2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ブレイブ27 オ・マツリンチョ!レッドちょうしんか | トップページ | ENDアナザーファイナル…… »

2013年9月 3日 (火)

第22話 向かうべき星

こんばんは。
昨日、宮崎駿監督が引退するとかニュースでやっていましたね。。。
そのせいか知りませんが、なぜか昨日の夜、紅の豚を見て号泣する夢を見てしまった。
紅の豚見たのはもう十数年前で、どんな話だったかもよく覚えてないのですが。
なんか妙に見たくなってしまって、今日ゲオに行ってブルーレイを借りてきてしまった。

で、帰ってきてYahoo!ニュース見ていたら「<日本テレビ>「紅の豚」を急きょ放送 宮崎駿監督の引退発表で」なんて記事が……。
予知夢かと!
借りた意味がなくなってしまった……。なぜよりによって豚。
ポニョやって欲しかったな。見たことないから。

それとジブリとは関係ないですが、今日もドキドキプリキュア見たです。
今週は熱い展開だった。
先週の映画ばりに格闘やってたし、なんか聖闘士星矢見てるみたいだった。
キュアハートが意識失いながらもドラゴンに殴りかかるくだりとか、えらいかっこよかった。

三種の神器なんてのも出てきましたな。

ミラクルドラゴングレイブ
マジカルラブリーパット
エターナルゴールデンクラウン

熱いネーミングだ。やはりファンタジーはこうでなければ。
一万年前にラブリーとか言ってたかと思うと感慨深い。

回想で、キュアエンプレスなる伝説のプリキュアもでてきていた。
巫女みたいでかっこよかった。できれば全身が見たかった。
色とか髪型とか、一瞬グランディアのフィーナを思い出してしまいましたが。

しかし女帝ってえらい高貴なプリキュアですな。
残りの二人もキュアゴッデスとかキュアクイーンとかそんな感じだろうか。
来週は町全体がヤバイことになる様子。いきなりかつてない危機。

前置きが長くなってしまいましたが、本題。
今日もヤマト見ましたヤマト。2199!!

今回は、ドメル将軍の国葬が行われたり、メルダさんが仲間になったり、いろんなところでガールズトークが繰り広げられていたりして、ガミラスに到着する回。
戦闘ないしあんまり話進まなかったけど、色々ゆるい展開が繰り広げられていて面白かった。
先週といい今週といい、嵐の前の静けさというか、地味な話が続いてますね。
こういうまったり展開やるなら、少しくらいラジオヤマトをやってほしい!
ユリーシャが目覚めて以降、あんなに重要人物然としていた岬百合亜の出番がすっかりなくなってしまった。

それで本編。
沖田艦長の語りで始まる今回のヤマト。
イスカンダルとガミラスが双子星だったことに、艦長もショックだった様子。
ガミラスはイスカンダルを崇拝の対象としていることとか、デスラー総統のこととか、いろんな情報を得た様子。
それで、ガル・ディッツさんと会談が行われて、共闘は出来ないけどメルダさんは仲間になることに。
あの会談の中身が聞きたかった。

薮助治は、反乱軍の人達と一緒にレプタポーダに留まる様子。
ヤマトを見上げてなんか口動かしてたけど、なんて言ってたんだろうか。
薮助治のこれからがあまりにも気になる。このままフェードアウトだろうか。
というかこの前反乱した星みたいに、ギムレーさんに焼かれるんじゃないか、この星。

仲間になったメルダさんは、戦闘機に乗せろと加藤三郎に突っかかる。
でも古代進の言うことは簡単に聞き入れる、メルダさん。
加藤三郎、今回妙にテンションが高いな。顔もいつもとちょっと違う気がする。

メルダさんは、ロン毛の提案で前にロン毛が乗ってた鹵獲した機体に乗ることに。
あの機体、思いっきり大破してたような気がするけど、ちゃんと直したんだな。

メルダさんの相手をする山本玲。
同朋に引き金を引くことになるかも知れないという山本例に、それはおまえ達次第だとメルダさん。
イスカンダルに行くのが目的だろ、復讐心からガミラスを叩きたいのが本心か? と迫るメルダさん。
思いがけないこと言われて、「そんなこと」と驚いているところに、ユリーシャが「もう、ないよね」

山本玲「ちょうどいい、あんたに聞きたいことがあったんだ!」

高貴なイスカンダルの御方をあんた呼ばわりする山本例と、失礼だと怒るメルダさんとちょっと揉めた後、山本玲が質問。

山本玲「なんでイスカンダルとガミラスが同じところにあるって、黙ってたのよ」
ユリーシャ「はてな? 知ってたら来たかしら、来なかったかしら」

言葉に詰まる山本玲。
一方、同じようなことを話している古代進と島大介。
島大介は森雪はガミラスに丁重に扱われているとなぐさめるけど、古代進は浮かない顔。

古代進「奴らがまだ、彼女をユリーシャだと思い込んでいるならな」

すごい顔をする島大介。
しかし最近島大介あんまり活躍する場がないな。南部さんの方が目立ってきている。

一方ガミラス。

森雪「ここの月は大きいのね。大きくて、きれい」
伍長「あれは、月ではありません。ご存じないのですか。あれは、イスカンダルです」

森雪墓穴を掘って、オシェット伍長に偽物だとバレる。
それでも「僕の任務はあなたをお守りすることです」と語るオシェット伍長。
先週、触れた手をクンカクンカした手前、もうこの人は森雪を裏切ることは出来ない。

それでどっかに到着すると、ミーゼラさんが待っていて、お茶会が始まる。
紫色の謎の液体をティーカップに注ぐヒルデ。
ヒルデはシュルツさんの死後、ここで雇われてる様子。意外と落ち着いてます。
これがガンダムなら、ヤマト許すまじ! ってパイロットになって復讐はじめるんだろうけどな。

それでミーゼラさん。
イスカンダルのあいつは自分で動こうとせず他人を試すだけだけど、総統は銀河を越える共栄圏を築いて実戦なさろうとしていると、持ち上げまくる。
その頃、総統は鳥の世話。

ミーゼラさんは、ガミラス人じゃないという理由で、傘の人と一緒にレプタポーダの収容所に入れられていたとのこと。
それを、デスラー総統が自らの手ですくいだしてくれたとのこと。
若い頃のミーゼラさんと傘の人、なんかプリキュアにでてきそう。

それを聞いた森雪、単刀直入に「愛してるの?」
ミーゼラさん、イスカンダル人とは思えないその下世話な物言いに、大爆笑。
森雪リラックスしすぎ。

その頃、総統の世話していた鳥の死んでいる姿が映って、CM。
この鳥の死骸、どういう意図が含まれているのかよくわかりませんが、南国少年パプワくんの終盤戦を思い出す。。。

それでCMですが。
コミックブレイドで山本玲の「緋眼のエース」連載してるみたいですが。
「細目の保安部長」とか「小太りの機関士」とかもやってくれ。

それで久し振りのがまんできないプラモのCMのあと、Bパート。
熱弁を振るうゲールさん。
ゲールさん麾下の無敵艦隊3000隻は、一路ガミラスに向かってるけど、あと二ヶ月はどうしてもかかってしまうとのこと。

総統「もういい、ゲールくん。がんばってくれたまえ」

顔を赤らめるゲールさん。ゲールさんはこの先、活躍の場はあるのか。
でも二ヶ月後じゃ、もうマギが始まってる。。。
ああ、でもヤマトの帰り道に鉢合わせって可能性もあるか。
それでゲールさんラスボス化。うむ。

それでゲールさんの無敵艦隊が遠くにあるので、本土防衛の艦隊がほとんどなくなっているとのこと。
観艦式にみんな持って行ってしまってたのかと。
でも、ギムレーさんのところには虎の子の艦隊が温存されているので、本土防衛はギムレーさんの親衛隊が国軍に変わって勤めるとのこと。
親衛隊が順調に権力を掌握しはじめている。
この人戦死とかじゃなくて、逃亡して毒飲んで死にそう。

それでミーゼラさんが、総統のお耳にユリーシャは偽物で、おそらくテロン人だと告げ口。
さっきあんなに和気あいあいとお茶会してたのに、ミーゼラさん恐い。
でも、総統は落ち着いている。

総統「本物かどうかなど、どうでもいいことなのだよ」

イスカンダルの第3公女が大統合を承認してくれて、それを国民が信じてくれれば万事OK。
それで、ドメル将軍の国葬。デスラー総統が熱い演説をぶつ。

総統「希望こそが、我々の悲しみを癒やし、みらいを示してくれる!」

この総統はなんか妙にさわやか。
その希望とは、イスカンダルとの大統合。ユリーシャ様の承認を得ることが出来たと、報告。
ドメル将軍の追悼式典が、いつの間にか統合の発表会になっとる。

スターシャ「ユリーシャ?」

スターシャもテレビ越しに妹の姿を見て、ビックリしてます。
あんな神秘的な人も、普通にテレビ見るんだな。
やっぱりスナック菓子ばりばり食いながら、プリキュアとか見てたりするんだろうか。

総統「未来へ向かって歩みだそう! 帝国の飽くなき前進こそ、我が友ドメルの臨んでいたことでもあるのだ!」
民衆「ジークジオン! ジークジオン! ジークジオン!」

一方、久し振りの南部さん。
珍しく戦術作戦案を作って提出したみたいだけど、最後の森雪救出作戦だけは古代進にボツにされる。

イケメン「冗談、だよな……」

というか南部さんの作戦案って一体どんなんだろうか。
「波動砲でガミラス帝星を粉砕」とか普通に書いてそう。
ともかくヤマトの目的地はイスカンダルなので、ガミラスじゃないので、森雪はシカトするとのこと。

南部さん「本気なのか! じゃあ彼女はどうなる! 見殺しにするのか!」

いつもに増して熱くてイケメンな南部さん。
加藤三郎も古代進に再考を促す。悩む古代進。
新見さんも複雑な表情で見てます。

新見さん(あんなカビたまんじゅうみたいな星、イズモ計画には使えないし)

保健室では艦長が入院中。
原田真琴が沈んだ顔してる。OPはこの場面か。

そして食堂。
大マゼラン達成記念ということで、マゼランパフェが好評発売中。
加藤三郎ことサブちゃんと、原田真琴ことマコピー(違)が、仲良くお食事。
なんかいつの間にか親密になってます。

山本玲「だめだよ~、サブちゃん」

冷やかす山本玲。ここ終盤に至ってもまだこの人のキャラがつかめない。
君はいないの? とユリーシャ。
山本玲にはいないけどユリーシャにはいる様子で、びびるメルダさん。
ヤマトの中にはいないとのことですが……薮助治か。

それでマゼランパフェ。
人間の食べ物には見えず、食べたそうにないメルダさん。
やっぱりガミラスの人は、ミーゼラさんが飲んでたあれみたいなエグい色してないといかんのか。
しかし悲しい顔のユリーシャに促されて一口食ったとたん、顔色が変わる。

メルダさん「こんなものがこの宇宙にあったのか!」

ラムネスばりに猛烈に感動するメルダさん。
あと頼み事をしていた様子で、戦闘機を赤く塗ってもらってます。

作業員「どうしてもこの色でって……」
榎本勇「女の子ってのは、わからんなぁ」

むしろ赤く塗るのは男のロマンではないか! 仮面の人達もよく塗ってるし!
それでユリーシャは帰ったら誰かに伝えなければいけない云々。

ユリーシャ「メルダはかわいいねぇ」

どうでもいいけど、後ろの水槽にクラゲが浮いているな。テルマエ・ロマエみたいだった。

古代進は戦闘機の止めてあるところで、泣きそうな顔して壁を殴りつけ、南部さんをびびらせる。
南部さん、こんなところに何しに来たんだろうな。また波動砲でも見に来たんだろうか。

一方、空間機動要塞都市 第二バレラスでは、ヴェルテ・タランさんがこの施設は遷都のためで、ヤマトに使うものではないとデスラー総統に反対してる。
けど、総統に凄まれて大人しくなる。
タランさんって前に波動砲が開発中のなんかに似てるとか言ってた人か。
それを聞いた森雪は、ヤマトが無事だったことをようやく知る。オシェット伍長の嘘がばれた。

森雪「何をはじめるおつもりです」
総統「戦争だよ」

不敵に笑うデスラー総統。
総統の顔がOPでローンレンジャーみたいになってたのは、ただの影だったか。

一方、ヤマトの諸君。
と言うか、思ったほど「ヤマトの諸君」って言わないな。
そもそも未だに直接話してすらいないし。
もっと頻繁にやりとりしてるもんだと思い込んでたけど、そうでもないんだな。

艦長「諸君! 地球は我々の遙か後方16万光年にある。だが、それは数字にすぎない。地球はすぐ後ろにある――」

艦長の演説が熱い。
それでワープして、サレザー系第五惑星のエピドラに到着。二連星も確認。
かっこいい音楽と共にバレラスからピンク色のビームが飛んできたところで、終了!
なんつーいいところで終わるんじゃ。

第22話 向かうべき星

しかしあのビーム、直後のネタバレCMで思いっきりかわしてるんだが!
ピンク色だったし、あれあのビームですよね。なんてネタバレを……。

ともかく映画で言うと、来週からが最後のひとまとまりになるのかな。
来週あたり、ようやく「ヤマトの諸君」が聞けそうな気がしますが。
あと一月で終わりか。。。うぅむ。

そしておさらい
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
第09話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話

« ブレイブ27 オ・マツリンチョ!レッドちょうしんか | トップページ | ENDアナザーファイナル…… »

宇宙戦艦ヤマト2199」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/53124362

この記事へのトラックバック一覧です: 第22話 向かうべき星:

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第22話 「向かうべき星」 [北十字星]
宇宙戦艦ヤマト2199 4 [Blu-ray](2013/02/22)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る 古代とユリーシアは、惑星レプタポーダからどうやって 脱出したのでしょうか。ああ、メルダ・ディッツがヤマト...... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第22話 [ぷち丸くんの日常日記]
ヤマトが補給や修理のために立ち寄ろうとしていた惑星レプタポーダは、ガミラスの収容所のあるとんでもないところでした。 そこから救い出されたディッツ提督(CV:堀勝之祐)はドメル夫人(CV:たかはし智秋...... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(9/01)#22 [ぬる~くまったりと]
第22話 向かうべき星 収容所を制圧、開放したディッツ提督。他の収容所惑星の開放に向かう。共闘は出来ないが情報交換を約束した。連絡将校としてメルダがヤマトに残る。 ガミラスはイスカンダルを崇拝していた。 鹵獲したガミラス戦闘機を赤く塗って専用機にするメルダ。ミーゼラは森雪と謁見してユリーシャではないと見抜く。ゼルツ人ノランもユリーシャではない事を知る。それでも警護が任務だと伝える。 ガミラス本星に残存戦艦が無い状態。ギムレーの親衛艦だけが残っている。森雪の救出作戦はヤマトの任務ではないと古代。 イス... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第22話 感想 「向かうべき星」 [ひそか日記]
- 女子会,女子回 - 宇宙戦艦ヤマト2199における女子キャラが多数出てきた回でした。 玲・ユリーシャ・メルダの3人が集まり話題は戦争や国家でなく,スイーツやイイ人へ! リアルです(笑) 嵐の前の静けさ。 最終決戦前,つかの間の休息をとるような回でしたね。 ... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第22話 『向かうべき星』 異民族三人娘が見てて楽しい。 [こいさんの放送中アニメの感想]
知ってたら来たかしら?来なかったかしら?何故イスカンダルとガミラスが二連星だと黙ってたのか、という山本の問に対する答え。半ば確信犯っぽいユリーシャ。まあ他に手段が無いんだから来たでしょうが、議論になって出足は遅れそう。 以後行動を共にするようになった三人娘のやり取りが楽しいですね。地球人(マーズノイド)、山本玲。イスカンダル人、ユリーシャ・イスカンダル。ガミラス人、メルダ・ディッツ。見た目はユリーシャが一番地球人っぽい。金髪に紫の瞳を持つ彼女ですが、紫の瞳は白人の中に極小数存在します。女優エリザベ... [続きを読む]

» アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第22話 「向かうべき星」 感想 [くまっこの部屋]
山本玲とメリダとユリーシャ、なんかすごい取り合わせだ。この3人が食堂にいるとさら [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第22話「向かうべき星」 [空 と 夏 の 間 ...]
収容惑星を解放したデッツ提督と別れ、ヤマトはイスカンダルへの最終ワープに入る。 ガミラスとイスカンダルが二重惑星だったため、決戦は不可避の運命。 デスラーは、雪をユリーシャとしてイスカンダル...... [続きを読む]

« ブレイブ27 オ・マツリンチョ!レッドちょうしんか | トップページ | ENDアナザーファイナル…… »