2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 12月2日はドラミさんの誕生日らしい | トップページ | ハピネスチャージプリキュア!第43話 “ぶつけあう想い!ラブリーとミラージュ!” »

2014年12月 7日 (日)

烈車戦隊トッキュウジャー 第39駅 “終わりの始まり”

こんばんは。
今日は日曜日なので、トッキュウジャーを見ましたです。

今週からトッキュウじゃんけんが始まりましたな。
それで早速じゃんけんですが。
先週予想したこちらはグー。そしてライトもグー。
うむ、引き分け。順調である。
去年口をすっぱくしていったことだが、じゃんけんの真髄は負けないことにある。
ひたすら引き分けを狙い、一瞬の隙を突いて一度だけ勝てば良いのだ。
去年は欲をかいて勝とうとしてしまったことが何度かあり、結局それが痛手となって通算で負けてしまった。
今年は負けぬ!

次回は何か。
まずグーはあり得ないだろう。
個人のじゃんけんならばともかく、公衆に向けての戦いでいきなり同じ手を繰り返すような無粋は、なかなかできることではない。
実際去年の戦いも、同じ手が連続したことは一度あったかなかったかその程度だったはず。
つまり敵は、チョキかパーをだす。
ならばこちらは、どちらにも負けない手を出せばよい。
というわけで、チョキで勝負!!!!

そんな今日のトッキュウジャー。
橙とのお別れの話。
公式サイトのキャストブログでも、橙がお別れしてますな。
橙はブログでもちゃんとキャラを保っていて熱い。

今回は来週への前置きって感じでしたな。
ボセキとも行き当たりばったりで戦ってるだけだったし、ストーリー的なものがあまりなかった気がする。
その代わり来週はとても面白くなりそうですが。
いや今週も面白かったことには面白かったけど。あまり話すことがない~~!

そんな本編
クリスマスパーティの準備をする一同。
最近シャドーラインも大人しいらしいです。
一週間に一度コンスタントに攻めてきてる気もしますが、気にしない。

車掌「今はシャドーラインが大人しくなる季節ですからね」

クリスマスの頃はみんながうふーんな想像してイマジネーションにあふれかえってるから、闇の力が大人しくなるらしい。
逆にどす黒い闇を生み出す人もたくさんいそうな気もするが(笑)

青「うふーんな想像……」

青がうふーんな想像してる。
それで橙はクリスマス初めてらしいので、電話するけど着信拒否。
その頃橙は、シュヴァルツさんとうふーんなことになっていた。
シュヴァルツさんは「闇ベリ」なる時を待っていたらしい。
闇べりって闇減り? ずっと「闇のメリークリスマス」の略と思って見てたけど、それだと闇メリだった。

橙「俺の死に場所はここではなかった。そういうことだ」

だんだん死に場所がギャグに聞こえなくなってくる。重い。
それで歌。

141207mp4_000220922_r

「7時~30分発~烈車戦隊トッキュウジャーがぁ~発車いたしま~す」

今までは2分遅れの32分からのスタートが多かったけど、今日は3分も遅れてたな。
じゃんけんが入ったせいか、ダイヤが乱れまくっとる。

久しぶりのキャンデリラ様のCMと、仮面ライダーブラックのブルーレイのCMを隔てて本編。
橙を探しにドリルレッシャーの所に来る一同。
しかし橙はおらず、「ドリルレッシャーでシャドータウンをさがすほうほう」という書き置きだけが残ってる。

141207mp4_000404717_r

全部ひらがななところがいいな。
ライト達が小学生だから気をつかったんだと思いますが。この親心がなんとも心にしみる。
しかしシャドータウンの切り替えポイントを探すのって、ドリルレッシャーのレーダー使えばいいだけなのか……。意外と簡単。

青「アキラ君!」

真っ先に青が飛び出していった所がいいな。この二人のそこはかとない友情が熱い。
それで青が橙のヘルメットを発見。

一方シャドーライン。

侯爵「またこの忌々しい闇ベリの時が来たか」
男爵「はぁ、心なしかいつもより闇の減り方が大きいようだ」

みんなだるそうです。
陛下は逆に闇の力が強くなりすぎて、すっかり不機嫌。顔も見せてくれない。
ノア婦人も、今がチャンスと何かを企む。

陛下「よう、グリッタちゃん」
グリッタ「え?」

そろそろグリッタ嬢復活するかな。
ノア婦人も必死で助けようとしてるけど、親心と言うよりは、利用する気満々な感じなところが切ないな。

橙がいなくなってしまったトッキュウジャー達は、電車の中で小会議。
青が、橙が選択がどうこういっていたことを、みんなに話す。
安易に指切りしてしまったことに、顔を歪める青。
橙がドリルレッシャーを取り戻したことに、緑が今にして思うと簡単すぎたんじゃないかと思い直す。緑鋭いな。

そうこうするうちに、シャドー怪人登場のお知らせ。

車掌「この時期にシャドーが動くなんて!」

毎年この時期はシャドーが動いてないような口ぶりだけど、シャドーラインとの戦いは何年くらい続けてるんだろうか。
なんか今年始まったばかりのような気がしてならないのだが(笑)
トッキュウジャーの前任者とかいたんだろうか。いたとしたら彼らはどうなったのか……。

それで1度目のCM隔てて本編。

現場に駆けつけてみると、倒したはずのバッグシャドーやリングシャドーが現れる。
この時期に再生怪人とは。お盆でもないのに。
リングシャドーは橙と会ったときの怪人なので、みんなその時の思い出に浸りながら戦い。

??「闇をすいま~す。シェイクシェイクシェイク」

ビルの上からは、謎のシャドーが闇を集めてシェイクしている今回の怪人。
その名もボセキシャドー。
闇を無駄に使うしか能のない男。
シャドーの仕事は闇を集めることなのに消費しかできないってのは、たしかに斬新。
勝手に闇を使われるので地下に幽閉されていたけど、ノア婦人に解放されたとのこと。
特に罪を犯したわけでもないのに、シャドーライン厳しいな。それだけ闇は重要なんだろうけど。

それでモルグ侯爵自ら止めに行くことに。

グリッタ嬢「陛下。今なら、陛下のお力に少しはあらがえます」

闇ベリの時になればこうなることはわかってるのに、何で消さなかったのか首を傾げるグリッタ嬢。
陛下はずっと静か。自分でもよくわかってないのか、何か企んでるのか。さっぱりわからん。

トッキュウジャーは再生怪人達をあっさり片付けるけど、結局橙は見つからずにみんな落ち込む。

黄色「距離を置いてたとも言えるかな」

橙はいつまで経ってもライト達のことを「トッキュウジャー」と呼んでいたことを、ちゃんと突っ込んどけば良かったと今にして思い直す。
そんなこと全然気がつかんかった。
みんな元々変なので気がつかなかったこと。赤とピンクは変とも思っていなかったようですが。
赤は、ならこれから突っ込めばいいとみんなを励ます。

赤「今のアキラが変なのだけは、絶対だ」

赤はなんだかんだで頼りになるな。
二度目のCMを隔ててCパート。

ボセキ「しぇいくしぇいくしぇいく♪」
侯爵「こらー! この時期に闇を無駄にしおってー!」

ボセキによると、ノア婦人に好きにやってくれと頼まれたとのこと。
それでなんかこじれて二人ともビルから転落。今日のモルグ侯爵ちょっと面白い。
落ちた衝撃でボセキの中からバクダンシャドーが生まれる。

青「あぁ、嫌な思い出が蘇る……」

バクダンシャドーって新幹線大爆破の回か。青が人質になったんだよなたしか。
あの回面白かったなぁ。。。
結局関根さん回はあれが最初で最後だったな。
まだ序盤の頃だったんで、もう一回くらいあるんじゃないかと期待していたんだが……。
まあ、まだわからんけど。もしかしたら正月あたりに唐突にあるかもしれん。

それで聞き慣れない歌をバックに戦い。
しかし闇ベリのせいでいまいち動きが鈍いモルグ侯爵。
バクダンシャドーも、青の必殺トカッチスーパーブレーク(?)で撃破。
ブレークでいいんだろうか。なんて言ってるのかいまいち聞き取れん。

5連結ショットでボセキ撃破。
ほんとに闇を生み出すしかやってないなこの人。戦闘能力0(笑)
モルグ侯爵まで一緒に吹き飛んでて笑った。やっぱり今日この人面白い。

それでロボット戦。
巨大化しても次々再生怪人を生み出すボセキシャドー。
ジャックインザボックスシャドーの姿を見て、橙が笑ってしまったときの思い出に浸る一同。
その隙を突かれて、攻撃受けまくる。

青「みんな、今は戦いに集中しよう!」

超トッキュウオーポリスになって、ボセキを撃破。
ボセキ、地味に精神攻撃のきつい敵だったな。
ノア婦人がここまで想定してボセキを使ったならすごいけど、たぶんただの偶然。

戦闘後。
ネロ男爵がイライラしたり、ノア婦人が企んだり、相変わらずどろどろしているシャドーライン。
シュヴァルツさんも「今こそ我が思いの全てを果たす!」とクライナーで爆走。
シュヴァルツさんを止めようとするトッキュウジャーの前に、橙が立ちはだかった所で終了!
ここに来て一気に話が動きましたな。面白いことになってきたのぅ。

関根「なんかとんでもないことになってますが」
チケット「みんなの烈車コーナーです!」

900形きららは、もみじがよく見られるように窓が大きいらしい。
紅葉見られるのは一年のうちのわずかな期間だけなのに、それに配慮してるってなかなか熱い。

それで次回。

「誰があいつであいつが誰で」

タイトルから察するに、ゼットさん達の中身が入れ替わるのかな。
というか入れ替わり回って、前に一度あったなよな……。グリッタ嬢が逃げたとき。
ボセキが密かにシャボンシャドーも生き返らせていたのかも知れぬ。
シュヴァルツさんはシャドーラインに乗り込むし、グリッタ嬢もついに復活するみたいだし。
次回はとても楽しそうです。うむ。

« 12月2日はドラミさんの誕生日らしい | トップページ | ハピネスチャージプリキュア!第43話 “ぶつけあう想い!ラブリーとミラージュ!” »

烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烈車戦隊トッキュウジャー 第39駅 “終わりの始まり”:

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第39駅「終わりの始まり」 [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーの第39話を見ました。 第39駅 終わりの始まり クリスマスが近づき、街にイマジネーションがあふれまくっているこの時期はシャドーが一番おとなしくなる時期だった。 闇の力が弱まる今を狙ってシュバルツ将軍は闇の皇帝ゼットを討つべく、明を呼び寄せる。 「僕、変だと思ってたんだ。この間、シャドータウン探しを焦ってたことあったでしょ?意味は分からないけど...... [続きを読む]

» 今日のトッキュウジャー 第39駅 [地下室で手記]
「終わりの始まり」 トッキュウじゃんけん、ライトのグーで始まった今回。 烈車の中ではクリスマスの飾り付けをしています。 この時期シャドーが一番大人しくなる時期、ワゴンさんによると、素敵な聖夜、キラキラした町、一年で一番みんながウフ~ンな想像をする時だから、どこも激しくイマジネーションにあふれまくっているおかげだとか。 明にも一緒に飾り付けを頼もうとトカッチが連絡をしま...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 〜第39駅 「終わりの始まり」   [Happy☆Lucky]
〜第39駅 「終わりの始まり」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第39駅 [レベル999のgoo部屋]
「終わりの始まり」 内容 クリスマスが近づき、ライト(志尊淳)らは、その日を楽しみにしていた。 飾り付けを手伝ってもらおうと明(長濱慎)に連絡を入れるが、繋がらない。 捜し回っても、見つからず。それどころか、書き置きなどを見つけてしまう。 ライトたちは、...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第39駅 感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(分家)]
烈車戦隊トッキュウジャー第39駅 「終わりの始まり」クリスマスシーズンはイマジネーションに溢れる為闇の力が弱まりシャドーがおとなしくなる時期この期を狙っていたシュバルツ将軍はついに明を招集。ヘルメットとメモを残しライト達の前から姿を消した明シュバルツ将軍同様この期を狙っていたノア夫人闇をムダに使う事しか能がないボセキシャドーを外に出し闇を消費させ皇帝の力をさらに弱まら...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 〜第39駅 「終わりの始まり」   [Happy☆Lucky]
〜第39駅 「終わりの始まり」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

« 12月2日はドラミさんの誕生日らしい | トップページ | ハピネスチャージプリキュア!第43話 “ぶつけあう想い!ラブリーとミラージュ!” »