2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 仮面ライダー鎧武の15話をみる | トップページ | 第18話 レームの脅威 »

2014年2月 3日 (月)

ブレイブ47 だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ

こんばんは。
今日は日曜日なのでキョウリュウジャーを見ました。

今週もピカリンじゃんけんは無し。
というか、先々週普通に終わってた。
あーあ、結局負けてしまったな。
まあ3勝4敗7引き分けと、いい勝負だったので別に悔いは無いですが。
一進一退が続いて最後の最後で負けて終わりとか、なんだがえらいドラマチックな展開だったし(ウルサイ
トッキュウジャーでもじゃんけんやってほしいです。

そんなキョウリュウジャー。

第48話 ウッチー死す!

今回はデーボス城に赤達が突っ込んで、ドゴルドさんと金が決着を付ける回。
ドゴルドさんの死に様見事であった。
金との関係は本当によかったな。敵同士で有りながらも、お互いのよいところは認め合っていたりして。
最後に共闘するくだりはちょっとウルッと来てしまった。
最後なれ合いをすることもなく、金がとどめを刺したところも熱い。
先週の黒もそうだったけど、ライバル同士のそこはかとない友情が本当にいいな。

今回エンドルフも死んでしまいましたが、逆にキルボレロは生き残っている。
まさか最終回まで生き残るとは思わんかったので地味に驚いている。

今回キャンデリラが出て来ませんでしたが、来週なんかやってくれるかな。
実は強い、みたいなこと匂わせてたし、来週無双でもしてくれたら熱いんだけど。
最終回だし、あんまり出番なさそうで怖い。
あのまま本当に逃げてました、とかだったらどうしよう。
アイガロンもドゴルドさんもあんな熱い見せ場を作ったんだから、キャンデリラにも相応の見せ場があると私は信じているゾ。

それで冒頭。
地球滅亡まであと5時間。最後の戦いに赴くキョウリュウジャー。
戦いながらかっこよく変身。

「分かりましたよ、エンドルフ様!」

それで世界中にゾーリ魔がわき出す。
世界中って言っても日本しか描写無かったな。
最初の頃にわいたときはしっかり海外にもわいてたのに。
ジェントルがやたらと奮戦していましたが。足技がなにげにすごかった。
ピンクに武術教えたのもジェントルだったりするのかな。
青の家にはラミレスが救出に来て、青の妹が銃持って反撃。妹やっぱり強いな。

カオスさん「攻撃するゾエンドルフ。所詮奴らは捨て石」

奴らって笑いの人のことかな。最近カオスさんがだいぶ非道になってきた。
それで攻撃されそうになったところで、幻術使いに連れて行かれる。
そこでラミレス達と合流。ラミレス達は地獄に敵を倒しに行くとのこと。

父「キョウリュウジャーよ、最後の戦いだ!」

歌もなくCMへ。まるで最終回のような演出ですな。
そして本編。

はじめっから大地の闇が勝利のカギだとみていたとグレー。
それでトリンを正義のまま地獄に送り込むのがいいと、ダンテツさんが地球の真のメロディからきいたとのこと。
地球はずいぶんと具体的な作戦を授けてくれるんだな。
しかもトリン殺せとか、かなり容赦ない。マキャベリズムな地球。

ともかく地球の結論か、ということでトリンも納得。やってもらうことに。
というか分かってたなら話せって(笑)
死ぬ時まで秘密主義だったなぁ、トリン。

父「俺はこの十字架を、一生背負って戦う!」
黒「その重み、俺たちも背負う」

それでグレー達が地獄に行く代わりに、後釜がやってくる。
なんと、青の妹と、らぶタッチの作者。
妹、前からおまえがキョウリュウジャーになれよと冗談めかしく思っていた門だけど、ほんとにキョウリュウジャーになるんかい。
それに漫画家。一回きりのネタキャラかと思ったらまさか戦うとは。
ここで怪我したららぶタッチが終わる。右腕だけは死んでも守れ!

妹「兄さんを助けられるならなんだってするわよ。私なんでも屋だもん」

かっこいいなこの台詞。なんでも屋設定が初めて役に立った気がする。

それで幻術空間は終了。
外に出ると、でかくなった笑いの人とプレズオーが戦っている。
プレズオーの中には、千葉繁の紫が!

繁「おお、まかせたの、キングッチ!」

千葉繁は父のことをキングッチと呼んでるとのこと。
というか、中身出てこい中身。あのかっこいい変身ダンスもう一回見たいのに。
それで弥生の方も駆けつけてくる。

弥生「皆さん、ビクトリーとマキシマムを貸して下さい」

真の地球のメロディーとシンクロした皆さんのブレイブを変な装置に注ぎ込めば、デーボスを破壊できるとのこと。
チャンスは一回だけで、トリン達が大地の闇を破壊してることが条件。
しかし相変わらずすごい兵器を開発するな、紫。ある意味この一家が一番恐ろしい。

カオス様「うぬらごときが大地の闇を破壊だと。うぬらごときがデーボス様を倒すだと。なぜそんな大それた奇跡が何度も起こると思い込めるのか」
赤「それはな、俺たちが戦隊だからだ!」

相変わらず説明になってないけど、なんかかっこいい。
それで父ら残り四人も変身。新メンバで十人勢揃い。
女性バージョンのシアン、シャープでかっこいいな。

それで全員で力併せて、マキシマムブレイブイン。
光がカオスさん達を包み込む。
それで父ら四人にまかせて、レギュラーメンバーは氷結城へ。

ラッキューロ「地上と地獄で最終決戦! チョー最後っぽいよ!」

ラッキューロ唯一の出番。
戦ってる連中にらぶタッチの作者が混じってることには気づいているんだろうか。

デーボス様「見苦しい! 素直に滅びればまだ美しいものを」

それで氷結城の前で五人が爆撃を受けたところで、CM。

トッキュウジャーのCMやってましたが。
関根勤さん出てくるのか。これは楽しみだな。髭男爵以来のツボな人選。
一緒に小堺さんもでれば完璧。

それでCM明け。
悪のメロディのパワーを身体に浴びてしまって、変身できなくなってしまった一同。デーボス様すごいな。
でも獣電池は使える様子。デーボス様中途半端。
そうこうしているうちに、ドゴルドさんとエンドルフがやってくる。
そこに金が前に出る。

金「おのおのがた。この場は、拙者一人にお任せを」

それで金一人にまかせて、他の色は先へ。
次はゾーリ魔の大群がやって来て、そこには青が一人で残る。

青「僕の頑丈さを忘れたの!」

そんな設定だれも覚えてません!(ヲイ
「ノブハルぐるぐる」なる新必殺技もやってましたが。ここでこそ「ノブハルキン肉」をやって欲しかったな。

ともかくこうやって一人一人残っていく。
この前のプリキュアみたいな王道展開です。熱い。
最後は、黒と緑が仲良く残る。

緑「でばんだ。分かってるよね、イアン」
黒「ああ」

二人が二丁拳銃と二刀流でカンブリ魔の大群に立ち向かう。
緑の二刀流かっこいい。
残りの赤とピンクはいきなり出て来たバイクに乗って、囲みを突破。
ちゃんとヘルメットはかぶるんですね。あたりまえか。
最後に黒が告白。

黒「おまえは驚くほど強くなった。最後が一緒でうれしいぜ、ソウジ」

はにかむ緑。名前を呼ぶのって初だっけ??

それで金は、エンドルフ達との戦い継続中。
ドゴルドさんが、金の動きを封じてくれと提案。
動きを封じて油断してる所を、ドゴルドさんきびすを返してエンドルフさんをザックリ。

ドゴルドさん「俺の恨みもなかなかのもんだろう」

ドゴルドさんカッけぇ。
この展開、シンケンジャーを思い出すな。十蔵が似たようなことやってたような。
ともかく心は折れてなかったドゴルドさん。
金に以前かけられた言葉でやっぱり吹っ切れていた様子。

ド「俺は体を持たない鎧だが、俺は戦騎だ! その誇りを踏みにじったこいつを倒せるなら、他になにもいらねぇ!」

ドゴルドさんあっついなぁ。戦騎だ!の所がセイントだ!に聞こえてしまったが。
ドゴルドさん、エンドルフの攻撃を受けて瀕死に。カンブリ魔の体を捨てて、金に憑依!
二人の力を合わせた雷電残光でエンドルフを撃破。
そしてドゴルドさん、致命傷を負いながらも金と決戦、敗北。

ド「ありがとよ、俺のわがままに付き合ってくれて」

ドゴルドさん死す。アイガロンといい、熱い死に様が続く。
そして金も、力尽きて倒れる。

金「おのおの方、パーフェクトで、ござる」

パーフェクトでござるってのもすごい久しぶりに聞いたな。
まさかこれが遺言になるとは……次回予告で普通に生きてたけど。

一方、カオスさん達と戦う銀、シアン、グレー、紫。
銀以外は力尽きて、変身解除状態。
銀だけががんばってます。やっぱり素人とベテランじゃ違うな。

赤とピンクは氷結城の中へ。
最後に名乗り。

赤「俺たちみんなの最後のブレイブ、デーボスにぶつけに来た。荒れるぜ~止めてみな!」

それで今週は終了。うむ。かつてないほど熱い展開であった。

そして今週の公募ダンス。
EcRaipさんが熱かったな。結構本気っぽかったけど、ダンスのデュオでも組んでるのでしょうか。
平田真澄さんは三人いたけど、いったいどれが真澄さんなのかは謎。
東陽小学校五年二組さんもがんばってましたが。
五年生で戦隊ってのも熱いな。だんだん興味なくしてくる頃だろうに、よく結束させたと思います。
最後のネタ枠は、立川レッドスターズさん。歴代の方々ですな。なんか強そうだな。
しかし最近立川が熱い。

それで次回。
ついに最終回ですな。とやかく言うより見るしかない。
赤が一回死にそうです。千葉繁も出てくるな。
今回死んだはずのウッチーは、普通に復活してます。見せんなよ(笑)

ラストはラッキューロがらぶタッチの映画に行くところで終わりとかになりそうな気がしてならない。

« 仮面ライダー鎧武の15話をみる | トップページ | 第18話 レームの脅威 »

恐竜戦隊キョウリュウジャー」カテゴリの記事

コメント

ダンスは多分来週エンディングダンスないからですよね
左前にいた人が一番のりのりだった(ダイレンの和田さん)
後ろの右側の新堀さん60ぐらいなのに遅れないのはすごいですね

素面アクションは坂本監督だからいっぱいあって楽しいです
出合さんは倉田プロ出身だから本人ってわかるけど、ラミレス明らかに吹き替えなのはどうなのかと(笑)

木下さんは坂本さんのお気に入りだから変身させたかったんですよ

てか本編全く関係ないけど(笑)

ブログに書いてあった意味深なあれは、これのことだったんですね。
和田さんテンション高くて、なんかえらいかっこよかったです。

今回は終盤戦だけ合って、素面アクションいっぱいありましたね。
変身できない!って展開もよかったともいます。
ラミレス、どうして自分でしゃべらせてあげないんでしょうね(笑)

木下さんお気に入りなんですか。
東映公式だと、当人も変身するとは思わなかったみたいですね。
なかなか斬新な展開で面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/54840671

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブ47 だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ:

» 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ47 感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(分家)]
獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ47 「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」トリンの導きで大地の闇に向かうラミレス鉄砕その前にちゃんと後釜を用意しておいた。グレーは子孫である真也シアンは・・・ノッさんの妹・優子これで木下あゆ美さんもデカレンに続き2戦隊目ですね初代バイオレットのドクターウルシェードも戦いに加わる真の地球のメロディとシンクロさ...... [続きを読む]

» 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ47 「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」 [nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!]
もうあまりに素晴らし過ぎて、これまで何度も見ちゃいました(汗。 しかし、最終回前にOPなしという決断は驚きました。 まぁ、冒頭からテンション高くて・・・。 ジェントル ...... [続きを読む]

» 今日のキョウリュウジャー ブレイブ47 [地下室で手記]
「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」 ダンテツがトリンの命を奪ったのは大地の闇に送りだすためだったという事がはっきりし、地球滅亡まであと5時間これから逆襲が始まるという所からなんですが、今回が最終回だっけ?という最終回や映画版のように通常オープニングではなく、オープニングからいきなり戦闘開始。 生身で戦いながら、6人合わせてのキョウリュウチェンジで最終決戦へ突入というだけで...... [続きを読む]

» 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ47「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」 [MAGI☆の日記]
獣電戦隊キョウリュウジャーの第47話を見ました。 ブレイブ47 だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ 地球滅亡まで残り5時間と迫る中、ダイゴ達の逆襲が始まった。 しかし、大地の闇で戦うトリン1人ではモンスターを封じるのがやっとという状態でこのままでは世界中にゾーリ魔達があふれ出してしまう。 そこでラミレスと鉄砕も大地の闇に向かうため、新しい戦士として優子と真也をシア...... [続きを読む]

» 獣電戦隊キョウリュウジャー 〜ブレイブ47 「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」 [Happy☆Lucky]
〜ブレイブ47 「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ47  [レベル999のgoo部屋]
「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」 内容 トリンを倒したダンテツ(山下真司)の真意を知ったダイゴ(竜星涼)たち。 デーボス軍を復活させないための作戦だった。 だが、地球滅亡まで残り5時間。 キョウリュウジャーにより逆襲が始まったが、大地の闇からあ...... [続きを読む]

» [ヲタ話][スーパーヒーロータイム]最終回前にしてこの熱さ、まったく腹立たしいぜ!!(ナゼ?) [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 とまあ、朝からテンション上がりまくりの「キョウリュウジャー」第47話。 いやいやしかし、まさしく怒涛の展開と呼ぶに相応しい、エントロピーを凌駕する猛烈な激アツっぷりだったね。去年のゴーバスターズも相当にハラハラドキドキだったけど、今回はそれに輪をかけて... [続きを読む]

« 仮面ライダー鎧武の15話をみる | トップページ | 第18話 レームの脅威 »