2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 仮面ライダー鎧武の18話をみる | トップページ | 第20話 再会 »

2014年2月23日 (日)

第2駅「俺たちはここにいる」

こんばんは。
今日は日曜日なので、トッキュウジャーです。

今回の戦隊はほんと戦闘が面白いですね。
烈車の上で戦うくだりとか凝っていて非常に見応えがあった。
ロボット戦も消化試合になることなく、ちゃんと内容のある戦いしてたし、楽しい。。。
しかし入れ替えの意味は未だによく分からない。

それで今回のトッキュウジャー。
決闘ヶ原なる駅に降り立って、敵と決闘する話。

「死んだも同然」から始まる今回のトッキュウジャー。
皆さん、ピンポイントの記憶しか無いようです。
それがどうしてなのかは、結局教えてもらえず。
それで話していたところに、マロンワゴンなるアンドロイドがやってくる。
なんかライブマンのコロンみたいな造形ですね。キャラは全然違うけど。
一回ムーンウォークやっていただきたい。

それで緑以外は、死んだも同然の件よりも食欲が勝り、みんなで駅弁食い始める。
食事してるとき、青だけ老けてるとか突っ込まれてましたね。
やっぱり中の人の年令この人だけ高いからな。

緑だけがずっといろいろ気にしている。
この人だけポジティブな他の色とはちょっとキャラが違うんですな。この人だけ重しになっている様子。
何でもポジティブな赤とネガティブな緑が対比になっていていい感じですね。
しかし緑がこんなに重要な役回りってなんかめずらしいような気がする。
大抵こう言うクールな役回りって、青か黒なんですけどね。
緑っていつもネタキャラだったり影が薄かったり、一歩引いたようなポジションが多いからなんか新鮮。

それで赤。
相変わらずのポジティブです。
自分たちは幽霊列車に乗ってるかも知れないというのに、それならお盆に帰れると決めつける。

赤「光、これは根拠のある想像だと思うぞ」

根拠あるかどうかはよく分からんけど、とにかくこんな勢いで言われたらなにも言い返せない。
両親怪我させられてる少年も、大丈夫な自分を想像すれば大丈夫と励ます。
「キモチ一つで世界は変わるから」ですな。一時間後のアニメですが。

それで今回降り立った駅は、「決闘ヶ原」なる駅。
トッキュウジャーは、特定の所を拠点にして動くんじゃなくて、毎回列車に乗って駅を降りていくって感じなんですね。
それでそこの住民を絶望させて、バットエナジーを排出させ、皇帝ピエー(ry
というか、絶望させて黒いもやもやを取るあたりが、スマイルプリキュアみたいでちょっと面白かった。
最後は皇帝を復活させるみたいだし。

ともかく「決闘ヶ原」は、だれもが決闘しなければいけない駅です。
とはいえ殺し合いしなきゃいけないというわけでもなく、相手を怪我させればOKらしい。意外とマイルドです。

今回の敵は、サーベルシャドー。
住民に無理矢理決闘を強いる残虐な男。
武器は二刀流と、変な銃。
しかし結構話せばわかる人で、赤のいいぶんをしっかり聞き入れていた。なかなか冷静。
赤と烈車の上で壮絶な決闘を繰り広げるけれども、赤の巧みな戦術によりトンネルで武器を折られ、敗北。
烈車の上の戦い熱かったな。

それでロボット戦
今度はサーベルシャドーと銃での決闘。
五つ数えたら……ってヤツで、敵はお約束の反則。4で撃つ。
それを変身解除してかわし、フミキリトッキュウショットで止め。
特急ショットがえらい地味でしたが、戦闘は楽しかった。

それで最後、記憶が無いのはどこかの飲み込まれた町の被害者だからと、みんな推測。
しかし結局ちゃんとした答えは返ってこずに、終了。関根さんのうさんくさい演技が本当にいい。
しかしどこまで引っ張るんだろうな。

そして次回。
重いコンダラ命がけ。
ピンク回みたいですね。
ピンクゆかりの地に降り立つって感じでしょうか。
いきなりピンクの話から始まるとはちょっと意外です。うむ。

« 仮面ライダー鎧武の18話をみる | トップページ | 第20話 再会 »

烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

ロボットはマロンじゃなくてワゴンですよ
大きいフォークどこから出したとか、いちいちポーズ取ってるのがいいですね

主役の志尊くんはキックボクシング、ブラジリアン柔術、柔道とか色んな格闘技の段資格あるみたいですよ
緑の横浜くんも空手のチャンピオンになったこともあるみたいです

どこかのネタバレサイトで最初記憶喪失と見たのですが、これは記憶喪失ではないですね(;^_^A

ワゴンでしたね。何で勘違いしたんだろう…(汗)
ワゴンのキャラ面白いですよね。キャラが立ってます。

志尊くんも横浜くんもすごいんですね。
最近の役者さんはみんな鍛えてますね。

記憶喪失とはちょっとちがうっぽいですね。
闇に飲まれた町の犠牲者というのもはぐらかされてますし、なかなか謎ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2駅「俺たちはここにいる」:

» 今日のトッキュウジャー 第2駅 [地下室で手記]
「俺たちはここにいる」 5人がトッキュウジャーに選ばれた理由は、死んでいるも同然とチケットが口を滑らせて終わった前回からの続き。 死んでいるという事で自分たちが幽霊なんじゃないかと騒然としはじめた所に、車内販売員のワゴンさんが、とて~もおいしいお弁当や、あは~んなお茶、ウフンなお菓子を売りにやってきます。 車掌さんはとてもそんな状態じゃないと、ワゴンさんを帰してしまおうとし...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第2駅「俺たちはここにいる」 [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーの第2話を見ました。 第2駅 俺たちはここにいる 「あの、私達がトッキュウジャーに選ばれた理由がそれですか!?」 「何でもありません。チケットくんの口が滑ったんです」 「いや、もう一回言ってくれ!」 「何度言っても同じですよ。お前達は死んでるも同然って言ったんです」 「俺達死んでるの…!?」 「嘘…!?じゃあ私達、幽霊!?」 ライト達が...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第2駅 [レベル999のgoo部屋]
「俺たちはここにいる」 内容 “お前たちは死んでるも同然” 気に掛かったモノの、それほど気にもせず ライト(志尊淳)らの乗った烈車は進んでいく。 するとシャドーラインに入ってしまう。 車掌(関根勤)によると次の駅がシャドーラインに乗っ取られ、 駅名も“決闘ヶ原...... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 〜第2駅 「俺たちはここにいる」 [Happy☆Lucky]
 〜第2駅 「俺たちはここにいる」 nbsp; JUGEMテーマ:エンターテイメント nbsp; [続きを読む]

» [ヲタ話][スーパーヒーロータイム]男の決闘はステゴロの殴り合いだろjk(エー) [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 つーか名前にサーベルを冠してるのに、最後の決闘が西部劇風ってどうなのよ。そこは騎士道に則って、フェンシングかブーフルトで戦えよ(ムリ)。そういや「ゴーオン」でも同じような事やってた気がするけど、アレの元ネタが分かるチビッコ達が果たして何人いるのやら…。... [続きを読む]

« 仮面ライダー鎧武の18話をみる | トップページ | 第20話 再会 »