2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« ドキドキ!プリキュアの43話をみる | トップページ | 仮面ライダー鎧武の9話をみる »

2013年12月11日 (水)

劇場版!! 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック

こんばんは。
今日はキョウリュウジャーの映画を見ました。
最近レンタル始まった「獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック」
この前、続編やってたヤツです。
39話がこれ見てることが前提になっていてよく分からない部分もあったので、とりあえず見とかなければならないなと。
パシフィック・リム借りようとしたら全部貸し出し中だったし。

そのようなわけで見たのですが、感想としましては……短けっ!!!
まさか29分しかないとは。
てっきりヒーロー大戦みたく90分くらいあると思い込んで見てたので、20分くらいで終盤戦っぽい雰囲気になったときにはちょっと焦った。
戦隊の映画ってこんなに短かったんですね。
通常放送もあるし、役者さんも1時越えの本格的な映画をやってる余裕なんてないか。

まあそれはともかく、結構面白かった。
時間こそ通常とほとんど変わらなかったけど、予算はだいぶ違うようでセットとか演出にもだいぶ気合いがはいっていた。
特にビルの残骸が広がる町は映画みたいだったな。映画だけど。
あとGロッソをいっぱいにするほど観客がいた。あれほどのエキストラ通常放送では考えられない。
ロボット戦のCGも凝っていたし、やっぱり予算がかかってると見応えありますね。

どんな話か大ざっぱにいうと、ミーコという歌手がGロッソでコンサートをやっていると、デスリュウジャーこと獰猛の戦騎Dがやって来て、ミーコを掠っていってしまう。
それでキョウリュウジャーがミーコを取り返すという、至ってシンプルな話。

話よりもむしろアクションも力がはいっている感じで、全員にしっかり見せ場も用意されていた。
赤とDのバイクに乗っての撃ち合いかっこよかったし、最後のミーコの歌をバックに赤とDが決戦するくだりも非常に熱かった。
ピンクが分身する獣電池使って攻撃するのもいい感じだった。
ああいうの本編でもやってくれればいいのにな。別に予算とかは関係ないだろうし。
基本色がいったん全員敗れたあと、金が駆けつけてくるって展開もよかったな。

あと何がよかったって、ノブハルなんたら連発する青!!
「ノブハルキンニク」なるどう見てもキン肉バスターな技もやっていてしびれた。
あれが見られただけでももう満足です。是非とも本編でもやっていただきたい。
ノブハルドライバーとかノブハルスパークもやってくれ。

ロボット戦もよかった。
終盤戦のロボット同士の戦いもよかったけど、中盤のスピノダイオーにキョウリュウジャーが生身の状態で向かっていくくだりが楽しかった。
赤がスピノダイオーのバルカンみたいなの思いっきりくらってるところはちょっと笑ったですが。あれ死ぬだろと(笑)

それでD。
この前もテレビでやってたけど、最初にカオスさんが作った戦騎とのこと。
かつてトバスピノなる最初の獣電龍を暴走させて恐竜を絶滅させようとしたんだけど、突如現れた歌姫のせいでしくじったらしい。
で、一億年の時を隔てて地獄から復活。
カオスさんにもらった獣電池を使ってデスリュウジャーになって、歌姫の血を受け継いだミーコの歌を編曲し、トバスピノを悪の化身に変えるという筋書き。

相変わらず刹那の声はかっこよかったですが。
あの「最終楽章デーボスフィニッシュ!」の言い方がやっぱりいい。
あと序盤やたら強くて「魔楽章デーボスフィニッシュ」でケンドロスパイカーを破ったときはえらいテンション上がった。
終盤の「これで少なくとも、あの女は死ぬ!」といいながら赤を道ずれにしようとする、あの執念深さも素晴らしかった。
いやはや、熱い男であった。

しかしこの人、一億年前に死んで、この映画で死んで、この前の放送でも死んで……。
3戦3敗3死亡って、ザ・ニンジャみたいになってる。

それでDは、レムネアとアーシーというディノガールズなる人を引き連れているのですが。
この二人のアクションも素晴らしかった。
長い手足で華麗に剣劇するレムネアも。無邪気に「ばーん、ばーん」って光弾打ちまくるアーシーも。
両者とも戦い方が個性的かつ立っていて、非常にかっこよかった。
ただ、なんの説明もなくいるだけなので、最後まで何者か分からなかったのは残念でしたが。
氷結城のあれで作ったわけでもないだろうし、Dがあの色気のある声でナンパでもしたのか。

今回カオスさん達の出番はほとんど無かったけど、キャンデリラとラッキューロとアイガロンが三人で歌っていていい感じだった。
あそこが唯一ミュージカルっぽかった。
というかミュージカルが売りになってたけど、単に歌がテーマになってるってだけであんまりミュージカルっぽくなかったな。
確かに作中で歌ってはいたけど、演技自体は普通の演技だったし。
こういうミュージカルもあるのかも知れませんが、これがミュージカルというのなら、プリキュアのまこぴーが歌ってた回もミュージカルになってしまう!
まあミュージカルって聞いたときは正直いやな予感しかしなかったので、普通な感じでよかったですが。

そんなわけで、短いなりに綺麗にまとまってて、エキストラもたくさんいたしほとんど不満ないですが。
あえていうなら、序盤あんなにキョウリュウジャーを圧倒していたD達が、再戦では結構あっさりやられてしまったところかな。
この手の映画にはありがちなことですが、特になにもしてないのに力関係が逆転しちゃうのはな。。。
あとトリンが見てるだけでなにもしないところ。

そんな感じで面白かったです。予想外に短かったので、二回見てしまった。

« ドキドキ!プリキュアの43話をみる | トップページ | 仮面ライダー鎧武の9話をみる »

恐竜戦隊キョウリュウジャー」カテゴリの記事

コメント

戦隊は対象年齢が低いのもあって30分ぐらいがほとんどですよ
VSは長めですけど
ライダーは対象年齢がちょい高めなので長いですけど
てかガオレンからゴーカイの辺りまでは、レンタルでも本編と特典映像として、役者達のその話数の裏話してるのがあったのに、ゴーバスからなくなったのが不満ですよ
映画でもメイキングついてきたのに(`へ´*)ノ
ゴーバス辺りから商売丸だし感がなんとも
でも特命戦隊ゴーバスVS動物戦隊はメイキングありましたけど

戦隊は短いんですね。ちょっとびっくりしました。
ライダーは調べてみたら一時間近くあるんですね。
両方で一時間半ですから、一応全体としてはちょうどいい時間になってるんですね。
映像特典そんなしょぼくなっちゃってるんですか。。。
これも制作発表記者会見と予告集しかなかったですね。
なぜか予告集にメンバー各人の恐竜博物館のちょっとした感想が入っていて、それはちょっとおもしろかったですが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 【劇場鑑賞】劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー GABURINCHO OF MUSIC/劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land [MAGI☆の日記]
劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー GABURINCHO OF MUSIC/劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Landを見てきました。 Tジョイ京都で上映終了後にキョウリュウジャーキャストによる舞台挨拶のある回を見てきましたよ! 映画を見る前にDVD付きパンフレットを購入しました。 ヒーロー大戦Zの時は入場者プレゼントが終了していてもらえなかったんですが、今回は...... [続きを読む]

« ドキドキ!プリキュアの43話をみる | トップページ | 仮面ライダー鎧武の9話をみる »