2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS」をみる | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第45話 “敵は神様!?衝撃のクリスマス!” »

2014年12月22日 (月)

烈車戦隊トッキュウジャー 第41駅 “クリスマス大決戦”

こんばんは。
今日は月曜日ですが、烈車戦隊トッキュウジャーを見たのでその感想です。
この前映画見たばっかりなので、一週間ぶりという気が全然しませんです。
しかしシャドーラインが平和だった映画の頃とは違い、今週は地獄絵図。

それで感想に入る前に、今週のキョウリュウじゃんけん。
黄色はチョキで、こっちはグーと予想していたので、勝利!
いやっほーい! 2連勝!

それにしてもまさかグー、パー、チョキとくるとは……。
想像以上に直球勝負である。
まあ読みは誤ってしまったけど、防御に徹していたおかげでなんとか勝ちは拾えた。あぶない。
これで2勝0敗1分け。順調である。

さて次回は何が来るか。
グー、パー、チョキと一通りきたから、なかなか難しいところではあるが。
今年は同じ手は連続しないことを前提に考えているので、チョキはないと考える。
なので、グーとパー。
こういう場合は一番遠いところからとることにしているので、敵はグーと予想。
ここはまた防御に徹してグーといきたいところだけど、前提からチョキはないはずなので、ちょっと冒険してみようかと思う。
というわけで、パーで勝負である!!

それで今回のトッキュウジャーですが。
あぁ、すごかった。あぁすごかった。
泣いた。泣いたよ。シュヴァルツさんのセリフに泣いたさぁぁぁ!!!
「私はキラキラを手に入れた」って、ああもう思い出しただけで泣けてくる。

この主役達そっちのけで敵組織が滅んでいく感じは、ライブマンみたいですな。
ライブマンも、ビアス様に制裁される幹部達が彼らなりの意地を見せて死んでいくんだよな。。。
あれもほんと泣ける。

それにしても素晴らしい回だった。
最初の頃はコメディ戦隊かと思って見てたけど、なんかもうおそろしく熱い戦隊ではないかと。
親心に目覚めていたノア婦人。キラキラを見つけるシュヴァルツさん。友情を知る橙。
闇ばかりが集まってどうしてもキラキラを手に入れられない、悲壮感漂うゼットさんもいい感じだし。
なんかもう内容詰まりすぎ!

最後悲壮感漂うクリスマスやって終わるのかと思ったら、ちゃんと賑やかにやってくれたのも良かった。
あのまま終わったらほんとどうしようかと(笑)

そんな冒頭。
キャッスルターミナルとともに昴ヶ浜が登場して、呆然とする一同。
ザラム達も駆けつけてくる。

ザラム「あれが、あいつらの虹……」

虹って表現が熱いな。
橙にとって虹ってのは、守るべきもの、みたいなのを現してるんだな。

それで1分遅れで歌。
じゃんけんがなかったら定刻通りだったかも知れないかと思うと、なんだかくやしい。

本編。
普通に生きていたモルク侯爵。

侯爵「まずいことになったな」

キャッスルターミナルが出て来たのは、闇減りだけでなく、ゼットさんのせいでもあるとモルク侯爵。
ゼットさんはグリッタ嬢を中に取り込んだせいで、上手く闇を操れない。
けどヤメロって言ってもグリッタ嬢を手放そうともしてくれない。

侯爵「グリッタを消す!」

とネロ男爵と共に決意。
なんだかこの二人も苦労人だな。
幹部達は次々裏切るし、皇帝まで言うこと聞いてくれないし。心が安らぐ暇がない。

一方トッキュウジャー。
町が見つかったから戻ってくれと車掌に頼む一同。
状況がわからないと車掌は心配するけど、それでも行くと赤。
そこにシュヴァルツさんがクライナーで突撃してきて、立ち向かわなければならないことに。
心配するグリッタ嬢。

黄色「大丈夫。シュバルツにあなたの気持ち伝えるから」
グリッタ嬢「ありがとう」

黄色とグリッタ嬢の友情が地味に熱いな。
やっぱり身体が入れ替わると、気持ちもわかるようになるのだろうか。
そしてシュヴァルツさん達と対峙。

黄色「シュバルツ! グリッタがあなたを止めてって言ってるの!」

説得するけどシュバルツさん聞く耳持たない。
両者が戦ってる隙に侯爵と男爵が陛下を連れ戻そうと烈車に忍び寄るけど、行くまでもなくグリッタ嬢の方からやってくる。すごい勢いで近づいてきたときの迫力がすごかった。

それでグリッタ嬢は速攻でゼットさんに変身。

ゼットさん「てめぇらまで俺に刃向かう気か」

これも陛下のためと二人はグリッタ嬢を消そうとするけど、ゼットさんにボコボコにされる。
ここでこのままやられるんじゃないかと一瞬焦った。

そこでザラムがゼットさんに気付き「ゼット~」といきなり抱きついてくる。
だからお前も武器を持てって!
ゼットさんはトッキュウ六号に変身し、ザラム対橙という夢の戦いに。
しかしザラムまったく歯が立たない。ほんと弱いなぁ。だから武器を……。
それでやられそうになったところに、赤が加勢。

赤「トッキュウ六号はアキラだ。お前は、それを使うな!」

赤はハイパートッキュウになり、ゼットさんと戦い。
お互いほとんど互角で、結局相打ち。
ハイパー化してる赤に通常の状態で相打ちって、やっぱりゼットさん強いな。
赤が落っこちた変身道具を赤が取り戻したところで、キャンデリラさんのCM。

CM明け。
赤との戦闘で弱ったゼットさんに、シュヴァルツさんが突撃。

ゼットさん「お前もこりねぇなぁ。俺には勝てん!」
シュヴァルツさん「フフフ……勝つ必要はない」

シュヴァルツさん、ゼットさんの剣を握りしめ、いまだ!
背後から、ノア婦人がゼットさんを担当でぶすり……。

ノア婦人「わたくしの娘を返していただきます」

婦人が風呂敷みたいなのを投げると、グリッタ嬢が外に出てくる。

ゼットさん「やってくれるなぁ。気に入ったぜ」
ノア婦人「嬉しいですわ。わたくし感謝しておりますのよ。娘を消さなかったことを。でももしかすると消せなかったのではなく、消せなかったのではないかと」

最後に皮肉を言って、斬り殺されるノア婦人。

141221mp4_000779872_r

ノア婦人「さよならグリッタ。あなたはもう、自由……」

ノア婦人死す。うぅ。
ノア婦人、グリッタ嬢を利用するためではなく、ほんとに親心で助けようとしてたんだな。
少なくとも前々回までは何か企んでる様子だったけど、ここ最近の出来事で心変わりした様子。

しかも自分がグリッタ嬢の枷になっていたことにも気づいていたようで……。
そうとわかりながらもグリッタ嬢を束縛して皇帝に仕立て上げようとしていたのは、自分の出世欲のためなのか、それともそれが本当にグリッタ嬢の幸せだと思っていたのか。
どちらにしても、ノア婦人にとってグリッタ嬢はどこまでも子供であり、自分がいなければ何もできないと思っていたのでしょう。
しかし自分の助けを拒否されたことによって、初めてグリッタ嬢が精神的に自立した大人であることを悟る。
もう自分がいなくてもグリッタ嬢は生きていける。
ならばグリッタ嬢をゼットさんから救い出し、誰に束縛されることもない自由な身にしてあげることが親としての最後のつとめと、ノア婦人は命をかけた。
そう考えると泣ける。。。

ところで公式サイトのキャラ紹介見ると、あの日傘はグリッタ嬢が受け継いだみたいですな。
グリッタ嬢がヒャッハー!とか言いながらマシンガンを連射する姿が見られるのだろうか……(ない)

それでグリッタ嬢は助かったけど、グリッタ嬢がいなくなったことでゼットさんはさらに闇を解放。さらに禍々しい姿に。

141221mp4_000820563_r

ノア婦人に刺されたのがまったくノーダメージなのが悲しい。今後の伏線になるのかも知れないけども。
というかあのナイフって、やっぱりグリッタ嬢が持ってたヤツなのかな?

侯爵「まさに深く美しい闇そのもののお姿」
ゼットさん「何で闇ばっかり増えるんだ。キラキラが一つも手にはいらねぇ……」

ゼットさんも悲しいな。。。
それでグリッタ嬢に手を出そうとしたところに、傷ついたシュヴァルツさんが斬りかかる。

シュヴァルツさん「グリッタ嬢。助けていただいたお命、ようやくお返しできる」

クライナーで逃がしたところを、シュヴァルツさんもゼットさんに殺される。

141221mp4_000919215_r

シュヴァルツさん「私はきさまに勝てなかったが、きさまも私に勝てなかったな。私はキラキラを手に入れた」

シュヴァルツさんも死す。
それまで戦うことしか知らなかったシュヴァルツさんの闇の心を、グリッタ嬢が照らしてくれた。
そのキラキラの美しさに、シュヴァルツさんは初めて人のために剣を振るうことを覚えた。
けどシュヴァルツさんは、グリッタ嬢と添い遂げることではなく、命をかけてグリッタ嬢を守ることを選んだ。
どこまでも武人のシュヴァルツさんには、こうすることがグリッタ嬢への最大の愛情表現だった。
そんなシュヴァルツさんの不器用な所がまた泣ける。。。

それで闇がどんどんでかくなるゼットさん。侯爵達にも八つ当たり。
闇に沈んでいこうとする城をザラムが守ろうと突っ込んでいく。
まさか橙まで死ぬのか!? と焦らせながら、CM。

CM明け。
消えたと思っていたザラムさんは普通に生きていた。

橙「すまん。消えてしまったな。お前達の町」

残念そうな橙を、みんな泣いて出迎える。

橙「泣くな」

城が沈んでしまって泣いているんだろうとザラムは思ってたんだろうけど、みんな泣いてるのはそんなことじゃなかった。

橙「今は、お前が生きてることの方が嬉しいにきまってんだろ」

もういなくならないでくれと、みんなで泣きなかきながら説得。

ピンク「いなくなったら、すっごくさびしい」
橙「さびしい……?」

先週の胸のざわめきを思い出すザラム。
一同の自分を心配する心に困惑しながらも、俺はさびしかったかどうかはわからないけど「俺はたぶん今、ものすごく嬉しい」と、微笑む。
ようやく人間的な心を理解できた様子の橙。
今回はほんとに濃い。。。

それでクライナーが大量に出て来て、トッキュウジャーもオモチャを全部だして総力戦。さすがクリスマス。
ひたすら戦って、最後はトッキュウレインボーで敵を殲滅。

最後、シュヴァルツさんを橙が弔った後、クリスマスパーティ。
キラキラ星の歌が静かに響く。
グリッタ嬢がシュヴァルツさんの墓に花を添えるところが何とももの悲しい。
ゼットさんは、秘密基地を見上げている。

ゼットさん「真っ暗だ……」

ゼットさんが何者かはさっぱりわからんけど、この人は最後救われるのだろうか。
ほんと先の展開が予想できん。

それで最後にちゃんとクリスマスパーティ。
「メリークリスマース」と、最後は楽しく終了!
なんか無理矢理もりあげてる感がすごい気がするけど、ともかく楽しく終わってよかった。
それにしてもすごいクリスマス回だった。。。

烈車コーナー。

141221mp4_001693689_r

今回は蒸気機関車が登場していた。さすがクリスマス。
昭和19年生まれで70歳らしい。豪快に吹き出す黒煙が熱い。
レトロな烈車のわりには「パレオエクスプレス」と名前はモダンです。
パレオといわれても、あの水着の回りに巻き付ける泳ぐのに邪魔そうな布しか思い浮かびませんが。 
由来を調べてみたら「2000万年前に生息していた海獣パレオパラドキシア」にちなんでいるらしい。うむ。

そして次回。
「君に届く言葉」
このまま最終決戦に突入するのかと思ったら、一息つく様子です。
家族に手紙をかく話。黄色回なのかな?

黄色「心配しないで、大丈夫だから」
青「たまには自分の気持ちを一番にしなよ!」

強がる黄色に青が気持ちをはき出す感じは、まるでこの前のメグミとセイジです。
このまま青が闇堕ちしたら熱いのだが。

それにしても最後のライブみたいなのは一体何だ。関根さんの踊りが楽しみです。

« 「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS」をみる | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第45話 “敵は神様!?衝撃のクリスマス!” »

烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烈車戦隊トッキュウジャー 第41駅 “クリスマス大決戦”:

» 今日のトッキュウジャー 第41駅 [地下室で手記]
「クリスマス大決戦」 トッキュウじゃんけんはミオのチョキ。 キャッスルターミナルが地上に出現、しかも昴ヶ浜の秘密基地が現れたという事で、一同呆然。 そこに強力な闇が襲いかかってきたところ、レインボーラインが現れてライト達を連れて避難します。 キャッスルターミナルが地上に現れたのはヤミベリだけではなく、ゼットの中にグリッタ嬢、ゼットは闇を自由自在に闇を操れる力があるのに...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第41駅 感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(分家)]
烈車戦隊トッキュウジャー第41駅 「クリスマス大決戦」一気に話が動いた今回ノア夫人とシュバルツ将軍がここで退場・・・2人の命懸けの作戦でゼットから解放されたグリッタ嬢ですが母と愛する人を同時に失ってしまいました。今後グリッタ嬢がどう動くのか注目ですね。キラキラを手に入れて散っていったシュバルツ将軍退場するにしても年明けてからと思っていたのでちょっと予想外キ...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第41駅 [レベル999のgoo部屋]
「クリスマス大決戦」 内容 突如現れたキャッスルターミナルを見てライト(志尊淳)らは、愕然とする。 探し続けた昴ヶ浜がターミナルの下にあった! ライトたちは、すぐに町へ向かおうとするが、 烈車に乗っているゼットを狙ってシュバルツとザラムがやってくる。 そこ...... [続きを読む]

» [スーパーヒーロータイム][ヲタ話]みんな、ミオさんのお誕生日は祝ってあげないの…? [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 去る12月18日は、ミオさん演じる梨里杏の21回目のお誕生日だったそうな。 彼女、実は2001年から子供向け雑誌のモデルやってて、既にキャリアは10年越えてるとか。「仮面ライダーカブト」にも、子役で出演してるんだと(ちなみに「梨里杏(りりあ)」は本名)... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第41駅「クリスマス大決戦」 [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーの第41話を見ました。 第41駅 クリスマス大決戦 「俺達の町だ、昴ヶ浜…。俺達の町があの下に…」 キャッスルターミナルが浮上すると、闇に覆われた町・昴ヶ浜が現れ、ライト達はすぐに町に行こうとするが、烈車に乗ったゼットを追ってシュバルツ将軍と明が割り込んでくる。 「シュバルツ、グリッタがあなたを止めてって言ってるの!自分を皇帝から離すのは危険だ...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第41駅 「クリスマス大決戦」 [Happy☆Lucky]
第41駅 「クリスマス大決戦」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

« 「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS」をみる | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第45話 “敵は神様!?衝撃のクリスマス!” »