2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

ハピネスチャージプリキュアの34話をみる

こんばんは。
今日はハピネスチャージのプリキュアを見たです!!
今回からOPが映画仕様になりましたな。
ほとんどの見せ場をさらしてしまうので、実際に映画見たとき既視感だらけになってしまうという実にサービス満点な映画仕様。
あと映画のCMも気合い入っていて、「さっきの」とか作中のヒメの妄想とつながっていたり面白かった。

映画、本編でヒメが妄想した王子様が実際に出てきたり、その王子様の人形があったり、なんか意味深な感じでしたが。
実はあの人形の国は、全てヒメの想像で作り上げられた実在しない世界だった……とかだったら熱いんだけどな。
そんな展開だと、すごくさびしい終わり方になりかねませんが。マザーのあの国みたいに。
あとふなっしーも出るみたいですな。中にマナさんが入ってると思って見ようと思う。

それで今週のお言葉はキュアホワイトさんでした。
黒で始まって白で締めるとは、なかなか粋な展開ですな。
ホワイトさん構えがかっこいいんだよな。
背筋伸ばして手を手刀みたいにしてるあの構え、なんかすごく好きです。NS3で構えたときの凛々しいこと。
本編は見たことないのですが、ドコモのdビデオでいつでも見られるので、5とGOGO見終わったら見ようと思っている。

ともかくこれで、ありがたいお言葉も全部終了!
ABCの予告も3Dモデルの予告になってしまったので、もう来週からはなにもなさそうです……。
エコーさん安定のハブられっぷりですが、枠まだたくさん空いてるんだから入れてあげればいいのにのぅ。
ここまでハブられると、来年のオールスターも心配になってきます。

それでハピネスチャージ。
今週は、ヒメが生徒会長と出会って、色々手伝いをする話。

しかしちょっとびっくりしたんですが、メグミ達って3年生だったんですね。
前にテストが出たときも3年って書いてあっておかしいなぁとは思っていたんですが、今回はもうハッキリクラスが3-2だった。
プリキュアは一部の先輩を覗いてみんな二年生だと思ってたのですが、ハピネスの人達は一学年上なんだな。。。
なんか妙にショックだ。
三年生だと、進路だの受験だのといろいろ現実的なことが出てきて、ちょっと嫌なんだよなぁ。
プリキュアでそんな話はないと思うけど、どうも意識してしまう。
メグミは大丈夫なのかとか(笑)

それでそのメグミ。
今回久しぶりにジャージ姿がみられてうれしかったですが。
他の人達は制服でやってるのに一人だけジャージ着用って、えらい気合いの入りようです。
男子に混じってゲート作ってたり、なんかメグミは肉体労働が似合いますな。
その割にはニッパー知らなかったけど。針金切ったりみたいな作業はやったことないのだろうか。

一方、今週のヒメ。
なんかもう今回はヒメが生き生きしていて実に楽しかった。ヒメのキャラ好きだなぁ。
今回もまた恋愛でイノセントが発動するのかと思ってたけど、意外とその当たりは淡泊でしたな。
まあ恋愛話ばっかりやってもしょうがないしな。

ヒメ「イオナ! なにかやることなぁい? ネギ刻んだりとか、紅ショウガ刻んだりとか」

冒頭からネギを切り刻んでたり、ヒメは何かを切り刻むのが得意なようです。熱い。
材木をまったく持ち上げられなかったり、非力なところも熱かったですが。
プリキュア活動で鍛えられてるもんかと思ってたけど、日常にはあまり影響しないんだな。

しかし大分精神的には成長しているようで。
クラスの人達ともすっかり仲良くなってたり、学校を歩き回って積極的に手伝いをしようとしてたり。
初対面の生徒会長とも簡単に打ち解けていたし、もう完全に人見知りは克服されている様子ですな。

ヒメ「でも、文化祭の時くらいはみんなに一目置かれたり、ちやほやされたりしたいジャン!」

この辺のジコチューなところは変わってなくて、逆にちょっとうれしかった。

それですっかりハイテクに染まったイオナさんに、あんまり当たったためしのない占いをしてもらってましたが。
占いの結果は大吉。ここで大凶が出たら熱かったんだが。。。

しかしヒマヒマ成人でやることがなく、大吉なんて嘘っぱちだとキレるヒメ。
ゆうゆうと一緒にネギとか刻んでればいいんじゃないかという気もしますが、そうこうしているうちに生徒会長と遭遇。
一緒にポスター貼りをすることに。

生徒会長、すごくいい人でしたな。
一人さまよっているヒメのことをしっかりと気遣ってくれたりして、なんと気遣いの行き届いた方といいますか。
予告だとごく平凡なメガネにしか見えませんでしたが、あの精神的なイケメンっぷりは、王子先輩と肩を並べる。
トレーズ様ばりに学校の生徒全員の名前覚えていたし、普段からあんな風に校舎の中を見回って、生徒達のことをさりげなくフォローしているんだろうな。
マナさんとはまた違ったベクトルで超人。

それでポスター貼りが終わった後は、ヒメのセンスを生かしてゲートの塗装。
塗装前のゲートのいまいちっぷりには笑いましたが。
ペンキは用意してあるのに、まったく塗装しないで組み立てちゃってるし、突っ込みどころだらけで面白かった。

ゆうゆう「キャンディーみたいに美味しそ~」

ゆうゆうはぶれない。
出番は少ないのに、相変わらず爪痕だけは残してます。

それでCM隔てて文化祭当日。

ゆうゆう「さあ、なんでもつくるよ~」

ゆうゆうがせっかく気合い入れてるのに、ぴかり茶房にはあまり客が来ない様子。
原因はこれ↓のような気がする。

140928mp4_000929668_r_2

隣の3-1もたこ焼きやっている。
しかもこんな気合いの入ったゆるキャラまで作られたら、そりゃ勝ち目はない(笑)
ふなっしーつれてこい!!!

それでヒメが呼び込みしてるところで、また生徒会長と遭遇。
ヒメが作ったゲートを生徒会長ほめていましたが、

ヒメ「ちがうよ! あのゲートは仲間達みんなで作りました」

言葉では一目置かれたいとか言ってたけど、実際に一目置かれてみるとしっかりみんなをたてるあたり、意外と謙虚ですね。この辺も成長のたまものだろうか。
そして現れる、働き者。

ナマケルダ「文化祭。体育祭。音楽祭。全部まとめてめんどくさーい」

「微分積分やな気分」とか、ナマケルダさん韻を踏むのが好きですな。

それで生徒会長がサイアークにされて、「学園祭をめちゃくちゃにするなんて許さない!」とヒメが一人で戦い。
怒ってるのはあくまでも学園祭がめちゃくちゃにされた件であって、生徒会長についてはスルーだったのがちょっと違和感あったな。
少しくらいショック受けて欲しかった。。。

ナマケルダ「出会った頃は負けては逃げてばかりのプリキュアでしたのに。一人で戦うとは、ずいぶん変わりましたねぇ」

ナマケルダさんの台詞にちょっと感動。ナマケルダさんもなんだかんだで認めてる様子。
この二人、やっぱりラストバトルあたりでタイマン勝負やったりするのかな。
それで敗れたナマケルダさんが「つよく、なりましたな……ぐはっ!」みたいな展開になったら泣く!

なんだかんだあって、サイアークからみんなで作った門を守るために、立ちはだかるヒメ。

ヒメ「私の持ってる勇気の力は少ないけれど。みんなの笑顔になれば、無限大の力になるの。行くよ!イノセント!」

一瞬声色が変わってちょっと驚いた。シリアスなヒメ格好よい。
それでみんなの思いを守りたいという気持ちから、イノセントが発動。イノセントフォームに。
ナマケルダさん、なんだかんだで二人もイノセント発動させてしまったな。大失態……(笑)

それでヒメが、イノセントフォームで戦闘。
イオナさんの時は速攻で必殺技だったけど、今回は結構戦ってましたな。
やっぱりイノセントフォームだと色々とパワーアップしている様子。

ヒメ「プリンセス! フィンディーウインク!」

必殺技格好良かったけど、相変わらずただの足止め技。惜しいなぁ。。。
ハピネスビックバンでサイアークを浄化した後、衝撃的な事実。

ナマケルダ「そういえば文化祭でビジュアル系バンドなんかやりましたなぁ。今思えば若気の至り」

一体何者なんだこの人! 気になりすぎる。
ナマケルダさんのセリフに全部持ってかれてしまった気がする。毎回謎を深めないでくれ。
やっぱり歌はラップなんだろうか。

戦闘後。
教室に帰ってみると、なぜか大盛況になっているぴかり茶房。ゆるキャラに勝ったか……。
イオナさんがラムネのサービスを商売が成り立たないって断ってたのは笑った。
さすがけちんb(ry

そして次回。
ゆうゆうがイノセントフォームになる回です。
予告が全編おおもりご飯のCMになってた気がしますが。
ABCのサイトによると、大きな屋敷に住んでる気むずかしいおばあさんと色々交流する話みたいですな。
久しぶりにホッシーワさんも出るし。楽しみである。

140928mp4_001729144_r

それにしてもゆうゆうのイノセントフォームが神々しい。後光差してるし。

2014年9月28日 (日)

第30駅 誕生日のお祝いは

こんばんは。
今日は日曜日なので、トッキュウジャーを見たのです。
今回は、黄色の誕生日のためにピンクがケーキ修行したり、みんながひよこを育てたりする話。
ケーキ作りを通して人を思いやる心を学び、ひよこを育てることによって生命の尊さを学ぶ、実に教育上よろしい回でありましたが。
オチがシュールで素敵だった。

しかしあの親切なパティシエさん。
あの人が被害に遭ったりするのかと思ったら、ほんとにケーキを教えるだけだったな。
なんかキャラが立っていた割りにはあんまり話に絡んでこないので、終わってみると微妙に浮いてるような気がしなくもないけどどうでもいいや!

そんな冒頭。
黄色の誕生日祝いをしている夢を見たことで、黄色の誕生日を思い出すピンク。
黄色の誕生日は9月28日みたいですが、9月23日の秋分の日が月曜日なことから、2002年か2013年っぽいですな。
去年あんなに幼いってことはないだろうから、2002年の記憶だろうな。
ロウソク5本しか立ってなかったけど、まさか五歳の頃の誕生日ってことはないよな……。ランドセルあったし。

ともかく夢から覚めて、黄色の誕生日が今日であることを思い出すピンク。
なんかカーテンの掛かったすごいところで寝てましたな。貴族かと。
それえ、ピンクの提案でサプライズパーティをすることに。

緑「ミヨは、自分の誕生日知ってるのかな」
青「まさか、そんな話したことないし」

知ってる知ってないにかかわらず、誕生日の話なんて滅多にしないと思うが(笑)

橙「俺の誕生日……いつだ?」

橙も誕生日わからないらしい。この人は記憶あるはずだが。
そもそもどんな生まれかたしたのかも謎ですが。
それでピンクがケーキ作りに立候補し、パティシエにカワルンルンしたところで歌。

本編。
早速ケーキを作って振る舞うピンク。
しかし評判は悪い。
甘くも辛くもないとか、口の中の水分を軒並み持ってかれるとか、みんな率直に感想言ってます。
さすが幼なじみだけあって、気が置けない。

橙「俺の死に場所はここだ!」

毒(笑)
ピンクも素直に受け入れてるあたり、結構冷静ですな。
これがキテレツ大百科のミヨちゃんだったら激怒してた。
しょうがないので、ケーキ作りを教えてもらいに町へ繰り出すことに。
そこに黄色が帰ってきてサプライズがばれそうになってましたが、黄色がジョギング行ってる間にあれだけのケーキを作ったのか。
味はともかくすごい。

それでどっかのケーキ屋へ行って、無理を言ってお店の人に教えてもらうことに。
patisserie KAZUって店みたいだったから、実際あるのかなーと思ってググってみたけど、見つからないな。
patisserie KOZUならあったけど、ちょっと違うし。
ゴセイジャーに出て来たケーキ屋は実際にあったんだけどな。

パティシエ「こう見えて私も忙しいのよねえ」

普通に忙しそうに見えますが、ともかく早速教わることに。
しかし、そこに襲撃の連絡。

そんな今回の敵は、ウィッグシャドー。
フランスの貴族みたいな髪型をした高貴な男。
腹の青白い顔がちょっと怖い。
頭にひよこ付きのカツラを着けさせて、それを失敗させることで闇を発生させるという、恐ろしく回りくどい作戦を行う。
特に町をシャドーラインにするようなこともせず、町の人達も襲ってなかったけど、やっぱり回りくどいから手が回らなかったのだろうか。

それでこの男が襲撃。
ピンクが来るまで他の色達がピンクががんばるけど、頭に変なウィッグを着けられてしまう。
そのウィッグは二度と外れない上に、ひよこが死ぬとその人も死んでしまうとのこと。
回りくどい。

一回目のCMを隔てて、中盤戦。
それで遅れて反省するピンク。そのおかげで難は逃れた。
ヘルメットをかぶろうとしてかぶれな橙がちょっと面白かったですが。

橙「まあ、仕方ないピヨ」

橙がはなかっぱのピーヨン(はなかっぱより)みたいなしゃべり方に!
こんなの着けて死ぬなんて、と異様に凹む黄色。今日の彼女はやけに後ろ向きだ。

一方、シャドーライン。

ゼットさん「ノア、ちょっと作戦が回りくどすぎやしねえか」

回りくどいなぁ、とか思いながら見てたら、ゼットさんも同じ感想でちょっとうれしかった(笑)
今回はノア婦人の作戦らしい。この人もやっとやる気になった様子。

ノア婦人「ご安心を。作戦というものは、一見回り道だったものが近道だったりします」

たしかに、とネロ男爵が同意してましたが、二人の意見が合うなんてめずらしいな。
一方、ボルグ侯爵は本気で闇を集めてるようには思えないと疑っています。
結局どっちだったんでしょう。

それでトッキュウジャー。
なんだかんだでひよこを楽しそうに世話している一同。
ピンクだけが、緑達に言われてケーキ作りをしに行くことに。
そして変な歌と共に、ピンクがケーキの修行。

師匠「ケーキ作り出一番大切なことって、なんだと思う?」

そう問われて、よくわからないピンク。味よりも大切なものがあるんだと思うと、師匠。
考えてるところで、二度目のCM。

140928ts_001023692_r_2

それにしても超超トッキュウダイオーのデザインすごいな。腕の位置がすごく下に見える。武器もなんか無理矢理くっつけてる感じだし。
こういうわけわからないデザイン嫌いじゃないけども。

そしてcパート。
もうcパート制で固定っぽいな。やだなぁ。。。

ケーキを完成させて列車に向かうピンク。しかしその途中でウィッグシャドーと遭遇。
攻撃されてケーキがぐちゃぐちゃになってしまいます。怒るピンク。

橙「こっちは育児に忙しい。とっとと終わらせる」

しかしひよこちゃんを気にして上手く戦えない。

青「愛しのピヨリーナ二世が!」

青かっこいい名前つけてるけど、いきなり2世なんだな。
これが地味に過去の伏線になってたりして。

戦えない他の色達の代わりに、黄色が一人で戦闘。
結構善戦するけど、やっぱり勝てないピンク。
とどめを刺されそうになったタイミングで、ひよこちゃん達がニワトリに成長。巣立つ。

ひよこ育つの早ぇ……。想像を絶する展開です。
今までひよこを育て上げた人なんて一人もいなかったそうです。
この作戦で何人くらい血祭りに上げてきたのだろうか。

ウィッグ「じゃあ、僕はこの辺で~」
ピンク「まちなさい! 絶体に許さないって!」

プリキュアばりに怒るピンク。
ゴールドクロスを纏うけど、なぜか黄色と一緒になってしまう。
爆笑するウィッグ。
しかしピンクは、大切なのは見かけじゃない、思いやる心だ! と熱弁。
まあケーキについてはそうだけど、鎧については単純に失敗なんじゃないのかと(笑)

ともかく熱いピンクに、黄色もなんだかよくわからないけど賛成。一緒に戦うことに。
ダブルキック! が格好良かった。
二人の体重を片手で支える黄色の豪腕。あれもジョギングのたまものだろうか。

それで5連結の終電車で止め。
今さら気づいたけど、5連結には橙は入ってないんだな。
みんな駆けつけてるのに、一人だけ取り残されてるのがなんかさびしいな。
ロボット戦は、まったく苦戦することなく撃破。

戦闘後。
黄色のサプライズパーティ。
ピンクの気持ちを受け取って感激する黄色。
ケーキをみんなで食べることに。
男が潰れた部分を食べてるところに、そこはかとない思いやりを感じる。
しかしロウソクが四本しか立ってなかったけど、夢より一本減ってるのにはなにか意味があるのだろうか。
もしやゼロ本になったとき、寿命が……(ヲイ

そこでふと気がつくと外にはニワトリが走っている。早っ!
和んでいると、そして相変わらず出番の少ない関根さんから、スペシャルプレゼント。
中身はワゴンさん特製のローストチキン!!

青「いや、このタイミングでチキンはないんじゃないかな」
赤「俺も、さすがに無理」
橙「いちのじょう!」

それで女性陣がそれを眺めながらケーキを食べるところで終了。
素晴らしいオチだった……!!

それで列車紹介。
キハ40系の“指宿のたまて箱”ってなんかすごいな。
車内にスタンプやオモチャがあるらしい。
というか指宿が読めんかった。
ググったら「いぶすき」らしいですが、読めるちびっ子はどれくらいいるのだろうか。

それで次回。
トッキュウジャーの総裁が出てくるらしい。

総裁「トッキュウジャーには重要な問題がある」

レインボーラインで一番大きい駅に到着するとのこと。
シュヴァルツさんやゼットさんも出てくるし、ノア婦人も反撃しそうな感じだし。
熱いことになっているな。えらいたのしみだ。

2014年9月26日 (金)

美少女戦士セーラームーンCrystalの6話をみた

こんばんは。
今日はセーラームーンのクリスタルの6話をみたです。
実際見たのは昨日の寝る前だったりするのですが、なんかエコノミーなのにやけに画質が良かったな。
まったくブロックノイズでなかったし、フルスクリーンでもとても綺麗だった。
あきらかに高画質バージョンでしたが、エコノミーでも綺麗に見られる時ってあるんだ。。。
ニコ動のシステムがいまいち理解できてませんが、まあともかく初めてブロックノイズのないOPが見られた。
ブロックノイズないとやっぱりすっきりしてて素晴らしい。来週以降もこの調子だったらいいんだけど。

あとOPが微妙に変わってましたな。
プリンセス状態のうさぎさんの髪が銀色になってたり。
最後のポーズ決めるところのマーズさんが腰に手を当ててなかったり。
うさぎさんはプリンセス状態になると銀髪になるのか。コウタみたいだな。

それで今週はタキシード仮面が事を荒立てる話。
なんか突っ込みどころがたくさんあって面白い回だったなぁ。。。

セーラー戦士一同がすっかりゲーセンに入り浸るようになってますが。
営業終了後の深夜にたむろってたり、なんか筋金入りの不良になってきた(笑)
あれ勝手に入り込んでるんだろうか。
一応あのバイトの人には断ってるのかも知れませんが、バイトにそんなこと許可する権限があるのかどうかは謎。

というかそれだけならまだしも、ゲーセンの地下に秘密基地まで作っていたな。
ルナ恐るべしですが。
セーラームーンって結構超展開ですな。プリキュアでもここまではやらない(笑)

それで今週のタキシード仮面様。
今回はこの人の回だけあって、色々と新事実が発覚してましたが。
とりあえずこの人、特殊能力とか持ってなかったんですね。
単に仮面かぶってるってだけで、身体的には素の状態だったのか。
だから今までも横から格好良く見てるだけで、直接は支援してくれなかったんだな。
しかし単に変装してるだけとなると、あのセンスは一体どこから来たんだ……!

あと、地場衛さんは偏差値が90もあったという衝撃の事実。
偏差値90の学校って、ほとんど入れる人いないんじゃないか。
アミさんなら入れるかな。IQ300もあるし。
セーラームーンのキャラは数字が色々と思い切っていていいな。

それでこの偏差値90が、今回は大失態をやらかす。
幻の銀水晶を探すために、マスコミに声明文を出して「幻の銀水晶を探すために犯行を続けている」と告白。
ニュース映像の写真がばっちりカメラ目線だったのはちょっと面白かったですが。
一体いつあんな写真撮ったんだ(笑)

あと声明文の内容も、具体的な犯罪予告じゃなくて、単に犯行の説明をしてるだけでしたが。
犯行を続けているって、今までもなんか犯罪行為やってたんでしたっけ?
単にうさぎさんの周りちょろちょろしてるだけで、特に犯罪やってる気配はなかった気がしますが。
端折られてるエピソードでなんかやってるんでしょうか。

ともかく、彼の自己アピールのおかげで世間は幻の銀水晶ブームに。
それにつけ込んでゾイサイトさんが、幻の銀水晶研究家のイゾノ教授に化けてやってくる。
なぜか女装だし。幻の銀水晶研究家ってピンポイント過ぎるし。
なんかほんと今回突っ込みどころが多くて面白い(笑)

それでイゾノ教授が、テレビの電波を使って人々を洗脳。日本国民総出で幻の銀水晶を探させる。
うさぎさんの友達の宝石店とか大変なことになってそうですが。
夜になっても見つかる様子がないので、仕方ないので洗脳した人のエナジー吸うことに。
ゾイサイトさん短気すぎる。たった半日であきらめるなと(笑)

いろいろあって、ゾイサイトさんと戦闘。
結構強いですな、ゾイサイトさん。ムーン以外の三人をまとめてやっつけていた。
その上、クイーンベリル様までやってきてましたが、「滅びるがいい」がえらい格好良かった。

みんなやられそうになったところに立ち直ったムーンさんがやって来て、新必殺技のムーンヒーリングエスカレーションでゾイサイトさんを撃破。
ゾイサイトさんをお姫様だっこして連れて帰ってくれるベリル様の優しさにちょっと感動。
ベリル様を守ったゾイサイトさんも男前でしたし、今回は敵キャラがいい味出してたな。

しかしムーンさん、この前のハイメガ粒子砲に続いてまた必殺技を会得したな。
途中端折ってるからなんだろうけど、次々とパワーアップしていくな。

それで最後にムーンさんを仮面様が回収。
うさぎさんが仮面様の正体にようやく気づいたところで、終了。
正体ばれるの意外と早かったな……と一瞬思ってしまったけど、これもまた端折ってるのか。

それで次回。

Act6「地場衛」

地場ってめずらしい名字ですな。地場産業とかは良く聞くけど。
それで来週も仮面様回。
衛さんは事故で6歳までの記憶が無くて、幻の銀水晶が記憶を取り戻すたった一つの手がかりということ。
しかし6歳までの記憶なんて、私もあんまりないんだが(笑)
そんな幼少期の記憶なんて忘れててもいい気もするけど、なんか重要な記憶があるんでしょうね。
というか親とかはどうしてるんでしょう。
親のことを思い出したいとかだったら、確かに切実かも知れないが。。。

2014年9月24日 (水)

仮面ライダー鎧武の46話をみる

こんばんは。
今日は仮面ライダーの鎧武を見ましたですっ!!
今週と来週見れば終了。
そういえば一年前の今頃は、キョウリュウジャーのダンスで鎧武の方々が色々アピールしてたけど、今年はそういうの無いですな。

それで今回はカイトさんと決着着けて、コウタが変なコスプレする回。
なんかすっかり決着付いちゃって、実質的な最終回なんじゃないかという気もします。
最終回一つ前で決着着けて、最終回で新展開っぽくなるのって、なんかシャンゼリオンみたいですな。
あの番組は、最終回一つ前がものすごい熱い展開で、最後どうなるんだろうと結構まじめに期待してたので、えらい肩すかし食った記憶がある。
今にして思うとあれはあれで悪くはないのですが、当時はちょっと許せなかった。

それで、鎧武。
コウタがインベス連れてどっか違う星に行ってしまうことで、全てが片付いてしまいました。
なんというか、コウタの行動が、地球を救うと言うよりはむしろ、インベスを救ってるように見えてならない。
インベスのお世話は私がしますから、どうぞ地球はお願いしますって感じで。
一方的にインベスを悪と決めつけて消滅させたりするよりは、前向きな収拾のしかたで良かったとは思いますが。
そもそもインベスってなんだったんだと、今さらになって思わなくもない。

ザックは普通に生きてましたな。
コウタもカイトさんもいない世界では、もはや主役みたいになってます。
三ヶ月経ってもまだ松葉杖してるくらい、ものすごい重傷を負ってたみたいですが。
しかし気絶したザックって、あの後どうなってたんだろうな。
カイトさんが病院に連れて行ったとも思えないというか、そもそも医者がいないし。他の人達は自衛隊に連れられて行ってしまったし。
ずっと瀕死の重傷負ったまま放置されてたんだろうか。

しかし、カイトさんとの最終戦。
熱かったけど、もうちょっと戦う場所どうにかならなかったのかな。
普通の街頭で決着つけられても、どうにも迫力不足というか、最終戦って感じがしないというか。
敵の本拠地がない作品だから仕方ないとは思うけど、もうちょっとラスボスっぽい舞台で戦って欲しかった。
というかどうせ街頭で戦うなら、いっそあのダンスステージで戦ったら熱かったんじゃないか。
「俺たちはいつもここで戦ってきたな……」みたいな感じで。

それで今週のカイトさん。
最初はコウタを圧倒してたけど、捨て身のコウタに短刀を腹に刺されて、カイトさん死す。
意外とあっさりだったな。できれば生身になって殴り合うくらいの壮絶な展開になって欲しかったけど。
短刀のひと突きで死ぬとは、オーバーロード・バロンも意外と撃たれ弱かった。
コウタなんてもっとごっつい槍で突き刺されても、自力で回復したのに……(笑)
揚げ足とりはともかく。

カイトさん「おまえは……ほんとに強い!」

自分の弱さも受け入れて前向きに進もうとするコウタのことを、ようやくカイトさんも認めてくれました。
仲間を切り捨てながら進んでいったカイトさんが、仲間を絶体見捨てようとしなかったコウタのことを認めるというのは、何とも感慨深い。

しかしカイトさん死んでしまった……今後の映画どうするんだ。
次回予告に出てたから、円環の理がどうにかなって生き返るのかも知れませんが。
またザックみたいに気を失ってただけとかだったらさすがに笑います。

一方コウタ。
カイトさんをやっつけて、知恵の実を入手して、始まりの男に変身。
なんか格好が……鎧がぎこちなさ過ぎる(笑)
いきなり銀髪になってたんで、一瞬ユウヤが復活したのかと思ってしまった。

それでコウタは世界を終わらせることはせずに、サガラと色々しゃべった後、インベスとかを引き連れて他の星に移住することに。
結局サガラはよくわからないまま終わってしまいましたが。まあ、キュウベェの友達と言うことで。
しかしサガラとの会話の場面。放置されてるカイトさんの死体とか、背後でずっとジーって鳴いてるセミの声とか。
コウタの慣れない格好も相まって、見れば見るほどじわじわ来るものがあるな(笑)

そして三ヶ月後。
沢芽市はすっかり復旧しています。
あのフルーツパーラーには、例のやる気のないバイトも戻ってきた。
あの人も終盤何かやるかとちょっと期待してたんだけど、結局最後までモブだったな。
ドリアン殴ったのが唯一の見せ場だった。

城ノ内くんは、尋ね人の張り紙を眺めて初瀬くん捜し。
自分から裏切った割りには、結構気にしてるんですね。むしろ裏切ったから気になってるのかも知れないけど。
もういい加減に誰か死んだこと教えてやれよ! という気がしますが。
もしかして現在沢芽市にいる面々で、初瀬くんが死んだのを知ってるのって光実くんだけでしょうか。
いまいち誰が知っているのかが把握できてない。

一方光実くんは、すっかりうらぶれた様子で町を徘徊。
この三ヶ月も、光実くんはどうやって生活してたんだろうか。あのでかい実家に今でも住んでるのかな?
ドリアンがいうことには、光実くんは子供だから利用されてたってことで収拾をつけるっぽいですが。
そもそも光実くんが暗躍してたことって、世間ではどれくらい知られてるんだろうか。
意外と誰にも知らないんじゃないかという気もしますが。
レデュエが電波ジャックしたときに、一緒に顔出ししてたら人生終わってたと思いますが。

ドリアン「ある意味で、一番かわいそうなのはあの子自身よ。あの子の罪を理解して、どう償えばいいか理解してあげる人間が、誰もいないって言うのはね……」

というかドリアン、そこまでわかってるならおまえがどうにかしてやれ。
城ノ内くんを無理矢理更生させようとしたときの押しの強さはどこ行ったんだ(笑)
それでドリアンの代わりに、ザックがコウタ達のことを覚えてるのは貴重なんだからと必死に引き留めようとするけど、光実くん聞く耳持たない。

そして貴虎さん
なんと生きていたっ!
海に落っこちた後、かなりの距離を漂流して、沖合の船に救出されたらしい。
貴虎さんすげぇ。何度死線をくぐり抜けてるんだこの人!
それで精神世界でコウタに光実くんをどうにかしてやってくれと説得されて、復活。

光実くん「兄さん……」

貴虎さんが目を開けたときの、光実くんの表情良かった。。。
こっちまでちょっとウルッと来そうになってしまった。さすがファブリーズのCMに抜擢されるだけのことはある。

ともかくこれで光実くんも人殺しにはなりませんでしたな。
ザックも死んでなかったし、カイトさんもたぶん生き返るし、なんだかんだでレギュラーメンバーは誰も人を殺さずにすんだ。
まあカイトさんの戦極さんの件は極めてグレーだけど。トドメはさしてないから! トドメはさしてないから!

それでいきなり次回。
よくわからないライダーが出て来て、それと光実くん達が戦う話のようですが。
なんかカイトさんとかも復活してるし、話がさっぱりわかりません。
ドライブの敵と戦うってわけでもないよな……。

まあとりあえず、コウタ達には戻ってきてもらわないといけない。
戻ってこないと今後の映画が……(シツコイ)

2014年9月22日 (月)

ハピネスチャージプリキュアの33話をみる

こんばんは。
今日はハピネスチャージのプリキュアを見たです!

今回のお言葉はキュアミューズさんでした。
先週リクエストしたクルッと一回転をやってくれてちょっと感動であった。
スタッフこのブログ見てるんだな(ない)
土曜にやってるヤツだと、再来週あたりようやく黒ミューズさんが出てきそうな様子ですが。
あの徹底した正体の隠しっぷりは、ほんとに見事だったな。
正体わかってるのに、最初の頃はセイレーンとしか思えんかった。

しかしありがたいお言葉も、来週のホワイトさんで最後か……。
終わったらなにやるのだろうか。なにもやらないってのもさびしい話ですが。
いっそヒメが黙々と唐揚げ食ってる様子を0.5倍速くらいで延々と流し続けるってのはどうか(は?)

それで、今週のハピネスチャージ。
今回は、まみさんがロケットを飛ばす話。首は飛ばない。
しかしロケット飛ばすと言うからペットボトルかなんかのお手軽ロケットかと思ったら、結構ガチなロケットでびっくりした。
パトリオットが本気で迎撃に飛んでくるレベル。
あんなのを勝手に河原で飛ばしていいのかという気もしますが。
あの世界では四葉財閥あたりが日常的になんかいろいろ宇宙に飛ばしてそうな気もする。

それで今週のメグミ。

メグミ「あぁ~イノセント~あたしも~なりたいな~イノセント~~♪」

一瞬クリスタルキング歌い始めるのかと思ってしまいましたが。
また先週のハピネスビックバンの効果が抜けきっていないのか、冒頭からテンションの高いですな。
大分中毒になってきている様子。

それでイノセントを手に入れるためにまみさんに目を付けて、色々とがんばっていましたが。
結局、イノセントは手に入れられず。
主人公なのに2番目ってなんか中途半端だなぁとは思っていたけど、やっぱり最後になりそうですな。

まあイノセントは手に入れられなかったけど、マミさんのがんばりを見て、人のことばかり考えていたメグミが自分のためにがんばることに目覚めるという、地味に重要な展開なってましたな。映画のアメリを思い出しますが。
これが今後、メグミがイノセントを手に入れる際の伏線になっていくんでしょうな。

あとメグミのポンコツっぷりも色々楽しかった。
せっかく出していた工具を勝手に片付けたり、人の願掛けの白衣を勝手に洗ったり。
しかもメグミ、洗濯に限ってやたら素早く完璧に仕上げてるし(笑)
いくら汚くってもファブリーズかける程度にしとけって、ブドウの人がいってた。

あとメグミってニッパー知らないんだな。マナさんがラジカセ知らなかったとき以来の衝撃。
プラモ作らない女の子なら、知らないまま過ごしていたとしてもおかしくはありませんが。
セイジもプラモ作らない子なのだろうか。
セイジが作ってたら、当然メグミも手伝ったり遊んだりしてそうな気もしますが。

お菓子も作ってましたが、ヒメとゆうゆうの表情が素敵であった。
ゆうゆうは食関係になると、やっぱり積極的ですな。

140921mp4_000697176_r

グルメなゆうゆうも喜んでたし、メグミって意外とお菓子つくるの得意なんですな。
洗濯も上手だし、結構できる子ではないか。
母親の手伝いの関係で、家事全般だけは得意なのだろうか。

一方、今週の敵はオレスキーさん。

オレスキー「この世には、俺様がナンバーワンになるという夢以外、存在してはならん!」

相変わらず前向きな理由で襲ってきますが。
首がゴキッ!ってなったり、イノセント知らなかったり、三段構えがいつの間にか四段になってたり、今週も面白い。
オレスキーさんってこの前戦ったときも河原じゃなかったっけ。河原の好きな人だな。

そんなオレスキーさんを、たった一人で迎え撃つラブリー。
怒りに燃えてチョイアークを怯えさせたり、逃げていくチョイアークの背中に必殺技をたたき込んだり、相変わらずの容赦の無い戦い方が光っていた。
新必殺技が出なかったのはちょっと残念でしたが……。あとたまにはラブリーブラスターやってほしい!

しかしラブリーのがんばりも、オレスキーさんの物量作戦には敵わず。
チョイアークにやられそうになったところに、イオナさんがカメハメハで援護。
イオナさんイノセントフォーム→ハピネスビックバンで止め!
せっかくラブリーがんばってたのに、いいところはみんなイオナさんに持ってかれてしまった。イノセントフォーム恐るべし。

撃退後。ロケットの打ち上げにも無事成功。
一体何のロケットなのかは考えたらいけない。
打ち上げの時のリボンとグラさんの謎の表情がちょっと面白かったですが、あれは人形の変装なんだろうか。かえって怪しまれそうですが(笑)

20140921mp4_001431939_r

それで最後、メグミが自分のためにがんばりたいと気づいたところで終了。
綺麗な終わり方であった。

そして次回。
恒例の文化祭の話。久々のヒメの回。
夏の一連の恋愛話以来、ずっとご無沙汰だったからうれしい。
しかしイノセントフォームのツインテールが、なんか手みたいだな。キュウベェかと。

ABCでの解説によると、ヒメがイケメンの生徒会長と出会ってその手伝いをするみたいですが。
イケメンってのは、あのメガネのことか。
なんかユウヤと違ってあんまりイケメンには見えないけど、イケメンなんだろう。

来週の敵はまたナマケルダさん!
またヒメが生徒会長に気持ちを寄せるのを、やめさせようとしてくるのだろうか。
というか最近ホッシーワさんが全然出てこないけど、夏休みでもとってるんでしょうか。

2014年9月21日 (日)

第29駅 対向車との合流点

こんばんは。
土曜にやってるスイートプリキュアを地味に見続けている今日この頃。
昨日は8話でセイレーンが北条さくらに変身して忍び寄ってくる回だったのですが。
この話はほんとによくできてるなぁ。。。
セイレーンの作戦立案、調査に始まり、響の懐柔、響と奏の喧嘩と友情、セイレーンの心の揺れ動きまで描いて、最後きれいにまとめてる。
これをたった25分にまとめられるって、匠の技としか思えん。
そのしわ寄せで、戦闘が速攻で終わるのはご愛敬ですが。
北条さくらもいいキャラしてるし、この回ほんと好きです。

それはともかく、今日は日曜日なので特急戦隊特急ジャーを見ましたです。
特急ジャーって書くと、速攻で飯が炊ける炊飯ジャーみたいだな。ゆうゆうが喜びそうだ。

それで今回は、シュヴァルツさんが色々と裏切る回。
なんか呂布みたいになってきたなこの人。
敵も味方も裏切って孤立するってなんか熱いものがありますが、この先、第三勢力としてやって行くんだろうか。
最後はグリッタ嬢を助けるか何かして死ぬんだろうけど。
ともかく目的のために手段を選ばない生き様は熱い。

いつもライトのやることは大抵うまくいってたけど、今回は見事に裏目に出てたのも面白かった。
人生そううまくはいかないもんだな。
ライトもめずらしく激怒してましたが、変身状態だったのがちょっと残念。
素顔で怒ってるところが見たかった。

そんな冒頭
クライナーに乗って唸っているシュヴァルツさん。
「何かもう一つ……」ってオレンジのこと回想してたりと、見直してみると、もうこの時点で裏切りの伏線が出ていたことに気づく。
しかしなぜドリルに目を付けたのか。
やっぱり最後はクライナーの先端にドリルくっつけてゼットさんに特攻でもするのだろうか。

ゼットさん「だからドリルは外しておけと……」

一方、ネロ男爵。
彼もようやくやる気になったようで、腹心のボトルシャドーを連れてくる。

ボトル「無駄な物がなにもない純粋なる闇の世界の想像。思い浮かべるたびに胸躍ります」

そんなボルトシャドー。
シャドーラインでその武勲を知らぬものは無いほどの有名な男。
三種類のメガ粒子砲を使いこなす。
公式サイトによると「純度の高い攻撃ビームの発射能力を持つ、瓶系シャドー怪人」らしいですが、瓶系ってなんだ(笑)
というか今さら気づいたけど、鉄柵系とか舞台照明系とか、一人一人係が分けられてるんですな。
毎週読んでたに全然気にしてなかった。

ともかく、先週作戦に失敗したノア婦人は、また編み物をする生活に戻ってます。
一体なに作ってるのか。
なにか企んでいることは確実ですが、編み物でなにをするのかが想像つかん。
タイムふろしきでも作って若返るつもりか。

一方、車掌。

関根「明君から緊急連絡! 現在シャドーラインと交戦中だそうです!」

それで援護に向かって下さいと報告。
今回の関根さんの出番はこれだけ!
最近、ほんとに出番すくないなぁ。さすがにカンコンキンシアターはもう関係ないと思うけど。
まあゴセイジャーの男爵様なんて数話に渡ってまったくでてこなかったときもあったから、それに比べればましですが。

それでみんな出撃したところで歌、CM。
ワールドトリガーなるアニメが始まるみたいですが、なんか面白そうだな。
主役の人がデスノートのニアみたいだ。あんなに駆け回る子じゃなかったけど。
というか、松太郎ってもう終わるんだな。
一応録画してあるけど、まだまったく見ていない。いずれ見ないと……。

それで本編。

橙「まさかのあの腹心のおまえが直々にやってくるとはな。ボトルシャドー」

橙も知ってるんだ。ほんとに有名人なんだな。

ボトル「豊潤な香りと共に迸る情熱の赤!」
ボトル「流れる清水のような透明感を感じる、極上の白!」

ワインのボトルから赤と白のメガ粒子砲を放ち、橙を苦しめるボトルシャドー。
そこに「やらせるわけにはいかぬな」と、シュヴァルツさんがやってくる。

ボトル「まとめて始末して差し上げましょう」
シュヴァルツ「ボトルシャドー、言うようになった!」

シュヴァルツさんも知ってるボトルシャドー。
しかもシュヴァルツさんと互角。ボトルシャドーすげぇ。。。

しかし戦ってる最中に他の色達が駆けつけてきて、横やりを入れる。
ボトルも報告する必要があると言って、帰ってしまいます。
せっかく敵同士がつぶし合ってるんだから、生暖かく見守っとけばよかったのに(笑)

シュヴァルツさんは橙と話をしに来た様子。
ザラムとシュヴァルツさんって以前から知り合いっぽかったけど、一体どういう関係だったでしょう。
ナマケルダさんの恋愛話ばりに気になる。

シュヴァルツ「私はゼットを、皇帝を倒さねばならぬのだ。そのためには泥水をすする覚悟。私には力が必要なのだ」

そのためには力が必要だと、頭を下げるシュヴァルツさん。渋いのぅ。
そんなシュヴァルツさんの停戦協定に、一同は小会議。
みんな怪しがるけど、赤だけは信じてやればいいとのこと。

ヒカリ「またライトのお人好しが始まったか」

それでもみんな納得しないので赤が一人でシュヴァルツさんの所に確かめに行くことに。

一方シャドーライン。
ボトルからシュヴァルツさんの件の報告を聞いてびっくりする一同。
さあライト、どうする。と、ゼットさんうれしそう。
ノア婦人も意外そうでしたが。同じ裏切り者が出て来て、何か行動するかな。

それでCM。
Gロッソに素顔の戦士が来るみたいだけど、橙の姿がなかったな。不参加??
今日から抽選らしい。

CM明け。
一緒に食事をする赤とシュヴァルツさん。
朝食のメニューっぽかったですが、やっぱり時間は7時41分くらいなんだろうか。
食事をしながら、どうしてゼットを倒さなければならないのか聞く赤。

シュヴァルツさん「それは敵討ちだ」
黄色(もしかして、グリッタ?)

そのためにはプライドを捨てて、トッキュウジャーの軍門に降ってでも必ず倒すとのこと。熱いのぅ。
それを聞いて信じることにする赤。というか赤は元々信じてたわけだが。

シュヴァルツさんも信頼に応えねばなるまいと、次の戦いは存分に戦うといって去って行く。
でも結局食事はまったく手を付けなかった……。
信頼して欲しいなら、まずは一緒に食え!と思いますが。
同じ杯を酌み交わせないヤツを、一体どうやって信用しろというのか! 酒は出てなかったけど。
ここでライトに気づいて欲しかったな。一緒に食事ができないヤツは信用できないとかで。

というかそもそも、シャドーラインの人って人間の食事食べられるんだろうか。
橙は一応食ってるけど、なんかシュヴァルツさんって鉄くずとか食ってそうなイメージ。

それでシュヴァルツさんを中心に作戦会議。
ボトルの強力なビーム攻撃をかわすには、懐に入らなければならない。
だからチームを三つに分けて、複数から攻撃を仕掛け、ダメージを与えたところで赤がトドメをする。
ボトルは攻撃をする前に意味不明なうんちくを言うので、それを言い終わったときに攻撃すればいいとのこと。

橙「せいぜい背中には気をつけるんだな。俺はライト達ほど人が良くない」

人が良くないというか、人じゃないというか(笑)
というか自分も裏切り者なのに、他の裏切り者に対してはすごく厳しいな、橙。
シャドーラインのことをよくわかってるからなんだろうけども。

そこにやってくる、ボトルシャドー。

ボトル「ともすればクロにも見える重厚感あふれる、しっかりとした赤!」
ボトル「さわやかな酸味の背後に漂う、ロースとしたエスプレッソとグローブの香りを思わせる、白!」

意味不明なうんちくってのはこれか。
うんちくと言うよりポエムに聞こえるけど、毎回違うってすごいな。

橙「ザラムよ、こうして共に戦うのはいつ以来だったかな」
シュヴァルツ「忘れた。それとも胸躍ると言えば満足か。無駄口を叩いているヒマはないぞ」

この二人のやりとり渋いなぁ。
一緒に肩を並べて戦ってたこともあるんですな。
やっぱりザラムは幹部級に偉かったのか。それともシュヴァルツがまだ平だった時代なのか。

ボトル「ほのかな薔薇の香りと、すっきりとしたカシスの酸味が花を抜けていくぅ、見目麗しいさわやかな、ロゼ!」

すげぇ、三つ目のロゼまであるのか。
さすが知らぬものはいないだけあって、抜け目がないな。なんて強敵。

それで二度目のCMを隔てて、cパート。
今日は細切れだな……。前回も細切れだったし、もうずっとCパート体制で行くんだろうか。いまいちおちつかない。
ともかくトッキュウジャーを痛めつけてどや顔のボトル。
しかしシュヴァルツさんが反撃して吹き飛ばされていく。

シュヴァルツ「こいつは私がいただく」

裏切りのシュヴァルツさん。
橙からドリルレッシャーを奪い取る。裏切りはやっ!
食事に手を付けなかったのは、やっぱり裏切りの伏線だったのだろうか。

信頼していたシュヴァルツに裏切られてショックを受ける赤。
昨日のスイートプリキュアもこんな感じだったな。でも赤には奏のような励ましてくれる人がいない。
赤が感情的に攻撃。激しい攻防戦。
シリアスなシーンなのに「斬りま~す」とか「撃ちま~す」とか緊張感のない声が響いて笑える。
そんな修羅場を遠くから眺めるゼットさん。

ゼット「キラキラしてんじゃねぇか、将軍」

赤はゴールドクロスを使おうとするけど、させるか! と弾かれる。
時同じくしてようやく戻ってきたパイプシャドーと戦うために、緑がゴールドクロスを纏う。
なんか緑、あっさり使っちゃったな。あんな簡単に使えるもんなのか。
一人一人がセブンセンシズに目覚めるイベントがあるのかと思っていた。
しかも一つを使い回しって、シンケンジャーかい。

それでまったく戦闘もなく、終電車でパイプ撃破。
精鋭のわりに最後はあっけなかった……。
シュヴァルツさんもロボットに乗って、ドリルレッシャーと合体。ドリルクライナーに。
シャドーラインのロボットにも使えるんだな。規格がちゃんと統一されているんだろうか。

ロボット戦。
クライナーVSディーゼルレッシャー
ドリルを付けたクライナーは圧倒的強さ。
ディーゼルじゃさっぱり歯が立たず、結局逃がしてしまう。赤がめずらしく悔しがってる。

一方パイプVSトッキュウオー

パイプ「豊潤な香りと共に迸る、情熱の赤!」

あ、使い回し! 毎回考えてるのかと感心してたのに。
それでキックやパンチで痛めつけられて、最後は久しぶりの踏切剣で止め。
こっちは弱かった。ポエムを使い回すからだ。

シュヴァルツさん「グリッタ嬢。必ずやそなたの無念、晴らして見せましょう」

シュヴァルツさんかっけぇ。。。

それで戦闘後。
パイプを信じたことを謝る赤。
普通信じたら報われるのにな。子供向け番組にしてはシビアな展開。
ドリルをとられたから、シャドータウンにもいけなくなってしまったとのこと。

橙「大丈夫だ。とられたものは、取り返せばいい」

赤を慰める橙。がさつなようで結構人を気遣える橙。
それで出発進行したところで終了!

それで列車紹介。
こうのとり、ってヤツのデザイン懐かしい。
今でもこういう特急走ってるんだな。以前は特急と言ったらこれのイメージだったけど。

そして次回。
ミヨちゃんの誕生日だそうです。
ベルサイユのバラみたいなカツラをみんなで着けている。

赤「ぴよたんは俺が守る!」
ピンク「大切なのは見た目じゃない!」

ゴールドクロスが二つというか、一つを二人が纏ってましたが、どういう状況なんだ。
話がまったくわからんけど、なんかギャグ回っぽいので期待です。
関根さんの出番も増やしてくれ!

2014年9月19日 (金)

最近ドラえもんのカテゴリーを作ったほうがいいんじゃないかと思い始めている

こんばんは。
ドコモのdビデオに契約したまま、ほとんど見ていない今日この頃。
見たいのはそこそこありますが、どうも契約しているそのこと自体を忘れてしまう。

それで今日久しぶりに行ってみたら、サイトがリニューアルしていたのですが。
なんかものすごく見づらくなったのぅ。
一覧を縦に眺めていけば良かったのに、表示がサムネイルみたいになってしまったせいで、画面全体を見なきゃならんようになってもうた。
それに一覧がジャンルごとのみになってしまって、全部をまとめてみることができなくなったし。
他にも色々と……なんだかな。

あんまり見てないしリニューアルもおかしなことになってるし、いっそ解約してしまおうか、どうせならhuluのほうがいいんじゃないかとか思いながら眺めていたのですが。
……10月から、プリキュアSS~5gogoまでの配信が始まることに気がついた(初代は配信中)
み、見てないプリキュアのほとんどが見放題っ!!
すげぇ。。。MHだけ無いのが意味不明だけど、とにかくもうリニューアルにもなんの文句もないぜ! どんどんやれ! 大好きです!

というわけで日記ですが。
今日も特に書くことがないので、さっき見たドラえもんの感想を書かせていただきますが。
今日はフルタ製菓のCMやらなかったな。

それで1話目は、のび太が未来で子供に大人気の足こぎ飛行機を使って、商売をするという話。10分10円。
のび太って結構能動的に商売とかしますよね。意外と行動的です。
将来一度は会社の社長になったりもするしな。

それでまず、しずかちゃんを乗せてにげたピーちゃんを捕まえに行きますが。
ピーちゃんって登場するたんびに逃げてるな。
まあ、逃げたピーちゃんに地球が救われたこともあるけど(45巻参照)

その次に、スネ夫を乗せる。
スネ夫は色々と注文を付けてきて、機内食とか要求してましたが。
たった30円でサンドイッチとジュースを振る舞ってたら、あきらかに赤字だな。

最後は、母ちゃんに追われるジャイアン。
彼には花火で脅されてハイジャックされて、香港へ行けと無茶を言いつけられる。何で香港(笑)
「香港ってどうやって行くんだよぉ!」っていうのび太の至極まっとうな嘆きが面白かったですが。
そうこうしているうちに、のび太が小便を我慢できなくなり、墜落。
結局ジャイアンは母ちゃんに怒られるというオチ!
香港行けとか、花火で脅すとか、なんか突っ込みどころだらけで面白かった。地味に熱い展開だったし。

それで2話目。
もう冒頭で発狂してるドラえもんだけで勝ちですが。
どら焼きを三日も食べてないってことで、禁断症状が出ています。
この前のうきうきわといい、ほんとにこの人達は良く中毒になるな。

2話目は賽銭を入れるとささやかな願いを叶えてくれる「神様ごっこ」なる道具。
今回は1話目の道具も子供向けのものだったし、ごっこ遊び回の様子。

のび太が10円の賽銭で100円手に入れていましたが。これを繰り返せば錬金術できそう。
その後しずかちゃんが俳優のゲイリー・ウォーターさんに会いたいという願いが叶えられて、下痢したゲイリーさんがトイレを借りにやってくる。
さぞかしウォーターの多いものを出したのだろうと推測されますが。
確か原作だと来たのは日本のアイドルでしたよね。なんかこの辺ちょっと面白くなってる。

その次に、スネ夫の所に行くと、テストで90点を取ったスネ夫が、100点じゃないとママに怒られると困っている。
それを神の力で100点にしてもらうのですが。
90点で怒られるとか、ずいぶん優秀な子ですな。
中三の頃、うちのクラスにも100点取れなかったって半べそかいてる友達がいたな。。。
そのテスト私は50点くらいだったので、実にのび太と同じような気持ちであったが。

それはともかく。

20140919ts_001498023_r

字が潰れてよくわからないけど、なんかすごく簡単そうな分数の計算で間違ってるな。これはくやしいな。
しかしスネ夫って今回みたいにテストでいい点とってるときもあれば、成績悪くて先生が家に来たりすることもあるし、未だに勉強できるのかできないのかよくわからぬ。

その後ジャイアンを隔てて、原作にないスネ夫のオリジナルエピソードが追加されてましたが。
スネ夫がノリ突っ込みしてて面白かったな。
まあいったん終わったスネ夫がまた出て来たのは、構成的に違和感がなかったわけでもないですが、そんないちゃもんつけてもしょうが無い。
それで最後に、のび太がちょっと親孝行をしたことがあだになって、勉強をしなくちゃいけなくなったところで終了。おもしろかった。

そして次回は……10月17日!?
ひと月近くも休むんかい!
8月の長い休みが終わってようやく通常営業になったと思ったら。ドラえもんて想像以上によく潰れるな。
まあいいや……プリキュア見るから。

2014年9月17日 (水)

仮面ライダー鎧武の45話をみる

こんばんは。
今日は仮面ライダーの鎧武を見ましたです。
すっかり佳境に入ってきてます。
今回は、ザックと湊さんががんばって、カイトさんとコウタが決戦する話。
カイトさんは一人になって、コウタも人外化して、孤独になった同士が決着に赴くという非常に熱い展開。
コウタの姉もやっと目立ってきた。キカイダー以来かな。

今さらになって自衛隊が来ましたな。
ここに至って新勢力が来るとは、意外でしたが。
自衛隊はレギオンを倒すのにも大活躍だったから心強いな。ギャオスの時は散々だったけど。
しかしあと五分でヘリが出るとか、なんで自衛隊の人達はあんなに焦っていたのか。
まだ人が残ってるって言ってるのに。非道……(笑)
沢芽市ごと爆破でもするつもりでしょうかね。最終回は脱出劇にでもなるんだろか。

光実くんは例の部屋に引きこもったまま、ずっと兄さんと心の対話。
しかし兄さんの語り口がだんだんと優しげになってきてるな。
今まではずっと罵倒してるだけだったのに、ちゃんと諭してくれるようになった。
うるさいと突っぱねてるだけだった光実くんも「まてったら!」とか引き留めるようになってきたし。
大分答えが見つかり始めてる感じですが、この後どうするつもりかさっぱり見当が付かん。
さすがにラスボスかはないと思いますが……。

そして、ザック。はじけてザック。
今回は実にかっこよかったな。もう完全に主役。最後の輝き。

ザック「ユグドラシルもオーバーロードも倒した後で、あいつが次に牙を剥く相手が誰なのか、ずっとそれが心配だった」

ザックも色々考えていた様子。ただのモブキャラだと思ってたよ。ごめん。

ザックがカイトさんの元へ行ったのは、味方のふりをしてカイトさんを暗殺するためだったとのこと。
それでドリアンに頼んで小型爆弾を作ってもらってましたが、即興で爆弾作れてしまうってすごいな。
というかあんな簡単に爆弾作れるなら、もっとインベス退治に活用しろと(笑)

ともかくカイトさんがビルの屋上で格好付けてるところを爆弾で暗殺しようとするけど、湊さんに邪魔されて失敗……。
しょうがないのでカイトさんと一騎打ち。
カイトさんバナナで戦ってたのは、カイトさんなりの優しさでしょうか。
ここ最近バナナはやられるところばかり見てたので、もうすっかり雑魚って印象でしたが、ザックレベルが相手だとまだまだ強いな。

カイトさん「強くなったなザック」

自分を裏切った相手であっても、強くなったことは認める所カイトさんのかっこよさ。
内心はザックの成長を喜んでいたのではないか。
とはいえ、まったく容赦はせずにザックをやっつけるところもカイトさんらしい。

ザック「俺が、最後じゃない。だれかが、また!」
カイト「ああ、わかってる」

ザック死す。
カイトさんが直接人間に手を下したのって、今回が初でしょうか。
戦極さんの時も殺す気満々ではあったけど、幸か不幸か勝手に落っこちてくれたしな。
ついに一線を越えてしまったというか。
味方を殺しちゃったとなると、和解するのも難しくなってくるな。
というか、ほんとにザックが死んだのかどうかはよくわかりませんが。普通に気を失ってるだけだったりして……。

あと湊さん。
なんか起きてるのにボンヤリ突っ立ってるカイトさんを守って転落死してしまいました。
以前誰だか忘れたけど、戦隊の人がビルの屋上から転落してそれでも無傷だったのを見て、頑丈っ!?とか思った記憶があるのですが、マリカは耐えられなかった。
やっぱり戦隊のスーツほうが頑丈なのだろうか。

それでカイトさんの腕に抱かれて息絶えてましたが。
最後にちょっとカイトさんが好きだったっぽい空気を出していて、ろまんちっくな展開になっていましたが。
湊さん、実はカイトさんに惚れてるから付いてきただけで、行く末を見届けるとかいってたのは単なる言い訳だったのかもしれんな。熱い。
瀕死の湊さんと話してるときの、ちょっと優しい語り口のカイトさんも素敵であった。あんなしゃべり方初めて見た。

一方、今週のカイトさん。
ザックには裏切られて、湊さんも死んじゃって、どんどん孤独になっていきます。
こうやって仲間を失いながら野望に向かっていく所は、いかにも覇道って感じで熱いな。

カイトさん「マイ、おまえが欲しい。黄金の果実を俺によこせ」

カイトさんいきなりの告白。
しかし、マイの私と果実どっちが欲しいって問いには「選ばないし区別もしない」。
湊さんの「知恵のみを掴んでたら私を求めてくれた?」って問いにも「陽子は陽子」とはぐらかす。
カイトさん、女性がらみになるとたちまち煮え切らなくなるな(笑)
本心がよくわかりませんが、照れ屋さんであることは確実です。

一方コウタ。
こっちはこっちで、愁嘆場。
半べそでヘルヘイムの実を食ってたり、姉に「おれもう、ねえちゃんの手料理食べられないよ」とカミングアウトしたり。悲壮感がすごい。
カイトさんの場合は自分の意志で人外になったからいいものの、コウタも自分で選んだとはいえこんな話聞いてなかったわけだから、なんか被害者に見えてしまう。
わかってたとしても、やることは同じだったとは思うけど。

コウタ「今の俺なら正しい人達の味方ができるんだ」

悲しみを胸に秘めて正義のために戦うあたり、ほんとコウタはヒーローやってるな。
それでコウタは、カイトさんを止めると心に決めて、決戦へ。
予告にもあった歩きながら手を上げてインベスを呼び出してる姿が、えらいかっこいい。
というか、いつの間にコウタはインベス呼べるようになってたんだ(笑)

カイトさんとの決戦も素晴らしかったな。
かっこいい歌をバックに、最初はお約束のノーマルで戦って、久しぶりのバイク戦があって、ジンバーとマンゴーの二段階目対決をやった後、オーバーロードVSカチドキで次回へ続く。

さすが最終決戦だけあって、これまでの要素が全て詰まっていた。
特に竜みたいなインベスも巻き込んで戦ってたあたりは、いかにも乱戦って感じで熱かったな。
ああいう後ろの方でも戦闘が続いてるって演出大好きです。
ガンダムとかでよくある、背景でビームが飛び交ってるようなやつ。
ともかくそんな感じで、今週は終了!

そして次回。
コウタとカイトさんとの決着も付きそうですが。
なんだかんだで鎧武VSバナナでの決着になりそうな感じですが。
最後が初期装備って展開はちょっと燃えるな。ガンダム00みたいな。

あとたずねびとらしき紙の貼られたところで、たたずんでいる城ノ内くんが気になりますが。
初瀬くん死亡の件を知らされたりするのだろうか。
完全スルーだったので、ちょっと気になってたんですよね……。

ともかくあと二回。光実くんの明日はどっちだ。

2014年9月15日 (月)

ハピネスチャージプリキュアの32話をみる

いつもより微妙に早いですが、こんばんは。
今日はハピネスチャージのプリキュア!を見ましたです。
そういえば今日、近所を歩いていたら、たまたま通りかかった家の中から女の子の声で「マンボ!」とか聞こえてきたのだが。
キュアハニーごっこでもやっていたのだろうかっ!!

それで今週のお言葉はまこぴぃぃぃぃーーーー!!!!!
やっときたトップアイドルっ!! 夢みたーい、恋したーい、超めいっぱーい!!!!
中の方が長期休養されてるとかでちょっと心配でしたが、ちゃんと声は録っていたみたいですね。
NS3の時に録っていたっぽいですが、来年はどうなるのだろう……。

ともかく、台詞はテンプレだったけどちゃんと背中を向けてたりと動きはなかなか凝っていましたな。
とくに振り向いた状態で「キュアソードよ!」は他の人にはない個性的なあいさつだった。
「プリキュア10周年いい気にならないで! このキュアソードが愛の剣で断ち切ってみせる!」くらいのこと言ってくれるんじゃないかと期待はしていたのだが、それは20周年に取っておこうか(オイ

ともかくこれでドキドキも完結。残りはあと二つか……。
次がミューズさんで、最後がホワイトさんですな。
ミューズさんは、EDの登場時みたいにくるっと一回転して欲しい。

ともかく今回のハピネスチャージのプリキュア。
今回は、イオナさんが男ゆうゆうことユウヤと恋愛する話でした。
特急ジャーの青といい恋愛話の多い日曜日でしたが、なんだか想像以上にストレートな話でしたな。
イオナさんしっかりデートして告白までされていた。
大輔がまる一年かけたことを、あの男はたった30分でやってのけたっ!!
是非ともウエスターさんに感想を聞きたいものだ。

しかし実に楽しく拝見させてもらったのですが。
ユウヤのあまりに手慣れた感じがなぁ。。。なんか大学生くらいに見えてしまった。
セイジにもイオナさんをチェックしてることを「おまえらしい」とか言われてたし。
おまえ他の女にも同じこと言ってるだろって空気が……(笑)
あいつ大学行ったら絶体テニスサークル入るぜ(偏見)

まあでも、いきなりイオナさんを「おまえ」扱いだったり、「俺のこと嫌いじゃないだろ?」とか言ったり、こういうグイグイ押してくるキャラって少女漫画とかだと人気出そうだし、女児うけはいいのではないかとも思う。
いや、別に私も嫌いじゃないが。

それで、今週のイオナさん。
今回イオナさん、三回も化粧してたな。
デート前と、イノセントフォームの時と、ハピネスビックバンの時。肌が荒れるぞ。
イノセントからビックバンの流れはしばらく続くだろうから、これからは誰かしらが最低でも二回は化粧することになりそうですな。

それはともかく。
序盤の謎ポーズ取ったときの、幸せそうな雰囲気が実にいい感じであった。
いかにも「これからいいことが起こります!」って感じの空気が何とも和む。
何度見返してもあの空気はいい。。。

それでなんやかんやでユウヤとデート。
ヒメに化粧されてたけど、次の場面では速攻で口紅落としてたのはちょっと面白かったですが。

メグミ「わぁ~、いたいたぁ、触りたい~。セイジ! 早く早く!」
セイジ「ったく、いつもこれだ」

緊張するイオナさんを横目に、ナチュラルにデートする二人。こいつら仲良すぎだろ(笑)

その後、イオナさんがユウヤからキリンさんの豆知識教わったり、フリスビーやったり、あまずっぺぇ流れが続く。
あの、フリスビーやってるときの空気っ!
「太陽にめがける感じで投げるんだ」とか、まったくほんとあまずっぺぇ!!

それで階段らしきところの真ん中に座って、二人で談笑。
一見手慣れていると思われていたユウヤも、実は色々といっぱいいっぱいだったと言うことを告白。
そうやって弱みを見せて共感を得ようとするところも、ナンパ師ユウヤの高等テクニックなんじゃないかとか思ったり思わなかったりですが。

ユウヤが告白しようとしたところで、イオナさんびびってジュースを買いに。
ジュース買いにいったのに持ってきたのがアイスだったのはちょっと面白かったですが。
ともかくイオナさんが帰ってくると、そこにユウヤの姿はなく、代わりにビャッコインベスが……(違

そして今回の敵は、恋の狩人ナマケルダさん。
なんか恋愛沙汰と言ったらこの人になってきてますが。ほんとになにがあったんだよぉ!
ミラージュ様達のこととかより、この人の過去が一番気になるわ!!

ナマケルダ「苦しみから解放されて、少年は幸せになったとさ」

あぁ、なんかこの台詞も意味深だぁ。ナマケルダさん、自分のこと言ってるんじゃないのか。
愛をなくした悲しいナマケルダさん……。

140914mp4_001115975_r

というか今回のナマケルダさん、イケメンすぎる。

今回戦闘がえらい凝ってましたな。
ユウヤがインベス化した途端、イオナさんの心象風景を表したかのようなセピア調になったのはすごかった。
特にセピア調になった後でも、ユウヤの部分を中心としてわずかに世界が照らされていたところ。

140914mp4_001173576_r

例え世界が絶望の色に染まったとしても、最後の希望として愛が残されているということを象徴するような、素晴らしい演出だった。
さすが愛がテーマのプリキュアだけありますな。

戦闘が始まる前、ナマケルダさんとのやりとりの時の無音もいい感じだった。
背後でぶぉ~んって音だけが響いていて、なんとも不安を駆り立てる演出。
こういう演出って映画だとたまにあるけど、アニメではめずらしい気がする。

あとハニーとフォーチュンが手をつないで勢いつけてキックするくだりとかめずらしい連携してたし、今回は戦闘が色々面白かったです。

そして、イオナさんがイノセントフォームに。
イノセントフォームになったら空もすっきり晴れるんだろうなぁ、とか思いながら見てたので、なっても完全に晴れてなくてズコーってなってしまいましたが(笑)
あそこでパッと晴れた方が、カタルシスも生まれたんじゃないかと思うんだけどな。うぅむ、わからん。

イオナさん「エメラルドスプラッシュ!」

しかしイノセントフォームの必殺技が、単なる足止め技だったとは……。ラブリーパットかと。
わざわざ変身といてビックバンを使わなきゃならないのは、ちょっと二度手間ですね。肌も荒れるし。
全員がイノセントフォームになったら、ビックバンの代わりにイノセントで四人連携の最強必殺技がでてくるとは思いますが。
そうなるのは11月頃になるんじゃないかという気がする。

サイアークをやっつけて、イオナさんがユウヤとフリスビーをしながら、嫌いじゃないけど今は……とやんわりと拒絶。
それを横目にはしゃぐ三人。

ゆうゆう「これからもぉ、プリキュアも恋も、がんばります」
メグミ「うん!」
ヒメ「メグミはぁ、オシャレもね!」

恋愛禁止をガン無視してるあたりが熱い。
イオナさんが「恋愛禁止だし!」って言ったときもブルーさん微笑んでるだけだったし、もうだいぶあきらめてるんだろうな。
というか恋愛でイノセントが発動してしまった以上、もはや神はなにも言えない。

そして次回。
メグミがイノセントな思いを探す話。
ユウヤに引き続いて、また新キャラが出てくるみたいですな。
手作りロケットの研究をしているマミさんらしいですが。
ユウヤの次にマミさんって……。一体何の暗示だ(笑)

というかそれよりも、ラブリーがサマーソルトキックやってたり、フォーチュンがカメハメ波やってたり、戦闘が気になりすぎる!
4話でチョイアークを鈍器代わりにしてたみたいな、ラブリーさんの荒ぶる姿がまた見たい。

2014年9月14日 (日)

第28駅 カッコ悪いがカッコ良い

こんばんは。
今日は日曜日なので、烈車戦隊特急ジャーを見ましたです。
今回は、男性陣が全員めんどくさかったという話!

一応、青の恋愛回。
敵の怪人は出てこないし、ノア婦人も作戦があるわけでもなく行き当たりばったりで嫌がらせしてるだけだし。
なにかを思い出すこともなかったし、橙しかロボット乗らなかったし、なんかえらい地味な回だったな。
面白かったから別にいいのですが。。。経費削減だろうか。

しかし青の回だったのにハイパーレッシャーの関係で戦闘はほとんど赤がやってたから、いまいち青の印象が残らなかったのはちょっと残念。
もっと戦闘とかでも青をメインにして、「カッコ悪いがカッコ良い」って感じの戦い方して欲しかったな。
敵にしがみついたりして必死に戦うとか……。ゴセイジャーみたくなっちゃいますが。

それで本編。
黄色お手製のうふーんなサンドイッチを食す一同。
テンションの上がる青ですが、黄色は緑の世話を焼いてばかりで、嫉妬。

青「ヒカリってぇ、野菜嫌いなのに、ようお、てぇ、おくにだよねぇ」

何度聞いてもなにいってんだかよく分からん。
周りの反応からグリーンがどうこうって言ったみたいですが、みんな納得しています。

関根「私も、キュウリだけは苦手です」

実話じゃないですか(笑)
食べるとさびしい気持ちになるとかなんとか。
ともかく気まずい感じになって、歌。

雷牙のCMを隔てて本編。
シャドーラインの弱体ぶりが目立つと憤るモルク侯爵が、城に住むことになって、驚く一同。
結構煙たがられてるんだな。まあ、そうだろうな。

モルク「見よ、陛下の意気消沈ぶりを」
ゼット「おまえがうるせぇからだよぉ」

陛下のご温情で生かしてもらってるんだから、闇の一つも集めてこいと怒られるノア婦人。
シャドー怪人と同様の扱いにされて、ノア婦人怒ってます。

ノア「うるさい古狸のオババめ!」

とはいえ今は疑われるわけにはいかないので、怒りながらもお仕事。
変な羽を人の頭に突き刺して、人々を争わせて闇を作る。
そこにやってくる橙。

橙「ここが俺の死に場所か」
ノア「一体いくつ死に場所があるのやら!」

スルーされるかと思ったらノア婦人突っ込んでくれた。ちょっとうれしい。
それでクローズと戦う橙。
相変わらず橙は武器を投げてすてて戦うスタイル。

他の色達は、モブの人達を救出。
黄色い蝶ネクタイの人が熱かったな。

グリッタがあんな目に遭ったのにまだゼットさんの側にいるのかと、話し掛けながら戦う黄色とピンク。
一応気遣ってるんですね。黄色達もグリッタ嬢には思い入れがあるんだな。
いずれ仲良くなる伏線っぽいですな。

でも、そんなことはあんたたちには関係ないとノア婦人。
それで羽をばらまいて、赤の後頭部に突き刺さる。

青「よりによって一番面倒なのに」

みんな赤相手に全力で戦えない。ピンクが腹パンされまくってる。
橙だけは俺の責任だと、本気で戦闘。
このままじゃどっちも死んでしまうと、橙を助けてみんな退却。
責任を感じて頭を抱える橙。

橙「俺が全力で助ける。それが俺の死に場所だ!」

武器をおいて走り去ってしまう橙。
橙ってなに考えてるか分からないけど、結構責任感強い。

ピンクと黄色も行ってしまったので、緑と青が一緒に行動することに。
でも青は朝、皮肉を言った件があるので、なんだか気まずい。
緑と気まずい展開って、前にピンクともあったな。
なぜか周りを気まずくさせてしまう緑。なんか地味に恐がられてるな(笑)

CM明け。
赤以外の羽の回収をおえて、いったん烈車に戻る一同。
橙だけは、走ってる。

橙「おれの~、死に場所~!」

シャドーラインでは、ゼットさんがモルク侯爵に弱くなった件の説明を求める。
侯爵はネロ男爵と同じように、きらきらの件が気になっているご様子。

モルク「陛下は、火に吸い寄せられて燃え尽きる虫も同然」

ましてやトッキュウジャーに吸い寄せられるのはまずい。陛下が吸い寄せないといけないとのこと。
陛下はモルグさんの教育で黒くなってくのか。それとも反抗してきらきらになっていくのか。。。運命の分かれ道。

それで、青と緑。
朝の件を謝る青。緑はまったく気にしてない。
けど、青がやたらと黄色が緑にやさしいとか言ってくるので、緑がちょっとキレる。

緑「ミヨのことすきなんだ」

指摘されて動揺する青。めんどくさいと怒られる。

黄色達は、烈車の中で赤が強すぎて倒せないと困っている。
そこに、ワゴンさんがもうちょっと気楽に考えてみたらとアドバイス。
橙は、疲れ切っている。緑原公園に赤がいる所を伝えて、力尽きる。
なんかあのよれよれの走り方面白かったなぁ。ずっと全力疾走してたんだろう。

連絡を受けて、早速駆けつけようとする青と緑。
デモなんか、青が格好悪いと自虐的になっている。

緑「俺は、おまえの格好悪いところが、かっこいいと思うけどね。俺はあんな風にさらけ出せないから。たまに何か言えば、冷たいとかきついとか」

緑も周りに気を遣われてるの、気にしていたんだな。
それでお互い面倒くさいと結論が出て、駆けつけることに。

それで二度目のCMを隔てて、Cパート。
ワゴンさんに、これまで赤に突っ込みたいことあったでしょ、ばしっとやっちゃえばとアドバイス受けたことを参考に、もう一人のめんどくさい人を助けることに。

青「牛乳はダメでしょ!」
緑「俺の大事なけん玉」
黄ピンク「ちゃんと服着て!」

いい加減にしろ! と全員で赤をボッコボコにして、赤を正気に戻す。
それでノア婦人との戦い。
けど他の人達はこれまでの戦いで力尽きてるので、赤が一人で戦うことに。

ハイパー烈車でノア婦人を圧倒する赤。
ノア婦人がクライナーを呼んでロボット戦。
見てるだけなのもなんなので、赤がハイパー烈車を出して、みんなでハイパー連結クラッシュ。
クライナー二機を撃破。
小さい状態ででっかいの倒せるってすごいな。Gガンダムかと。

戦闘後。プリンを振る舞う黄色。
緑が気をつかって、自分はいらないから青にやれって言うと、青が動揺。
赤が興味津々だけど、こいつにだけは知られないようにとびびる青。

緑「なんでおれ、人の秘密ばっかり」

うれしそうにプリンを食べる緑。
なんか他の人にも秘密って聞かせてもらってたんだっけか。なにも思い出せん。。。
車掌がプリンを見てテンションが上がってましたが、関根さんがプリンを好きなのも実話なんですよね。
子供の頃たくさん食って肥満児になったとか。こういう小ネタがたまらんな。

最後、グリッタ嬢を消化しきれずに胸焼けしているゼットさん。
それを遠目から見て、まだ飲み込めていないと確信するノア婦人。
最後にシュヴァルツさんが始動したところで、終了。
それぞれの思惑が交錯してる感じが熱い。

それで、烈車紹介。
キハ185系“A列車で行こう”ってこれが名前なのか。
車内にはお土産や飲み物が売っているらしい。
お父さんはお酒も飲めるとのこと。お母さんにも飲ませてあげて。

そして次回
シュヴァルツさんが仲間になる様子。
橙に頭を下げてるシーンが熱い。赤と一緒に飯食ってるシーンも熱い!
なんかおもしろい展開になってきましたな。しかしさすがに七人目にはならんだろうな。。。
果たして追加戦士はこれ以上来るのだろうか。

2014年9月12日 (金)

美少女戦士セーラームーンCrystalの5話をみた

こんばんは。
ジョジョに[終]がついとる……。
話はまだ思いっきり中盤なのにどういうことかと思ったら、分割4クールだったんか。
しかも再開スケジュールは未定とか書いてあったんだが。一体どういうこと!
これじゃヴァニラ・アイス見られるのは当分先だな……。
あの人かっこよかった記憶があるけど、どんな格好してたかさっぱり思い出せないので、早く見たかったのだが。

ともかく今日は、セーラームーンのクリスタルを見たのでその感想を書きます。
8月が土曜日五回もあったおかげで三週も空いたので、なんだかえらい久しぶりです。
今週作画が安定してた気がしますが、やっぱり三週空いたからでしょうか。

しかし最近、うさぎさんといいハミィといいイエローハットといい、三石琴乃さんの声がツボでしょうがない。
なんか聞いてるだけで笑いがこみ上げてくる体質になってしまった。

そんなセーラームーンですが。
今週は、木星帰りの木野まことさんが仲間になる話。ハミィとキュアメロディが夢の共演。
まことさん、イケメンだった。
「愛を信じて身を滅ぼすなんて、のぞむところよ!」とか熱かった。
変身シーンも稲妻がびりびりしていてなかなかいい感じです。今のところ一番好きかも。

まことさんは、見た目は男前だけど、中身は乙女ってキャラだったんだな。
怪力女とか言われて転校早々早速ハブられていましたが。
一体だれがそんな噂を広めているのか。やっぱりあのメガネか!

そんなまことさんを、持ち前の人なつっこさで仲間に引き入れるうさぎさん。
「こんな乙女チックな女の子恐がるなんて~」って言われて、まことさんが目を輝かせるくだりに、ちょっと感動してしまた。
アミさんの時もそうだったけど、孤独な人を無意識に救ってる感じがいいな。

引っ越してきた一因が、振られて気まずくなったからってのは、ちょっとすごかったですが。
回想の、偶然を装って一緒に帰ろうとするあのくだり……あまずっぺぇ!

それで今週のタキシード仮面様。

うさぎ「わたしを、どこにつれてくの!」

寝ているうさぎさんをなにもしゃべらずに敵のいるところに連れてって、そのまま退場。
なんか言えと(笑)
最初はイケメンだった仮面様も、だんだん奇行が目立つようになってきた。
月をバックに思わせぶりに現れて、なんかきらきらなエフェクトかかってたし、うさぎさん絶体違うこと期待してたな。

それで、うさぎさんが敵の所に到着したタイミングで全員集合。
アミさんが着ていたのは、パジャマでしょうか。なんかあの服装、かっこよかった。
レイさんは巫女装束でしたが、まだ仕事中だったのかな。

今週の敵は、ネフライトさん。

「人間どもは見てくればかり気にして、本当の姿を見ようとしない」

ネフライトさんの台詞が熱かった。というかあんたは人間じゃなかったのか。
なんかジュピターさんnに思い当たるところがあるみたいですが。
ジェダイトさんとマーズさんといい、それぞれ四天王と因縁があるっぽいですな。

まこ「ジュピターサンダーボルト!」
アミ(ピースサンダー!?)

必殺技かっこよかた。やっぱり四人の中じゃ一番攻撃力ありそう。
額のあれから避雷針みたいなのが伸びるのは、ちょっと面白かったですが。
いったん頭で雷受け止めてるのか(笑)

それで妖魔をやっつけて、うさぎさんがリーダーに任命されて、月の形のタクトもらったところで終了。
そのすぐ後の絵で、タクトがパワーアップしてるみたいになってましたが、なんかネタバレな気がする。

そして次回。
タキシード仮面様回。
仮面様が犯行声明を出すとのことですが。

「タキシード仮面、あなたは味方なの? それとも、敵!?」

敵か味方か、仮面様。
しかし直前のEDで思いっきり抱き合ってるしな……(笑)

2014年9月10日 (水)

仮面ライダー鎧武の44話をみる

こんばんは。
今日は仮面ライダーの鎧武の感想を書こうと思いまする。
今週は、カイトさんが地球侵略を始めたり、ザックが裏切ったり裏切らなかったりする回。
なんだか今回は脇役が光ってましたな。
終盤戦に至ってもちゃんと脇役に焦点を当ててくれるのはうれしい話。

マイが平行世界に行ってましたが。
初期の頃に流れてたあの思わせぶりな戦国時代みたいなのは、平行世界の話だったんですね。
うぅむ……。
昔、「男はつらいよ」が特番でアニメ化されたことあったのですが。
そのアニメ、「寅さんがゴジラと戦う!」みたいな宣伝をしていたんですけど、実際見てみたら単なる夢オチで、はぁ、、、ってなったのをなんか思い出した。

それはともかく。
今回はドリアンがすこぶるかっこよかったですな。
他の人達とは違って、カイトさんの悪の気配を感じ取ってて、さすが歴戦の傭兵という感じであった。
湊さんとの戦いも、プロ同士の戦いって感じで地味に燃えた。
この二人って、実力だけなら最強の二人ですよね。
ゲネシスのマリカに旧型のドリアンが互角に戦ってるところも、性能差を実力で補ってるって感じで熱かった。
バナナでデュークに手も足も出なかったカイトさんとはやはり違う……(笑)

結局、ドリアンはドライバー壊されて最後の活躍になってしまった感じですが、なんだかんだで最後まで強キャラを維持し続けていた。
強キャラが強いまんまでいてくれるのは、実にうれしい。

しかしドリアンが生き残ったのは意外だったな。
師匠キャラってのは大抵死ぬので、城ノ内くんを弟子をした時点で絶体に死ぬもんだと思っていた。
まあまだ油断はできないけど。。。

あと脇役と言えば、ザックも光ってた。
チームバロンのモブにしか見えなかった人が、よくぞここまで出世したものです。
いきなり裏切ったので、この人もカイトさんの力に魅入られた人なのかと思ったら、考えがあって敵の方に潜り込んだ様子ですな。
カイトさんが好きすぎて単純に裏切ったとかでもそれはそれで燃えたと思うけど、こういう展開も悪くないな。
でも来週あたり死にそうで怖い。

それで光実くん。
なんかずっとマイの遺体のところで黄昏れてたみたいですな。
カイトさんが一仕事して戻ってきたときに、まだいたのはちょっと面白かった。
マイが人間を越えてしまって落ち込んでいたところをカイトさんに説教されてましたが。
お互いが顔を近づけたとき、一瞬キスするみたいに見えて、すげぇあせった! 近すぎ!!

20140907mp4_000348101_r

ともかくカイトさんに説教されて立ち上がるかどうか。さすがに落ち込んだまま終わったりはせんよな。。。

それでコウタ。
マイに復活させてもらうのかと思ったら、普通に自力で回復してました。
それで運命を変えられなかったって落ち込むマイを未来は決まっちゃいないと慰める。
先週の光実くんに引き続き、コウタ色々助けてるな。なんか主役みたいだ(ん?)

そして、今週のカイトさん。
人間を越えて意気揚々と帰ってくると、いきなりマイが消えている。
サガラによると、人間を越えて平行世界に迷い込んでしまったとのこと。
それで果実を渡す相手が決まれば帰ってくるとのことで、カイトさんは世界を破壊して黄金の果実を受け取ると決意。
今まで主役みたいに町を守っていたのに、切り替え早いな。コウタだったらきっと半年くらい悩んでた。

湊さんも、なんか薄暗い部屋で「私の王はあなた」とカイトさんに告白。
もうこの二人のやりとりがどうにもエロくってどうしようかと。
これ子供向けじゃなかったらこの後どうなってたんだと……(笑)

それでなんだかんだあって、復活したコウタとカイトさんが対峙。
すっかり悪人になってるカイトさんに、途惑うコウタ。

コウタ「やめろ、カイト!」

カイトさんがバロンになってコウタと戦い。
案の定カチドキにあっさり負けてましたが、なにがやりたかったんだカイトさん。

その後、やっとロード・バロンVS極アームズ。
でもザックに「今は引け!」といわれてコウタが退却してしまいました。
バナナのくだり、どう考えてもいらなかった。

そして次回。

ザック「カイトは俺が止める」

ザックが命をかけてカイトさんのオーバーロード化を止めるって感じでしょうか。
その後コウタとカイトさんが決戦して、決着しそうな気もしますが。
すごく久しぶりにバイクにも乗るみたいですな。ようやくライダーであることを思い出したか。

それでライダーを忘れてると言えば、仮面ライダードライブの予告もやってましたな。
バイクじゃなくて車に乗るそうですが、それはもはや仮面ドライバーではないのかなんて言ったらいけないんだろうなたぶん。
あと鶴ちゃんも出るみたいですな。
果物ライダーの次は、おでんライダーか……。

2014年9月 8日 (月)

ハピネスチャージプリキュアの31話をみる

こんばんは。
最近地味にプリキュア5を見続けているのですが。
今日見た話が、ガマオさんがバイト代が入らなくてお腹を減らしている話だった。
ガマオさんもゆうゆうに出会っていれば、これ以上足を踏み外さずにすんだのかもしれん。。。

そんなわけで今日はハピネスチャージのプリキュアの感想文ですがっ!!
毎回個性的な絵柄で楽しませてくれる今年のプリキュアですけども、今回の絵柄はなんかすごくよかった気がする。
皆さん、顔が引き締まっておられたというか。実にかわいらしい絵柄であった。なんかつやつやしてたし。

ともかく今日のお言葉は、キュアサニーさんでした。
相変わらずイケメンですな。
なかなか個性的なあいさつで素敵でした。ふふーん、って笑うところが良いっ!
ゆうゆうの恋愛話?の回にサニーさん持ってくるとか、なかなか粋ですが。
どうせなら来週の方がもっと良かった気がする。来週はブライアン回とかぶりそうな予感がするし。
ともかくこれで残りは、三人か……。
ホワイトさんに、ミューズさんに、まこぴー。まだまだ濃いのが残ってる。

それでハピネスチャージ。
今回は、ゆうゆうが犬を拾ってきて世話する話(違
ファントムさんがちょっとした犬扱いで面白かったですが。
ゆうゆうの心にぽっかりと穴を空けることになった、辛い過去も明かされてましたな。

ゆうゆう「私、ササニシキが大好きだったの。でも、1993年の冷害で……」
ファントム「おまえ何歳だよ」

というか、なんかすげぇいい話だったった!
ゆうゆうの献身的な看病で始まり、切ない過去が明かされ、ファントムさんの一言で締める。
なんて趣深い話かと。完璧ではないか。完璧ではないか!!
この前のハワイの回といい、ゆうゆう回があるたびに、ゆうゆうの株がものすごい勢いで急上昇していくぅ。

ゆうゆうの恋愛話?も話されてましたが。
ゆうゆうは、憔悴した犬を拾って育てたことが切っ掛けに、食のすばらしさに目覚めたそうですな。
話し始めたときは、相手はセイジでもなさそうだし、新キャラでも現れるのかとちょっと緊迫してしまいましたが。
「胸に飛び込んできた」のあたりで、ああそういうことか、って気がついてからはなんか笑いが止まらんかった。
でも犬だと分かった上で改めて見直すと、これはこれで感動するな。

とはいえ、この犬が以前話していた片思いの相手ってわけではないですよね……?
「例え自分は好きになってもらえなくても、相手には幸せになって欲しいと思ったんだ」って言ってたのは、犬になつかれていない時期のことって考えれば、話はつながるけど。
さすがに犬のことを犬って明かさずに人間のようにヒメに話してたんだとしたら、電波すぎるしな。。。

ファントムさんも、いい感じでした。
次回予告を見たときにはどうなることやらと思ったけど、つかず離れずのいい関係ではありませんか。
最後の「ごちそうさま」は素晴らしかったよもう。
やっぱりファントムさんもミラージュ様に忠実なだけで、根っからの悪人では無さそうですな。
というよりブルーさんに、

ファントム「きさまのせいだ、ミラージュ様が変わってしまったのは!」

って言ってましたが。
この言葉から察するに、ファントムさんはミラージュ様が変わる前(キュアミラージュの頃?)からの知り合いだったってことになりそうですが。
となると、ディープ・ミラーとファントムさんは、もともとは特に関係なかったってことになるな……。
前々回、口元の笑みが似てたのは、特に意味なかったんだな。

ファントムさんが巫女ミラージュの回想をしてたとき、下から見上げるような視線だったのが気になるな。

140907mp4_000942737_r

これって子供とか小動物の視線ですよねぇ。
実はファントムさんはミラージュの妖精で、正体はリボン達みたいな姿をしてるとかだったりするんだろか。
スマイルみたいな前例もあるしのう。

グラさん「なげぇ旅だったな!」

それで今週のヒメ。
あんまり出番なかったけど、「あれ」のことが心配でご飯も喉が通らないといいつつおにぎり食いまくったり、眠れないと言いつつ熟睡してたり、ベタなコントが素敵だった。ああいうやりとり好きだなぁ。
無神経なヒメに対するグラさんとリボンの微妙な表情も面白かったですが。
しかしファントム拾うだけ拾って大使館におきっぱなしで帰ってしまうゆうゆうもたいがいですな(笑)

あと戦闘で例によって弾丸マシンガン撃ってましたが。
ハニーの歌でパワーアップして迫力は増してたけど、普通に腕でガードされてたな。
パワーアップしても弱い……(笑)

メグミも今回あまり出番なかったですが。
冒頭、先週キメたハピネスビッグバンの効き目がまだ抜けきってないみたいで、テンションが異様に高かった。
イオナさん押し倒したりしてたし。
久しぶりに変な歌が聴けて幸せだった。変な歌本当に久しぶりですな。
最近口の中の人もあまり出てこなくなってさびしい。

それでイオナさん。
中の人がチョコレートのCMで熱いことになってますが。
この枠でもやらないかなと期待してたけど、やらなかったな。

それはともかく。
イオナさんもあまり出番なかったけど、ファントムに危害は加えないって自分から言った所は熱かったな。
姉は捕まったままだし当人はまったく許してはいないんだろうけど、場の空気を乱さないためにあえて自制するあたり大人だなぁと。
さすがまこぴーの後輩だけあるぜ。

しかし逆に、ファントムさんに挑発されてましたが。
ファントムさんを倒しても、捕まった人達は元に戻らないみたいですな。
逆に言えば、ファントム倒さなくても助けることはできそうですが。いずれ味方になる伏線かもしれん。

あとフォーチュンさん、今回フォーチュンシェイキングスターなる新必殺技で再び尻タンバリンやってましたが。
技を放つとき、正拳突きを撃つような感じになるのがかっこよかったな。イオナさんの空手技が生かされている。

140907mp4_001384270_r

これってバンクだと思いますが、浄化技でもないのにバンクってめずらしい気がする。

そして、今週の敵はオレスキーさん。
でっかい木のサイアークを作って、プリキュア達をおびき寄せるという天才的な作戦を行っていましたが。

オレスキー「プリキュアハンターのくせに、プリキュアに看病されてるとは、こいつは傑作だぁ」

ごもっともです。
今回はほとんど戦闘シーンもなかったですが。
ハニーがファントムを逃がしたあとに、歌いながら飛んでくるくだりは、まるで終盤戦を思わせるような胸に染みいる流れだった。
まこぴーが歌いながら戦った例の回を思い出す。

それで例のシャイニングメイクドレッサーでトドメ。
なんかメイクが薄くなっていた。やっぱりスタッフもケバいと思ってたのか!

オレスキー「あはは、あははははは~」

この人、今回なにしに来たんだ(笑)

最後に、ファントムがちゃんとおかゆを食べてくれた他ことに感動したゆうゆうがリボンをこちょこちょ。
ゆうゆうがこちょこちょしたのって、なにげに初でしょうか。

ファントム「ごちそうさま」

で、終了! ファントムさん。。。

そして次回。
今度はイオナさんの恋愛話。
恋愛禁止はどこへ行ったのか。もはやブルーさんに対するあてつけにしか思えなくなってきますが。
イノセントフォームとやらにパワーアップもするみたいです。イオナさんが最初なんだな。

恋愛相手は、さすがに今回はセイジというわけではなく新キャラみたいですが。
ABCの解説によると、相手はユウヤという人らしい。
最後はインベス化して殺されるんだな……(違

まあ例によって結ばれることはないとは思いますが。
あかねのブライアン回みたいな、さわやかないい話になるんじゃないかと期待しております。

第27駅 新たな力を

こんばんは!
今日は日曜日なので、烈車戦隊トッキュウジャーを見ましたです。
今回は、新幹部が登場して赤がパワーアップする回。
イマジネーションの楽しさを赤が再確認してたりと、地味にいい話でもあった。
なんかイマジネーションがらみの話になると、変に感動する。

新幹部も登場してましたが、モルク侯爵と言うらしい。
一番の古株で、爵位も結構高い。
これで女性幹部が二人になりましたな。どちらもおばさんですが。
しかし女性幹部二人ってめずらしいな。
顔出し女性幹部が二人ってことはあったけど、着ぐるみ女性幹部が二人って結構レアケースではないか。

あと久しぶりにザラムの姿も見られました。
というか、過去の姿は捨てたもんかと思ってたけど、普通に元に戻れるんだな。

そんな冒頭。
朝からいきなりライトに異変が起こる今日のトッキュウジャー。
ライトの機嫌が悪く、朝ご飯も食べようとしない。
ご飯が喉を通らないライトなんて……飼ってた犬でも亡くなったのか?(違

そして最近出番の少ない関根さんが登場。

車掌「窓辺に立つ蔵です」

そして関根さんからハイパー烈車が支給される。
ハイパー烈車はトッキュウジャーの力を大きくするものだそうですが。
「どんな風に」と青が聞くと、関根さんが幼児帰り。

車掌「わかりまちぇん。だけどぉ、ハイパーっていうくらいだからぁ。ぴゅ~!ぴゅ~!」

これはいったいなんのものまねなんだ(笑)

ともかく察しろとチケット君。
ハイパーは強力だから、いつもどおりのイマジネーションでは無理とのこと。
それは一番イマジネーションの強いライトに渡される。
それで出撃したところで歌を隔ててCM。

「雷牙」とかいう運動靴のCMやってたけど、瞬足はどうしたんでしょう。
コマリヨーなんてメーカー初めて聞いたです。
それにしても熱いネーミングだ。

それで本編。
シャドーラインで、お知らせ。

声「お知らせいたします。ただいまレインボーラインの烈車が入線してまいりました。そこが奴らの終着駅となる」

颯爽と登場するモルク侯爵。
なんか微妙にマツコデラックスっぽい。

モルク「闇の皇帝ゼット!」

モルク侯爵は、ゼットさんのお世話をしていたらしい。
ワルズ・ギルとダマラスみたいな関係でしょうか。
モルク侯爵は、ゼットさんの闇が「その程度」でがっかりしたとのこと。
スケールでかいな侯爵。

一方、シャドータウンに入り込んだトッキュウジャー。
管理人のビショップと遭遇。フェンブレンか。
シャドータウンでは長く変身できないことも省みずに変身して戦う赤。
一気に倒そうとハイパー烈車を使おうとするけど、反応してくれない。

やられてしまう赤。その身体に触ってみると、すごい熱。
緑が代わりに戦うけど歯が立たず、橙の救援の元、退却。
町を走っていると、仲間が次々と消えていき、みんな孤立してしまう。ザ・エンドみたいだ。

橙が言うには、この町は方向感覚がなくなってしまうとのこと、
この町の人間はどこにもたどり着けなくなってしまい、それによって闇が生まれるとのこと。
昔ライブマンでもそんな話あったっけな。町が迷路になるヤツ。
それで、橙がみんなを集めるので、その間に赤はどうにかしてハイパー烈車を使えるようにしろと提案。
今日は橙がやけに頼りがいがある。

CMを隔てて後半戦。
ハーモニカを吹く橙。目ではなく、音を頼りに進めとみんなに示唆。
しかし、橙はハーモニカの音で敵にも発見されてしまう。
襲われる橙。仕方なしに、トッキュウジャーではなく元のザラムの姿へと戻って戦い。
ザラムの姿なら、いつまでも変身してられるっぽいですな。
なら前にシャドータウン行ったときも……とか一瞬思ってしまったが、あのとき橙は別行動だったか。
しかしザラムの姿だとなにができるんだろうか。もう雨は降らせそうもないし……。

そうこうしているうちに、ゼットさんとモルク侯爵がやってくる。

モルク「トッキュウジャーか。まったく美しさの欠けらもないな」

モルク侯爵の指示の元、再びビショップ方高い。
青が立ち向かうけど、なんかボコボコに(笑)

ゼット「モルク、なにを見せる気だ」
モルク「陛下の弱さ」
ゼット「なに?」

一方、赤。
ハイパー烈車の使い方が分からなくて、若干焦っている。
そうこうしているうちに、両親の元に返りたくて、壁に落書きをしながら想像して励まし合っていたらしい姉弟の姿を発見。

赤(イマジネーション、あれって、強さって意味じゃないのかも)

勝つことばかり考えてたけど、イマジネーションはもっと自由で楽しんでもいいんだったと気づく赤。
赤の態度がおかしかったのも、赤は余裕を無くしていたとのこと。

赤「絶体帰れるからな。このイメージ、もらってく!」

それで赤が他の色達の所に駆けつけ、特急チェンジ。
ハイパー烈車を身に纏って、黄金聖闘士に。

ザラム「くっ、負けたかもしれん」
緑「なにに?」

さすが黄金聖闘士だけあって、スピードが速くなってます。たぶん光速くらいにはなってる。
パンチ一発当てただけなのに、ビシバシ何発も当たってたのはライトニングプラズマみたいでかっこよかった。
ゴールドクロスから蒸気みたいなのが出てましたが、赤の烈車にあわせて蒸気烈車型なんですな。
他の色達も、それぞれの烈車のタイプのヤツがもらえるのかな?

ゼット「ライト、てめえはなぜそう簡単にキラキラを手に入れる」
赤「簡単じゃない。みんなと、この町の人ががんばったからだ!」
ゼット「それを簡単って言うんだ!」

確かにゼットさんは全然キラキラ手に入れられないからな。
グリッタ嬢に食われるようなことしてまでやっと手に入れてるのに比べれば、赤の苦労なんてたいしたことないな。
さっき言ってたモルグさんが見せるって言ってた「陛下の弱さ」ってのはこれのことでしょうか。
他に思いあたる所がないんだけど。。。なんだったんだろうか。

きらきらを赤から奪おうと変身するゼットさん。
赤も負けじと小宇宙を放ち、闇と光の小宇宙が激突する。
それで、大回転キャノンなる兵器を持ち出す赤。

赤「ハイパー終電クラッシュ!」

しかし、ビショップが身をていして皇帝閣下を守る。
ビショップなんて忠義に厚いヤツなんだ。同じビショップでもどっかのフェンブレンとは真逆の性格だな。
見たいものは見られたと、退却するゼットさんとモルグ侯爵。
ビショップが巨大化してのロボット戦は、超超トッキュウダイオーになってほとんど一蹴の消化試合。

戦闘後。
風邪を引いている一同。
赤は風邪を引いていたらしく、それを全員にうつしてしまった様子。
みんなが激しくわがままになって、ライトがこき使われたところで、終了!
関根さんのみならず、チケットさんまで風邪を引いていた。
もう生きているとしか思えない。以前、関根さんが外してたのは気のせい。

そしてEDがようやく復活。終わってなくてよかった。
烈車紹介も久しぶりに復活だけあって大物というか、蒸気機関車が紹介されてたな。
昭和5年生まれの一番古いSLらしい。うむ。

そして次回。
赤と他の色達が戦う様子。
一号がまさかの暴走パニックらしい。去年の赤もパワーアップの際に暴走してたな。
プリキュア同士の戦いはタブーらしいけど、戦隊は普通に仲間同士でも戦いますな。
久しぶりにノア婦人が出てくるようですが、モルグ侯爵に発破でも掛けられたのだろうか。
そろそろノア婦人の見せ場が欲しい。

2014年9月 5日 (金)

時計詐欺に遭遇したり、ドラえもんを見たり

こんばんは。
今日、近所を歩いていたら、突然車が脇に止まって、中からサラリーマン風の人が話しかけてきたのです。
「余っちゃったからあげます」とかいわれて、白い小箱を差し出してきたのですが。
どう考えてもうさんくさいので「いらないです」って言ったらそのまま行ってしまった。

高級時計と称した安物を売りつけてくる時計詐欺ってのは聞いたことがあるのですが、「あげる」とか言われるのは聞いたことなかったので、帰ってからネットで調べてみたのですが。
そういう詐欺もあるらしいですな。これも時計詐欺の一種らしいですが。
余ったからと腕時計をくれて、それを受け取ると「飲み会のお金をカンパしてくれ」とかいわれて一万円くらいせびられるとのこと。

うぅむ。なにげに貴重な体験をしてしまった。
都心ならばともかく、あんなのどかな田園地帯で詐欺に遭遇するとは。。。
皆さんも注意して下さいまし。

それはともかく、今日もドラえもんを見たのです!
ドラえもんの誕生日と言うことで、恒例の1時間スペシャルだった。
ヒロインの子がやって来て、地底を冒険するという話。

ジャイスネやしずかちゃんはほとんど話に絡んでこないシンプルな話でしたが、ちゃんと冒険していて楽しかった。
ヒロインの子もテンション高くて楽しかったし。やたら魚肉ソーセージ食ってたり。
岩盤や埋没林のうんちくをドラえもんが語る所なんて、古き良きドラえもんって感じで良かった。
こういう科学的知識を楽しく学べるところが、ドラえもんの良いところ。

しかし、先週の予告で「地上最大の兄妹ゲンカが勃発!?」みたいなこと言ってたので実に期待していたのですが。
全然ケンカなんてしてないのは、どういうことでしょう。
ドラえもんとドラミさんの二つのグループに別れてガチの戦いが繰り広げられるものかと期待してたので、ちょっと肩すかしであった。

ネズミとゴキブリで両者が混乱して武器を撃ち合ったりはしてたけど、あれをケンカというのはちょっと無理があるよなぁ。。。
予告で言ってたドラミさんの「絶体に許せない!」なんて、言ってすらいなかったし。
まあ、あれはあれで面白かったのでいいのですが、やはり残念。
いつかちゃんとやってくれないものか、ドラ対ドラミ。

ともかく期待とは違ったけど色々面白かったです。
しかし実を言えば、今回一番面白かったのは、途中で流れてたチョコレートのCMだったりする。
キャンデリラさん、なにやってんだ……(笑)

2014年9月 3日 (水)

仮面ライダー鎧武の43話をみる

こんばんは。
今日は仮面ライダーの鎧武を見ました!!
コウタが瀕死になって、光実くんが絶望して、カイトさんが変身して、戦極さんが死ぬ回。
内容が盛りだくさんですこぶる面白かった。

とりあえず、光実くんが生き残って良かった。
なんか死ぬより辛い目に遭ってるような気がしますが、まあいずれ元気になるだろう。
カイトさんも敵役として貫禄が付いてきたし。
いろいろとごちゃごちゃしていた話が、ようやく一つにまとまってきた感じです。

マイ似の金髪少女の正体も明かされました。
ほむらちゃんでした!(違

あの子は、黄金の果実の力を使って過去に遡り、コウタたちに思い直させようとする現在のマイであった。
でも結局言葉は届かず、それをサガラに利用されてしまうという、無駄に場を混乱させただけの人だった。
なんか重要なキャラのようで、あんまり意味の無いキャラだったような……。これからまた何かやるとは思うけど。
しかし鎧武にまでタイムリープ要素が絡んでくるとは。まどかマギカ化が進行しておる。

ともかく、コウタ。
今回はほとんど寝てるだけでしたが。
コウタの身を呈して光実くんを説得するシーンは感動したです。
あのまま倒しちゃったらどうしようかと一週間不安でしたが、やっぱりコウタはちゃんとしたヒーローやってくれた。
こう言うのが見たかったんだ。
やっぱりヒーローたるもの、自分を犠牲にしてでも仲間は助けなきゃな。

しかしその後、光実くんが瀕死のコウタを放置して行ってしまったのには笑いましたが。
もう完全に死んだものとして片付けてるというか。
せめてファブリーズくらいしとかんと。

コウタがこのまま死ぬわけ無いので、来週あたりマイの力で復活させてもらうのかな。
できれば人間として復活させてもらいたいものですが。
カイトさんもオーバーロードになっちゃうし、人外対決になるとなんか救いようがなくなってしまう。

次に、光実くんと戦極さん。
コウタに許してもらった光実くんは、自分に許してもらえるだけの価値を見いだすために、マイを救いに戦極さんの元へ。
しかしマイの身体は心臓ごと禁断の果実を抜き取られて、すでに死亡。
変身してやっつけようとするけど、変な装置でドライバーがあっさり壊される。

戦極さんの手際の良さにしびれるな。
元々ライダー同士の衝突は想定内だったので、ゲネシスドライバーにはブレーカーが仕込まれていたとのこですがと。
戦極さんの驚異は、古いドライバーのままよくわからないロックシード使ってどんどん強くなっていくコウタだけだったそうな。
知らんかった。

戦極さん「それにしても君は本当に子供だなぁ。大人の手口というものをまったく分かってない」

泣きわめく光実くん。
戦極さんに説教されながらボッコボコに。

戦極さん「タカトラに教わらなかったのか? なぜ悪い子に育っちゃいけないかその理由を。嘘つき、卑怯者。そういう悪い子供こそ、ほんとに悪い大人の格好の餌食になるからさ!」

戦極さん、この期に及んでいいこと言います。
テレビを見ているちびっ子達への最後のメッセージでしょうか。
しっかり自分のことを悪人だと自覚しているあたりもいい。

光実くんは本当にみじめなことになってますな。
光実くんも一応狡猾な知性派としてやって来ましたが、戦極さんが完全に一歩先を行ってる感じが熱い。
この当たり、初期の頃やたらと強調されていた「大人と子供」との違いをしっかりと見せつけてくれてる感じです。
普通この手のことを強調すると最後はたいてい子供が勝つものですが、大人が勝ちっ放しってところがすごい。

まあ、最後は大人の戦極さんもカイトさんの裏技でやられてしまうわけですが。。。
光実くんもこのまま沈んで行くとも思えんので、最後に名誉挽回のすごいことやってくれるんじゃないかとちょっと期待しています。

そして今週のカイトさん。
先週次回予告で全てを持っていったカイトさん。期待を裏切らない活躍っぷりでした。

カイトさんもすっかり戦極さんの術中にはまってドライバー破壊されてましたが。
「ならば!」とかいって古いドライバーを早速取り出してたのは、凄いと思った。
結構かさばりそうなのに、いちいち持ち歩いてるのかと(笑)
なんかカイトさんのコートの内ポケットの中には、色んなものが詰め込まれてそう。

それで古いバナナでデュークと戦うけど歯が立たず。
傷も痛いしもうどうにでもなれってことで、ヘルヘイムの実を食す。

戦極さん「正気か、きさま!」
カイトさん「初瀬と同じくらいにはな」

カイトさんが初瀬くんのこと覚えててくれて、ちょっとうれしかった。
この前一緒にサッカーやって思い出したのかな。

しかし初瀬くんは雑魚のインベスにしかならなかったのに、カイトさんはオーバーロードに。
初瀬くんと違ってすげーかっこよくなった! しゃべり方まで変わってるし。
一体この違いはなんだ! 初瀬くんのなにがいけなかったんだ!
やっぱり変わり果てても意識を保っていられるほどの精神力の強さとかそういうものでしょうか。
初瀬くん……。

戦極さん「ゆるさん、ゆるさんぞ! 私のドライバーに頼らずに、人間を越えるなど!」
カイトさん「なるほど。それがきさまのこだわりか。案外つまらんプライドだな」

圧倒的なカイトさん。戦極さんをボッコボコにして、思いっきり胸パン。
吹き飛ばされた戦極さんは壁にめり込む。ここで潰れない当たり、戦極さんえらい頑丈。

戦極さん「そんな姿になりはてて。長く持つものか。いずれきさまは破滅する。それがきさまの、うん、めい……」

ビルから転落して戦極さん死す。あぁ。。。
それで変身を解除して運命にも屈しないと言って去って行ったところで終了。
普通に戻れるのかと。

そして次回。
カイトさんが新世界の王となる様子。

カイトさん「俺はこの世界を破壊し、愛と黄金の果実を手に入れる」

愛……? カイトさん突然なにを言い出すんだ。
愛と、黄金の果実なのか、愛の果実と黄金の果実があるのかよく分かりませんが。
カイトさんも愛に飢えていたんだな。ここに来て意外な事実(笑)

※追記:愛じゃなくて舞でした。カイトさんは愛には飢えていなかった……。

しかしあと四回か……。
カイトさんと戦うことだけに四話を費やすのはちょっと多すぎる気がしますが、最後にもう一波乱あるのかな?
というか、光実くんをあそこまでして助けたコウタが、カイトさんを殺すってのはちょっとキャラがぶれてしまうし。
真のラスボスが出て来て、最後は力を合わせて戦うみたいになりそうな気がしなくもない。
それに実も蓋もない話ですが、ライダー大戦みたいなオールスター的な映画もこれからやっていくんだろうし、カイトさんみたいな主要キャラは殺せないのではないか……(笑)

2014年9月 1日 (月)

ハピネスチャージプリキュアの30話をみる

こんばんは!
今日はハピネスチャージのプリキュアを見たので、それの感想でごわす!
しかし今回は濃い話だったが、また次回予告が凄まじいことになっていて……。
なんだか毎週予告に持ってかれていく。

OPが地味に変わりましたな。
くるくる変身するところにフォーチュンさんが加わったり、最後のほうがごっそり入れ替わったり。
しかしせっかく変わるなら、どっかにファントムさんも入れてやってほしかったぜ。
あと最後のおたよりを紹介する所も地味に変わって、ゆうゆうとイオナさんが加わってましたな。

今週のお言葉は、ミルキーローズさんでした。
ローズさんについてはさっぱり知らんのですが、NS3ではクレーター作っててすごかったな。
なんかムーンライトさんやエースさんに似た貫禄を感じます。
ともかくこれで、5組もコンプリートですな。
あとはホワイトさんとサニーさんとミューズさんとまこぴーか。期待が高まる。

それで、今回のハピネスチャジー。
今回は、ファントムさんことアンラブリーさんとひたすら戦う話。

ファントムさんは幻影を操る戦士らしい。だからファントムなんですな。
その力でアンラブリーさんを生み出してましたが。
でもそれってミラージュ様に新しくもらったとかいってたし、他に幻影なんて使ったことないし。
一体どこら辺が幻影操る戦士だったんだろうか……(笑)

揚げ足とりはともかく、アンラブリーさんがちゃんと女性の声でよかった……。
ファントムさんの声のままだったらどうしようかと。
最初変身してもなかなか声出さなかったので、ちょっと緊張してしまった。

アンラブリーさん期待通りかっこよかったぜ。
電柱使ったアクションもかっこよかったし、精神攻撃も素敵でした。
なんかもうラブリーに耳元でささやいてる所なんか変にエロいし。中身男なのに。
ラブリーのピースさんばりの絶望顔も熱かった。
そしてアンラブリーさんの変顔も熱かった。

140831mp4_001049599_r

しかしアンラブリーさん、今週で終わりっぽいですな。残念。

140831mp4_000996219_r

こんなに電柱が似合う女の子はなかなかいないというのに。
アンプリンセスとかはでてこんのかなー。
プリンセスは過去に色々過ちを犯してるから、精神攻撃もやりがいがあるだろうに(オイ

今回はミラージュ様のプリキュア時代の姿も回想されてましたが。
キュアミラージュって、まさかの名前そのまま。
ミラージュさん、プリキュアになると一気に凛々しくなりますな。
ブルーと地球の見える場所でデザートデビルみたいなのと戦ってましたが。おまえら一体どこにいるんだ(笑)

シャイニングメイクドレッサーもついに真の力を発揮。
全員が化粧してEDのスーパーシルエットみたいになるのかと思ったけど、まだ変身はしない様子。
ハピネスビッグバンでファントムさんをやっつけてましたが。
以前のフォーチュン戦といい、ファントムさんが新兵器の実験台と化している。

それで、今週のメグミ。
やっと出番が回ってきたという感じです。いつ以来だ。
ブルーさんとぴかり神社に行った所にファントムさんに襲われるという、前に見たような展開でしたが気にしない。

ファントムさんとの空中戦やたらかっこよかった。
ゼロ射程のパンチングパンチとか熱すぎるのだが。一瞬貯めるところがすばらしい。
いつの間にか、ラブリーってはファントムさんに匹敵するほどに強くなってたんですな。
やっぱりこれって、イオナさんの例の特訓のおかげなんだろうか。
奇行にしか見えなかったというのに……イオナさん恐るべし。

ファントムさんは、アンラブリーさんに変身してラブリーを言葉責め。
メグミは子供の頃から「ありがとう」って言われるのがうれしくてどんどん人助けをするようになったけど、本当はだれの役にもたてない弱い子云々。
それに心が折れて、力が出なくなってしまうラブリー。

メグミって以前ホッシーワさんに、人助けをして調子に乗ってる、みたいなこと言われたときもかなり凹んでたし。
想像以上にメンタルが脆いところがありますね。たぶんヒメより脆い。

メグミはプリキュア活動で間違いなく人を救ってるし、周りの人達からも日常的に感謝されているのだから、誰の役にも立てないなんてことはまったくないわけですが。
ちょっと人から悪く言われただけで思いっきり真に受けてしまうのは、何でも自己を省みずに突っ走ってしまう性格が災いして、自分のことを客観的に見ることができないんでしょうね。
だから「ありがとう」を言われれば言われるほどテンション上がるけど、同じように悪口言われれば言われるだけ凹んでしまうんだろうな。

ともかく凹んでいるところを、プリンセス達が救援にやってくる。
アンラブリーさん、プリンセスの急降下ダイブをあっさりかわした上に、フォーチュンとハニーの連係攻撃を一蹴してましたが。
なんか戦闘力もファントムさんの時より強そうですな。
もうずっとこの姿でいたほうがいいんじゃないか。そうであるべきだ!

それでアンラブリーさんが行ってしまったあと、プリンセスがラブリーを慰める。

プリンセス「ラブリーはそれでいいんだよ。迷惑だなんて思ってないんだから!」
ハニー「私たちはがんばっているラブリーにいつも引っ張ってもらっているんだよ」

こういうのって、ヒメが言うと説得力あるな。
メグミがいなかったらずっと人見知りのままだったろうからな。助けられた本人の言葉はでかい。
こういう持ちつ持たれつの関係はいいですな。まさに情けは人のためならず。

ラブリー立ち直って、再びアンラブリーさんの所へ。
そしてシャイニングフィンガーVSダークネスフィンガー。

ラブリー「大好きな人達のために戦う。キュアラブリーは、キュアラブリーは無敵なんだから~!」

で、アンラブリーさん撃破。
OPの台詞で締めるところが熱い!
いずれ二番の「キュアプリンセスは最強なんだから~!」もどっかでやってくれるだろうか。
「プリキュアの魂が輝く限り~」は最終回あたりで言いそうな気がする。

それでシャイニングメイクドレッサーが真の力を発揮して、長いバンクが始まる。

リボン「あつまれ、ハピネスな気持ち~!」
グラさん「高まれ、イノセントな思い!」

リボンとグラさんが必殺技に参加してるのが、ちょっとうれしかった。
しかしみんな化粧してたけど、なんかけばいな……(笑)
去年のエースさんに続いての口紅押しですが、やっぱり女児には口紅って人気なのかな。

そしてハピネスビックバンなる必殺技で、ファントムをやっつけると共に多幸感に包まれる一同。
ハピネスビックバンは、みんなを幸せにするすげー技だそうです。くらった人だけは瀕死ですが。

ラブリー「私、幸せすぎて、気持ちが大爆発しちゃうよ~!」

まるで、うきうきわ……。
あんまり使いすぎるとこの前のドラえもんみたいな修羅場と化すぞ。

そして死にかけているファントムさんがうつったところで、終了。
この瀕死の男が新たなる火種に。。。

そして次回。
ハワイに続いて再びのゆうゆう回。
ゆうゆうが死にかけのファントムを拾ってくるという超展開です。
なんかふとヒュンケルを思い出してしまいましたが。
瀕死のファントムをゆうゆうが膝枕して、ハニーキャンディ食わせるんだな。

ファントム「聖母だ……!」

ゆうゆうとファントムが二人が抱き合う耽美な映像が流れていて驚愕でしたが。あれはヒメの妄想だろうか。

140831mp4_001729610_r

しかしイオナさんはまだファントムさん許してないだろうし、去年のレジーナとまこぴーみたいになってしまいそうですが。
ゆうゆうがファントムを改心させて、テンダーさんが戻ってくるって感じかな。
ともかくまだまだ目が離せぬ。うぅむ。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »