33s610    
一晩でミラクルピース表紙が完成。    
しかし改めて絵が上手いなやよいちゃん。すぐにプロになっても遜色ないレベル。    
一晩でこれだけ描ければ立派なものだと思いますが、モブ達は「まだ中身ができてないのかよ」と無情な反応。    
デスノートのジェバンニじゃあるまいし、一晩でそんなに描けるかと(笑)    
この描き手と読み手の齟齬がほんとリアル。    
vlcsnap-2016-04-02-22h13m49s367    
みゆき「やよいちゃんならきっと大丈夫。頑張ってね」    
やよい「うん、ありがとう」    
   
まわりの屈託無い応援に、複雑な笑み。    
この追い詰められていく感じがみていて辛い。    
vlcsnap-2016-04-02-22h57m24s903    
敵「しょせんお前はそこの泣き虫に作られた存在。強いミラクルピースなど存在しないのだ!」    
ミラピ「私は絶対に諦めない」    
   
ミラクルピースかっこいいな。    
この頃はキュアミラクルなんてプリキュアが出てくるとは思いもしなかった。    
そしてピースも叫ぶ。    
vlcsnap-2016-04-02-23h16m28s835    
ピース「私は泣き虫で、一人じゃ何も出来ないって思ってた。だから強いヒロインに憧れてミラクルピースを作り出したんだって」    
オニ「その通り。だからそんなもの幻だって言っているオニ!」    
ピース「違う! ミラクルピースは私の中にちゃんといる! 私の中にあるほんの少しだけある強い心が、ミラクルピースなの! 私、漫画を描くのが好き。その強い気持ちがある限り、私は絶対に諦めない!」    
   
ミラクルピースは憧れではなく、自分自身だった。。。それに気づくこのくだりはほんとに好き。    
自分の作り出すキャラクターは、みんな自分の中にあるものからきていとも言いますしね。    
傷つきながら戦うミラクルピースの姿は、やよいちゃんの心そのもの。やよいちゃんの心が、必死で漫画を描こうと頑張ってる。    
ここでくじけたら、もうやよいちゃんはミラクルピースを描くことは出来なくなっていたでしょうね。    
vlcsnap-2016-04-02-22h30m35s899    
そしてピースがスーパーサイヤ人に(違    
このピースほんとかっこいいな。    
それでみゆき達もやって来て勝利ですが、みゆき達絶対遠くで二人のやりとり見てたと思う(笑)    
れいかさんも見守るのも大事みたいなこと言ってたし!    
vlcsnap-2016-04-02-22h52m49s833    
やよい「私の名前は黄瀬やよい、ちょっびりなきむしだけど、一度決めたことは最後までやり抜く頑張り屋さんなんだから!」    
   
最後がんばり屋さんって言い切るところが、自信のなかったやよいちゃんの成長が見えていいですな。

vlcsnap-2016-04-02-22h32m32s648   
しかしアカオーニさんでかいな。原稿がメモ帳に見える。   

ともかくそんなわけでやたら濃かった二話連続は終了。   
次はなおちゃん回ですな。    
あの話はスマプリで一番シリアスなんじゃないかと思う。下手したら死人出てたし…!

2015年12月25日 (金)

セーラームーンの38話っ!!!!

こんばんは。
昨日はMXテレビでゴッドマーズがついに最終回でござりました。
なんでも休止と化しまくってたおかげで、二年越しだったとかなんとか。
ゴッドマーズは以前スカパーで見たので、別にMXのは見てはいなかったのですが、最終回だけ見てしまった。
久しぶりに見たけど、内容まったく覚えてなかったのう。鐘のくだりは素敵だった。
昔スパロボ64にゴッドマーズが出たときは内容全然知らなかったので、ロゼのことを男だと思っていた。
しかもただの敵幹部だと思ってたので、容赦なく撃墜していた。

そんなわけで日記ですが。
水曜に書けなかったなかったセーラームーンーの感想です!

3820151221mp4_001172929

レイ「ここに最も愛した、セーラームーンがいるのよ!」

今回レイさんが熱かった。
単なる通常回かと思っていたけども、レイさんが気持ちに見切りをつける結構重要な回でしたな。
ずっといがみ合ってたライバルがこうやって認めるって展開は実に熱い。
ベジータの「カカロット、お前がナンバー1だ」を思いだす。

それで雪山に遊びに行くことになる一同。

3820151221mp4_000206908

まこと「またルナ達がうるさいんじゃないか?」
美奈子「その点は大丈夫よ。ルナ達には、雪山にこもって特訓だって言っておけば」
うさぎ「美奈子ちゃんがそんなこと言うなんて、ちょっと意外」

この頃って美奈子さん真面目な人だと思われてたんですな。
まあずっとセーラーVで活躍してたわけだから、普通はボケキャラだとは思わないか。

3820151221mp4_000257729

まこと「いいじゃないか。袖振り合うのも多生の縁ってやつでさ」
美奈子「それを言うなら、袖すり合うも、でしょ」
亜美「でも、どちらにしてもこう言うときに使う言葉かしら」

今回亜美さん達が漫才やってて楽しかった。こういう絡みもっと見たい。

漫才と言えば、クンツァイトさんとマモちゃん。

3820151221mp4_000268168

クンツァイト「ふふふ。ミーハーな奴らのことだ。必ずこのイベントに乗ってくるはず」

今回のスキーの大会はクンツァイトさんが企画したもの様子。
先週はセーラー戦士のドジに目をつけ、今回はミーハーに目をつける。
ここまで心理戦に長けた敵幹部は見たことがない(笑)
クンツァイトさんのセーラー戦士を見下してる感じが素敵です。
この調子でずっと回りくどい作戦考えていって欲しい。
しかしマモちゃんはケチをつける。

3820151221mp4_000300123

マモ「今までの作戦がことごとく失敗したのは、全て相手を甘く見た結果だと分析したが」

いや、先週負けたのはどう考えてもあんたが割り込んできたせいだ(笑)
しかしこの格好かっこいいな。
別に正体隠す必要ないんだから、この格好で攻めてきて欲しい気もする。

3820151221mp4_000313903

未だにゾイサイトさんの写真を持っているクンツァイトさん。
最初の頃はゾイさんの恋心につけいって利用してるのかと思っていた。
まさかここまで本気で惚れていたとは。熱いのう。

それでレイさん。
うさぎと一緒にムーンプリンセスコンテストに出るけど、雪山に閉じ込められる。

3820151221mp4_000829714

必死で脱出しようとするレイさんが熱い。

3820151221mp4_000839791

レイ「このくらいであきらめたら女がすたるわよ!」

キュアメ(ry

3820151221mp4_000833588

うさぎ「ねえレイちゃん、他の方法考えようよ」

なんかこのうさぎがみょうにかわいかった。やけに冷静だし。

それで、マモちゃんのことを思い出して黄昏れるうさぎにレイさん。
命をかけてうさぎを守ろうとしたのだから、もう太刀打ちできないし、あきらめたとのこと。

レイ「ちゃんとマモルさんと幸せにならなきゃ、このレイちゃんがお仕置きよ」

決めぜりふに合わせてくるレイさん粋です。

3820151221mp4_000994249

妖魔「ルックス、運動神経、きっときさまが月のプリンセスのはずだ!」

勘違いする妖魔(笑)
前々回は美奈子さんがセーラームーンと勘違いされてたし、一通りメンバーが間違えられるのかな。

それでいい感じにセーラームーンを追い詰めるけど、

3820151221mp4_001127349

仮面「こんばんは、美少女戦士達」

またこの人が邪魔に入る。
なんかもうわざととしか思えないんだが、ほんとに洗脳されてるのか?(笑)

3820151221mp4_001220437

それで結局仮面様の協力もあって敵もやっつける。

3820151221mp4_001263698

マモちゃんに見切りをつけたレイさんは、キープ君を本命に(おい

3820151221mp4_001349048

それでみんな合流して和んだところで終了。

3820151221mp4_001327534

美奈子「でもよかったわ、無事これ名馬っていうもん」
亜美「それって、こう言うときに使う言葉じゃないと思うけど?」

このことわざ漫才って今回だけなんだろうか。ずっとやって欲しい!

それで次回。

3820151221mp4_001461909_2

マコちゃん回ですな。
来週はマコちゃんがセーラームーンと間違えられるんだな。
しかしマコちゃん、ダンスだけじゃなくてスケートもできるのか。
なにげに多才ですな。

3820151221mp4_001446950

このキャラだれかに似てる気がするんだが、それがだれだったのかが思い出せない。

3820151221mp4_001460106

来週もこの人が邪魔しに来そうなので、期待です。