2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ブレイブ41 ヤナサンタ!デーボスせかいけっせん | トップページ | ドキドキ!プリキュアの44話をみる »

2013年12月17日 (火)

第11話 大峡谷

こんばんは。
今日も例によってマギ見ました。マギ!!!!
モルさんが穴の中に入って、久しぶりにハクエイが煌帝国に帰ってくる回。
ようやくあの吟遊詩人マギが出てきましたな。話に出てからずいぶん長かった。
塔を作りまくって人類に嫌がらせしてるみたいですが、当人は穴蔵に引きこもっている。

煌帝国では、西進してた皇帝が進行の途中で亡くなったらしく、他の人たちも一斉に煌帝国に帰ってきた。
なんだかチンギス・ハーンみたいなことになってますが、結局一度も顔見せませんでしたね。。。
その皇帝って、ジュダルちゃんが初登場したときに豚野郎だかなんだか言われてた人だっけ。
美形な息子三人からは豚野郎ってのが想像できないんだが、いったいどんな人だったんだか。
一度くらい顔見せて欲しかった。

第11話 大峡谷の小さな家

それであらすじ隔てて本編。
やっとカタルゴにやって来たモルさん。
しかし行ってみるとなんかものすごく陰気な感じの町。なんかバルバットみたい。
昔は奴隷売買で栄えてたんだけど、今はさっぱりだそうです。洗濯してる人も死んだ目をしてます。
そしてモルさんは酒場へ。

モルさん(ここにファナリスなんていそうもない。これからどうしようかしら)

速攻で心が折れてるモルさん。いくら何でも早すぎだろと(笑)
もともとジャーファルに話を聞いてファナリスがいないことは分かってたわけだし、むしろ予定通りだと思うんだけど、その後のことはなにも考えてなかったのかと。
それで早速ファナリス狩りにも遭遇して、面倒なことになったところに、外から例の兄弟がやってくる。

デシ「やめるデシ」

懐かしのサブマドとアフマド。あぁ、デシの人ほんとに久しぶり。
この兄弟生きてたんだな。てっきりバルバットの人たちにつるし上げにでもあってるのかと思った。
それでモルさんが床にヒビを割って、ビビったファナリス狩りは退散。あの床どうするんだ。

デシ「この土地で赤髪なんてあらわにして。ならず者に絡んでこいと言ってるようなもんでし」

ジャーファルにもファナリス狩りに注意しろってしっかり忠告されてたのにな。モルさん。。。
そしてサブマド達のことも覚えてない。あんなに個性的な兄弟なのに。
「と、アブマドさん」って言ったときの嫌そうな顔が素敵。
それで話もそこそこに切り上げて、すぐに出ていこうとする淡泊なモルさん。アブマドがそんなに嫌か。

あの兄弟は、シンドバットの計らいでトラン語を研究するために考古学者として世界中を回っているらしい。
それでトランの村に行くと、イモムシでもてなしを受ける。
びびるモルさん。代わりにアブマドが全部食う。サブマドは食べない。

デシ「今できることの中で、これが最良のこと。そう考えて決めただけでデシ」

なんかアブマドがとてもいい人になっている。
ナンド三兄弟もいい人だったし。ブーデルもいずれいい人になって再登場するんじゃないのかと。

それでファナリスの話を聞きに長老にサブマドが会いに行くけど、なんか強情張って教えてくれない。
しかしシンドバットとなかがいいと聞いたとたん、態度を変える。

長老「え、そうなの? 仲いいの? あ! その赤髪は!」

暗黒大陸の裂け目の大峡谷の向こう側にはまだファナリスがいるとのこと。
しかし一度行ったら二度とは戻ってこられないらしい。
その程度の話をなんで強情張って教えてくれなかったんだろうか。
というかこのえらい個性的な長老、もうこれで出番終わりなんだろうか。もっと見たいんだが!

それでモルさんとサブマド。
サブマド達はやっと自分の居場所を見つけたとのこと。

サブマド「それに気づけたのはアリババのおかげかも知れない」
モルさん「あの人はそういう人ですから」

モルさんも自分の居場所を探しに大峡谷に行くことを決意。
それで翌日、大峡谷を見下ろす大地に立つモルさん。大きく深呼吸。

デシ「キオつけるデシ」
モルさん「はい、行ってきます」

早速飛び降りるモルさん。
しかしモルさんほぼ手ぶらで出発しちゃったけど、食料くらい持ってった方がいいんじゃないか。
一応水はもってるみたいだけど、モルさんさっきから行動が行き当たりばったりすぎるんだが……(笑)

ネビュラチェーンを使ってどんどん谷を降りていくモルさん。
しかし全然ゴールが来ないので、だんだん不安になって古いトラウマまで出てくる。

モルさん「やだ、怖い!」

それで転落するけど、ゴールは目前だったようでちょっと叩き付けられるだけですむ。
まったく下が見えないわけだから、普通に降りてたとしてもいきなりガクッ!っと来そう。それはそれで怖いな。。。

ともかく地上に降りたのはいいけど、周りは真っ暗な闇。
もうマゴイは無駄にできないので、身体から超音波?を出して、周囲の状態を確かめる。コウモリかと。
しかし周りが暗くて見えないからいいけど、実際は同じように谷を降りようとして力尽きたファナリスの死体とかがたくさん転がってるんだろうなぁ。。。

そしてモルさん、過去のことを思い出しながら、半べそで走る。ひたすら走る。
ガンダムageの2期EDのアセムみたいに走る!
ひたすら走っていくと、その先には光が見えてくる。
たどり着いた先は、小さな家。こういうシュールなシチュエーションってなんかいい。
そして中から、マリウスみたいな人が登場したところでCM。

誰か「よく来たね、モルジアナ」

CM隔てて後半戦。
お茶をごちそうになるモルジアナ。

誰か「僕は、ユナン。この谷の森人かな」

一件まともそうだけど、なんか胸元はだけてて若干変態チックです。
相変わらず家の中で帽子かぶってるし。マグノシュタットでもそうだったけど、魔法使いは帽子を脱いじゃいけないのだろうか。
それでモルさん名前を知っていたのは、聞こえたからだそうです。谷の中の声は全部聞こえるそうな。
早速ファナリスのことを聞くモルさん。

ユナン「いるよ、会いに行きたい?」

なんだかえらいうさんくさいしゃべり方。
中の人って獣の奏者でダミヤ様やってた人みたいですが、あの人もうさんくさかった。

ともかくそれでこの人に話を聞くと、向こう岸にファナリスはいるとのこと。
でも、一回向こうに行っちゃうと、帰ってくることはできないし、ユナンもしたくないとのこと。
向こう岸って「彼岸」とかそういう意味なんでしょうかね。魔法の力で死後の世界的な場所に連れて行くとか。

ユナン「こちらの世界ではまもなく世界を巻き込む戦争が始まる」
モルさん「なんの、ことですか」

一方、マグノシュタットに移動して、久しぶりな紅覇と学園長さん。
紅覇が会談していると、本国から知らせが来て、早速帰ることに。
引き際に、脅す紅覇。近いうちに煌帝国はマグノシュタットに進行するとのこと。

紅覇「服従か滅亡か、それまでに選んでおきなさい」
チョー「おのれ、どーゆめ!」

激怒するチョーさん。
怒るチョーさんってなかなか新鮮だけど、何度聞いてもなんて言ってるんだかわからん。

ユナン「実はね、煌帝国の皇帝が死んでしまったんだよ。西へ西へと領土を広げる最中でのこの凶報。どうなることか」

それで、煌帝国。
久しぶりにハクエイが帰ってくる。
側近の青い人も久しぶりに見た。存在すっかり忘れていた。
この青い人の他にも、104名の眷属を引き連れている。
パイモンは女性のジンってこともあって多産型みたいです。
多産型って眷属器たくさん作れるってことでしょうか。そもそも男性型は多産型じゃないにしろ眷属器を産めたりできるのだろうか。

ハクエイと話してた紅明?って人はなんかいい人そうですな。
たぶん腹黒いんだろうけど、やっぱり天才軍師なんでしょうか。

白龍も合流していた。
しかも半年も前に。結構時間経ってるんですね。
なんか八岐大蛇みたいなの引き連れてやってくる。
すっかりダークサイドに落ちてますな。そんなにモルさんに振られたのがショックだったか。
それにしてもずいぶんと頼りになりそうな……。

最後に紅炎どのがやってきたところで終了。
しかし大風呂敷広げまくってますが、このアニメでは戦争やるまではやらないんでしょうねぇ。。。うぅむ。

それで次回のマギは「新たなる皇帝」
練姉弟と紅炎が対面。それ以外なにも分からん。
また見てね! デシの人。やはり今回はこの人しかいない。

そしておさらい。

第1期

第1夜 第2夜 第3夜 第4夜
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 第10話



« ブレイブ41 ヤナサンタ!デーボスせかいけっせん | トップページ | ドキドキ!プリキュアの44話をみる »

マギ 第2期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/54282321

この記事へのトラックバック一覧です: 第11話 大峡谷:

» マギ II TBS(12/15)#11 [ぬる~くまったりと]
第11話 大峡谷 公式サイトから故郷・カタルゴの地に立つモルジアナ。しかしそこにはファナリスは一人もおらず、夢に描いていたような場所ではなかった。失意のモルジアナは、トランの民の村で研究者として暮らすアブマド・サブマドに再会する。そこでトランの長老から、暗黒大陸の裂け目「大峡谷」を越えた先にはファナリスがいると聞かされるが、しかし大峡谷に足を踏み入れた者は二度と戻っては来ないという…。それでもモルジアナは、自らの本当の居場所を探しに大峡谷に行くことを決意する。 此処がカタルゴ、私の故郷なの?草原で何... [続きを読む]

» マギ TVアニメ2期 第11夜(第11話)「大峡谷」の簡易感想 [マギのヤムさんことヤムライハと進撃の巨人のアニが好きだあっ!!(新さくら日記)]
うーん、たしかにモルさんは可愛かったけど、 白瑛&白龍姉弟登場の場面は盛り上がったけど… ここでアブマド&サブマド兄弟を登場させたことで、 (本来原作ではザガンの島で登場するはずだった) どうしても違和感というか辻褄を無理矢理合わせた感が… そもそもモルさんとこの二人というのが無理がありました。 モルさん再会した後もしばらく二人が誰か思い出せていなかった位でしたし。 ...... [続きを読む]

» マギ 第11話「大峡谷」 [Spare Time]
レーム大陸にある生まれ故郷のカタルゴに到着したモルさん! 閑散とした街の中、昔は奴隷売買で盛んだったものの今は寂れてすっかり覇気も失われている状態 ファナリスの生き残りなんて到底いそうにないとがっかりしたモルジアナに目を付けたチンピラ 攫って売れば金になると仲間を集めようとしている相手の声は聞こえていると立ち上がるモルさん けれどそれを仲裁しファナリスに勝てるなんてありえないと声をか...... [続きを読む]

« ブレイブ41 ヤナサンタ!デーボスせかいけっせん | トップページ | ドキドキ!プリキュアの44話をみる »