2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第6話 優しい人 | トップページ | ヴァルヴレイヴの17話をみる »

2013年11月13日 (水)

ザ・エンドという名の動物映画

こんばんは。
今日は、THE END(ザ・エンド)という映画を見たです。
ジ・エンドではなくザ・エンド。DVDにそう書いてあるんだから仕方がない。
前にエンド アナザーファイルなる映画も見たけど、エンドって名前は流行っているのだろうか。
原題はTHE ENDではなく、FIN。
なぜわざわざ英語に直したのかは謎。素直にFINじゃだめだったのだろうか。
冒頭でいきなりFINとか出てくるからちょっと焦る。もう終わりかと。
いつものように、これ↓って見本のリンクを張ろうと思ったけど、いくら捜してもアマゾンに置いてない。

例によって、TUTAYAだけ! な映画です。
アメイジングなんたらとかアフターなんたらみたいな有名映画ならばともかく、このようなB級をTUTAYAが独占する意味がよく分かりませんが。
でもTUTAYAがこれ見よがしに独占したおかげで日の目を見られているというか、そうじゃなかったら目にも止まらず消えていきそうな雰囲気はあるので、配給会社側としてはありがたいことなのだと思う。
とはいえ、このようなB級を大作であるかのように棚に置かれると、レンタルする側としてはちょっと、なんというか……。

ともかくザ・エンド。
ある意味動物萌え映画。
ハゲワシくんを初めとして、ヤギさんに羊さん、犬くんやライオンさんもでてきます。
動物好きなら楽しめること受けあいです。責任は持ちませんが。

ともかくどんな話かというと、仲良しグループが久しぶりに山奥の別荘に集まるのです。
最初は楽しくやってるのですが、いきなり電気とか携帯とか文明の利器がまったく使えなくなって、一同は孤立状態になってしまう。
しょうがないので歩いて山を下りようとするけど、そうこうしているうちに一人また一人と仲間達が消えていく。
町にも人の姿はさっぱり見られず、いるのは動物くらい。
いったいどうなってるんだこりゃ、という話。

まあ……面白かったです。
イベントの起きる感覚がちょっと長すぎて、たまに退屈になったりもしてしまいましたが。
それでも全体を包み込む謎めいた雰囲気や、いったい落ちはどうなるんだという期待感もあって、それなりに引き込まれました。
アンヘルという謎めいた男の話も出てきて、そいつが一体何者なのか、という部分もかなり興味をそそったし。
あと山間部を降りていくときの風景がものすごくフォールアウトニューベガスっぽくて、なんだか変にテンション上がってしまった。
フォールアウト3だと緑が多すぎてちょっと違うけど、ニューベガスと考えるとまさに絶妙。あそこ旅したい。

そして↑にも書いたけど、動物の出てくるところはみんな素晴らしかった。
まずよかったのがヤギさん。
一行が崖沿いの細い道を歩いていると、突然ヤギさんが群れで走ってくるのです。
何であんな所をヤギさんが群れで疾走しているのかはよく分かりませんが、とにかくかわいかった。

その次に出てくるのが羊さん。
なんか無人のトラックが止まっていて、その中には羊さんがたくさんメーメー鳴いているのです。
それを一行が外に出してあげるんですね。
あのくだりいったい何の意味があったのかはよく分からないけど、とにかくかわいかった。

その次は犬くん。
一匹の犬がクンクン鳴いていて、それを女の人ががかわいそうだってえさをあげるんです。
すると、後ろの方にタイキしていた犬が大量にやってきてエサをねだってくるのです。
女の人の「なんだか怖くなってきた」はけだし名言。
それでそのあとは、犬の群れから逃げることになるのですが。とにかくかわいかった。

最後はライオンさん。
話の終盤に、一行が船に乗ろうとすると、なぜかのろのろライオンさんが歩いてくるのです。
それでうーうー唸りながら、主人公一行を見ている。主人公は銃を撃つんだけど、なんか当たらない。
何であんな所にライオンさんが出てくるのかはよく分かりませんが、とにかくかわいかった。

そんな感じでたのしかったです。うん。楽しかったです。うん。。。
で、ここから先は文句というか、ちょっとネタバレなので、見てない人は注意して下さい。
ネタバレ知っちゃうと、楽しさ9割減だと思いますので……





とにもかくにも終わり方が微妙すぎる。
最後は主人公とヒロインだけが消えずに、ボートに乗ってどっかに行くところで終わるのですが。
何一つ解決しない。なんで人がいきなり消えるのかもさっぱり説明がない。
こんな投げっぱなしで納得できるかい!
オチを知るまではかなり楽しめたけど、オチを知ってからはわけわからん! という感想しか出てこない。

一応最後の頃に主人公が「あの星が見えなくなっている」とか「すでに星はなくて大昔に死んだ星の光が見えているだけ」とか「見ている人がいるから自分たちは存在している」とか話をしていましたが。
そのことから察するに、人間達を見ていた星が消えたから人間達も消えてしまった、ということになりそうですが。
そういう意図でいいんだろうか。よくわからん。。。

しかし途中で現れた人影とか主人公が聞いたらしい車の音とかも、いったい何だったのか。
結局投げっぱなしだったのだが。。。
それに動物は楽しかったけど、一つ一つの動物が出てくる必然性がよくわからん。
あんな所になぜライオンさんがいたのか。あの羊さんの乗ってるトラックはなんだったのか。そもそも何でこんなに動物押しなのか。
もしかして動物だけ残ってるってのは、ノアの箱船的な何かを暗示しているのでしょうか。うぅむ。

肝心のアンヘルもよくわからなかったな……。
この人は、過去になんかよく分からない行動とって、仲良しグループとは絶縁状態だったらしいんです。
でも実はこの人は今回の事件を予言していて、今回みんなが集まったのも実はこの人が主催の人に頼んで集めさせていた、という展開になるのですが。
結局、集まりにはやってこず、その途中の山道で交通事故で死んでるんです。

普通こういう重要人物の死には何かしらの意味がありそうなものですが、アンヘルの場合、車のうっかり操作で死んだだけっぽいんですよね。
それもどうかと思うのですが、もし生きていたらこの人はいったい何がするつもりだったのかもよく分からない。
解決策を用意していた様子もなかったし「こういうことが起こるからみんな注意しろよ」と言うためだけに集めたというのなら、集めた意味があまりないというか。
予言が不可避なものなら、主人公とその彼女以外はみんな消えるんだから嫌がらせにしかならないし。
結局この人、最後まであまりまともじゃなかったなと……。
アンヘルは私たちを助けようとしていた、みたいな展開だったらよかったと思うのですが。

あと、これは好みの問題ですが。
仲良しグループのはずなのに、空気が険悪なのもな。
みんな身勝手ですぐにケンカするし。別れるだのなんだの言い出す人もいるし。
人の話聞かないで勝手に動き回る人がいたり。もう延々と泣いてる人がいたりもう。。。
極限状態での人間関係を描こうとしていたのかも知れないけど、ちょっとイライラしてしまって……。

ともかくそんな感じで、この先どうなるんだろう、という興味から見てるときはそれなりに楽しめました。
しかし一通り見たあとは微妙な後味しか残らない映画でした。
でも動物のくだりは楽しかったので、もうそれだけで満足です。
THE END2があるとしたら、動物の出番をもっと増やして下さい!

« 第6話 優しい人 | トップページ | ヴァルヴレイヴの17話をみる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/53927189

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・エンドという名の動物映画:

« 第6話 優しい人 | トップページ | ヴァルヴレイヴの17話をみる »