2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第4夜 海賊 | トップページ | ヴァルヴレイヴの15話をみる »

2013年10月31日 (木)

マウス・ハントというネズミと戦う映画

こんばんは。
さっきこのブログ書きながら、マツコ&有吉の怒り新党を見ていたのですが。
というか文字にしてはじめて気がついたけど、怒り「心頭」と「新党」をかけてたのか……。
それはともかく、パイルドライバー面白かった。

あと、学校の朝礼の話をしていましたが。
学校の朝礼、小学校の頃六年間毎週やっていたにもかかわらず、まったくといっていいほど記憶がなかったりする。
ほんとにすっぽり記憶が抜け落ちている。アレってなにやるもんだったんだっけか……。
貧血で倒れてる人も一度も見た記憶ないな。たぶんどこかで倒れてたんだとは思いますが。
中学に至っては朝礼をやってたかどうかも定かじゃない。
高校の時はなかったですが。修行式の時とかも、教室で放送を聞くだけだった。それは覚えてる。
それだけのことで、特に語ることがあるというわけではないのですが。だって覚えてないし……。

ともかくそう云うわけで日記ですが。
今日は、マウス・ハントというコメディ映画を見たです。
主役の兄弟がネズミを退治しようとするけど、いちいち痛い目を合うという映画。
トムとジェリーの人間版。
今月久しぶりにスカパーのスターチャンネルを契約したのですが。
この前チャンネル入れたらこれをやっていて、いきなり死体が棺桶から飛び出してマンホールの中にすっぽり落っこちていてちょっと笑ってしまったので、今日改めて見てみたのです。

まったく知らない映画でしたが、これが想像以上の当たりであった。
冒頭の死体マンホールを初めとしたコメディシーンがいちいち面白いし、ネズミとの戦いも熱かった。
何より締め方がすばらしい! あんなさわやかで幸せな終わり方になるとは。

どんな話かというと、一流だったけど事故を起こして首になったシェフの兄と、父親から相続した粗末な糸工場を経営している弟の二人が主役。
二人とも貧乏な生活していて仲もあまりよくないんだけど、ある日、父親がある粗末な家を所有していたことを知らされる。
二束三文かと思われたその家をよく調べてみると、実は有名な建築家の設計した家で、綺麗にすれば高額で売れる代物だということがわかる。
しかしその家には、一匹のネズミが住み着いていた――

――と、言う話。
そのネズミを兄弟が知恵をこらして退治しようとするのです。もう設定からして熱いですな。
それにしても、ネズミがかわいかった。
実写かCGだかよく分からないけど結構リアルなネズミなんですが、なんか仕草がもう。
ティッシュみたいなのを布団にして寝てたりするし。今流行りの言葉で言うと、キュンキュンです!

しかしそのネズミ、やることはえげつない。
家財道具などを利用して、ピタゴラスイッチ的に兄弟を退けていく。
兄弟も保健所に行ってガス室ですら死ななかった凶暴なネコを連れてきたり、ネズミ退治業者を呼び寄せたりするのですが、ことごとくが撃退される。

業者の人がえらいかっこよかった。かっこすぎてちょっと笑ってしまいましたが。
ゴルゴ13みたいな雰囲気を持つ、渋くてかっこいいおっさんで、見るからにすごそうなのですが。
結局ネズミに報復されて、再起不能な状態で病院に運ばれていってしまう。

コメディシーンもいろいろと面白かった。
個人的に好きなのはコメディシーンは、主役の弟が糸工場に行くくだり。
機械に服の糸が絡まって外そうとするけどどんどんやばいことになって、全身がんじがらめになって悲鳴を上げる。あの自爆っぷりは素晴らしかった。
後はやっぱり冒頭の葬式だなあ。。。。あのブラックユーモアにあふれた展開おもしろすぎる。

そして、最後の締め方は。あれはすばらしい。。。
一応ネタバレなのですこし改行。





それで最後。
結局ネズミを倒すことはできず、なんだかんだあって家は崩壊してお金に換えることもできなくなってしまうんですね。
こうなってしまったときには、やり過ぎだろう、とちょっと引いてしまったのですが。
この後がよかった。

兄弟は弟の糸工場に戻るのですが。もうこの工場も、社員達に給料も払えなくなってしまい、閉鎖状態。
でも、ついてきたネズミのふとした行動をきっかけに、工場が糸の代わりにチーズが糸状になってでてくる。
これをきっかけとして兄の料理の腕と弟の工場を併せて、チーズ工場を作って大ヒットを飛ばす。
仲の悪かった兄弟が、お互いの力を合わせて工場を再建するこのシーンにえらい感動してしまった。
それでネズミとも和解して、ネズミも料理のアドバイザーみたいな感じで常に兄の肩に乗り、一緒に仕事をしてみんな幸せになっていく。。
ネズミは兄弟を和解させるための父の使いであった、みたいな感じで締め。

なんかあまりに綺麗な終わり方でえらい感動だった。
まさかコメディ映画でここまで感動するとは、舐めていた。
ともかくストーリーもギャグ要素も面白くて大満足な映画でした!

« 第4夜 海賊 | トップページ | ヴァルヴレイヴの15話をみる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/53775800

この記事へのトラックバック一覧です: マウス・ハントというネズミと戦う映画:

« 第4夜 海賊 | トップページ | ヴァルヴレイヴの15話をみる »