2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« セーラームーンの43話をみる | トップページ | 魔法つかいプリキュア! 第1話 “出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!” »

2016年2月 8日 (月)

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの最終章 “忍ばず未来へワッショイ!”

遅くなってしまいましたが、こんばんは。
長々と書いてたらこんな時間になってしまった。

それで昨日も例によってスマイルプリキュアを見ていたのですが。
今週は、32話です。
シリアス回の終盤戦。みゆきが怠け玉から仲間達を救出する話!

3220160206ts_000325356_r

二人ともいい顔してるなぁ(笑)

3220160206ts_000203665_r

みゆき「あなたは犬さん、猫さん、タヌキさん? お名前は?」

ミイラを取りに行ってミイラになるみゆき。ほんといい顔している。
キャンディ見たときのリアクションが、1話にキャンディと初対面したときと同じってのが皮肉っぽくていいですな。
記憶なくしてもある意味ぶれてないし。
キャンディは最初っから正気のままだったけど、免疫でも付いてたのかな。

今回は過去の失敗総集編とばかりにそれぞれの嫌な出来事が回想されていましたが。
こうして見返してみると、スマイルの人達は他のプリキュアに比べてもそれぞれが色んな失敗してますな。
失敗を糧に最後は成功するのではなく、失敗は失敗のままだけどそれを前向きに受け入れて、不器用に成長していくという所が他のプリキュアとはちょっと違うスマイルらしいところだと思う。

3220160206ts_000881993_r

みゆき「答えを出すのは大変だし、面倒だし、苦しいし! 私たちはそうやって、少しずつでも前に進んでいきたい! ――みんなで進む未来はきっと、キラキラ輝いてるから!」

ほんと毎回毎回ハッピーの叫びには震える。名演すぎる。

3220160206ts_000947221_r

声が届いて助けに来たサニーも格好良すぎです。
やっぱりハッピーの一番の相方はサニーですな。
この前見たセラムンのうさぎとレイさんみたいだ。ケンカはしないけど。

3220160206ts_001243199_r

それでなんだかんだで敵を倒して、ようやく夕焼け。
ほんとに長い1日だったな。まるで三週間くらい経ったような気分だ!

そんなわけで本題ですが。
今日は日曜日なのでニンニンジャーを見たです!!
ついに最終回です。
幻月さんが意外としょぼかったという話!!!!!!!
まあ普通にラスボス倒してそつなく終わったって感じだったけど、結構情緒的な終わり方をしていてよかったですな。
最後に赤が子どもと一緒に遊んでいて「おわり」が出たときはしみじみしてしまった。
いいたいことはいろいろあるけど、なんだかんだで楽しかったです。うん。

しかし九衛門死んでしまった。。。
最後改心して手裏剣も手にいれてたから死なずに住むかと思ったら、うぅむ。
まあでも九衛門が実はさびしかった、みたいな展開はよかったですな。
最後に爺さんの幻見ながら消えていくところとか、すばらしかった。
死んでしまったのは悲しいけど、印象的な去り際を見せてくれたのは救い。

それで冒頭。
早速グランプリンセスとなった九衛門との決戦です。

20160207ts_000106026_r

九「お前立ち伊賀崎の力はなくなった。全て終わりだ」
赤「俺も、他のみんなも、これくらいで屈するわけ無いだろ!」

力を失っても戦おうとする赤。

20160207mp4_000061269_r

他の色たちもくじけずに生身でアクションしている所でOP。

ナレ「ラストニンジャを越えるため、覚悟を抱いた孫と弟子。倒す相手は恐るべき敵牙鬼幻月新月親子。試練乗り越えし強き忍者は、忍びなれども忍ばない!」

オープニングもようやく変わりましたな。
最後まで「弟子も加わり」だったらどうしようかと思ってましたが。
さすがにこのタイミングで変わるとテンション上がります。ちょっとゾクッと来てしまった。

歌も流れないまま本編へ突入。

20160207mp4_000227666_r

城の前で決戦かと思ったら、cmの間に謎の廃墟に移動している赤と九衛門。
一体どこまで押し返されたんだ赤は(笑)
赤はニンタリティ無しでがんばるけど、結局やられてしまう。
伊賀崎流手裏剣忍法なんてそんなものだと勝ち誇る九衛門。

20160207mp4_000263209_r

赤「なんだと、お前だってじいちゃんの弟子だろ」
九「元弟子だ。それも終わりの手裏剣を手に入れるだけのねぇ、ヤツだって僕の、自分の息子の踏み台程度にしか考えてなかったのさ」
赤「それは違う!」

競い合って互いに高めあえる仲間になれることを願っていたと赤。

20160207mp4_000309106_r

九「何をバカなことを! そんなくだらんおしゃべりに付き合うヒマはない。消えろ!」

ムキになる九衛門。思いっきり顔面をけられる赤。
爺さんと九衛門の間に愛情があったような描写があったかどうかはよく覚えてないですが、九衛門が爺さんが自分をラストニンジャにしたくなかったとか執拗に繰り返していたのも、爺さんに認めてもらいたいのに認めてもらえなかった(と思い込んでいた)九衛門の後ろめたい気持ちの裏返しだったんでしょうな。
しかも今さら考えを改めるわけにも行かないから、指摘されると非常にムキになると。うむ。

そこに他の仲間たちが助けにくる。

20160207mp4_000340152_r

九「何人来ようと力を失った僕にお前たちが勝てると思うのか!」
青「勝つさ。俺たちは六人だからな」

自信満々の青。
六人の絆があるからって意味なんだろうけど、六人がかりだから余裕って言ってるようでちょっと笑ってしまった。
それでみんなで力を込めて、無くなったはずの力も復活。

20160207mp4_000378558_r

終盤恒例の素面で名乗り。やっぱり素顔名乗りは熱いな。
それで九衛門をボコボコに。

20160207mp4_000469599_r

九「ありえん、究極体になった僕が敵わないなんて。ありえん。伊賀崎ヨシタカでもないこいつらが!」

ここで比較対象に爺さんの名前出すところがいいな。爺さんの力だけは認めてる感ってじが。

20160207mp4_000515505_r

究極奥義同士で撃ち合い。爆発がすごい。
そしてやられる九衛門。変身も解除。

20160207mp4_000573396_r

九「ヤツを、伊賀崎ヨシタカを越えるのは、この僕のはずなのに!」
赤「お前さ、じいちゃんに憧れてるんじゃないのか」
九「僕がヤツに憧れているだと? バカか。何を言い出す」

爺さんを越えたいと思っているのなら自分と同じ、九衛門もそうではなかったのかと赤。

20160207mp4_000628443_r

金「ワシとおめえさんは似たもの同士。孤独の道を歩んできたあっしらは、いつしかヨシタカ様に、伊賀崎家に居場所を求めていたのでございましょう」

ここで金が説得するところもよかったのう。
やっぱり心が弱くて似たもの同士ってのは伏線だったんですな。
長らく九衛門が金に執着してきたことがいい感じに積み重ねになっている。

20160207mp4_000642285_r

しかしここで見たことない回想が出てくるのはずるい(笑)
ずっといけ好かない弟子として通ってたのかと思ったら、普通に和んでることもあったんですな。
爺さんの屈託のない笑顔がいいなぁ。こんなの孫たちにすら見せたことないんじゃないのか。

20160207mp4_000639175_r

父とも友情があったみたいだし、この辺もうちょっと掘り下げて欲しかったな。
こんなに仲良かったのなら、父はもうちょっとキーパーソンになれたんじゃないのか。
父はこれまで妖怪になった九衛門見ても、特に友情のあったようなリアクションしてなかったのに…(笑)

20160207mp4_000669635_r

爺さんから奪った手裏剣も、九衛門の封印の手裏剣に。
あれも伏線だったんだな。渡し方が不自然だったから、なんか変だなぁとは思っていたけど。
九衛門は緑なのか……赤いきつねに緑もきつね。

20160207mp4_000691447_r

九「そんなはず、あるわけがない!」

認められずにだだをこねる九衛門。

20160207mp4_000720789_r

しかしその時、幻月様がやってきて九衛門が吸収。
本物の父はこんなだからな、そりゃ愛情にも飢えるわな。
それで幻月様いきなり巨大化したところで㎝。

20160207mp4_000867683_r

cm開けにゲキアツダイオーで決戦。
ラスボス相手なのに、最強の覇王ゲキアツダイオーを使わないのはなぜ??
そんな手加減してるから幻月様に「悔やむがいい」と圧倒されるけど、くじけない。
攻撃を食らいながらも、前に進んでいく。

20160207mp4_000942657_r

ピンク「悔やんだりするわけないです」
白「たとえ違う家に生まれても忍者になるんだから」
黄「僕らが今いるのはだれの意志でもない」
青「俺たち自身の意志で忍者になったんだ」
金「宿命なんて関係ありやせん」
赤「九衛門だって俺たちと同じなんだ」
一同「俺たちは、ガンダム忍者だ!」

ニンニンたちは語りながら進む。ここ熱かった使ったな。
熱い語りに触発されて、九衛門が復活。

20160207mp4_000977755_r

幻月「なぜ、父にあらがうぅ」

息子に反抗されていきなり情けなくなる幻月様。
ビアス様を思い出すな。

20160207mp4_000989460_r

それで激熱大フィーバーで止め。
結局最強形態にもならずに普通の必殺技でやっつけてしまた。幻月様……。

九「えへへへへ。たとえ倒されても、古き世界を破壊するためによみがえる野だぁ。楽しみにしておれ」

捨て台詞を残してやられてしまう幻月様。脱出した九衛門も力尽きる。

20160207mp4_001044478_r

九「伊賀先の者達、くやしいが、僕の負けだ。お師匠……」

九衛門死す……。
せっかく脱出して生き延びたと思ったのに!

20160207mp4_001039933_r

しかしこの手の演出は涙腺が緩むのう。。。

二度目のcm開けて後半戦。

20160207mp4_001110645_r

幻月様が倒されても、大気汚染は残ってる。PMなんたらか(違
このままだとまた妖怪がやって来てしまう様子。

20160207mp4_001130117_r

そこに終わりの手裏剣が降りてくる。
六人合わせてラストニンジャということになったらしい。
それで終わりの手裏剣で世界を平和にしようとするけど、赤はそうじゃなくて終わりの手裏剣のない世界を願おうとする。
終わりの手裏剣が無ければ世界を滅ぼすなんてできなくなると赤。
みんな最初は驚くけど、爺さんとは違う道を進んだ時点で覚悟はできていると、最後は納得。

20160207mp4_001213040_r

一同「そして終わりの手裏剣のない世界に変えよ!」

終わりの手裏剣の力によって世界の大気汚染は浄化。
というか、終わりの手裏剣って何でも一つ願いを叶えてやろう的なものだったんか。
世界を終わらせる力があるってのは、単にそういうこともできるってことだったのね。
そしてこれで良かったのかちょっと不安がっている一同に、赤がおかしなことを言い出す。

20160207mp4_001245411_r

赤「俺は、νラストニンジャになる」

ガンダムかと(違
みんな驚くけど、それに触発されて、ピンクはラスト科学忍者、白はラストアイドル忍者、金はラストワールドワイド忍者、黄色はラストお膳立て忍者、青はラスト魔法忍者になることに。

20160207mp4_001283324_r

赤「生まれ変わっても、忍者になってこいよ」

九衛門の手裏剣に微笑みかける赤。
赤の優しさが身にしみる。。。

20160207mp4_001297923_r

一同「忍ばずわっしょーい!」

それでエピローグ。

20160207mp4_001374242_r

白以外のみんなが、黙って家から出ようとして、咎められる。
どいつもこいつも最後の最後で忍び始めた(笑)
修行が終わったということは、みんなバラバラになるんだと今さら気付き、若干黄昏れる。

20160207mp4_001411269_r

父「それじゃぁさ、四年後、いや二年後にみんなで集まって、誰が一番強くなったか、中間発表すればいい!」

そんなに待たなくても、VSシリーズやOVAですぐに再会するから!(ダマレ

20160207mp4_001445180_r

一同「最初はニン! じゃんけんニン! あいこでニン!」

誰から出ていくかじゃんけんで決める一同。爺さんも見守っとる。
そういえば、今年は結局冒頭のじゃんけんは無かったな。
今年もやってれば、前日のピースと戦えたのに!

20160207mp4_001465144_r

それはともかく、青は魔法学校の先生に。
ドラゴンといってティラノザウルス召還していましたが、こんな召喚術できるなら実戦で(ry

20160207mp4_001477783_r

白はアイドルのオーディションで分身を披露。
こんなの採用されるに決まってる。バラエティ枠で。
というか白ってアイドルになりたかったのか。
劇中で描かれたことあったっけ…。

20160207mp4_001495512_r

黄色は普通にサッカーの助っ人やってます。
特にオチがないところが黄色らしいです。

20160207mp4_001506153_r

金はニンジャアピールしながらおでん屋。
そういえば爺さん、中盤頃よくおでん屋でバイトしてましたな。
すっかり忘れてましたが、後を受け継いでる感じが熱い。

20160207mp4_001517707_r

ピンクは忍手裏剣の実験。兵器でも作っているのか。

20160207mp4_001543111_r

それで最後に赤が、子どもと修行してるところで終了。

20160207mp4_001557732_r

この「おわり」ってしみじみしててすごくいい。
なんかもうこれがあるだけで細かい突っ込みどころも全部許せる気がする(笑)

20160207mp4_001637343_r

最後に恒例の引き継ぎで終了!

そんなわけで終わってしまいました。
うん面白かった。面白かった。うん。
それに忍者運動会とか、忍者成人式とか、なんにでも忍者付ければいいだろうという感じのゆるい雰囲気とか大好きだし。

滑舌悪いけど熱い赤とか。
かっこつけてばかりでいまいち浮いてる感じはするけどやるときはやる青とか。
地味なりになんだかんだで重要な活躍していた黄色とか。
踊りすごかったりいろいろと場を和ませてくれた白とか。
やたら有能だけどなんか怖いピンクとか。
悩みを抱えつつ克服していった金とか。
なんかみんな欠点は多いけど一生懸命やってる感じが好きだった。
親子三代の話はなんだかんだでよかったと思うし、笹野さんや矢柴さんの演技は本当によかった。

母親がまったく出てこなかったり、ラストニンジャレースといいつつ競争してる緊張感がまったくなかったり、赤びいきが少々過ぎたりといろいろと細かい所をつくとキリが無いけど、まあその辺はどうでもいいです。

何より九衛門のキャラが素晴らしかったですしな。
なんかもうなにやってもかわいいし。
九衛門見てるだけでも満足していた自分がいるのですが(笑)
死んでしまったのは残念だったけど、今週のエピソードでさらにキャラクターに深みが増して、より魅力的なキャラになったと思うし。
九衛門を中心とした策謀に満ちた展開は前回の流れは実に楽しかった。うん。

ただな、やっぱり九衛門以外の幹部関連がな。。。
正直言って九衛門に力入れすぎて他のキャラがおろそかになってしまってたと思う。

とりあえず、蛾眉さんを初期クローズさんばりに早めに退場させちゃったのはあんまりよくなかったんじゃないかなと。。。
いや序盤に退場すること自体は、Goプリみたいに2,3か月くらいのペースで担当幹部が入れ替わっていけば話にメリハリが出て良かったと思うんですよね。

でも実際は、晦さんも有明の方も早めに退場するということもなく、これまでの戦隊と同じく終盤まで普通にいてしまう。
結果的にどうなったのかと言えば、個性が一つ早めに消えただけという。。。
有明の方はほとんど作戦行わないので、満月がでるまで半年以上に渡って九衛門と晦さんが二人でひたすらがんばるというちょっと代わり映えのしない状況になってしまっていた。
蛾眉さんが退場していなければ、知性の晦さんと脳筋の蛾眉さんが入れ替わりで作戦遂行できただろうから、もっと牙鬼軍にもメリハリが出ただろうに。
蛾眉さん退場はほんと早まったと思うんだな。
まさかとは思うけど、goプリと被るから展開変えたとかじゃないよな…(笑)

それに晦さんの使い方はほんともったいなかったというか。
あれほど長いこと幹部をまかなっていたにもかかわらず、一度も山場を作れてないんですよね。
ストーリー盛り上げるのは九衛門ばかりで、晦さんはいつも見てるだけ。
最後くらいは何かをするのかと思ったら、普通の怪人と大して違わない扱いで退場しちゃったし。
正直言って登場期間は長いけど、ライバルにも強敵にもなれず、印象的にはだいぶ薄いキャラになってしまっていたと思う。
序盤の頃こそ、九衛門の正体を怪しんだりと有能なところを見せてたのに、結局あれも何にも無かったしな。。。
あの段階では、九衛門の正体も固まってなかったんじゃないだろうか。
だからとりあえず複線は張ったけど、深いことは特に考えてなかったので結局放置してしまったんじゃないかと。うぅむ。

有明の方に関しては、これまで何度も言ってきたけど、何もしなさすぎ。
やったことと言えば西洋妖怪呼んだのと、満月生んだことくらいですからね。
最後も見せ場作る事もなく、なんか変に悲惨な終わり方をしているし。
いったいスタッフはこのキャラで何をしたかったんだろうかというレベル。。。
三石さんの演じるキャラ自体はすごく魅力的だったのに、これもほんともったいないなと思う。
満月が出てからの有明の方はさらに魅力が増していたので、せめて満月を10月くらいに登場させとけば、相乗効果ですごく面白いキャラになっただろうに。
だいたい満月が12月登場って、あまりにも遅いんですよね。
まだ後に幻月様も控えてるのに、あのタイミングでいきなり新幹部が出てちょっと驚いたし。
満月って後になって付け足したキャラらしいし、やっぱり10月頃はまだ満月なんて出す予定はなかったのだろうか。

なんか文句ばっかり言って恐縮ですが。
いやでも、何度も言うけどつまらなかったというわけではなく、全体的な印象としては全然悪くないのです。
マタネコとかムジナとか、フタクチオンナとか、一話完結の妖怪達に焦点を当てていけば、魅力的なキャラクターばかりだったと思いますし、彼らとニンニン達との絡みはちゃんと面白かったですし。
だからこそ、幹部たちの扱いの悪さがどうしても気になってしまうんですね。。。

ともかくいろいろとバランスのよくない作品だったとは思うけど、それでも楽しかったです。
一年間ありがとうございました!

« セーラームーンの43話をみる | トップページ | 魔法つかいプリキュア! 第1話 “出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!” »

手裏剣戦隊ニンニンジャー」カテゴリの記事

コメント

やよいちゃんとなおちゃんの顔がちょっと怖いです(汗)
ニンニンジャーは最終回でしたね。九ちゃんは最期まで悪役のまま死ぬのかと思っていましたが、少しだけ改心できたのは非常に嬉しくテレビが溢れ出る涙で見えませんでした。
天晴とキンジの言葉が胸に響いて……Vシネマでは九衛門の声を演じた蕃さんがミドニンジャーに変身されるそうですので、粒子となって消滅した九ちゃんも悔いなしでしょう。
それにしても幻月、あんなに可愛い息子に首締めを仕掛け、奥方だけでなく実子まで吸収するとはどんだけ極悪人なんだ。見かけによらず弱すぎたので、ガッカリ感が凄いです。
でも何はともあれ1年間本当に楽しませていただきました。私もじゅうやさんと同じで九衛門を見ているだけで満足できました(笑)最後になりますがじゅうやさん、一年間詳しく楽しい感想記事をありがとうございました!

九衛門が変身なのかと思うけど藩さん自身が出演してるから九衛門なのかしらん?
帰ってきたではお母さん出できて中山忍さんだそうですよ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160207-00000004-nataliee-movi
藩さん役名がルナだからお母さんのキャラ名取ってるんだけど(笑)

本編さ天晴が中心に回りすぎたかなとは思うけど、毎回名乗りのシーンが凝ってたり、初期の怪人のデザインとかいいとこも結構ありましたね
親子三代とかいいながらお父さんほぼ空気だったような

最後凪にサッカー誘ってた男の子のどっちかが、この前出てきたのと別の笹野さんの子供ですな

>>九衛門ファンさん

どうも怠け玉でのみんなの表情がツボにはまってしまいした(笑)
ニンニンジャー終わってしまいしたね。
九衛門の最後はほんと素晴らしかったですね。
家族の絆を大切にする天晴たちを心のどこかでうらやみながら戦ってたと思うと、これまでの九衛門の見方もだいぶ変わりますね。
vシネマってもう発表されてたんですね。藩さん楽しみですねえ
九衛門の手裏剣も緑でしたし、九重って名字も九衛門っぽいし何か関係があるのかもしれませんね。
幻月ちょっと拍子抜けでしたね。九衛門がぬけた途端情けなくなってましたし、メンタルも弱そうですしねえ(笑)
歴代最弱のラスボスかも知れません。

こちらこそ書き込みありがとうございました。
九衛門ファンさんに書き込みいただいて、いろいろと励みになりました。
ジュウオウジャ-にも九衛門に負けないような魅力的なキャラが出ればいいですね。

>>百日紅さん

九衛門は男ですから藩さんがやるというのも謎ですが、女性として生まれ変わるんですかね(笑)
謎が多くて楽しみです。
やっとお母さん出るんですねえ。家族の絆がテーマなのに本編でまったく出なかったですからね。
中山忍さんなんですね。ガメラ空中大決戦を思い出しますねえ。

ニンニンは悪いところもたくさんありましたが、いいところもたくさんありましたね。
色んな新しい試みやってる感じで、こういうのもいいですよね。
父は出番少なかったのはたしかに残念でした。柴崎さんよかったのにな。
最終回で九衛門と仲良かったのを知ってからは、さらにもったいなく感じてしまいましたねえ。

ほんとだ、サッカーの子よく見てみてみたらほんとに笹野さんのお子さんですね。
ヨシタカさん生まれ変わったんでしょうかね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/63841592

この記事へのトラックバック一覧です: 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの最終章 “忍ばず未来へワッショイ!”:

» 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの最終章 感想 [特プロSANの大爆発ブログ]
手裏剣戦隊ニンニンジャー忍びの最終章「忍ばず未来へワッショイ!」終わりの手裏剣が発動し牙鬼家の支配する世界が生まれつつある中力を封じられ変身ができず生身の状態で戦う天 ... [続きを読む]

» 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの最終章「忍ばず未来へワッショイ!」 [MAGI☆の日記]
手裏剣戦隊ニンニンジャーの第47話を見ました。 忍びの最終章 忍ばず未来へワッショイ! 牙鬼久右衛門新月が発動させた終わりの手裏剣の力により、この世界は一度終わり、牙鬼家が支配する世界が生まれようとしていた。 「力がなくなったというのになんて無謀なんだ。ここで散るがいい、アカニンジャー!」 残すは牙鬼幻月・牙鬼久右衛門新月親子のみであったが、天晴達は力を奪われ変身でき...... [続きを読む]

» 手裏剣戦隊ニンニンジャー 〜忍びの最終章(47話) 「忍ばず未来へワッショイ!」 [Happy☆Lucky]
〜忍びの最終章(47話) 「忍ばず未来へワッショイ!」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第47話(最終回)「忍ばず未来へワッショイ!」 [ひびレビ]
手裏剣戦隊ニンニンジャー 第47話(最終回)「忍ばず未来へワッショイ!」  新月が終わりの手裏剣を発動させたことにより、天晴たちは変身を解除させられてしまう。それでも、風花と凪は諦めずシュリケンジンを操って巨大妖怪たちを倒し、八雲、霞、キンジも生身で妖怪...... [続きを読む]

» 手裏剣戦隊ニンニンジャー47(終)+仮面ライダーゴースト17+魔法つかいプリキュア!1 [レベル999のgoo部屋]
プリキュア第1話『出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!』 内容ある夜のこと、朝日奈みらいは、空から何かが落ちてくるのを見つける。お母さんに注意され、確認に行く事は出来なかったが。。。。 翌朝、ぬいぐるみのモフルンと、探しに出かけたみらい。...... [続きを読む]

» 今日のニンニンジャー 忍びの最終章 [地下室で手記]
「忍ばず未来へワッショイ!」 九衛門が終わりの手裏剣を使い、伊賀崎の力は全て終わったとして変身が解けた状況で戦うことに。 九衛門はこれで終わりだと言いますが、九衛門の目の前にいる天晴だけではなく、誰も屈せずに戦い続けます。 天晴は九衛門相手に大苦戦、牙凌道弧月を受けて倒れると、九衛門は伊賀崎流など力を奪われればその程度だと。 そして、自分は終わりの手裏剣を手に入れるた...... [続きを読む]

» ニンニンジャー 第47話 [Kyan's BLOG V]
手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの最終章 「忍ばず未来へワッショイ!」。気合いと気迫と希望。とにかく燃える良い最終回でした。 続きは読みたい方だけどうぞ。 [続きを読む]

» [ヲタ話][スーパーヒーロータイム]そして笹野さんはラストばばあニンジャに転生するんですね分かりまs(モウイイダマレ) [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 しかしこの人、本当に仕事選ばないなー(笑)。オファーがあったら例えワンカットだけの役でも断らない主義だそうだけど、さすがにこれは故・ばってん荒川さんでも拒否されたと思うな。 まあ、原作者と主演の大根役者がキライなんで、絶対観に行かないけどね(エー)。 ... [続きを読む]

« セーラームーンの43話をみる | トップページ | 魔法つかいプリキュア! 第1話 “出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!” »