2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第2夜 旅立ち | トップページ | 仮面ライダー鎧武の2話をみる »

2013年10月17日 (木)

ファインド・アウトを見た

こんばんは。
毎週水曜日は映画を見続けていますが、今日はファインド・アウトという映画を見たです。
最近レンタルの始まった映画です。
ほんとはブラッド・ピットのジャッキー・コーガンを借りに行ったのですが、全部貸し出し中だったのでこっちを借りてしまった。

必ず見つけ出す。妹を、そしてさらわれた私自身を。

キャッチフレーズが微妙に意味不明ですが、結構面白かった。
↓これ。主人公は赤ずきんの人。

ファインド・アウト ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray] ファインド・アウト ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ  2013-10-02
売り上げランキング : 924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しかし参考にアマゾンリンクを貼ってみたけど、興味ある人は作品見てから行ったほうがいいと思う。
レビューのタイトルにネタバレが……。

そんなファインド・アウト。
主人公の妹が何者かに誘拐されてしまって、姉である主人公が犯人を自力で見つけようとする話なのですが。
普通の誘拐話と違うところは、この姉というのが妄想癖の持ち主で、過去に通院歴もあるんです。
それで妄想の事件を通報したりしていて、警察もさんざん振り回されているのでどうせ今回もそんな感じなんだろうと信用されなくなっているのです。

だから必死に警察に訴えても、調書すら取ってくれない。
主人公はもう誰も頼りにできないと自力で捜査をしていくのですが、とある理由から警察にも追われる身になってしまう。
警察の手を逃れながら、犯人と妹を果たして見つけられるか。そもそもほんとに事件は起こっているのか。
色々と謎を残しながら、話は展開していくのです。

最初は警察ひでぇ! 信じてやれよ! って思わせられるんだけど。
話が進んでいくにしたがって、むしろ主人公やばくないか? ってなっていって、ほんとにどっちが正しいのか分からなくなっていく。
この話の運び方が実に巧みで、非常に面白かった。
途中から下手したら妹自体妄想なんじゃないか? とか思いながら見てしまった。

あと主人公、巧みな話術で人から状況を聞き出したり、機転効かせて警察の目を誤魔化したりと、結構頭よくてその辺も楽しかった。なんか強いし。
主人公と警察との最後のやりとりもなんかよかったな。

ただ激しいアクションとかはないし、スリリングな展開もそれほど多くないし、主人公もヒステリー気味だしで、好み分かれるかも知れませんが。
まあそれでも1時間30分程度で終わるし、飽きずに見られるとは思います。

で、最後にちょっとオチについて。今回はネタバレ無しにしようと思ったけど、やっぱり言いたい。





結局、主人公の言ってることは事実で、犯人は実在。
妹も、掠われた訳ではないけど、動けなくされて地下に閉じ込められていた。
犯人は、妹を出しに使って主人公を掠おうとしてたんですな。

蓋を開けてみると、犯人がしょぼすぎですねぇ。
途中までは声も不気味で恐いのに、実際会ってみるとこれがショボイ。
いきなり主人公に銃を撃たれて、あっさり焼き殺されてしまった。

というか犯人に対する主人公のあの行為、悪人にしか見えなかったな(笑)
なんかコマンドーを思いだしてしまった「あれは嘘だ」
いやコマンド―は断じて正義の味方ですが。

まあハッキリ言って犯人なんてどうでもいいし、それまでの過程が楽しけりゃそれでいいですが。
と言うわけで面白かった。以上です!

« 第2夜 旅立ち | トップページ | 仮面ライダー鎧武の2話をみる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/53627192

この記事へのトラックバック一覧です: ファインド・アウトを見た:

« 第2夜 旅立ち | トップページ | 仮面ライダー鎧武の2話をみる »