2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« スマイルプリキュアの43話とキルラキルの1話を今さらみた日 | トップページ | 第25話 おかえりなさい »

2014年3月30日 (日)

烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武春休み合体スペシャル!

こんばんは。
今日は「烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武春休み合体スペシャル」を見ましたです。
カテゴリどうしようかと迷ったけど、一応日曜なんでトッキュウジャー枠にしておきます。
語ってる内容は、鎧武の方が多いような気もしますが……。

ともかく合体スペシャルです。
うむ、おもしろかった。
すっかりシリアス路線の鎧武とはまた違った感じの鎧武が見られて、新鮮だった。コウタ生き生きしてたし。
ボケ倒す貴虎さんとか、いじられるカイトさんもよかった。
やっぱりこういうお祭りは楽しいな。
あと久しぶりにダンスが見られたな。まだ忘れ去られていたわけではなかった様子。

それでどんな話かというと。
トッキュウジャーの列車が普通に沢芽市に到着。
トッキュウの人達が駅前のダンスとかを眺めながら観光していると、地下帝国バダンなる集団のモグラロイドが現れる。
トッキュウの人達が戦おうとすると、横からオレンジを頭にかぶる変な男が現れて……という話。
前半はトッキュウ、後半は鎧武がメインという流れ。
VSといいながら、一瞬もトッキュウとライダーは敵対しませんでした。

それでコウタとライト。
この二人が友情を育みつつ戦っていくという話でしたが。
原作で色々悩んでいるコウタに比べると、今回のコウタはそれほど悩みも無さそうだし熱血な感じで、普通にヒーローやっていたな。
同じようなタイプのライトとも気が合う感じで、この二人のコンビはなかなかいい感じでした。

ライトは速攻でヘルヘイムの果実を食べようとしていた。
森に入った時点でやばそうだとは思ってたけど、期待通りのリアクションでうれしかった。
それとクラックが消えたときの「お、チャックが締まった」って台詞も素敵でした。鎧武では聞けない突っ込み。

それでなんだかんだで二人は意気投合。ライトは列車にコウタを案内。
コウタも想像力があるので、列車が見られるみたいです。意外だな……(ヲイ)
でもコウタの分のパスがないので列車には入れないことに、自動改札機についたところで初めて気づくライト。遅い。

そこに鳴滝なる謎の男がやってきて、コウタの分のパスをくれる。
この人、結局何が目的だったんだろうな。ここに出て来たっきりでしたが。
ヒーロー大戦に出て来たときも意味不明だったし。
ディケイドのキャラみたいですが、見れば正体分かるんでしょうかね。分からなそうな気がするけど……。
とりあえず、関根さんとは知り合いらしい。

それで電車に乗って、ライトや帰ってきた男性陣に沢芽市の秘密をべらべらしゃべるコウタ。

コウタ「この町は、ヘルヘイムの森に飲み込まれてしまうんだ。この町の人達は知らないし、たとえ知ったとしても逃げる方法はない」

ユグドラシルが必死で隠してたことを、そんな安易にしゃべっていいのかコウタ(笑)
しかし「この町」ではなくて「この世界」ではないのか。
別に沢芽市だけの話ではないと思うんだけど、なんで「この町」っていったんだろうな。
沢芽市だけの問題なら、電車で他の町に行けば逃げられるし。。。

ともかくきみたちは関わらないほうがいいと、一人で去って行くコウタ。
一方、光実くんは貴虎さんに報告。

貴虎さん「地下帝国バダン? 光実……疲れているようだな」

貴虎さんが「地下帝国バダン」って真面目に言ってるのが、なんかものすごい面白いのだが。何でこんな面白いんだ。

それでなんやかんやでモグラロイドがインベスを呼び出してしまって、トッキュウジャーの人達が関根さんの制止を振り切って戦いに赴く。
駆けつけたコウタは、関係ないのに「なんで」と問いかける。

ライト「俺、頭悪いからさ。この町のことは分からないけど。とにかく危ないってことは分かるよ。いくらトッキュウでも黙って通過できない。それだけ」

ライトのキャラいいな。鎧武にはいないタイプ。
コウタもその言葉に触発されて「俺も頭悪いんだったな! 難しいことは全て後回しだ!」と戦いはじめる。
原作でもこれくらい親身に明るく手助けしてくれる人がいれば、コウタも救われるだろうに。
コウタの元気な姿が見られて、あたしゃうれしいよ。

それでやられそうになったインベスは、ヘルヘイムの実を食べていきなり巨大化。
ヘルヘイムの実にはあんな効果もあるんか。
トッキュウジャーがいないときに巨大化されたら全滅だな。

そして貴虎さん。背中越しにロボットが戦ってることに気づかずに、

貴虎「なに? 巨大なロボがでっかい怪物と戦ってる? そんなバカな話があるか。仕事に戻れ」

あれに気づかないとは、貴虎さん大物だな。
そしてロボット戦終了後、お互い理解し合ったカイトとコウタ。
コウタが、マイをこの町に置いとくのは危険なので、列車に乗せてやって欲しいと頼む。

このあたりから、鎧武パート。
モグラロイドと戦ってるコウタと光実くんの所に、ようやくカイトさんも合流。
戦闘後、事情を説明する二人。

カイト「地下帝国、バダン?」

しかしカイトさん、倒すべき相手は他にいると相手にしてくれません。
「見慣れない敵だな。面白い」って自分から首突っ込んできたのにな。

一方、トッキュウジャー。
せっかく列車に避難したマイですが、ワゴンに全部事情をばらされて、隣の東沢芽駅で下車。この特急は各駅停車なのかと。
そしてマイはモグラロイドに掠われてしまう。

CM隔てて、駆けつけてくる光実くん。
「一緒にいながらどうして!」と、ライトの胸ぐらを掴む。
光実くん熱いな。こんなに感情的になったのはじめてじゃないか。
そして光実くんが本気になる。
兄の貴虎さんにも協力してもらって、クラックの出現パターンから敵のアジトをあっさり見つけ出す。
光実くん怒らせると怖い。

敵の本拠地に行ったところで、カイトさんも「ひまつぶしだ」とやってくる。
カイトさんのツンデレっぷりが、原作よりも際立ってるな。
それでカイトさんと光実くんが、敵のビルの前でカチドキアームズみたいな旗を背中に立てて茶番劇。
二人の所にモグラロイドをおびき寄せる。
その隙にコウタ達がマイを助け出そうとするものの、こちらにもモグラロイドは現れる。
モグラロイドは兄弟だったという、衝撃の事実。

マイを人質に取られピンチにおちいるコウタとライト。
そこでライトがコウタと共に勝利のイメージを想像して、よく分からんけど逆転。マイを救出。
モグラを外に追い出して、ライダー、トッキュウジャー入り乱れての総力戦。
光実くんが久しぶりにキウイアームズ使ってた。
全然使わないので存在自体すっかり忘れてた。

それでトッキュウと鎧武に別れて、それぞれのモグラと戦い。
トッキュウ組がいい感じにモグラを倒そうとしたところで、頭に十五をつけたライダーが現れる。

十五「仮面ライダーフィフティーン。俺の計画を邪魔するヤツは、排除させてもらう」

それと同時に「昭和ライダー」と名乗る仮面ライダー三人組も登場。

1「仮面ライダー一号!」
2「2号!」
3「Vスリー!」
ピンク「三号じゃ、ないんだ」

ピンクの突っ込みが冴えている。
しかしライダーが自分たちで「昭和」とか名乗っとるのにはちょっとびっくりしたな。そのまんまというか。

赤「なんかよくわからないけど、まかせた」

トッキュウジャーは、モグラ叩きでモグラロイドを撃破。
十五もほとんど戦わずに、クラックの中に逃げて行ってしまう。短ッ!
それで昭和の方々も、淡泊に帰ってしまう。
そこに赤が、コウタ達とは一緒に戦わないのか? と問いかける

1「我ら昭和ライダー。平成ライダーと手を組むことはない!」

目の敵にされてる平成の若手達。ベテランの方々になにか粗相でもしたのか。

一方、コウタVSモグラ。
コウタが先週手に入れたカチドキアームズでパワーアップ。
適度にボコって必殺技。

「ロックオン! 一、十、百、千、万、億、兆……無量大数!」

ずいぶん途中端折りましたが、かっこいいな。
無量大数とかそんな数出されたら、もう最強じゃないか。
それで、バダンの計画はまだ始まったばかりだ、と捨て台詞を残してモグラ爆発。
「まだ始まったばかり」って、次はいつやってくるんだろうな。また来年の春休みか?

最後「まちはずれ」なる謎の駅から、出発するトッキュウジャー達。
コウタ達とも別れ。

ライト「いいもんだな。自分の町を、自分で守りたいという気持ち」
コウタ「俺もライトにあえて良かった。いいもんだな、仲間って!」

なんかコウタの台詞が切実……。
コウタには心から頼れる仲間がいないからな。
光実くんはなに考えてるんだか分からないし。カイトさんは説教ばかりだし。

しかしコウタって意外と背が低いんですね。
原作の時はあまり気にならなかったけど、ライトと並ぶとやけに小さく見える。
それともライトが大きいのか?

そして列車は出発。
カイトさんも一応見送りに来ている。
ライト達とはほとんど交流無かったのに、結構律儀ですね。
細い木の影に隠れて、バレバレなのが面白かったですが。

電車の中で、沢芽市の名物を食べてないことに気づくピンク。
そういえば結局彼女らはシャルマンにはいったのでしょうか。というかドリアン出てこなかったな。
それでワゴンが名物を持ってくる。「ユグドラ汁」が気になる。。。

そして最後、仮面ライダーフィフティーンが待ちを見下ろす。

十五「もうすぐこの世界が裏返るときがやってくる。その時こそ、俺の悲願は達成される」

世界が裏返るって、裏見がんどう返しでもやるのか。アクマロみたいに。
しかし板尾さんの声渋いな。。。

そんなわけで、一時間に及ぶ壮大な映画の番宣が終了!
面白かった!!
やっぱりコウタが生き生きしてたのが良かったな。
ライトとの関係もいい感じだったし。やっぱりああいうベタな友情はいいな。
原作だとすっかりシリアスになってしまって、コウタ悩み続きだしな。
なんかコウタの息抜きという感じで妙に和んでしまった。

ともかく満足でありました。
地底帝国バダンもまったく謎のままだし、またやった欲しいですな。
今度は夏休みあたりに!

« スマイルプリキュアの43話とキルラキルの1話を今さらみた日 | トップページ | 第25話 おかえりなさい »

烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

今公開してるライダー映画の前日譚になってる内容みたいですな

だから平成とか昭和とか区分けしてるだけじゃないですかね

しかし頭のライト光るのにびっくり
本編でも有効活用してほしい

いい感じに映画に繋げてましたよね。
まあ、昭和の他に言い方はないから仕方ないと思いますけどね。
メタっぽかったので、ちょっと驚きました。

頭のライト便利そうですよね。
いずれ本編でも使いそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル 感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(分家)]
烈車戦隊トッキュウジャー VS 仮面ライダー鎧武春休み合体スペシャル烈車に乗ってライト達が到着したのは・・・沢芽シティ駅そこで遭遇したのが地下帝国バダン・モグラロイドライト達、そして駆けつけた紘汰が同時変身!お互いの「え?」ってシーン結構面白かったフルーツパーラーでの情報交換後バダンやモグラロイドについて貴虎に報告する光実しかし「光実・・・疲れているようだ...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル [レベル999のgoo部屋]
内容 ライト(志尊淳)らの烈車が、沢芽市にやってきた。 シャドーに支配されていない平和な街に、笑顔になるライトたち。 が。。そこに、謎の怪人が現れる。 ライトたちは、すぐにトッキュウジャーに変身! するとそこにやって来た紘汰(佐野岳)が、“鎧武”に変身するの...... [続きを読む]

» 「烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武春休み合体スペシャル」 [Happy☆Lucky]
「烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武  春休み合体スペシャル」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャルを見ました。 ライト達を乗せた烈車が沢芽市へ到着し、舞達のダンスを見ていると、平和な空気を切り裂くように地下帝国バダンのモグラロイドと戦闘員が現れる。 「みんな、逃げて!」 「シャドーはいないはずじゃ…!?」 「なんかシャドーとは違う気がするけど…」 「ちょっと早く逃げて!」 「俺達なら大丈夫!」 「...... [続きを読む]

» 今日の烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル [地下室で手記]
シリーズ初の合体スペシャル、前にディケイドとシンケンジャーも同時にコラボしていましたが、あれはあれで、きっちりと番組の枠内でやっていたものだったのに比べて、今回は枠まで取っ払ってのという事になるので、カテゴリ区分で困りますね。 カグラが住んでいた街の絵を描きますが、小さい頃の記憶という事で、秘密基地がすごく大きいというか絵が小学生というか。 そんあこんなしているうちに次の駅、沢芽...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー VS 仮面ライダー鎧武 [破滅の闇日記]
仮面ライダー鎧武/ガイム 第三巻 [DVD](2014/04/18)佐野岳、小林豊 他商品詳細を見る  「烈車戦隊トッキュウジャー」は視聴していないのですが楽しめました。劇場版の宣伝スペシャルでしたね。地下帝国バダンについては、「仮面ライダーSPRITS」で知りました。タイガーロイドなどは別映画でも登場しています。モグラロイドはコミカルな雰囲気の怪人でした。仮面ライダー・フィフティーンや1...... [続きを読む]

» [スーパーヒーロータイム][ヲタ話]ぴかりが丘にはレインボーラインの駅はないんでしょうか(小並) [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 ハイハイ、いつもの定番ネタですよ。 というわけで、トッキュウジャーと鎧武の春休み合体スペシャル、という体の映画販促回(オイコラ)。 思えば数年前、ディケイドがシンケンジャーの世界に行く話は、特撮史に残る大事件であると同時に、作中屈指の名エピだったわけだ... [続きを読む]

« スマイルプリキュアの43話とキルラキルの1話を今さらみた日 | トップページ | 第25話 おかえりなさい »