2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ダンガンロンパの7話をみる | トップページ | 第21話 第十七収容所惑星 »

2013年8月26日 (月)

恐竜やらないので、プリキュア映画見た!

こんばんは。
今日はなぜか、真っ昼間からパイレーツオブカリビアンやっていた。
こんな真っ昼間からフジテレビで映画やるなんて珍しいですが、他にもテレ朝では朝に例の映画二本立てやってたり、日曜洋画劇場が妙に遅い時間からはじまったり。
各局のテレビ編成がいつもとだいぶ違ってるような感じだった。
24時間テレビの影響でしょうか。うむ。。。

それでキョウリュウジャーもやってなかったので、代わりにやってたプリキュアの映画を見たのです!
「プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち」という映画!
見るとプリキュアになれると言うことで見てみたのですが、女の子限定だった。くっ!

ドキドキ以外まったく見たことないのに見てしまいましたが。
おかげでみんな当たり前のように受け入れていた「フュージョン」なる敵が何者なのかよくわかりませんでしたが、それ以外はあまり問題なかった気がする。
あと問題と言えば、ライト持っていないので応援が出来なかったことくらいか。

フュージョンはスマイルあたりの敵なのかな? とか思いながら見てしまいましたが。
あとからWikipedia見てみたら、映画限定の敵キャラなんですね。スパロボのヴァルシオンみたいなもんか……。
一度倒されたけど、今回また復活したらしい。

全員のプリキュアが出ると言うから一体どうやって収拾つけんのかとおもったら、スマイルとスイートの共演に、他のプリキュアがちょっと補佐するって感じだった。
20数人の変身や必殺技のバンクをひたすら流されるような自体になったらどうしようかとちょっと不安でしたが、さすがにそれは大丈夫だった。
でも初期の人達は声優すら参加してないみたいで、満面の笑みでまったく声を出さないので、なんだかえらいシュールだった。

なにげに昨日からBS11で再放送がはじまったハートキャッチの人達はかろうじてしゃべってましたが。
多種多様な絵柄が混在する中においても、ハートキャッチの絵柄だけはさらに異色な感じがする。一番好きな絵柄だったりしますが。
ハートキャッチ見たいなーーーー。
昨日やってたの録画しとけばよかった。終わってから気がついた。

それはともかく、映画。
スイートの北条響さん、目が鋭くて見た目がちょっとおっかないので、スケバンみたいなキャラかと勝手に思い込んでたけど、普通にいい人だった。
スマイルの星空みゆきさんはイメージ通りの人でしたが。
二人がかりで坂上さんを追っかけ回すくだりは面白かった。
意味深にスローモーションになるところとか。なんでぶつかるだけのシーンに、あんな運命の出会いみたいな演出してるんだ(笑)

それにしても格闘が熱かった。すこぶる熱かった。
ドラゴンボールばりにばしばし戦ってたし。空まで飛んでたし。
あの空飛ぶってのは、映画限定の演出なのかな。まさかドキドキ以外のプリキュアは飛べるなんてことないですよね。
ドキドキも映画になると飛ぶんだろうか。

スイートの人はカメハメハみたいなのも撃ってたな。
あとスマイルの人達も火球投げたり、稲妻出したりと、正統派な戦隊みたいで熱かった。
特にあのスマイルの緑! エネルギー弾をサッカーボールみたいにシュートしてたのすげーかっこよかった!!
エネルギー吸収されるの分かってるのに、律儀に全員が必殺技たたき込んでフュージョン肥えさせてるのは、おいおいと思ってしまいましたが!

あとスマイルの黄色いのがなんかフュージョンに掠われて鞠投げみたいに遊ばれてるのが面白かった。

あと初代の三人。しゃべらないのに地味にすごかった。
スイートとスマイルが総出でなんとか止めていた船を、あの三人は眉一つ動かさず簡単に止めていた。
さすが初代は年期が違うな。

とにかくたくさん人出さなきゃならないので、話自体はかなりシンプルでしたが。
プリキュアにあこがれる主人公の坂上さんとフュージョンの残骸ことフーちゃんが仲良くなるけど、意思の疎通がうまくいかなくって大変な事になるという話。

話自体はシンプルでしたが、結構面白かった。
坂上さんの心の揺れ動きは丁寧に描かれていたし。
母親が目の前で消えたりとか、途中ちょっとホラー入ってたし。
悪意のない言動がいつの間にか深刻な事態を招いていたと言うこの流れ、結構不気味だったな。
これがプリキュアじゃなくて消えた人が復活しないようなホラーだったら、相当恐い。

坂上さんがキュアエコーなる新プリキュアになったのは驚いた。
まさか映画で新しいのが出てくるとは。
……とは言っても、過去プリキュアをまったく見てない身としては、出てくるすべてが新キャラみたいなものではあるのですが。
エコーは一体どこの所属になるんでしょう。スマイルかな?

でもせっかく出てきたのに、まったく戦わなかったですね。変身シーンも必殺技もなかったし。
正直、なんのために出てきたんだという気がしなくもなく……。
誰でもプリキュアになれるってことを言いたかったのは分かりますが、出すからには少しくらい活躍して欲しかったな。
最後にでてきたフュージョンの残骸を一緒に倒せば、もっと盛り上がったと思うんだけどな。

きっとこの人が、スパロボのオリキャラみたいな立場になってこのシリーズの話の中心になっていくのかと思ったら、Wikipedia見てみると別にそう云うわけでもなさそうだし。
この映画限定のキャラなんでしょうか。
金髪でいかにも主人公! って感じのデザインなのに。なんか惜しいな……。

それで最後に、坂上さんが序盤で出来なかったあいさつとかを出来るようになって、終了。
序盤と同じ場面で、成長を見せるこういう演出っていいな。

ともかくそんな感じで面白かった。
ドキドキのでてる今年やってたヤツもまたどっかでやってくれないもんか。

最後に、来週のドキドキプリキュアの予告もやってましたが。
10000年前のプリキュアが手にした伝説の鏡を取りに行って、ドラゴンと戦ったりする様子。
プリキュアって石器時代からいたのか。。。

« ダンガンロンパの7話をみる | トップページ | 第21話 第十七収容所惑星 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初代と5とフレッシュは最終形態に成らないと飛べないです。ハートキャッチとスィートとスマイルは最終形態に成らなくても飛べます(ハートキャッチはムーンライト以外はパートナーの妖精が居る必要があり、スィートはフェアリートーンがすべて居る必要があり、スマイルは蝶々デコルとスマイルパクトまたはロイヤルクロックが必要です。)スプラッシュスターは碌に見て無いのでよく分かりませんが、Wikipediaによると飛べるそうです。

エコーが戦わなかったのは思いを届ける為の変身だからという事でどうか(汗)エコーがこれ以降出て来ないのは個人的には毎回出ると特別な人に成ってしまうからだと思います。飽くまで唯の人がプリキュアに成れる事を証明するためのプリキュアなので。

おお、みんなちゃんと設定として飛べるんですか!
映画のノリで飛んでるだけかと思ってました(笑)
これならいずれドキドキも飛べるようになるかも知れませんね。

>>エコーが戦わなかったのは思いを届ける為の変身だからという事でどうか(汗)

変身しなかったらあそこまでたどり着けなかったかも知れないですしね。
フーちゃんを傷付けるために変身したわけじゃないから、はじめっから戦闘能力がなかったのかも。

エコーは、確かにあんまり活躍しすぎると普通の人じゃなくなってしまいますね。
かっこいいのに、もう出番がないのはちょっと残念ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/53033386

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜やらないので、プリキュア映画見た!:

« ダンガンロンパの7話をみる | トップページ | 第21話 第十七収容所惑星 »