2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ」を、七年ぶりの映画館で見る。 | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第40話 “そこにある幸せ! プリキュアの休日!” »

2014年11月16日 (日)

烈車戦隊トッキュウジャー 第36駅 “夢は100点”

こんばんは。
今日テレ朝でバイオハザードやってるけど、1と2を同時にやるんですね。
こんな総集編みたいな放送ってのもめずらしい。
というかこの前5やったばかりなのに。なぜこっちを先にやらない……。
相変わらず放送順が狂ってるな(笑)

それで今日は日曜日なので、トッキュウジャーを見ましたです。
今回は、かつての恩師のいる大学に会いに行くけど、変わり果てていました、という話。
一見ゆるい話の中に、心を打つような展開も混ざっていて、なかなかいい話だった。
トッキュウジャーはほんとにいい話が多いな。

シャドーラインに町が飲み込まれることによって、飲み込まれなかった人達にはどういう影響が現れるかが描かれていましたが。
飲み込まれた町に関する一切の記憶がなくなってしまうようで、人生変わってしまった人もたくさんいそうですな。
こうやって記憶なくした関係者の所に言っては、何か影響を与えていくって話も面白そうですが。
こういう展開はさすがに今回だけだろうなぁ。

そういえば今回、ゼットさんがまったく出てこなかった。
グリッタ嬢にむしばまれてどっかで苦しんでいるのだろうか。

あと総帥も出てこなかったけど、あの人今どこにいるんだろうか。
住んでいたターミナルはハイパーレッシャーになってしまいましたが、あの中に今も住んでるんだろうか。
トッキュウレインボーになったときも、さりげなく中にいたりしたのかな。

そんな冒頭。
最近様子がおかしい橙。

関根「あきら君なら、次のシャドータウンさがして、ゆうゆうと散歩してるよ」

ゆうゆうと散歩!?
ではなく、唐突に若大将になる車掌。ゆうゆう散歩とは渋い。
それで一同は、橙がひとりで走り回ってると聞いて、昴ヶ浜を探してくれてると思い込む。
誰もそんなこと一言も言ってないんだが……(笑)

そうこうしているうちに、烈車は珀天大学駅に到着。
珀天ってどういう意味でしょう。
まったく元ネタがわからん。ググっても中国語のサイトばかりが引っかかるし。別に楽天は関係ないよな……。
でも緑は珀天大学と聞いてなにかピンと来たようで、降りることに。それを追いかけて全員が降りた所で歌。

関根「散歩かぁ、散歩はいいよなぁ」

なぜか若大将押しの車掌。
また新幹線大爆破回みたいなのやって欲しいけど、なんだかんだでもう佳境だからなぁ……。
いまだに序盤って気がしてなりませんが。

本編。
そして大学。
駅を降りるとすぐに大学らしい。専用の駅があるとはリッチだな。

黄色「なにか思いだした?」

全員思い出して降りたのかと思ったけど、緑以外はただついていっただけの様子。
緑は、昴ヶ浜は闇に飲まれたけど、昴ヶ浜を知ってる人は全員闇に飲まれたわけじゃないと推理。

緑「みんな、覚えてないか。サクラ先生」

ようやく全員サクラ先生のことを思い出す。
よく教育実習生の行ってる大学まで覚えてたな。中学の頃何人か来たけど、行ってる大学なんてそもそも聞いてすらなかった気がする。
ともかくみんなが大学内でサクラ先生を探すことに。

女学生1「へぇ~あそこのエステそんなにいいんだぁ」
女学生2「やっぱ女子力磨かないとね」

女子力ってテレビとか雑誌で使われてるだけの言葉だと思ってたのですが。
この前電車に乗ってたら、隣に座ってた20代くらいの女性達が「女子力上げないと」って普通に言っててちょっと驚いた。
実際に使われてるんだな。

それで今週の怪人は、マンネンヒツシャドー。
人々のアイデンティティーや夢などに0点をつけて闇を生み出す、夢のない男。右利き。
部下をインクに変えたりと、かなりえぐいやつ。
それでこいつに、女子力は0点と採点されて、ジャージ姿に変えられる学生。

怪人「今時の学生はメンタル弱すぎですねぇ」

ついでに青もメガネ男子力は0点と採点される。

青「やっぱり眼鏡かけないほうがいいんだ。みんなも思ってたんでしょ」

はい! 思ってた!!(オイ
いや実際メガネかけてないほうがかっこいいし。。。
すっかり落ち込んで、マスクについてる線路みたいなのをとろうとする青。あれあんな簡単に取れるんだな(笑)
それでトッキュウジャーは戦おうとするけど、墨をぶっかけて退却する万年筆。手強い。

それでシャドーライン。

婦人「人間どもは子供の頃から、人より良い点数をとれと教えられています。0点を付ければ、大量の闇を生み出すのです」

久しぶりにノア婦人の出番。
人よりもいい点をとれと人間達は教わっているので、0点を付けて闇を生み出そうという作戦。
こういう点数主義を風刺するような内容は、ライブマンを思い出しますが。
やっぱりあのころから点数主義は変わってないのだな。

それでどっかの講堂に入って探す緑。

緑「はぁ……ここにもいねぇか」

べらんべぇ口調の緑。
不意に、サクラさんに似たコギャル風の学生に目を付ける。

緑「あの、イガワサクラさんですか?」
サクラ「はい、サクラですよ。どっかであったっけ」
緑「おれ、ヒカリです。」
サクラ「ああ、こないだの合コン? ごめーん、私酔っ払っちゃって記憶ないんだ」

昴ヶ浜のことを聞いても、知ってるようなふりをして緑を勘違いさせる。
そこにやってくるマンネンヒツ。
男子生徒の髪型に0点つけてアラタみたいな髪型にしたあと、サクラさんに目を付ける。

マンネンヒツ「あなたには大した夢も希望も無さそうだ。あなたの将来は――」

他の学生と違って、人生そのものを批判されるサクラさん。痛烈(笑)
そこに他の色達が駆けつけてくるけど、インク切れで突如休校にして逃げるマンネンヒツ。逃げ方がかっこいい。

それでCM明け。
ずっとスマホをいじり続けてるサクラさん。

赤「なあ、サクラ先生って、あんなタイプだっけ?」

釈然としないながらも、サクラ先生に100点をもらった当時のことを思い出して、和む一同。
緑は、サクラ先生が自分の夢を語っていたことも思い出す。

サクラ「正直を言うとね、ここに来るまで私、ちゃんとした夢持ってなかったかも知れない。でも君たちと会って、大切な夢を持てたんだ。だから私も100点」

サクラさんは昴ヶ浜をスマホで検索してるけど、見つからない。
覚えてなかったんだと、凹む一同。

一方マンネンヒツは、100点を付けたクローズをインクに変えてインクを補給。
なんだこのえぐい怪人……!?
それで再び町を遅い始めたので、救助要請をする車掌。

関根「すいませ~ん。すぐに倒して、駅をもとにもどしてくださ~い」

これってHOTELの高嶋政伸さんのマネでいいんだっけか。
なかなか思い出せなくてどうしようかと思った。中途半端に古いっつの!(笑)
それでみんな現場に駆けつけようとするけど、緑だけはサクラさんの態度が納得いかないようで立ちすくむ。

黄色「無理に思い出させようとしても、サクラ先生を苦しめるだけだよ」

緑以外の四人がマンネンヒツの所に駆けつけるけど、ことごとくが0点つけられて凹んでしまいます。
なんか、かつてないほどの強敵。

一方、緑とサクラさん。

サクラさん「ねえ、なんで私のこと先生って呼んだの?」
緑「え、だって……」
サクラさん「将来なりたいものとか、夢とか、前はあったはずなのに。今は何もなくて」

緑は、昴ヶ浜のことは忘れてもいいけど、夢だけは忘れてはいけない、そしたら100点あげるから、とサクラさんを励ます。
サクラさんも、なんか感じ入ったことがあるようで、立ちすくむ。

2度目のCMのあと、戦い。
いきなり0点を付けられる赤。しかし、効かない。
子供の頃からしょっちゅう0点取ってたので、もうどうでもいい様子。すっかり負け癖がついている。

赤「今日はハイパー0号でいくぜぇ」

しかしマイナス100点をつけられて、さすがに凹む赤。なんだこの茶番劇(笑)
そこにやって来た緑が、いきなり猛攻撃。
0点を付けさせることもなく、5連結ショットでマンネンヒツを始末。緑強ぇ。

マンネンヒツ巨大化。
そこのようやく橙がやって来て、ロボット戦を引き受けることに。
橙のことすっかり忘れていた。

しかしマンネンヒツが意外と強く、闇を吸収して巨大化。
結局橙だけでは手に負えず、合体して特急レインボーに。
かっこいい歌とともに、あっさりと撃破。

緑「これでも俺0点か?」
マンネンヒツ「100点です~」

毎回あのかっこいい歌流れるんだな。イノセントプリフィケーションかと。

戦闘後。
夢を思い出して、元の真面目な姿に戻るサクラ先生。
途中まで他人のそら似ってオチかと思って見てたけど、結局本物だった。
最初見たときは気がつかなかったけど、「学校に来るまで夢がなかった」って会話が伏線になってたんだな。
だから昴ヶ浜の記憶がなくなったことで、夢がないままコギャルになってしまったと。
元々コギャルで、教育実習の時だけ真面目ぶってたのかも知れないけど。
なかなか凝った展開だけど、ちびっ子はついて行けるのか?(笑)

それで緑がサクラさんを見守りながら帰って行く所で、終了。
結局橙の約束の件は、まったく語られなかったぜ。

次に烈車紹介。

車掌「今日は僕の船を紹介……」
チケット「みんなの烈車コーナー!」

京阪電車の「3000形コンフォート・サルーン」ってなんか名前がかっこいいな。
「もは2100形」は超低床式で、電車の床がとても低いらしい。
ほんと色んな種類があるな。

それで次回。

「明がシュヴァルツと交わした約束があきらかに!」

ようやく橙の約束があきらかになるらしい。明だけに(あ?)
とはいえ、次回は青の回の様子。
優柔不断だと黄色に怒られて、なにかを決断しなければ行けなくなるらしい。
橙とトッキュウジャー、どっちをとるかとかそんな展開だろうか。うむ。

« 「ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ」を、七年ぶりの映画館で見る。 | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第40話 “そこにある幸せ! プリキュアの休日!” »

烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

駅の名前は百点とかけてるんじゃないですかね
平牧くんかっこいいのはいいけど、いつもなんであんなにドーランが濃いのが地味に気になる

今週のニチアサ録画できなかった問題が発生してるみたいですね
なんでも前の日ぐらいから急にテニスを差し込むからもしかしたら休止にあるとかばたばたしてたみたいですが、11時からになったもののプログラムがちゃんとなってなくてレコーダーが反応しなかった人が多数いるみたいでまとめサイトみたいなのもできてましたわよ
私のは時間でやってるから関係ないけど

あぁ、100点とかけてたんですか! まったく気づきませんでした。
ドーラン濃いのはなんででしょうね……肌がくすんでるんでしょうか(おい)

ニチアサ、そんな大変なことになってたんですか。
まとめサイト見てみたら、ほんと阿鼻叫喚なことになってますね。
うちはパソコンで録画してますが、問題なく録画できてましたが。
テレ朝は以前55時間テレビやったときにも、レギュラー放送の番組名が変わっちゃってレコーダーが反応しないって事件起こしてましたね。
色々罪作りですねぇ……。

金曜日の11時とかぐらいにツイッターでテレ朝公式サイトでそう書かれてるよーみたいなのがRTで回ってて、夜中ぐらいに11時になったと短時間でころころ変わったので知らなかった人が多いのも原因の一つかもしれませんね

いつも東映公式しかみてなくて、テレ朝サイト初めて見たんですけど、キャストブログみてみたら長濱さんだけ全部ひらがなで書いてあったので思わず感心してしまいました

いろいろ混乱してたみたいですね。
テニスでニチアサ潰れるかも知れない自体になってたとか。
全然知らなかったので、のんきにしてましたが(笑)

ほんとだ。長濱さんだけ全部ひらがなですね。
子供が読むこと想定して書いてるってすごいですね。
ちゃんと虹野明のキャラで書いてる所もおもしろいですね。
こういうのみると好感度上がりますねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烈車戦隊トッキュウジャー 第36駅 “夢は100点”:

» 今日のトッキュウジャーストーリー 第36駅 [地下室で手記]
「夢は100点」 明はあれから全く顔を出さなくなり1人で勝手に走り回っているとの事。 シュバルツとの約束に絡んでいるというのは、みんなは知らない事のようですね。 珀天大学前に烈車が到着、ヒカリは1人の女性を思いだして烈車を飛びだします。 昴ヶ浜はシャドータウンになったが、覚えている人はいる。 それが、ここにはいるとヒカリは確信していました、それは教育実習にやって...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第36駅 感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(分家)]
烈車戦隊トッキュウジャー第36駅 「夢は100点」今回はヒカリの主役回ドリルレッシャーを取り戻してからひたすら烈車で走り回って何かを探している様子の明これはシュバルツ将軍が出した条件が関係してるのかな?ヒカリ達が降りた駅は珀天大学前駅昴ヶ浜の小学校に教育実習でやって来た事がある井川さくらという女性が通っている大学彼女に話を聞けば何か手がかりが掴めるかもと思い捜索開始。...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第36駅「夢は100点」 [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーの第36話を見ました。 第36駅 夢は100点 「明の奴、ここんとこちっとも顔出さないよな」 「うん、ドリルレッシャー取り戻してから何か変だよね」 「いつも変だけど激しく変!」 ドリルレッシャーを取り戻してから、明の様子がおかしくなる中、烈車は大学に直結した駅に到着する。 「昴が浜はシャドータウンになった。だけど、昴が浜のことを知っている人...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第36駅 [レベル999のgoo部屋]
「夢は100点」 内容 ドリルレッシャーを取り戻してから、様子のおかしい明(長濱慎) 何かを探しているようだが。。。 そんななか、ライト(志尊淳)たちは、大学直結の駅に到着する。 珀天大学という名前を聞いたヒカリ(横浜流星)は、 昴ヶ浜にやってきた教育実...... [続きを読む]

» [スーパーヒーロータイム][ヲタ話]大泉学園町に、大泉学園なんて学校はないんやで(ダカラナンダ) [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 元々は、学園都市として売り出す予定だったんだけど、大学の誘致に失敗して名前だけ残ったそうな。でも後に、地名を冠した小中高校は設立されたとか。 まあ、今は結構閑静な高級住宅街として知られてるらしいけど、一生住む事ないから、別にどうでもいいや(オイ)。 さ... [続きを読む]

« 「ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ」を、七年ぶりの映画館で見る。 | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第40話 “そこにある幸せ! プリキュアの休日!” »