2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« おまえの罪は、俺の罪! | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第39話 “いおな大ショック!キュアテンダーの旅立ち!” »

2014年11月 9日 (日)

烈車戦隊トッキュウジャー 第35話 “奪われたターミナル”

こんばんは。
今日は日曜日なので久しぶりのトッキュウジャーを見ましたっっ!!
本当に久しぶりな気がしてならない。
前回なにやってたかすっかり忘れてしまったのでちょっと見直してみたら、尻を突き合っていた。
そうだ、表参道くんの濃厚な回だったのだ。あの人また出ないかな。

ともかく今週は、ターミナルが乗っ取られてしまったので、それを取り返す話。
13両の烈車が全部そろい、全合体のトッキュウレインボーも登場。
この前テイオーが出たばっかりなのに、年末商戦に向けて新型が出まくってます。
レインボーの合体方法が「収納」するだけという、なかなか斬新なことになってましたが。
立った、だけ? とか敵にも突っ込まれてたし、面白かった。

そんな冒頭。

陛下「いつまで経ってもなじまねぇな、てめぇのきらきらは」

グリッタ嬢のきらきらにだんだんといらついてきているゼットさん。
いいかんじに闇があふれかえっているので、これを機に一気にターミナルを総攻撃をすることに。
やたらと行き当たりばったりな作戦ですが、見事に功を奏してターミナルの乗っ取りは成功。
総帥の首が千切れたりして大変なことになってます。
それにしてもターミナルって本拠地のわりに無防備だな。うさぎ以外に誰もいないのかと(笑)

CM隔てて本編。
すっかり乗っ取られたターミナル。ゼットさんの深く美しい闇によって、トッキュウジャーは近づくこともできず。
せっかく乗っ取ったのに、ゼットさんはちっともうれしそうじゃありません。

ゼットさん「俺のものにならねぇきらきらなら、消す」

今度はグリッタ嬢にゼットさんがむしばまれていますな。
グリッタ嬢、飲み込まれてから変に貫禄が出て来た。やっぱりただ者ではない。

シュヴァルツさんは、前に皇帝に斬られた川縁で黄昏れています。
グリッタ嬢の思いがすっかり通じて、敵討ちする決意を決めている。渋い。

一方トッキュウジャー。
住処を無くした総裁は、烈車の中にやってくる。
ドアの前に立った時点で嫌な予感がしましたが、案の定頭が引っかかった(笑)
頭のせいか、想像以上にでかいですな。
なにげに体格もすごいし。関根さんより一回りでかい。中の人いったい何者なんだ。

ピンク「総帥って、うさぎだったんだ」
黄色「ね」

トッキュウジャーの面々は今回が初対面か。
前回は車掌しかあってなかったなそういえば。
なんかみんな普通にうさぎを受け入れてるのがちょっと面白い。

総裁「うさぎではない、総裁だ」
車掌「そうです。うさぎではなくて、ラビット」

おぉ、ついにラビット関根ネタ。行く所まで行くなぁ。
是非とも小堺さんゲストに読んでほしいもんです。

それで総裁が言うことには、烈車を13体そろえて特殊な力を発揮すれば、闇を払うこともできるとのこと。
しかし、現在は12両しかなくて、一両足りない。

橙「ドリルレッシャーか」

ここでシュヴァルツさんが必要になってくるわけですな。
シュヴァルツさんがドリル持っていったのはこういう伏線だったのか。熱い伏線だなぁ。

車掌「でもあれは、元々シャドーラインの烈車ですよ」
総帥「その分パワーが大きい。それに私はドリルが好きだ!」

なんとドリル好きの総帥。
こういう人なら「ドリルは外しておけ」とか無茶言われなくて良さそうだ。理想の上司だ。
そういやマイトガインも鉄道ネタだったな。
ともかく13両そろわないとどうしようもないとのこと。

青「すごいけど……めんどくさい」

青がえらい後ろ向き。めんどくさいとか言ったヒーロー初めて見た気がする(笑)
とはいえ、ターミナルが深い闇に沈むと、レインボーラインの敗北は決定的。
あらゆるラインがシャドーのものになってしまうとのことで、めんどくさいとかは言ってられない。

取り囲む闇にはまだ隙間があって、人間なら入ることができるので、そこから侵入することに。
橙だけは、シュヴァルツさんの反応を見つけたので、一人でそちら側へ。
橙とシュヴァルツさんはすっかりライバル関係になってますな。シャドー時代のザラムの立ち位置が相変わらず気になる。

赤達の前には、ネロ男爵とノア婦人が待ち構えていて、戦い。
名乗りもさせずに、速攻で攻撃してくる二人。その上ノア婦人もやって来て修羅場に。
一方橙は、シュヴァルツさんと問答無用で戦い。
ターミナルの闇の影響なのか、圧倒的強さの三幹部。五人はまったく歯が立たない。

黄色「ねえ、いつもより強い気がするんだけど」
緑「もしかすると、ターミナルの闇の影響かも!」

まあ闇がなくても幹部達は十分強いとは思いますが。

橙もシュヴァルツさんに負けそうになり、雨を使って一時退却。
こっちは闇の影響ではなく、普通に負けてる感じですが。
せっかく逃げたのに、電話がかかってきてすぐにばれる。だから本番中は電源きっとけと。

シュヴァルツ「戦闘中に雑談とは余裕だな」

電話中でも容赦なく襲いかかってくるシュヴァルツさん。
橙も電話しながら戦い。ほんとに余裕だな(笑)
とはいえ、このままでは決着が付く前にトッキュウジャーがやられてしまうので、最後の手段。

橙「頼みがある」

変身を解き、どんな条件でものむからドリルレッシャーを返してくれと、頼み込む。
こういう展開って燃えるなぁ。

CM隔てて、後半戦。
いつの間にか戻ってきた皇帝。赤の胸ぐらを掴む。

皇帝「なあライト、このままてめぇを取り込んだら、てめぇのキラキラはどうなる。馴染むのか、消えるのか」

皇帝の闇があれだけ広がったのは、中にいるグリッタ嬢をどうにかするためなんじゃないのかと、心配するノア婦人。
グリッタ嬢のことになるとすぐ反応するノア婦人がなんかいいな。やっぱり母親としての情もあるんだな。
それで赤が皇帝の闇に取り込まれそうになるけど、グリッタ嬢が中から出て来てライトを弾く!
おぉ、なんかグリッタ嬢素敵。

皇帝「それがてめぇの答えか」

一方橙もドリルレッシャーを取り戻してやってくる。
ドリルと引き替えに出された条件は謎ですが、えらい深刻な顔。
それで全車両がターミナルに特攻して、特別合体。やたらとでかい。

侯爵「立った……」
男爵「だけ?」

名前はトッキュウレインボー。これが最強形態かな。
幹部達のクライナーも合体。主役達と違って合体がCGで雑(笑)
とはいえデザインはやたらかっこいい。ほんとシャドーラインがらみのデザインはいいなぁ。

それで、戦闘。
圧倒的な特急レインボー。
ほとんどダメージ受けることなく、トッキュウレインボーファイナルスラッシュで一蹴。
後ろで流れてる曲がかっこよい。声にやたらドスが利いているし。

歌「な~んてす~ばら~し~い~♪」

「凄まじい」かもしれませんが、よく聞き取れん。ちゃんとフルコーラス聞いてみたい。
ともかく、ほうほうのていで逃げ帰ってきたモルグ侯爵は、激怒。

侯爵「陛下! その不愉快なものをさっさと消して折れば、我らは確実に勝利しておりましたぞ! おわかりか!」

皇帝に容赦なく怒鳴りつけるモルグ侯爵格好良い。
さっさと消して入ればのところで、ノア婦人がちょっとびびってます。

婦人「急がなければ。その気になれば、皇帝はグリッタを消してしまう」

皇帝が消すどころか、皇帝の方がやばそうに見えるんだが(笑)
トッキュウジャーの人達も、グリッタ嬢のことを気にかけてます。

黄色「なんか、かわいそうだった……」

グリッタ嬢、色んな人から思われてるな。ちょっと感動。
ライトも気をつけてよ、と赤も緑から気にかけられてますが。
なんかこれ伏線になりそうですな。いずれライトも取り込まれるんじゃないのか。

そして橙が夕暮れをバックにハーモニカを吹いて終了。
結局条件はわからず終いだったな。
どんなえぐいことを言われたんだろうか。やっぱり「私と一緒に来い」とかかな。

次に烈車紹介。

総帥「あ、みんなの烈車コーナー」

総帥の生首が脇に……おまえはデュラハンかと。
「南アルプスあぷとらいんED90形機関車」は、日本一急な坂道を多上る「アプト式」の鉄道とのこと。
機関車と道路を歯車をかみ合わせて昇るらしい。うむ。
一方、「N2000形うずしお」はカーブでもスピードを落とさない「振子式」とのこと。
アプト式だの振子式だの、烈車コーナーのおかげで電車の豆知識が地味に増えていく。

そして次回。
橙の交換条件の話、かと思ったらまったく関係なかった。
昴ヶ浜のことを聞くために、担任の先生に会いに行く様子。
記憶は取り戻したから、次は関係者か。色々と展開してるなぁ。

緑「サクラ先生に0点なんて付けさせるか!」

よくわからんけどちょっとした感動話になりそうな予感。

最後、終わったあとに特急VS恐竜の映画のCMやってましたが。
だ、だれだあのかりあげくん!!
キングに何があったんだ……。映画見れば明かされるのだろうか(ない)

« おまえの罪は、俺の罪! | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第39話 “いおな大ショック!キュアテンダーの旅立ち!” »

烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

キングが髪の毛短いのはGTOで脳腫瘍だったかな?
その病気になって手術した設定だから髪の毛切ったのですよ
ちなみに今ごめんね青春ってドラマに出てておっぱいおっぱい言ってますわ

最終形態すごいですよねー
最近の戦隊とか必殺武器とかあっても中途半端に使わなくなるからなんだかってカンジしますよねー
東映ユーチューブとかで昔の戦隊見てたりしますがそれはロボット一台で壊れたら困るどきどき感とかあったのに、今そんなのないですからね(;´Д`A

ちなみに今ゴレンジャーやってますけど

キングのひと、役で切ったのですか。
昔ギャバンの人がいきなり丸坊主になってたこともありましたが、それ以来の衝撃でした(笑)

最終形態、なかなか衝撃的な合体でした。
ほんとに今は、新兵器が次々出てほとんど使い捨てみたいになってますからね。
昔みたいに一機を使い続けないから愛着もわきませんし。
もっと緊張感のある戦い見たいですけど、無理でしょうねぇ。

東映ユーチューブ、ゴレンジャー始まったんですね。
行ってみたらポワトリンも始まっててちょっとテンション上がりました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烈車戦隊トッキュウジャー 第35話 “奪われたターミナル”:

» 今日のトッキュウジャー 第35駅 [地下室で手記]
「奪われたターミナル」 闇の皇帝ゼットはグリエッタ嬢を取り込んだのになじまない事に苛立って(グリエッタ嬢を取り込めきれていない事は気付いていたんですね)闇を放出しまくり。 ゼットが闇を出しまくった勢いを利用し、モルク侯爵がターミナルを乗っ取りを率先しハイパーレッシャターミナルをジャック。 さっそく烈車でターミナルに向かいますが、闇に支配されたターミナルに近づく事すら出来ませ...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第35駅 [レベル999のgoo部屋]
「奪われたターミナル」 内容 突如、クライナーの大軍が現れ、ハイパーレッシャターミナルが乗っ取られた。 ライト(志尊淳)らが駆けつけるが、闇の強さに近づくことすら出来ず そんななかトッキュウジャーの烈車に総裁が現れる。 トッキュウレッシャー13両が揃って...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第35駅「奪われたターミナル」 [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーの第35話を見ました。 第35駅 奪われたターミナル 「ターミナルが乗っ取られたらしいな」 「うん。突然で状況でよく分からないんだけど」 「兎に角急ぐ!」 ハイパーレッシャターミナルがシャドーラインに乗っ取られてしまい、ライト達はターミナルに急行するが、闇に支配されたターミナルには近づくことすらできずにいた。 そんな中、ターミナルの新しい力...... [続きを読む]

« おまえの罪は、俺の罪! | トップページ | ハピネスチャージプリキュア! 第39話 “いおな大ショック!キュアテンダーの旅立ち!” »