2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ヴァルヴレイヴの19話もみる | トップページ | 第8話 特訓の日々 »

2013年11月24日 (日)

ブレイブ38 らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま

こんばんは。
今日は日曜日なのでキョウリュウジャーを見ました。
これやる前にモンスターズユニバーシティのDVDのCMやってましたが。
海外のモンスターは大学に行くんだな。
日本のお化けは学校も試験もなんにもないのが売りなのに……。

それはともかく、今週のジャンケン。
敵はパー。こちらの予想もパーということで、引き分け!
今回も読みが当たったぜ。これで2勝0敗5分け。
未だに無傷!!!

さて来週はなにか。
チョキ、パー、グー、パー、チョキ、グー、パーと来ていますが。
確率としてはチョキを出してくる可能性が一番高いですが。
しかし未だに同じヤツを二回連続出してないのが気になるな。そろそろ戦略変えてきそうな気もするし。
再び敵がパーを出す可能性も考慮に入れると……こちらはパーか、やっぱりチョキか。
というわけで、チョキで勝負!

そんなキョウリュウジャー。
今回は、ラブタッチ回の作者が出てくる話であった。
しかもトリンがラブタッチを読んでいるという新事実。
まさかラッキューロはラブタッチを通じて改心するのだろうか。新しい……。

今回はラブタッチ回と言うことで、ラブタッチも色々と堪能できて素晴らしかったですが。
鉄斎のテンションも高くて面白かった。
あの人出てくるたびにキャラが違う気がしますが。未だにどんなキャラなのかつかめません。
むしろキャラがないのがキャラなのかも知れないが。新しい……。
それなら一回くらい茶髪でロン毛で銀色の服を着てみるのもいいのではないか。

第38話 ビューティフルドリーマー

冒頭。
気張るドゴルドさん。
モンスターが生まれずにイライラしています。大学行ってヘッドハンティングしてこい。
そこに、妙に仲良くなってるキャンデリラとアイガロンがやってくる。
キャンデリラちゃんがアイガロンのために超濃いぃ作戦を考えてくれたとのこと。
この二人いつの間にか付き合ってるのか?
そして呼び出されてきたのは、謎のゾーリ魔。

一方、何かを捜す赤。そこに、パンクな格好した鉄斎がやってくる。
なんか今日の鉄斎、妙にイケメンです。パンクな格好がえらい格好良かった。

で、この幽霊は未だにスピリットパワーが完全ではなくて、鉄斎としては戦えないとのこと。
だからバンドして遊んでるのか……。やっぱり日本のお化けは気軽だな。
それでいっそ現代の若者に継がせたほうがいいかもしれないと弱気になるグレー。
というかそんなことができるのなら普通にそうしたほうがいいんじゃないか。いつまでも幽霊が戦うのもどうかと思うし!

そこに、ロン毛の男と待ち合わせをするピンクを発見。変な効果音と共に、鉄斎がひらめく。

鉄「間違いない。彼は俺の子孫だ!」

そして唐突にラブタッチのコミックを渡すロン毛。
実は彼がラブタッチの作者であった。

一同「えぇぇぇぇ!!!!」

まあ、赤塚不二夫先生だってひみつのアッコちゃん描いてたし。
あとヤダモンの作者が男だったって知ったときは驚いたな。それと天からトルテの作者とか。
他になんかあったかな。。。

ともかく、歌を隔てて本編。
知り合い全員を集めて、ロン毛にラブタッチのサインをもらうピンク。
なんか原稿まで見せてもらってましたが、大森先輩とおっキーはデートするのか。
というか前に告白しようとしたところで終わってたけど、あれの続きなのかこれは。
そしてサインまでもらうピンク。

鳥「ラブタッチ。らぶbeボールタッチダウンの略称。どじっこマネージャーオッキーが主役の、大人気少女漫画だ」

やけに詳しいトリン。
スピリットベースにあったものを読んだらしい。
キョウリュウメンバーがラブタッチに染められていく……。

鉄斎「ラグビーはタッチダウンじゃない。トライだろう!」

憧れの大森先輩だけが目当てで入ったオッキーが、1話で言い間違えるらしいです。
いったいどこまで作り込んであるんだ。

ロン毛「僕、元々ラグビー部だったのですが。その経験を生かして漫画描いたら、急に連載になっちゃって」
鉄斎「だったらなぜそのままラグビーをやらん!」

鉄斎の力んだ突っ込みがオモシロスギル。
それでファンレターを熱心にくれるファンが病気で見舞ってやりたいけど、男だと知られるとイメージ崩しそうなので、ピンクに代わりに行ってもらいたいとのこと。

鉄斎「別に悪いことやってるんじゃないんだ。素直に男でしたと言えばいいだろ。あぁのぉ軟弱ものがぁぁぁ!」

キレる鉄斎。
ピンクも代役をすることを決意。
病気の子に渡すサインは彩色されてて、ピンクにあげたのよりもあきらかに力が入ってる。ピンクのも塗ってやれと。

そうこうしているうちに、敵が出現。
どっかの会場で女の子達が変なメイクされ、美しさを奪われて泣いている。

キャンデリラ「女の子にとって、これ以上悲しいことって無くない?」

キャンデリラって人を喜ばせるのが使命だったのに、アイガロンとつきあい始めて性格悪くなっちゃったな。悪い男に引っかかってしまった。
そしてメイクしているゾーリマは、ただのゾーリまではない。
キャンデリラとアイガロンの力を与えられた、美しい男。その名も、ビューティフルゾリー魔ー。
うる星やつらの映画みたいな名前ですが、その力は強力で、美しいコーデをすることによりゾーリ魔さえキョウリュジャーに匹敵する力を持たせることができる。
逆に醜いメイクされると、力を奪われてしまう。
ゾーリ魔に力注いだだけでこんな逸材を作れてしまうアイキャンカップル侮りがたし。

そんなゾーリ魔達にキョウリュウジャーが苦戦している頃、ロン毛の元には、神の格好をした鉄斎が乗りこんできて、頭突き。
ピンクはジャイ子みたいなファンして、ファンの元へ。
しかしそこにいたのは病気の子ではなく、ラッキューロであった。
いったいあの家はどうやって用意したんだかは謎ですが、仮病柄っておびき寄せたのでしょうか。
ファンレターもラッキューロが書いていたとのこと。

ピンク(よかった。病気の子供はいないんだ)

苦戦するキョウリュウジャー達は、金と緑と青だけが残り、他はドリー魔ー達を追いかけることに。
赤は心配するけど、別に彼らはキャラじゃないので醜くなっても大丈夫とのこと。

青「美しさが奪われても、大丈ビューティフル」

金や青はいいかもしれんが、緑は一応美形ポジションなんじゃないのか。イアンに嫌われるぞ。
一方、ラッキューロ。

ラッキューロ「本物だ。本物の青柳先生の色紙だ」

喜ぶラッキューロ。なんかほんとにうれしそうで、ちょっとジンときてしまった。
人間を滅ぼしたら、漫画も読めなくなるとピンクに言われ、「そうか、そうだった」とヒザを落とすラッキューロ。
これをきっかけに改心したら熱いですが。
そしていずれあっさりラブタッチが打ち切りになって、その怒りでラッキューロが地球を滅ぼすことになったらさらに熱い。

それでCM。
マクドナルドのマリオのCMがちょっと面白い。
それと謎のハート型ネックレスのCMが復活した。まだ続いてたのか。

そして後半戦。
柄の悪いご先祖様に付けられるロン毛。

ロン毛「あぁ、ご先祖様が睨んでるぅ。仕方ないな」

そこに女性が襲われている所に遭遇。
鉄斎が力が戻ってないと躊躇しながらも戦おうとしたところ、ロン毛が迷い無く突進して女性を助ける。ロン毛熱い。
変身したピンクが駆けつけてきて、あっさりアミィだと正体をばらす。
キョウリュウは正体隠しませんね。ゴセイなら問答無用で記憶消すのに。

ロン毛は、困っている女性を見ると放っておけないとのこと。
漫画を書き始めたのも、マネージャーが落ち込んでいるのを励ますために絵を描いたことがきっかけだったらしい。
いきなりあんなに似顔絵もっていったら、ちょっと引かれそうな気もするが。
ともかく、オッキーのモデルもそのマネージャー達らしい。一人は深田。

ロン毛「アミさん、ファンの子、喜んでましたか?」
ピンク「イエース! 絶体! 喜んだと思うわ!」

「喜んだと思う」って何でそんな微妙な言い方なんだ。「喜んでた」ってハッキリ言ってやれと(笑)
ともかくロン毛はいいやつであった。神も陰から認めている。
そしてロン毛が襲われそうになったところに、鉄斎が救援にやってくる。

神「おまえは強い。一瞬戦いを躊躇した俺よりずっと立派だった」

そのおかげで鉄斎のスピリットも燃え上がり、元の力を取り戻す。
変身した鉄斎に、ドリー魔ーはメイク塗りたくるけど、グレーは元々地味な色なので効かない。
あのメイクの色がグレーだったのは、これの伏線だったんか。

そして戦い。
ドリー魔ーがプリキュアみたいな変身をして、いっそうパワーアップ。
赤もカーニバルでパワーアップ。
ドリー魔ー、カーニバルにもそれなりに戦うけど、黒に変な色塗られて力を落とされてとどめを刺される。
ゾーリ魔にしては相当な善戦だった。

それで巨大化させようとするけど、ラッキューロがいない。スクスクジョーロだけ置いてある。
ラッキューロ葛藤してるな。

それでロボット戦。
ギガントブラキオンに抱きつくドリー魔ーがちょっと面白かったですが。
ほとんど相手にならずあっさり撃破されるドリー魔ー。ギガントブラキオン強すぎ。

最後、青柳先生にファンレターを書くラッキューロ。
しかし普通に書くといい子みたいになるのでダメ。

ラ「ラブタッチは毎号巻頭カラーにして下さい。一回、三百ページにして下さい。うふふふふ。どうだ。できまい」

なんて悪質な……! 青柳先生が過労死しちゃう!!

それでダンス。
しかし歌詞で色々と獣電池の効果歌ってるけど、最近全然活用してないな。もうすっかり忘れてる。
それはともかく、今回のダンスは子供達だけの正統派なのが多かったな。
最後のネタ枠は、日比谷戦隊35レンジャーなる方々ですが。
関係者ってわけでも無さそうだし、普通の高校生でしょうか。楽しそうでうらやましいですな。

そして次回。
赤の友人のミーコが来日するらしい。
弥生とピンクが驚いてましたが、いったいどんだけ赤をモテさせるつもりなんじゃ。
朝からハーレム物かい。

でもそのミーコは、獰猛の戦鬼に悪に染められてしまうらしい。
なんかさらっと流してたけど、ミーコよりも獰猛の戦鬼の方が気になるのだが。
新幹部でしょうか。もういっそミーコも女幹部になればいいと思います。

そしてようやく10人全員そろって戦うらしい。
ラミレスは勝手に復活しちゃってるみたいですね。ラミレス回期待してたのに……。


第1話 
第2話
第3話

第4話

第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
第32話
第33話
第34話
第35話
第36話
第37話


« ヴァルヴレイヴの19話もみる | トップページ | 第8話 特訓の日々 »

恐竜戦隊キョウリュウジャー」カテゴリの記事

コメント

ラグビーマンガだと判明しましたが、これはダンテツさんとこのマンガを絡ませる話がある伏線ですかね(笑)

そういえばダイテツさんもラグビーやってましたね。
ラブタッチ読んでるかも知れませんね。トリンから進められて(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/54042953

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブ38 らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま:

» 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ38「らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま」 [MAGI☆の日記]
獣電戦隊キョウリュウジャーの第38話を見ました。 ブレイブ38 らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま 「相変わらずモンスターが生まれねえ、腹立たしいぜ!」 「まだ手はあるわ」 「そうさ、キャンデリラちゃんが俺様のために超濃い哀しみが手に入る作戦、考えてくれたのよ」 「お前らがやるのかよ?」 アミィは待ち合わせしていた鉄砕とそっくりで少女マンガの作者でもある津古内...... [続きを読む]

» 今日のキョウリュウジャー ブレイブ38 [地下室で手記]
「らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま」 キングが公園でアミィを探していると、パンクな変装の鉄砕に会います。 鉄砕はまだキョウリュウグレーとして完全に戦えるまでにはスピリットパワーは復活していないという事で、このままだと現代の若者にキョウリュウグレーの力を託す事も考えた方がいいかという。 キングはおめかししたアミィを見かけて気になっていたと、改めて回りを見渡すとアミィを発見。...... [続きを読む]

» 獣電戦隊キョウリュウジャー 〜ブレイブ38 「らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま」 [Happy☆Lucky]
〜ブレイブ38 「らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ38 [レベル999のgoo部屋]
『らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま』 内容 スピリットパワーが完全に戻らない鉄砕(出合正幸)は、 キョウリュウグレーを継ぐ者を探した方が良いかもしれないと考えはじめる。 そんななかアミィ(今野鮎莉)が、鉄砕そっくりな津古内真也(出会・二役)と 会ってい...... [続きを読む]

» [ヲタ話][スーパーヒーロータイム]少女マンガでラグビーってOKなのかしら? [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 今から十数年前、当時通ってた専門学校の授業で少女マンガの企画書を書けってお題が出たんで、女子中学生が好きな男の子のために野球部に入ってバッテリー組む、みたいなのを提出したら「基本、男の子がやるイメージの強いスポーツはダメです」と言われたけど、マネージャ... [続きを読む]

» 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ38 感想 [絶対無敵?ラリアット日記!(分家)]
獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ38 「らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま」アミィの好きな少女漫画[らぶタッチ!]の作者・青柳ゆうは鉄砕の子孫・津古内真也だった熱心なファンレターをくれる病気のファンを励ます為にファンの夢を壊さないよう、アミィに青柳ゆうの代役を頼むそんな真也を見て軟弱者と思った鉄砕は根性を叩き直す事と決意。らぶタッチ!の正式名称はらぶbeぼーるタッチ...... [続きを読む]

« ヴァルヴレイヴの19話もみる | トップページ | 第8話 特訓の日々 »