2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ブレイブ28 ああトリン!1おくねんのうらみ | トップページ | ジャックと天空の巨人! »

2013年9月10日 (火)

第23話 たった一人の戦争

こんばんは。
今日もドキドキのプリキュアの31話を見ていたのですが。
イーラさんベールさん(まちがえてた)、久し振りにでてきた!
あの二人組から力すいとって殺してしまいましたが。
レジーナとつるんでた時もそうだったけど、たまに見せる邪悪な感じがかっこよい。

しかしプリキュアの幹部が死ぬところって初めて見ましたが、結構容赦なく殺されるんですね。
なんだかんだで浄化されて退場するのかと思ってましたが、意外とシビアであった。
あの三人組みも最後は死んでしまうのだろうか……なんだか胸がきゅんきゅんしてきた。

今回もマナさんは完璧超人ぶりを発揮してましたが。
絶望的な状況に陥っても泣いて自力で復活するところとか、エシディシみたいでかっこよかった。柱の女……。

それで新兵器のラブリーパット。
あれ武器だったんか。ラーの鏡みたいな補助アイテムかと思っていた。
攻撃方法が手裏剣みたいでかっこよかったですが、あの技って全員共通なんだろか。
カードの組み合わせで攻撃方法が変わるとかあるのかな。
おもちゃのCMだと「いろんなアクションで攻撃」って言ってるけど、盾にもならないとロゼッタが使えない。
というかあのオモチャ、攻撃出来るんだな。女児向けにしてはずいぶんアグレッシブなおもちゃだな(笑)

ともかくあのパット、色々使い道がありそうなのでこれからの展開に期待です。

六花(とりあえず解析してrootをとらないと)

そんなわけで日記ですが。
今日は例によってヤマト見ました! 宇宙戦艦ヤマト2191。

南部さんが波動砲を撃つ回。
なんだか今回は、ガミラスの面々の印象がだいぶ変わる回だった。
デスラー総統が電波だったり、ヒスさんがかっこよかったり。
まさかヒスさんがヒルデ助けるとは……意外といい爺さんではないか。
シュルツ司令といい、ヒルデは髪の少ない人に縁があるな。

それに比べてデスラー総統はいったいどうした。
なんだかヤマト撃破を口実に側近や住民もろともバレラスを破壊しようとするとか、訳のわからないことになっていた。
イゼルカントサマじゃないんだから。。。最近の悪役はひねくれすぎだって!

べつに味方裏切ろうとバレラス破壊しようとそれ自体はいいんだけど、なんでそうするのかハッキリ語ってくれないからいまいち釈然としない。
細目の時と同じようなことを繰り返してしまっている。
まえに「こんな星~」とか愚痴ってたり、伏線みたいなのはあったけど、あれだけですべてを察しろというのはちょっと無理だし。
これからちゃんと語ってくれるかも知れないから、まだ電波と決めつけるには早すぎかも知れませんが。。。

ギムレーさんも予想外にかっこいい死に様でしたが。
しかし死に様はともかく、肩すかし感はすごかった。
秘蔵っ子の艦隊があんなあっさり全滅って。。。

ミーゼラさんもなんだかイメージ変わってしまった。
てっきり総統のためなら裏切られようと構わない的なキャラかと思ったら、意外とショック受けていた。
自分だけは裏切らないとか思ってたみたいですが。
人の心理巧みに読むわりには、総統のことに関しては色眼鏡で見まくっていた様子。

いろいろとデスラー総統のおかげで訳のわからない展開になってまいましたが。
ヤマトがバレラスを守るって展開は非常に熱かった。
敵味方関係無しに人を守ろうとする姿というのは、やっぱり感動しますな。ガンダムAGEの終盤戦みたいでした。ほめてます。
森雪がいい感じに活躍してたのもよかった。やっぱりヒロインもちゃんと活躍しないと。

そんな本編。
先週、デスラー総統が第2バレラスから撃った波動砲は、ヤマトの脇をすり抜けて背後のエピドラに命中。粉砕。
あれって初めからエピドラ狙ってたのかな。このあとの展開考えると、総統はヤマトの進撃も利用するつもりだったっぽいし。
それでヤマトも消滅した模様と報告が入って、動揺する森雪。

総統「艦長はどんな男だったのだろうねぇ。会ってねぎらいの言葉でもかけてやりたかった」

どや顔の総統。
でもあとの展開考えると、(やべ、ヤマト落としちゃった!)って感じだったのかもしれない。
それと総統の「艦長」のイントネーション。あの独特のじゃなくて普通な感じだったな。ガミラスではああなのか。
で、森雪が気分優れないので去って行こうとしたところ、ヤマト復活。

それでヤマトの諸君。
ガミラスにも波動砲があったとのことで、ビックリする古代進達。
敵の懐深く入らないと活路は見いだせないとのことで、沖田艦長ガミラスに向かって進撃しろと指示。

第2バレラスでは、システムの一部に障害が発生したとタランさんが報告。
そうこうしているうちに、スターシャからホットライン。

スターシャ「一体どういうおつもりです。波動エネルギーを武器に使うなど。正気の沙汰とは思えません」

スターシャが抗議。総統、うちにくる時はいつも抗議だと抗議。
地球の人達も波動エネルギー武器にしてるから抗議したらどうかと言われて、スターシャびっくり。まだ知らなかったんか。
それで妹の話になると、いきなりスターシャの口調が変わる。

ス「何を考えているの、アベルト」
ア「きみのためにやっているのだ」
ス「やめて」
ア「スターシャ」
ス「おねがい!」

吐息も感じられそうな距離でお互い見つめ合う。この二人付き合ってるのかと。

ヤマトには敵艦が迫る。波動防壁はまだ早いので、ハヤブサで迎撃することに。
それで敵は航空隊にまかせている間に、ヤマトはガミラスに突入。
このあと航空隊はどうやって回収されたんだろうか。描写されてないだけで普通に戻ったのかな?
ギムレーさんはあんまり守る気がない様子で、なんだか適当。

艦長「本艦はこれより敵中枢、デスラー総統府を突く」

ヤマト首都に突入して、なんか柱みたいなのがたくさん延びてるところで敵艦と撃ち合い。旧作みたく酸の海に潜ったりはしないんだな。
しかし宇宙と違って周りに比べるものがあると、ヤマトが結構小さく見える。
よくあんな戦艦一隻でここまで来れたもんだと改めて思う。

それで波動防壁全開。
敵を蹴散らしながら一気に進軍し、総統府にブッ刺さる。
戦艦が突っ込んできてもびくともしない総督府の頑丈さ。

艦長「総員武器を携帯。古代突入隊を編成、指揮を執れ!」

ここから白兵戦になるのかと期待したけど、結局外に出ていかなかった。
このへんちょっと肩すかしだったなぁ。。。
一方総督府。

オシェット伍長「ここから逃げましょ」

「うん、そういってくれると思った」と動きやすいようにスカートを破る森雪。伍長歓喜。
そうこうしているうちに、総統がデウスーラだかデウス・ウザーラだかで離脱。
置いてかれるミーゼラさん。絶望とともにCMの場面。

ミーゼラさん「そんな、私を置いて、そんな、嘘よー!」

ギムレーさんも連れてったんだから、ミーゼラさんも連れてってやればいいのに。
忠実な駒まで殺す意味が分からん。仕事する人いなくなっちゃうだろうと。
やっぱり総統は徹底した純血主義で、ミーゼラさんみたいな異星の人は内心で軽蔑してたんかな。

で、総統は「予定どおりだな」とご満悦。
ヤマトが総督府に突っ込んでくることも読んでたとしたらすごいですが。
それで総統、第2バレラスをリモートコントロールして、一部を分離させたところでCM!

どーどどどど、どどどど、どーどどどど、どどどど。
謎の映画のCMやっていたがなんだあれ。

あとそれ以上に謎なのが、ヤマトのスマホゲームのCM!!
謎のコスプレ集団が……後ろの新見さんが気になる。

それでCM明け。

ユリーシャ「なぜユキを助けに行かないの」

いきなり古代進に迫るユリーシャ。
白兵戦が中止になって古代進が困っていると、空からアクシズが降ってくる。

帝都全域に緊急事態宣言出して避難させるヒスさん。
普段感情的に叫んでばかりのヒスさんも、こういうときは冷静に対処。

ヒスさん「これが、これが指導者のやることか。デスラー!」

ヒスさん熱いぜ。ゲールさんといい、小物っぽい人ほどやる時はやる。
総統のところでは、タラン長官が抗議。

総統「これは通過儀礼なのだよ」

ヤマトと共にバレラスは消滅する。ガミラスはその尊い犠牲を持って、古き衣を脱ぎ捨てる。
これからは機動都市要塞が新たなるガミラスの帝都になると宣言。
総督府の人には聞こえてるのでしょうか。
そもそもどこに向かって演説してるんだ。デウスーラの中の人達でしょうか。何人くらい乗ってるんだろうか。

ギムレーさん「んん、すばらしい」

手を叩くギムレーさん。
総統のお考えをみんな知ってた感じですが、この人だけはえらい信用されてるな。
それで、バレラスの落着まで後20分。

沖田艦長「波動砲発射準備!」
真田さん「え?」

古代進は航海長をクビにされ、森船務長の救出の任に着く。
そのやりとりを、後ろの方でジッと眺めている南部さん。

艦長「その際、同行者一名を認める」
南部さん(おれ! おれ!)

しかし同行者は問答無用でユリーシャに決定。
しょうがないので南部さん淡々と立ち上がり、古代進の席に着く。

南部さん「こっちはまかせろ。その代わり――彼女を頼む」

南部さんイケメンだなぁ。
古代進、戦闘機に乗り込んで、航空隊の支援の元デウスーラへ。

南部さん(これで波動砲が撃てるぜ)

そのデウスーラでは、森雪が制御室に入ってぶっつぶそうとしている。

ヤマトは総督府にブッ刺さったまま波動砲を発射。
遂に南部さんが波動砲の引き金を引く。イケメンー!!
CMで波動砲が壊してるモノリス見たいな四角いのは、総督府だったんだな。
それでCMでさんざん流された場面と共に、波動砲がバレラスを粉砕。
空を見上げるヒスさん。ヒルデもしっかり拾ってる。

ヒスさん「ヤマトが、やってくれた」
ヒルデ「ヤマト……?」

その頃、デスラー砲の修復も完了。
えらい早いな。何分くらいで修理したんだろうか。
とはいえ、森雪の細工も完了。後はレバーを押すだけ。
古代進も森行に向かって全速前進してます。

森雪「これで波動コアも暴走をはじめる。今までありがとう。これ以上私に付き合う必要は無いわ」

これ、暴走させたら森雪も死んじゃう感じだったんですね。
そういう説明無かったから、最初深刻な空気がいまいちつかめんかった。。。
そんなの言われなくても分かるだろ! とか言われそうですが……。

そこでオシェット伍長がいきなり反逆。銃を突きつけて森雪を押さえつける。ビックリする森雪。

伍長「分からない女だな。これが本物のガミラス人になれるチャンスなんだよ」

この秘密兵器を守ったことを知れば、一等ガミラス人になれることも夢じゃないとのこと。
それ以前にこんなところに森雪連れてきた罪で銃殺だと思うけど(笑)
ともかくそんな話は嘘で、伍長は「おわかれです」と、森雪をダストシュートみたいなところに入れて宇宙へ放り出す。

森雪「ノラーン!」

伍長、ちょい役とは思えないほどの大活躍。ヤマトのクルーよりもいい仕事してます。
でも、宇宙に放り投げただけじゃ、爆死よりも苦しく死ぬだけだよな。。。
確実に死ぬよりは、わずかな可能性にかけたんだろうけど。

で、総統はそんな細工のことなんて知らずに、ヤマトに向かってデスラー砲を撃とうとする。

タランさん「今あなたが撃とうとしてるのは、あなたの民なのですよ!」

動揺するタランさん。
これがゲールさんだったら、また後ろから撃ってたな。タランさんももっと頑張らないと。

総統「偉大なるガミラスの未来のために、尊い市民の命を犠牲にする罪。未来永劫私が背負っていく罪だ」

なんか総統自分に酔ってる。しかし引き金を引く直前に、波動コアが制御不能に陥り、大爆発。

伍長「そうだ、あの人の本当の名前、まだ聞いてなかったな」

伍長かっこいいな。最初はへたれてたのに、こんな立派な死に様見せるとは。
あのあっさり死んだ女の人も、草葉の陰で喜んでいることだろう。
でも、できれば最後にもう一度手をクンカクンカして欲しかったな……。
いや冗談ではなく、結構感動的な感じになりそうな気がするけど。

ギムレーさんの戦艦も、爆発に巻き込まれる。

ギムレーさん「なるほど、これが死か」

この落ち着きっぷり。ギムレーさん想像以上に大物だった。
この人は総統が死んだ後も必死に生き残ろうとするようなキャラかと思っていたので、意外だった。

岬百合亜「敵要塞、崩壊していきます」
真田さん「何が……起こったんだ」

何にもしてないのに目の前でどんどん話が急展開していったらそりゃ真田さんも分からない。

古代進「俺は、結局」

結局ほんとに何もしなかった古代進。
無力感に打ちひしがれて宇宙をさまよっていると、たまたま目の前に森雪が浮いているのを発見。

古代進「セシリー!!!」

戦闘機を飛び出してF91ばりに抱き合ったところで、終了。

第23話 ひとりぼっちの宇宙戦争 たった一人の戦争

たった一人って誰のことかな。
ある意味、古代進がものすごいぼっちでしたが。
白兵戦しようとしたら逃げられて、戦闘機乗っても間に合わなくて、結局何もできてないという。主人公……。

古代進はともかく、森雪のことでしょうか。
デスラーかもしれませんが、デスラーにはギムレーさんがいたからな。
まあたぶん各人にそこそこの含みがあるんだと思いますが。。。
セレステラさんもすっかり一人になってしまったけど、来週以降どうすんだろうか。

総統亡き後は、ヒスさんが総統になるのだろうか。
なんか帝政やめて、アラジンばりに共和制にしそうな気がしてならないけど。
でもそんなことしたら、独立する星が乱立してあっさり崩壊するだろうな。。。

ともかく、総統もさすがにまだ死んでないだろうし、先の展開がまったく読めないですが。
普通にコスモリバースもらって、生きてた総統が追い掛けてくるとかだろうか。
ともかくあと三週。
あんまりおかしな展開にはならずに、きれいに終わってほしい。。。

そしておさらい
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
第09話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話

« ブレイブ28 ああトリン!1おくねんのうらみ | トップページ | ジャックと天空の巨人! »

宇宙戦艦ヤマト2199」カテゴリの記事

コメント

イーラではなくベールっすね。飴しゃぶってるおっさんの方で、イーラはショタの方
昨今のプリキュアでは敵幹部救済は常識(スイに至ってはラスボスまで)だけど、
初代から5まで(いわゆる鷲キュア)は敵組織殲滅がデフォルト。

原作では射殺されてたヒス副総統が、リメイクでまさかの大出世で笑った

あ、ベールでしたね。未だにいまいち幹部の名前覚えてません(汗
初期の頃は結構シビアだったんですね。
でも最近はやっぱり救済されてますか。個人的にはベールくらいはかっこよく倒されて欲しいですねぇ。

ヒス、かっこよかったですね。ヒルデ助けるとか意外すぎです。
原作だと確か和平しようとしてデスラーに殺されるんですよね。今度は逆に追い詰めて欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/53204000

この記事へのトラックバック一覧です: 第23話 たった一人の戦争:

» 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(9/08)#23 [ぬる~くまったりと]
第23話 たった一人の戦争 ワープアウトしたヤマトを波動砲が襲う。空間機動要塞第2バレラスからの砲撃だった。 亜高速で総統府に進撃するヤマト、案内はメルダ。総統府に体当たりしたが、デスラーはデウスーラで 第2バレラスに向けて出港。 デウスーラから第2バレラスに強制割り込みで 一部をヤマトに向けて落下させる。バレラスを放棄して第2バレラスでイスカンダルに上陸する。 古代に突入隊を編成させる沖田艦長。雪がデウスーラに乗船していることを感じるユリーシャ。第2バレラスから落下する巨大建造物を感知する。波動砲... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 「たった一人の戦争」 [北十字星]
宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.1(2012/11/07)TVサントラ、結城アイラ 他商品詳細を見る 波動エネルギーを武器に応用したと言うデスラー総統。 それは、ヤマトの波動砲と...... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第23話「たった一人の戦争」 [空 と 夏 の 間 ...]
第2バレラスからのデスラー砲はヤマトの至近をかすめるだけですみ。 沖田は第2撃を受ける前に、ヤマトを亜光速でガミラス帝星に向かわせ、 総統府に艦体を突入させる。 しかし、デスラーは脱出して、第...... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 感想 「たった一人の戦争」 [ひそか日記]
- これが指導者のすることかぁぁっ! - レドフ・ヒスの枯れた声が周囲にも私の心にも響く… デスラーはなぜそこまでするのか? デスラーにこういう行動を取らせる作者の意図は何か? 一回目の視聴を終えたあと,しばらく考えてしまいました。 ... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 『たった一人の戦争』 デスラーご乱心?ヒスとノランが頑張った。 [こいさんの放送中アニメの感想]
ぶーたれたユリーシャ可愛い。沖田艦長が何かユリーシャの言いなりに見えたのは気のせいか。やはり病が篤いせいで判断力が低下しているのかもしれない。 それ以上にどうしちゃったの、と言いたくなるのがデスラー総統。まあ自分だけ総統府から逃げたのは決戦場に向かうため、良しとしましょう。でもバレラスにアクシズよろしく第二バレラスの一部を落とそうとしたり、ガミラス版波動砲「デスラー砲」を打ち込もうとしたりと自国民の抹殺に邁進。ヤマトじゃなくてデスラーにガミラスが滅ぼされちゃう。某総帥や某鉄仮面よろしく... [続きを読む]

» アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 「たった一人の戦争」 感想 [くまっこの部屋]
たった一人って森雪の事?いとも簡単に彼女の活躍で第2バレラスが崩壊しちゃったよ。 [続きを読む]

» アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 「たった一人の戦争」 感想 [くまっこの部屋]
たった一人って森雪の事?いとも簡単に彼女の活躍で第2バレラスが崩壊しちゃったよ。 [続きを読む]

« ブレイブ28 ああトリン!1おくねんのうらみ | トップページ | ジャックと天空の巨人! »