2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 仮面ライダー鎧武の17話をみる | トップページ | ハピネスチャージプリキュア!の3話をみる »

2014年2月17日 (月)

始発駅 特急列車でいこう

こんばんは。
今日は日曜日なので烈車戦隊トッキュウジャーを見ましたです。
今日がついに初回のトッキュウジャー。
今年からはあらすじ書かずに鎧武とかみたいに普通に感想書こうと思います。
あらすじ書くとえらい時間かかるんで!
というかこれって毎年言ってますが、今年こそは本気。たぶん。

そんなトッキュウジャー。
うん、面白かった。
なんかゴーバスばりに色々と斬新な設定画取り入れられてる気がしますね。

とりあえず、関根勤さんが素晴らしっ!
賛否両論はあるだろうけど、個人的にはあのわざとらしい演技がツボでしょうがない。
チケット君との掛け合いも楽しかった。バエみたいでしたが。

勤「いまじね~しょん!」

トッキュウジャーはイマジネーションで戦う戦隊だそうですな。
想像力が強ければ強いほど、実際にも強くなりそうな感じです。
想像力でたたかうってなんかいいな。

あと戦闘シーンが斬新だった。
「乗り換え」が出来るみたいで、みんな色々と入れ替わっていた。
なんか面白そうではあるけど、果たしてこの設定をどうやって物語に生かすのか。
やっぱりゴーカイジャーのレンジャーキーみたいに、戦闘シーンで適当に入れ替わるだけかな。

あと「うちま~す」とか「きりま~す」とか言うかけ声がちょっと面白かった。
なんか聞き方によっては小馬鹿にされてるような響きが何ともいい。

名乗りも斬新でしたね。
「特急一号~」とかナレーションが入ってるだけで、当人はあいさつしてるだけという。
というかあれを名乗りと言っていいのか。

それで赤。
赤は今回コメディ担当なんでしょうかね。
いきなり子供の中に紛れて電車の中で寝てたりしてましたが。ピーターパンシンドロームな人でしょうか。
公式サイトによると、想像力はトップクラスで戦闘力もずば抜けているそうな。
今回も生身で戦ってたしなぁ。
名前はライトというみたいですが、この名前聞くたびにデスノート思い出す。
役者さんは「志尊 淳」というらしい。志尊って名字初めて聞いた。

青は、気真面目なタイプの人らしい。
名乗りのシーンで「どうも」とか地味にお辞儀してて面白かった。
「石橋を叩いて叩いて結局渡らないタイプ」らしい。
残念系男子とか書かれてるし、あんまりクールなキャラではないみたいですね。今回も戦闘前にすべったりしてたし。
ちなみに役者さんは1987年生まれで、五人のうち唯一の80年代生まれですな。
ピンクとは十歳以上離れてますが。別にノッサンみたいにおっさんキャラって訳じゃないんだろうな。

青の代わりに緑がクールなキャラっぽいですが。
緑でクールってめずらしいな……と思ったら、去年もそうか。
公式サイトによると、気分が乗れば赤の次に強いらしい。

黄色は男勝りなタイプらしい。
見た目からして、ゴーバスの黄色みたいですな。
戦闘中にキレてパワーアップしていた。

それでピンク。
天然キャラっぽいですが、想像力は高くて、なんにでもなりきって戦うとのこと。
赤に継いでイマジネーションが高くて、上手くはまれば無敵。
実際今回も、思い込みで強くなっていた。るろうに剣心の二階堂平方を思い出す。

まとめると、赤が一番強くて、気分が乗れば緑が一番強くなり、上手くはまればピンクが無敵。
結局だれが一番強いのか(笑)

この五人は、幼い頃遊んでいた五人が問答無用で集められたって感じです。
みんな同い年って設定なんですね。中の人は十歳以上開きがあるのに(笑)

一方敵キャラ。
デザインが非常にかっこいいですな。ゴシックなかんじで。
あんまり列車とは関係なさそうな気もしなくもないですが。
今回、雑魚兵士がやけにかっこいいですな。
帽子かぶって、なんかハードボイルド。幹部と言ってもおかしくないようなデザインだと思う。

ノア婦人ってバットキャワイーンみたいでしたが。
娘のグリッタ嬢を闇の皇帝のお后にするためにがんばっているらしい。

グリッタ嬢は普通に不気味。子供の頃見たらちょっと怖かったかも知れない。
「闇の皇帝のお妃の地位が決まっているが、実は…」とか書いてあるので、なんか裏がありそうです。
意外と姿は醜いけど心は綺麗、みたいなキャラかもしれんですな。
あのでかい着ぐるみがパカッと割れて中から美少女が出てくるとかだったら笑いますが。
声は、日高のりこさん。
すんごく久しぶりにこの名前聞いたような気がする。
プリキュアの國府田さんといい、ダンガンロンパの椎名さんといい、最近懐かしい声優さんの名前をよく耳に気がするな。
僕が知らんだけで普通に活躍してるのかもしれんけど。

あとはネロ男爵とシュバルツ将軍の二人。
どっちもまだキャラよく分かりませんが、ともかく容姿はかっこよい。

初回を飾る敵怪人は、バッグシャドー。
子供達を掠ってその泣き声から闇を集める男。
がま口って言ってたからカエルモチーフかと思ってみてしまったが、財布のほうだった。
闇駅名は「餓鬼捨て山」で、そこに子供達を連れて行こうとしてましたが。
今回の怪人は、それぞれに駅があって、そこに被害者を連れて行くって感じなのかな。

最後は変なバズーカの、子泣き地蔵レインボーラージとか言うのでやられてましたが。
敵に併せて毎回バズーカの攻撃が変わるっぽいですが。
ゴレンジャーストーム・ニューパワー作戦みたいですな。

それでバッグシャドー。
対人戦で負けたあとは、なんの説明もなしに巨大化。理屈考えるのやめたのか(笑)
烈車戦隊の方も列車があつまってきて合体。
ロボットが攻撃するたびにコクピットの背後にある電光掲示板に文字がでるのがちょっと面白い。

しかし今回のロボット細いですねぇ。うーん、びみょう。。。
なんかオモチャの方がかっこよくないかな。オモチャだと横幅があって重厚な感じが出てるので。

それで最後、五人が「きみたちは死んでるも同然」とか言われたところで、終了。
なんだかものすごい引きで終わりましたが。何が死んでるも同然なのか。
みんな仮死状態で想像力だけで生きてるとかか?

それでED。
って、なんかED短いな……。
電車の解説したあと速攻で次回予告。
今回ダンスもなしの様子。うぅむ。また投稿ダンスやって欲しかったな。
次回は、よくわからん。
緑とケンカしそうな感じですが。
ともかく驚きの事実があきらかになるとのこと。何が死んだも同然なのかが気になる。

ともかく烈車戦隊。
ネタ満載で、結構楽しいですね。
ストーリーの方はほとんど進んでないで分かりませんが、最後の引きを見るに付け、結構凝ったストーリーなのかも知れない。
ともかく、かなり面白そうなので、とりあえず今後一年間は楽しめそうです。うむ。

« 仮面ライダー鎧武の17話をみる | トップページ | ハピネスチャージプリキュア!の3話をみる »

烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

EDは列車紹介に徹するみたいですね。
OPにスタッフのクレジットも入れてたし。
ちなみにこんなの募集してます。
http://www.super-sentai.net/information/index.html
今日三本紹介してましたが、確実にネタ切れになるからその前に募集ってとこでしょうかね。

改札通らないと電車に乗れないってのは、子供に向けてのメッセージなんでしょうが、面白いアイデアですよね。

チケットくんのセリフも関根さん覚えてパクパクさせてるらしいので、ちょっと大変そうですね
よくみるとチケットくんしゃべってるとき関根さんの口が微妙に動いてるから、復唱かなにかしてるんでしょうけど。

5号の敵の倒し方が一番残忍な気がしますが(笑)
小さくして潰すとかって(^^;

ED短くてちょっと残念です。
事業者から募集って本格的ですね。しかしこれだと、素人は参加できませんねぇ(笑)

いちいち改札使ってロボットに乗り込むのは斬新でしたね。見えない壁に阻まれる赤が面白かったです。

関根さん結構熱演されてますね。役者としては素人同然なのにチケット君と二役ってのは大変そうです。

5号の倒し方えぐかったですよね。ちょっと引いてしまいました(笑)

ぎらつきのこれらのタイプは、完全に手頃な料金で提出されます。 オンラインゲームの漁師は、一般的に個人が華麗な偏光メガネを探してどのような有能な人々である。 これらのトライアスロンは密接ビームに依存太陽の色合い、ヨーロッパを禁止しています。さらに湖や川から上にmariningいくつかの釣りを行うと、あなたの色合いを利用し実用的である可能性があります。 さらに安価なぎらつき、これらのタイプの太陽からの光に属する危険な完全性はもちろんのこと、実際の刺激性。 だから、偉大なスノーボードのシナリオアクション、車やトラックのドキドキ、沖合漁業、ミネラルウォーターactivies、さらにはウィンドサーフィンのような野外活動を追求。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 始発駅 特急列車でいこう:

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第1話 [レベル999のgoo部屋]
「始発駅 特急列車でいこう」 内容 世界を闇に包もうとするシャドーラインが、 闇の烈車クライナーで、子供たちを連れ去ろうとしていた。 泣き叫ぶ子供たちを見て満足げなバッグシャドー すると。。。なぜか、いびきをかき寝入る青年ライト(志尊淳)がいた。 混乱する...... [続きを読む]

» 今日のトッキュウジャー 第1駅 [地下室で手記]
「始発駅 特急列車でいこう」 という事で、今日から新戦隊である烈車戦隊トッキュウジャー開始という事で。 電車という表向きのモチーフとイマジネーション、夢見る力、想像力がもう1つの軸という事のようですね。 子供たちが遊びの中で使う、ごっこ遊び的な想像力が想像だけではなく、実は実際にも起こり得るという事で。 そしてその想像力を光とするならば、闇もまた存在するという事で。 ...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第1話 〜始発駅 「特急列車でいこう」 [Happy☆Lucky]
第1話 〜始発駅 「特急列車でいこう」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 始発駅「特急列車でいこう」 [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーの第1話を見ました。 始発駅 特急列車でいこう 世界を闇で包もうと目論む悪の“シャドーライン”は、闇の烈車“クライナー”で子ども達を連れ去ろうとしていたが、子供達に紛れて一人の青年・ライトの姿があった。 そんな中、光輝く虹のレール“レインボーライン”が浮かび上がり、“烈車”に乗った4人のトッキュウジャーが駆けつけ、子供達を助けようとバッグシャドー...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第1駅「始発駅 特急列車でいこう」 [ジャオステーション]
今日から、はじまった烈車戦隊トッキュウジャー。 トッキュウジャーの5人は幼なじみ。 5人は、不可能を可能にする力イマジネーションを持っているから、特にライトはその力を持っている。 それでトッキュウジャーに選ばれたそうだが・・・・・ 乗り換えという列車らしい名や、烈車に乗り込むときにパスが必要というところはよかったと思う。 最後のチケットの言葉「お前たちは死んでるも同然...... [続きを読む]

» [ヲタ話][スーパーヒーロータイム]レインボーラインって事は、もう2色追加されるんだろ?(エー) [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 一人目はネイビーとして、問題はオレンジと紫、どちらをピンクにカウントするかだな(ソウカ?)。…ハッ、それで最後に鎧武がッッ!!(違うよ)。武器のモチーフは線路や踏み切りのようだし、装備は電線ウィップか分岐期ライフル、またはターンテーブルシールド、ロボは... [続きを読む]

« 仮面ライダー鎧武の17話をみる | トップページ | ハピネスチャージプリキュア!の3話をみる »