2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第9話 レーム帝国 | トップページ | 仮面ライダー鎧武の8話をみる »

2013年12月 4日 (水)

ステルス!

こんばんは。
最近あまりゲームやらなくなってしまったのですが、なんとなくファミ通のサイト眺めていたら、来年の2月~3月にウィニングポスト8が発売されるとかなんとか。
やっと8が発売されるんですね。
7のマイナーチェンジが頻繁に出てたからあまり実感無いですが、7の最初のヤツがでたのが2004年の年末なので9年とちょっとくらいぶり。
20周年らしいけど、そのうち半分は7の引き延ばしという(笑)
まあでもとにかくうれしい。
WindowsとPS3とvita版がでるみたいなので、vita版を買ってみようと思う。

しかし7の最初のヤツがでたのって、ちょうどうちのサイトができたばかりの頃だったんだよな。。。
そう考えるとうちのサイトももう九年……。日記以外放置状態ですが。

ともかくそんなわけで日記ですが。
今日も例によって映画を見たのですが、今日は「ステルス」という映画を見ました。
ステルスの戦闘機が大活躍する映画。
公開は2005年。ちょうどウィニングポスト7が発売したばかりの頃ですな。

前にどっかで書きましたが、これの公開当時なぜかこの映画が無性に見たかった。
なんで見たかったのかはまったく覚えてないのですが、なぜか見たかった。
でも結局その熱もすぐに冷めてずっと忘れていたのですが、最近Dビデオに入荷していたので八年の時を隔てて試しに見てみたという具合です。

どんな話かと言いますと、エディという名の超高性能の無人ステルス戦闘機が開発されるのです。
その戦闘機は、自分で考えることができてしゃべることもできる。
武装も強力でステルス機能でどこにいるかも分からない、最強の戦闘機。
そんなエディは主人公パイロット三人組のチームに配属されて、一緒に戦うことになるが……という話。

なかなか面白かった。
見たかった割には正直あまり期待してなかったのですが、いい意味で期待を裏切ってくださいました。
突っ込みどころは多いし、話も詰め込みすぎというか行き当たりばったりというか、えっ? って言いたくなるような展開が続きますが、それでも悪くない。

とりあえず映像の迫力がすごいですね。
CG駆使した空中戦がビュンビュン結構な迫力で描かれていて、かなり楽しかった。
これ映画館で見たら凄かったろうなと思う。

あとエディのキャラがよかった。
2001年宇宙の旅のHAL9000みたいな無機質な感じのコンピューターで、人も容赦なく殺したりするのですが。
それなりに物わかりのいいところもあるし。会話もウエットに飛んでるというかなんというか。最後の展開も熱かった。

CMとかだと、狂ったステルス戦闘機が襲ってくる! みたいな言われかたしていましたが、それは中盤の一部でしかなかったな。
実際はそれの他に、救出劇があったり、陰謀があったりと、それなりに話も凝っていた気がする。
どんな流れか箇条書きしてみますと、ネタバレしてしまいますが。

1,エディが主人公達のチームに配属され、他国のテロをやっつけまくる

2,雷に撃たれて狂ったエディが叛逆する

3,エディと戦い。仲間が死んだり、ヒロインが墜落したり。

4,エディと和解。ヒロインを一緒に救出してハッピーエンド!

という展開。
この中に色々と陰謀もあったりするのですが、大まかにはこんな感じ。

とりあえず1のテロをやっつけまくるくだり。
飛行機で他国に勝手に侵入して、ビル爆破したり、なんか放射能汚染させちゃったりと、アメリカやりたい放題。
テロやっつけるためとはいえ、勝手に人の国でそんなことしていいのかという気もしますが、その辺は気にしたら負けです。
問題はそんなことより、主人公達が休暇とっていきなりベトナム行って女性といちゃついてたり、本筋とは関係ないような話が若干退屈なところ。

次に、2のエディが叛逆するくだり。
このあたりから面白くなってくるのですが、雷に弱い飛行機とか致命的すぎです。
普通の航空機ですらちゃんと対策とってるのに、超高性能ステルス戦闘機が雷に打たれたくらいで狂うなと(笑)
でもエディがおかしくなり始めて、ネット上から世界中の音楽を集めてしまったくだりはちょっと面白かった。
エディの違法ダウンロードが半端ない。

次に3。
ここがある意味メイン。
熱い空中戦がひたすら続いて、かなり面白かった。
狂ったエディの冷酷な感じもよかった、主人公の相方の人を容赦なく殺してしまうところはなかなか熱い。
ただ結構あっさり勝負がついてしまうのはちょっと拍子抜けでしたが。

あと、ヒロインの戦闘機もぶっ壊れて空中脱出するのですが、地上に落ちていくまでの展開がえらい熱かった。
燃え盛る戦闘機の残骸も一緒に落ちてきて、パラシュート開きたくても開けないとか。
ぎりぎりになって開くけど、パラシュートに火がつくとか。
やばい! 死ぬ! みたいな緊張感がすごくて、この映画の中で一番熱い場面だったかも知れない。
落ちたところが北朝鮮のまっただ中だったときは、これからそんな話やるの?? ってちょっとびっくりしましたが。

で、4。
主人公とエディが戦った末に、結局和解。
なんだかんだあって主人公が北朝鮮に落ちたヒロインを助けに行くのですが。
途中で主人公の戦闘機も壊れてしまって、主人公がエディに乗り込むんです。
この展開はテンション上がったなぁ。
この前もどっかに書いたけど、最強の敵が味方になる、みたいなシチュエーションまったくどうにもツボなのです。
もうこれだけで細かい突っ込みどころは許せてしまう。
味方殺した戦闘機に乗るのかよ! という気持ちも無くはないけど、無機物にキレてもしょうが無い。

それで最後は主人公がエディと一緒に北朝鮮軍に追われるヒロインを救出して、ハッピーエンドになるのですが。
北朝鮮の兵士に派手に爆撃してたり、戦争になっちまう!? ってくらいにやりたい放題でなんか笑ってしまった。

しかしそういうトンデモ展開は別に構わないというかむしろ歓迎なのですが、そもそもこの脱出劇自体が蛇足にしか見えないのがな……。
空中戦やるわけでもないし、中盤に比べるとかなり尻すぼみ。飛行機バトルがメインの話でこれはないだろうと。
そんなのよりもっとエディとの戦いにフォーカス当てた方がよかったんじゃないか。
エディと共闘させるにしても、黒幕率いる自国の空軍と戦うとか、いろいろあるとは思うのですが。
最後のエディの一言は熱かったし、決してつまらなくはなかったですが、それにしてもどうにも蛇足な感じは否めない。。。

あとエディのことに関して陰謀もあったりするのですが、結局黒幕と決着付けるようなこともなく、話は終わってしまう。
その辺も尻切れな感じはあるけど、陰謀自体があまり気にならないので、まあどうでもいいですが。
というか陰謀の部分はあえて無視して感想書いてますが、正直いまいち把握して無いので勘弁してください……!

ともかくそんな感じで突っ込みどころは多いけど、楽しかったです。
空中戦の迫力は素晴らしかった。
これで八年前ですからね。最新のCG技術でステルス2とかやってくれないかなと思う。
あとたぶん制作者側も意識してやってるんだと思いますが、エディのキャラがどことなくHAL9000に似てるので、あのコンピューターが好きな人はちょっとときめくかも知れない。

« 第9話 レーム帝国 | トップページ | 仮面ライダー鎧武の8話をみる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/54150328

この記事へのトラックバック一覧です: ステルス!:

« 第9話 レーム帝国 | トップページ | 仮面ライダー鎧武の8話をみる »