2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« ゴキブリ漫画の話 | トップページ | ハピネスチャージプリキュアの35話をみる »

2014年10月 5日 (日)

第31話 ハイパーレッシャターミナル

こんばんは。
今日は日曜日なので、トッキュウジャーを見ました。
というか今日は朝だけじゃなくて、夜もトッキュウジャーが戦ってましたな。
芸能人もしもアワードとかいうやつで、Gロッソ使ってどっきりやっていた。
やたら気合いの入ったどっきりで面白かったですが。
Gロッソのアクションってすごいんだな。
高いところから飛び降りたり、あんなことやってるんだ。なんかちょっと見たくなってきた。

それはともかく、トッキュウジャーですが。
今週は、ハイパーレッシャターミナルに到着して、ゼットさん達も総攻撃してくると言う話。
敵味方入り乱れてひたすら戦いでしたな。すこぶる熱い回だった。
そして総裁が想像以上にイケメンでびっくりした。

そんな冒頭
野球少年がマラソンをしていると、突然町の中にでかい何かがそそり立つ。
あれがターミナルだったのかな?

ワゴン「もっと激しく」

ワゴンさんと青が激しく腕立て伏せ。相変わらずアダルトなロボットだなこの人。
赤や女性陣が何か食ってたり、緑が「緑の密室」なる小説を読んでいたり、みんなくつろいでいる。
「緑の密室」って、なんか熱いタイトルですが。
ググってみたら推理作家の依井貴裕という方がそういう短編書いてるな。たまたまだと思うけど。

そうこうしているうちに、レッシャは路線変更。
浦越市駅から「ハイパーレッシャターミナル」に到着。
そこは滅多に止まることのない、超巨大駅だそうです。
なんかこういうターミナルってテンション上がるな。

それで本編。
ハイパーレッシャターミナルは、最大にして最重要の駅で、だから滅多に出てこないとのこと。
滅多に出てこないって、幻にでもなって異次元漂ってるのか?
総裁からお呼びがかかる一同。

赤「あのおかずの!」
チケット「ヴァカですかぁ! 惣菜じゃなくて総裁です!」

キレるチケット君。赤の鼻をかむなんて、相当怒ってる。
それでレッシャの掃除をするので、退避しろとのご指示。
レッシャにこびりついた闇を落とす作業なので、結構大変だそうです。

ワゴン「ターミナルの中には、レストランもあるし、図書室とか映画館とか図書室もあるし、いろいろウフーンな感じだから退屈しないと思うわよ」

うふーんな感じのお店……。
それで一同と別れてエステに行こうとしたところ、トッキュウジャーの面々が一瞬子供に見えて首を傾げるワゴンさん。
今回結局子供の件投げっぱなしだったけど、来週かな。
闇の力が溜まりすぎて子供返りでもしてるんでしょうか。実は彼らは子供だったとかだったら熱いけど。

一方、シャドーライン。
ターミナルが出たことに、一同驚いています。
ネロ男爵は、奴らにとってはキャッスルターミナルと同等の存在なので、そんな簡単に出てくるのかと疑ってますが。
というかこの人達って、ターミナルの中にすんでたのか。線路のあるお城ってなんかロマンだな。

モルク侯爵「簡単? わらわが常に神経を研ぎ澄ませ、油断しなかったからこそわかったこと。簡単と?」

簡単とか言われて怒るモルク侯爵。結構この人がんばってるんだな。
このチャンスを逃してはならないと、ネロ男爵がターミナルからトッキュウジャーを引き離し、留守を狙う作戦を執行することに。
ゼットさんも行こうとするけど、モルク侯爵に押し倒される。朝から過激です。

モルク侯爵「これは失礼」

「グリッタ……」とゼットさんを意味深に眺めるノア婦人。
まだ皇帝は完全に飲み込めてはいないとのこと。

ノア婦人「皇帝に隙さえあれば、奪いかえせる。必ず」

ノア婦人がんばれ。
一方、皇帝が城を出たのを見計らい、ドリルクライナーで出撃するシュヴァルツさん。
陰謀渦巻いてる感じが熱いな。

それでターミナル。
ついに登場する総裁。
その顔は、なんとうさぎ!
なんかグインサーガに出て来そうですが。
総裁、手に懐中電灯持ってるし、某不思議の国が元ネタだとは思いますが。
まさかラビット関根にかけてるわけじゃないよな……!

チケット君といい、レインボーラインはシャドーライン以上に謎が多いな。クッキンアイドルまでいるし。

チケット「あの~頭ずれてますよ?」
ラビット「何のことだ」

それで総裁。
トッキュウジャーは闇に触れている瞬間が長すぎた上に、彼ら自身も変わり始めていると憂慮。
総裁かっけぇなぁ。

その頃、浦越市ではイスから立てなくなっている人が続出。

敵「秘技、ちゃぶ台返しぃ!」

現れた怪人の手によって、浦越市駅も裏返市駅に。
トッキュウジャーは駆けつけようとするけど、電車が使えないのでバスで振り替え輸送してもらって一同裏返市へ。
バスにゆられて向かっている様が、なんかシュールだった。

キャンデリラ様の熱いCMを隔てて、Bパート。
ちゃぶ台返しされまくる裏返市の人々。
そんな非道を繰り返すのは、テーブルシャドーにチェアシャドー。
闇を作るのはいまひとつだけど、騒ぎを起こすにはちょうどいい男達。
兄貴! とか言ってるけど、本当の兄弟かどうかは謎。
しかしチェアシャドーは今回敗れたけど、公式サイトに載ってないな。来週一緒に載るんだろうか。

そこにやってくるトッキュウジャー。

ネロ男爵「なぜバスに?」

カメラ目線で語るネロ男爵。

兄弟「我ら、スライディングセットブラザーズぅ!」

怪人に詳しい橙も見たことがない奴ららしい。
そして戦闘。
いきなり兄貴のちゃぶ台返しで、貴重なバスがぶっ壊される。

ピンク「ちゃぶ台って、なに?」

ピンクちゃぶ台しらんのか……。まあ、今時使わないか。
ラジカセしらない中学生だっているしな。

橙「バスよ……おまえの死に場所は、ここだったか」

バスの亡骸に涙する橙。熱い男だ。
それでゼットさん達が、兄弟が揺動している間にターミナルへ入り込もうとしたところ、シュヴァルツさんが現れる。

モルク侯爵「シュヴァルツ! 裏切り者がなんのまねだぁ!」
シュヴァルツさん「語る必要なし!」

それでモルク侯爵が戦い。
シュヴァルツさんと互角に戦うって、モルク侯爵意外と強い。
今は手出しさせるわけにはいかないと、ノア婦人も侯爵に加勢。

ゼットさん「めんどくせぇな、てめぇら」

強力な闇を放つゼットさん。
逃げ遅れた少女を、駆けつけた赤が身を呈して守る。
闇を浴びすぎたって言ってるそばから……。

赤「最初にあったときもそうだったよな。きらきらが好きで、手に入れようとしてて。あれを知ってるから、俺、おまえを倒そうって、ちゃんと思えてなかったのかも」

でも人から奪ったり誰かを傷つけるのも絶体違うと、赤が「絶体に許せない」と倒す決意。

ゼットさん「てめぇいつらつまんねぇ説教をするようになった」

それでゼットさんと戦闘始めるけど、私の獲物に手を出すなとシュヴァルツさんも攻撃してくる。
他の人達も入り乱れて、乱戦状態。そのままCMへ。

そしてCパート。
他の色達も、兄弟と戦っている。
みんな無理矢理イスに座らされて、身動きが取れなくなり、ちゃぶ台返しで吹き飛ばされる。
こいつら強ぇ。。。

黄色「こんなバカバカしいのに強いなんて」

一方ゼットさん。
なんかキレて、敵味方かまわず攻撃しまくり。
赤はゴールドクロスをまとい、ゼットさんと一騎打ち。
その隙を見てシュヴァルツさんがゼットさんに攻撃しようとするけど、そこにグリッタ嬢の幻影が現れて、動きが止まる。
その隙に、ちょっと苦しんで去って行くゼットさん。

シュヴァルツさん「まさか……」
ノア婦人「おわかりになったようですわね。そういうことですから、手出しは無用です」

グリッタ嬢……とシュヴァルツさんも去って行く。入り乱れてるなぁ。

一方兄弟は、道ばたにこたつを見つける。
ひっくり返したい衝動に駆られるテーブル。イスが止めるのも聞かずに、ひっくり返してしまう。
その中には、トッキュウジャーが潜んでいて、隙を突いて攻撃。
テーブルは、イスを盾にして防御。ひでぇ。

弟分「兄貴……そんなぁ」

その怒りはトッキュウジャーにぶつけろ! と言われて素直に聞くイス。いいやつだな。
それでロボット戦。
電気イスになってちょっとトッキュウジャーを苦しめるイス。
超トッキュウオーになって、耐荷重オーバーで倒れるイス。なんという知能戦。
それでスーパーフィニッシュで止め。

赤「みんな、これからもがんばって、シャドーライン倒そうな」

赤が改めて戦う決意をしたところで、衝撃的な報告。

関根「トッキュウジャーは、今日で、解散です!」
一同「えぇ!」

みんな驚いたところで、終了!
うぅむ、敵も味方も目の離せない展開似なってきておる。

それで総裁自らがレッシャ紹介。
「8000系がくちゃんかぐや富士」って名前がかっこいい。
それで次回。

「決意」

えらいいシンプルなタイトル。
なんかマギのタイトルみたいだ。

それでみんなの真実が明らかになって、ハイパーレッシャ大王なるものが登場する様子。
ロボットまでゴールドクロス着るのか。これは見栄えしそうな気がする。
最近急展開で実に面白いな。うむ。

« ゴキブリ漫画の話 | トップページ | ハピネスチャージプリキュアの35話をみる »

烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

うさぎは首出てるけど演じる役者さんが出てくるんですかね

ちなみに一番最初にちゃぶ台返しされた家族連れの女性は3号の五味さんですな
ドッキリ私も途中からですがみましたよ
五味さんは今まで、ショー中心に活動されてた方ですね基本はショーか、テレビに移動すること多いみたいですね
逆の方もいるみたいですけどね

来週シリアスですが、その次はよくわからない設定だからどう決着つけるんですかね

うさぎどうでしょうね。
なんかチケット君と共に、最後まで秘密明かされないまま終わってしまいそうな気もします。

あのひと3号のスーツアクターの人だったのですか。言われないと気づかないな(笑)
どっきり、たまたまテレビ入れたらトッキュウジャーが出てたのでびっくりしました。
Gロッソのアクションってすごいですねぇ。テレビより迫力ありそうです。

次回から急展開っぽいですね。
そろそろ記憶の全貌も明らかになって、新展開になるかもしれませんねぇ。
個人的には総裁が今後も継続して出続けるのかが気になりますが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第31話 ハイパーレッシャターミナル:

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第31駅 感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(分家)]
烈車戦隊トッキュウジャー第31駅 「ハイパーレッシャターミナル」シャドーとの戦いで烈車にこびり付いた闇を清掃する為レインボーラインの最重要駅・ハイパーレッシャターミナルに停車電王のキングライナー的なやつかな?レインボーラインの総裁に呼び出された車掌そこにいた総裁は・・・ウサギ?ウサギ(総裁)と関根さん(車掌)・・・コンビ名はラビット関根でテーブルシャドーとチェアシャド...... [続きを読む]

» 今日のトッキュウジャー 第31駅 [地下室で手記]
「ハイパーレッシャターミナル」 トカッチがワゴンさんに足を抑えてもらって腹筋をしていると、浦越市駅に到着予定がハイパーレッシャターミナルに変更。 ワゴンさん曰く、ハイパーレッシャターミナルはめったに停まらないというか停まれないとの事。 ハイパーレッシャターミナルにはサポート烈車も全て集まってきます。 ハイパーレッシャターミナルは最重要拠点という事ですが、詳しい事を話す...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 〜第31駅「ハイパーレッシャターミナル」 [Happy☆Lucky]
〜第31駅「ハイパーレッシャターミナル」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第31駅「ハイパーレッシャターミナル」 [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーの第31話を見ました。 第31駅 ハイパーレッシャターミナル 烈車はレインボーライン最大にして最重要駅“ハイパーレッシャターミナル”に停車すると、烈車の清掃の間にライト達は腹ごしらえをすることにする。 一方、ハイパーレッシャターミナルの存在を知った闇の皇帝ゼットは自ら出向くことにするのだが、そのゼットを狙い、シュバルツ将軍もそこに向かう。 ...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第31駅 [レベル999のgoo部屋]
「ハイパーレッシャターミナル」 内容 ハイパーレッシャターミナルに到着したヒカリ(志尊淳)たち。 サポート烈車も到着していた。 車掌(関根勤)によると、レインボーライン最大で最重要の駅だという。 そこには“総裁”がいるということ。 早速、総裁に呼び出される車...... [続きを読む]

« ゴキブリ漫画の話 | トップページ | ハピネスチャージプリキュアの35話をみる »