2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月20日 (金)

最近のドラえもんはカラー作品集の話がおおい

こんばんは。
今、さっきやっていたドラえもんを見ていたのですが、今週もなかなか面白かったぜ。
それで感想を書きますロマ。

20151120ts_000119272

一話目は、描いた絵が現実化するという「ほんものクレヨン」という話。
読んだことないのでオリジナルかな? と思ってググってみたら『ドラえもんカラー作品集』なるものに収録された作品らしい。
持っとらん。。。

20151120ts_000047125

しかしジャイアンって絵上手いんですな。知らんかった。
妹はマンガ家になるくらいだし、絵の上手い家系なのかも知れない。

20151120ts_000072150

まあ、画家をめざしてたほどの父を持つのび太の絵は、まったく上手くないのだが。
きっとタマ子さんの影響だろう。うむ。

20151120ts_000602570

それでのび太が絵を教えてもらおうとして描いた画家の先生が、自我を持ってしまって勝手に家族を作ったりして大変なことになるという話でしたが。

20151120ts_000695273

最後はその先生が、自分の描いたライオンに噛まれておしまい。
結局画家の先生どうなったのかとかは謎のまま。
この投げっぱなしな感じが昭和っぽくてよい。

20151120ts_000904460

二話目は「かぜぶくろといんちき薬」という話。
これも原作読んだ記憶がないのでオリジナルかな? と思ってググってみたら『ドラえもんカ(ry
ともかく「かぜぶくろ」という息を吹き込むと風邪が瞬時に治ってしまう道具と、のむと病気っぽくなる仮病用の薬の話。

20151120ts_000942520

のび太が風邪袋でママの風邪を治してあげるのですが、ママはゆっくり休めると思ったのに家事するようだ、とちょっと凹んでしまうんですな。
なかなかリアリティのある話ですが。

20151120ts_001337414

そんなママのために、のび太が風邪のウィルスをたくさん集めてママをまた病気にしてあげようとするという展開は、いい感じに狂っていて素敵であった。

20151120ts_001376453

結局ママの代わりに、ジャイアンが袋を破裂させてしまってウィルスを身に浴びることになるのですが、意外と軽傷だったな。
あんなの浴びたら即死しそうだが(笑)

しかし、この二話目。
かぜぶくろのオチあとに、無理矢理インチキ薬のエピソードが追加されてるもんで、ものすごい蛇足な感じになってたな。
二つのエピソードくっつけるようなことしないで、かぜぶくろの話をオリジナルエピソードで膨らませるべきだったと思うんだけどな。
普段はそうやってるのに、今回はどうしたんだ。
最近のドラえもんって、たまにこういう据わりの悪いことやるから困るな。いや別に困らないけど(どっちだよ

そして次回はドラえもんが未来の道具を使って鬼ごっこするとのこと。

20151120ts_001700470

ドラえもんのシルエットがかっけぇ。バットマンみたいだ。

2015年11月 6日 (金)

ドラゴンボール「復活のF」をみた

こんばんは。
今日はドラゴンボールの「復活のF」を見たので、その感想をサラッと書かせていただきます!

しかし前にアマゾンのレビューをちらっと見てみたら、酷評だらけだったのでちょっと心配だったのですが、いやはや十分面白いじゃないですか。
前回がほとんどコメディだったので、今回はフリーザも出てくるしガチなんだろうなと期待していたのですが、全作以上にコメディであった。
鳴り物入りで現れたゴールデンフリーザも、なんかえらい小物っぽかったですな。
ゴクウたち普通に戦えちゃうし、ビルス様たちにはびびってたし。
まあ、緊張感のない戦いが延々と(笑)

いや文句じゃなくて、その辺のゆるい感じが面白かったですが。
終始続くゆるいやりとり楽しかったし、ビルス様の食い物の話とかいちいち和んでしまった。
あれをテレビアニメでやられると、とっとと戦えよ! ってなるけど、映画はちゃんと時間通りに終わるから特にいらいらもしなかったし。
むしろ最近は戦闘よりもああいうやりとりの方が楽しく感じられるようになってきたのは、大人になったからだろうか・・・。

まあ緊張感のあるバトル路線を期待すると肩すかしになってしまうとは思いますが。
アマゾンレビューの気持ちもわからなくはない。
でも、鳥山明原作でこういうゆるい作風が連続するってことは、やっぱり鳥山氏の本来の作風ってガチな戦いよりも初期ドラゴンボールとかアラレちゃんみたいな、コメディよりなのかな。
バトル路線が人気でちゃったからずっとそういうのを描いてたという感じなのかもしれない。
とはいえそのバトル路線も、魔神ブウのあたりになると結構コメディよりになってた気もしますが。

まあそれはともかく。
ストーリーはというと、フリーザが復活して地球に攻めてきて、まずピッコロさん達が戦って、その後遅れてやって来た悟空が決着付けるという、いつもの流れでしたが。
フリーザとベジータの「まだ忠誠心は残っていましたか」とかの一連の流れがなんかよかった。
こういう過去の因縁めいたやりとり見てるのって楽しいですな。

それにしても笑ったのは、ゴクウが光線銃で殺されかけてところ。
あそこはまじめなシーンなんだろうけど、衝撃的すぎた。あんな簡単に殺せるのかと(笑)
ゴクウって病気で死にかけてたこともあったし、意外と簡単に死にますな。

あと、亀仙人がやたら活躍してたのには驚いた。
なんでヤムチャが戦力外扱いされてるのに、亀仙人が戦えるんだ。
あの人の戦闘力って100ちょっとじゃなかったっけ(笑)
他にも宇宙パトロールのジャコって人が加わってたり、目新しい人たちが戦いに加わってるのが新鮮で楽しかった。

そんなわけで不満点はほとんどないのですが。
ちょっとって思ったのは、パワーアップ形態が相変わらず色が変わるだけってところですかね。
金色フリーザは、まあ元々最終形態は完成されていて変にいじるとダサくなるだろうからいいとは思うのですが。
ゴクウが青くなってるだけってのはな。。。前作のゴッドといい、もう新しくデザインとかはしないんですかねぇ。

ともかくそんな感じで面白かった。
映画はやっぱりこれからも続いていくのかな。
つぎはセル路線でレッドリボン軍あたりが復活してくれたら楽しいのだが。

そういえば、まだドラゴンボール超ってまったく見てないんだな。録画はしてるけど。
どんな話かもさっぱり知らないので、あとで見て見よう・・・・・・。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »