2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« ブレイブ38 らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま | トップページ | リアル・スティール!!! »

2013年11月26日 (火)

第8話 特訓の日々

こんばんは。
今日も例によってドキドキのプリキュアの41話をみていたのですが。
フリマで花売ってると思ったら、宇宙で決戦してたでござる。
まさか大気圏外にまで行くとは、プリキュアのスケールが想像以上にでかかった。
しかも宇宙で呼吸や会話はもちろん、単独で大気圏突入もできそうな勢いだった。
プリキュアの力は底知れない。ヴァルヴレイヴよりきっと強い。
羽は必殺技の演出じゃなくて、普通に生やせるっぽいですね。
来週からの空中戦がたのしみです。というか空中戦より先に宇宙戦って……(笑)

それで今回は、アリス回。
五星麗奈が久しぶりに再登場ですが。
意外といいやつだった。数十話前に言ってた「友達が欲しい」が伏線になっていたとはのぅ。
麗奈がアリスを「とも」って呼ぶところが熱かったぜ。もちろん「強敵」と書くのでしょう。

子供の頃のエピソードもよかった。
麗奈、ちゃんと花を育てる技術があるって所がいいですね。ただの成金キャラで終わってない。
まさか前半で速攻で和解して、後半で宇宙にまで行くとは思いもしませんでしたが。
麗奈プロペラ機で宇宙にまで救援に来てるし。どこまで先が読めないんだ。
四葉と五星が同盟を組めば、もう世界というか宇宙征服も余裕だな。
101人評議会もすでに制覇したみたいで、マークが四葉になってたし。

なにげに一番感動したのが、ロゼッタリフレクションが大きくなる所。
全てを守まもります! といった感じで、なんだか変に感動してしまった。
しかしせっかくのロゼッタ回なのに、ロゼッタバルーンがでなかったな。
何がでるのか毎回のお楽しみなのに、出てもあと一回くらいしかないんじゃないか。

最近熱い展開が続いて、毎週楽しみでしょうがないですが。
来週はアグリ回。六花回かと思ったら、アグリの方が先なんですね。
六花はイーラの件もあるし、最後にでかいのが来そう。

ところで次回予告が短縮版でしたが。
朝日放送のサイトに上がっている通常版を見に行ってみたら、なんか短縮版の予告とずいぶん違いますね。
短縮版だとアグリが誕生日ケーキを楽しみにするギャグ回のように聞こえますが。
通常版だとアグリが「自分の誕生日を知らないのです」とかえらい重要なこといってるし、ケーキの話してない!
なんだかだいぶ印象の違う予告になっとる。

ともかくそんなわけで本題。
今日はマギ見ました。マギ!!
こっちも非常に面白かった!!!!
退屈になりがちな修行エピソードがここまで面白いとは。
これもひとえにあの変態みたいな人のおかげですが。
あの人、てっきり悪の女幹部かと思ってたのですが、意外といい人だった。どっかの軍曹みたいでしたが。
一緒にいる魔法使いたちも悪の刺客だと思ってたけど、ただの同級生であった。
もしかしてチョーさんもいい人なのか? 今週出てこなかったけど。

スフィントスくんとの漫才みたいなやりとりも面白かったな。やっぱりマギはギャグが面白い。
あのお下げ髪の魔法使いの持ってる杖かっこいいな。マラカスみたいで。
金剛番長の剛力番長がああいうの使ってましたが。
しかし新キャラが続々登場してるのに、公式サイトのキャラ紹介がまったく更新されないなぁ。。。
まさか本当にもう息切れしたのか?

第8話 フルメタルジャケット

冒頭にあらすじがつきました。ナレーションの声がやたらと渋い。

ヤムライハ「あの子なら、きっとコドル1に抜擢されてるはず」
審査員「コドル6」

上手く魔法が使えないアラジン少年。
シャルルカンみたいな人に「だっせーガキ」とか言われてます。

それで、案内の人に変な緑色の魔法をかけられて、自動的に案内してもらう一行。
歩かなくってもいいって便利というか、至れり尽くせりというか。
そして長いトンネルを抜けた先は、魔法使いの飛んでる不思議空間。
なんか映画の冒頭みたいでかっこよかった。

OPを越えて学校に入学。入学は結構あっさりできるんだな。
それで部屋に行くと、また偽シャルルカンがいる。
スフィントスくんというらしい。コブラ使いでしょうか。
コドル4という優秀とも落ちこぼれとも言い切れない何とも微妙な実力の持ち主。

それで訓練の時間。
ついに現れる変態みたいな格好の人。

変態「貴様らはコドル6。落第候補ひっとー! である!」

名前はマイヤーズと言うらしい。

マイヤーズ軍曹「もっと大声を出せ!」
アラジン少年「サー! イエッサー!」

貴様らブタどもに足りないのは体力だと言うことで、体力強化の訓練をひたすらやらされることに。

マイヤーズ軍曹「きさまは虚弱と言われる魔道士達の中でも虚弱にすぎる。ゆえに、今のきさま達に杖を持つ資格はない! 走れと言われたら走れ! 食えと言われたら食え! 叫べと言われたら叫べ!」

あぁ、たたみ掛けるような説教がたまらん。
ヤムさんの教え方と違うことに嘆くアラジン少年。
回想のいかにもゆるい修行とのギャップが笑える。ヤムさんゆるすぎる(笑)
一日の終わり。疲れ切った胃腸は食料も受け付けず、みんな吐きそうにそうになりながら飯を食う。
マグノシュタットはバイキング形式なんだな。しかし何でみんな食事の時まで帽子かぶってるんだ。

翌日も、過酷な肉体訓練は続く。
腕立て、腹筋、うさぎ跳び。ここではまだうさぎ跳びやっているのか。
しかしその過酷な訓練も、アラジン少年は軍曹のおっぱいに勇気づけられてがんばる。
最初は険悪だったスフィントスくんもだんだん心を開きかけていて、個人的な話をしてくれそうになったけどアラジン少年は寝る。

訓練を続けるうちに、クラスの人数もだいぶ少なくなっていく。
それでもくじけないアラジン少年。
巨人の星みたいな音楽と共に、訓練は続く。うぅむ、スポ根。
アラジン少年も鍛えられていき、最初はできなかった懸垂もしっかりできるようになって、ご飯も食べられるようになる。
でもスフィントスくんの話は聞かない。

そして一ヶ月後。
って、もう一ヶ月経っちゃったのかと。このノリであと2、3話引っ張って欲しかったのだが。
ともかく、マイヤーズ先生。

マ「おまえ達に、この一ヶ月の訓練の意味を教えてやろう」

みんな杖を持って、ためしに魔法を使ってみるとえらい強力な魔法になっている。
魔法を使うとき、人の身体には負荷が生じるので、身体が弱いとリミッターがかかってしまう。
だから身体を鍛えたことによって、そのリミッターを外したとのこと。

軍曹「特にちび。きさまが最後まで耐えるとは思っていなかったぞ」
アラジン少年「はい! マイヤーズ教官のおかげです!」

背中を向けて感涙にむせぶマイヤーズ先生。
意外と涙もろかった。熱い人だ。

アラジン少年(ありがとう。教官のおっぱい!)

あの赤毛とかおっさん達もみんなおっぱいに励まされて耐え抜いたのだろうか。
そう考えると、おっぱいの助けを得ずに耐え抜いたお下げ髪はえらいな。

CM。
ひとりぼっちの宇宙侵略って面白そうですな。ひとりぼっちの宇宙戦争なら読んだことあるのだが。
しかしヤマトが終わってこの時間帯映画のCMやらなくなっちゃったな。
そろそろ年末映画が増えてくる時期なのに。

それで後半戦。
いよいよ魔法の授業。
まずは、みんなの適性検査。変な像に手を当てて、それぞれの適正を調べていく。
アラジン少年は1型赤魔道士。
赤毛は2型青魔道士。お下げ髪は5型白魔道士。
ターバンのおっさんは3型黄魔道士。小太りの坊主も1型赤魔道士。

魔法にはそれぞれ個性があって、マグノシュタットではそれを八つに分類しているそうな。
1型炎、2型水、3型光、4型雷、5型風、6型音、7型力、8型命。

というか四大元素の火、水、風があるのに土がないぞおい!
いくら地味で大抵雑魚キャラになるからって、ハブらないであげて!!!!
あと光があるのに闇はないんだな。音と風ってかぶりそう。力属性ってめずらしい。

それで対極にある魔法と親和性が高いので、1型のアラジン少年は、対極の風と相性がいいらしい。
実際に炎と風は相性いいだろうし、結構考えられてます。
あとは、水と音、光と力、雷と命の組み合わせが効果的。
光と力ってなんか強そうだな。シャイニングフィンガーとかできそうですが。

ともかくゲームみたいです。
しかしゲームとかでこういうのがあっても、大抵一番攻撃力のある火と回復できる水あたりと、あとは物理だけで進めてしまう。

それで色々とマイヤーズ先生に魔法の教えを受けて、あっさり一ヶ月経過。
二ヶ月に一度の、イクティアールなる試験が迫る。
これに落ちると即退学だけど、おまえは大丈夫だろう、とスフィントスくん。

スフィントスくん「だっておまえがんばってるもん」

いつの間にか心を開いているスフィントスくん。
だから今夜こそ俺の話を聞け! とは話そうとしたところで速攻で寝るアラジン少年。
2ヶ月間シカトされ続けたのか。スフィントスくんメンタル強いな。さすがコドル4。

軍曹「二ヶ月前、ここに来たおまえ達は何も知らないクズだった。だが今は違う。今の貴様らは、己を知ったクズだ。行ってこい! 今の貴様らならできる!」

みんな立派なクズになれてよかったな。
赤毛あたりがキレてトイレにこもったらどうしようかと。

そして本番。炎と風の魔法を組み合わせて、天をつくような巨大な火柱を立ち上げるアラジン少年。
みんなびっくり。コドル1へ昇進。いきなりトップかい。
生徒達を押しのけてアラジン少年に抱きつくマイヤーズ先生。
熱い先生だ。変態とかいってすまなかった。

アラジン少年「やったよアリババくん。みんなも今頃、がんばってるかい!?」

それでEDの歌を隔てて、Cパート。
ぼろぼろになったアリババらしき人が、レームにたどり着いたところで終了!
あぁ、今日は面白かった。もっとマイヤーズ先生の修行が見たい。

そして次回。
「レーム帝国」
さっぱり分からない次回予告。
なんか短縮版です。プリキュアかと!!
アラジン少年の語りもなくなっとるし……。
プレゼントの予告があるというわけでもないし、冒頭のあらすじかCパートか、どっちかの煽りを食ったんだろう。

また見てね! はマイヤーズ先生のすごい顔。
あの顔で「また見てね!」とか言われたら、見ないわけにはいきません。

そしておさらい。ここ最近付けるのすっかり忘れてた。
第1期

第1夜 第2夜 第3夜 第4夜
第5話 第6話 第7話 




« ブレイブ38 らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま | トップページ | リアル・スティール!!! »

マギ 第2期」カテゴリの記事

コメント

プリキュアはたまに宇宙で戦うので驚きますね。

まさか宇宙に行くとは思いませんでした。プリキュアほんとスケールでかいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8話 特訓の日々:

» マギ II TBS(11/24)#08 [ぬる~くまったりと]
第8話 特訓の日々 公式サイトから魔法に満ちた国・マグノシュタットの魔法学院に入学したアラジン。しかし入学時の実力別クラス分けでは、最低ランクの「コドル6」に分類されてしまう。早速翌日から授業がスタートするが、アラジンたちのクラスで 行われるのは「身体強化」のものばかり…。「一ヶ月間、己を信じ、妥協を許さなかった者にのみ魔法の指導をさずけよう!」マイヤーズ教官の厳しい特訓に、アラジンは耐え抜くことができるのか!? 入学に際し行われたクラス分け。アラジンはコドル6で最下位ランク。同室はスフィントスでコ... [続きを読む]

» 『マギ-The kingdom of magic-』 第8話 特訓の日々 [アニメ感想ブログ ほろあに]
魔法学校へ入学し筋肉トレーニングを積み重ねた特訓の日々・・・。 ありがとう。教官の...。 [続きを読む]

» マギ TVアニメ2期 第8夜(第8話)「特訓の日々」の簡易感想 [マギのヤムさんことヤムライハと進撃の巨人のアニが好きだあっ!!(新さくら日記)]
今回は冒頭でヤムさんの(アラジンの回想シーンではない)出番がありました。 いつも同じことばかり書いて申し訳ないのですが、 ヤムさん年上可愛ええ…ヤムさんのおっぱい…すごく癒やされます… 堀江由衣さんの声がヤムさんのイメージにぴったりでいいんですよね… 今回のお話の内容は一言で言えば「魔法学園モノ」でした。 最初は本当にダメダメだった落ちこぼれの主人公が、鬼教官のしごきに必死...... [続きを読む]

» マギ The Kingdom of magic 第8話「特訓の日々」 [空 と 夏 の 間 ...]
魔法学院でアラジンを待っていたのは、マイヤーズ教官のスパルタな特訓! でもアラジンはくじけない。 だって教官のおっぱいがあるから…(^^; 魔法学院編スタート。 アリババくんは最後にワンカットだけの出演ですw 魔法に満ちた国・マグノシュタットの魔法学院に入学したアラジン。 しかし入学時の実力別クラス分けでは、最低ランクの「コドル6」に分類されてしまう。 早速翌日から授...... [続きを読む]

» 【アニメ】 マギ 第8話 「特訓の日々」 感想 [この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・]
  ありがとう 教官のおっぱい マギ 第8話 「特訓の日々」 の感想です 番組内容 魔法に満ちた国・マグノシュタットの魔法学院に入学したアラジン(声・石原夏織)。しかし入学時の実力別クラス分けでは、最低ランクの「コドル6」に分類されてしまう。さっそく翌日から授業がスタートするが、アラジンたちのクラスで行われるのは「身体強化」のものばかり…。「一ヶ月間、己を信じ、妥協...... [続きを読む]

« ブレイブ38 らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま | トップページ | リアル・スティール!!! »