2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 美少女戦士セーラームーンR 第30話 「暗黒の魔力!エスメロードの侵略」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーンR 第31話 「想いは同じ!うさぎと衛の愛再び」 »

2016年11月 6日 (日)

美少女戦士セーラームーンR 劇場版(再発売)

こんばんは。   
今日は駅伝のおかげでニチアサがやりませんでしたヘボ。。。
そんなわけで、明日は日記お休みするかも知れないです。   
もしかしたら何か書くかも知れませんが、未定。。。   
それでセラムンRの感想は水曜あたりに書いて、金曜は…。   
もし今週プリキュア映画行けたら金曜はその感想書くと思うけど、未定。。。   
   
それで、今日はセラムンRのDVDを借りてきて観たので、代わりにその感想です!   
久しぶり字だけの感想です。   
それにしてもこれって、TSUTAYAでは扱ってないんだろうか。 2件行ったけどどっちにも置いてなかったのだが。   
ネットで調べてみても、「この商品は現在検索できません」になってるし、どうしたんでしょ。    
ゲオには普通にありましたけどね。妙に真新しいヤツが。   
ネットでも(再発売)とか書かれてるのがでてくるし、もしかしてTUTAYAはちょうど入れ替えてる時期だったりするんだろうか。   
謎が謎を呼ぶ。。。   
   
ともかく映画ですが。    
ううむ、よかった。すごくよかった。評判いいのは知っていたけども、これほどのものとはのう。    
当時、セーラーマーキュリー好きだったSくんに観に行こうと執拗に誘われたんだけど、興味なかったんでいかなかったんだが、素直に行ってれば、人生変わったかも知れない。    
   
さすが映画だけあって、作画がすごいよかったですね。    
戦闘とかも動きまくるし、いつも見てるのとは別物のようであった。    
あと主題歌がやたら格好良かったですな。終盤のあれが流れてきたところは鳥肌立った。    
内容も、マモちゃんとフィオレの友情話をベースにながらも、うさぎが重要な役割を担ってたという展開はあまりに見事。    
フィオレの孤独に重ね合わせて、内部戦士達の心情を描いていくところも素晴らしかったし。    
想像以上に奥深い話で、びっくりであった。さすがウテナの人が作ってるだけありますな。    
しかし一作目からこんなメンバーの心情に深く切り込んだ作品を作っちゃうと、次作から物足りなくなりそうな気もするけど、大丈夫なんだろうか(笑)    
   
ぞれにしてもフィオレ、話には聞いていたけど、ほとんどエイルでしたな。    
アンは出てきませんでしたが、その代わり悪そうな花を仲間にしていた。    
洗脳されてはいたけど、マモちゃんにだけは敬意を払っているところとかも、マモちゃんへの深い愛情が感じられてよかった。    
「衛くんを放っておいた地球人は抹殺しなきゃいけない!」とかやたら極端な考えになってたのは、ちょっと笑いましたが。    
まあ洗脳されてたんだから仕方がない。    
   
マモちゃんとフィオレの友情話だと思ってみていただけに、最後にうさぎも絡んできたところには鳥肌が立った。    
「今日からお姉ちゃんになるの」のくだりとか、思い出しただけでうるっとくる。やばい。    
マモちゃんは幼い頃にすでにうさぎに救われていたんですねえ。    
仮面様の使うバラにあんな含みが込められていたとは、もうバカにできないじゃないですか(笑)    
   
それに内部戦士達の内面描写も見事でしたな。    
フィオレの孤独に触れることで、自分たちの過去を思い出す心情描写のみごとなこと。    
それぞれがみんな孤独を抱えていて、それがうさぎの明るさに救われていく。    
元々はみんなうさぎの明るさに惹かれて集まったメンバーなんですよね。    
テレビではすっかり雑に扱われてるうさぎですが、みんなの心の根底にはうさぎへの深い感謝の気持ちがあるんだと思うと、普段の他愛のないやりとりにも尊いものを感じてくる。    
   
うさぎもうさぎで、仲間達が人質になったくだりで「やめた、みんなごめんね私戦えない」 と、心から仲間を大切に思ってる。。   
だからこその間柄だと思うと、心底絆の深さをことさら実感できる。    
この一方的にならない描写がほんとよくできていますな。    
   
ちびうさがセーラームーンの正体知ってるってことは、ちょうど今やってるテレビ版あたりの頃の話なのかな。    
ちびうさ中盤以降ほとんど出番なかったけど、弱気になるうさぎを元気づけることで戦う切っ掛け作ってたり、出番少ないながらもちゃんと見せ場も作られてましたな。    
銃を撃ってはげますあたり、アニメの出会いシーンのオマージュになってる感じでよかった。    
うさぎの呼吸止めるところとか、面白かったな。    
不安になるくらいに沈黙ながいし。一瞬パソコンがフリーズしたのかと思ってしまった(笑)    
あと亜美さんがBL好きだったことには感動した(ダマレ    
   
そんなわけで実に楽しかった。ニチアサをやらない私の心の隙間を埋めてくれた。    
次回作以降も徐々に見ていこうと思います。   
果たしてこれ以上の傑作はあるのだろうか。    

« 美少女戦士セーラームーンR 第30話 「暗黒の魔力!エスメロードの侵略」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーンR 第31話 「想いは同じ!うさぎと衛の愛再び」 »

美少女戦士セーラームーンR」カテゴリの記事

コメント

ちびうさがうさぎを起こそうとしてるところ、あれ伝説の無音の何秒間みたいに話題になってたらしいですよ

うさぎをかばおうとしてタキシード画面が刺されるみたいな描写とかは無印からそのまま使ってるようにみえて向きが逆とか地味に変えてたりするみたいですね

うさぎ以外の4人が過去の寂しい瞬間思い出すとこが一番いいとこですよね

やっぱりあの無音シーン伝説になってたんですか(笑)
ほんと思い切ったことやりますね。
エヴァでも無音が続くシーンがあったけど、これが元ネタだったのかな。

ちびうさの銃とか、マモちゃんの病室のくだりとか、原作を再現したようなシーンもいろいろありましたね。
タキシード仮面が刺されるところ、あえて逆にしてるってなんか意味深ですねえ。

みんなが過去を思い出すシーン、あれはほんとよかったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/68271685

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女戦士セーラームーンR 劇場版(再発売):

« 美少女戦士セーラームーンR 第30話 「暗黒の魔力!エスメロードの侵略」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーンR 第31話 「想いは同じ!うさぎと衛の愛再び」 »