2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ダンガンロンパの6話をみる | トップページ | アンパンマンを久し振りに見る »

2013年8月15日 (木)

ドラえもん! のび太のひみつ道具博物館!

こんばんは。
今日はドラえもんの映画見たです。ひみつ道具博物館(ミュージアム)。うむ。
いつもは3月頃にテレビでやるのを見ていたのですが、今年は例年になく気になる作品だったので、コレは借りねばなるまいと。
貸し出し中が多くて借りれるか不安でしたが、ギリギリで一本だけ残っていた。

ところでコレがはじまる前に予告やっていたのですが。
来年はのび太の大魔境のリメイクなんですね。
ヘビースモーカーズフォレストのヤツですな。小学生の頃ほんとにあるもんだと思っていた。

それで博物館。
どんな話かというと、ドラえもんの鈴が怪盗DXとか言うのに盗まれて、未来のひみつ道具博物館とやらに持って行かれてしまうのです。
鈴を取り返すために、いつものメンバーが博物館に追い掛けていって、そこでゲストキャラのクルトって青年に出会う。
それでクルトの案内の元、博物館の中をめぐりながら、だんだんと事件に巻き込まれていく。
怪盗の他に「怪人」なんてのもいて、そいつも博物館に迷惑かけていたりして、ちょっと話がややこしい。
ともかくそいつらとなんやかんやあって、最終的には世界を救う。そんなお話。

それにしても、クルトって男だったんですねぇ。
イラストとかで見てた時は、ずっと女だと思っていた。男と分かってから改めて見ても、やっぱり女に見える。
というか、ヒロインよりかわいくないか?(オイ
いやヒロインのジンジャーもかわいかったですが。突っ込みとか冴えてたし。
しかしクルト……。

ともかく博物館。
予想外に良く出来ていた。
去年は踏んだり蹴ったりだったけど、今年はすごかった。
F氏が亡くなって以降の原作無し作品の中じゃ、個人的には一番かもしれない。

去年ほど突っ込みもどころもなかったし、伏線の張り方がものすごく巧み。
序盤から徐々に積み上げていった複線が、終盤に一気に回収されていく展開はなかなか見事だった。
終盤の展開もすこぶる熱くて、どんでん返し的な展開になったり、人類が滅びかねない大事件が起きたり、ドラえもんが変身してロボットと戦ったりと、えらいテンションが上がったです。
特に最後の、のび太の一言には感動した。のび太とは思えない粋なセリフだった。これの伏線も巧みだったしなぁ。。。
のび太とゲストキャラとの友情がメインだったこれまでとは違って、シンプルにドラえもんとの友情を強調してたところも、よかったと思う。

あとうれしかったのは、最後まで「科学」で行ってくれたことですね。
最近のオリジナルの話って変にファンタジーが入ってしまっていて、藤子不二雄F氏のSF(少しふしぎ)な世界観が台無しになってたんですよね。
その点今回は、ちゃんとSFな世界観に敬意が感じられる作りになっていて、うれしかった。

そんなわけで、素晴らしいところもたくさんあったのですが。
正直なところ、心から楽しめたのは最後の三十分くらいだけだったりする。
終わりよければすべてよしというわけで、印象は非常にいいのですが、それ以前が……。

全編を通じて話はよくできているのですが、よくできてるから楽しめるのかというと、それはまた話が違う。
確かに最後の種明かしを聞くと、ああ、あれはあのためだったのか、って感じで感心はするんです。
しかし伏線張ってる段階の展開が非常にぬるく、まったり進行が延々と続くので、途中でちょっと退屈になってくる。
怪盗とひみつ道具同士で戦うところは熱かったし、博物館を見て回っているところの楽しそうな雰囲気も良かったとは思うのですが、なんかどうにもいまいち盛り上がらない。
つまらなくはないんだけどなぁ、つまらなくはないんだけどなぁ、とか思いながら見てしまった。

他にも細かい所にいろいろと文句が……。
とりあえずのび太達、なんであんなに感じ悪いのだ。
見ず知らずの館長とクルトが道具で失敗してるのを見てゲラゲラゆびさして笑ってたりして、えぇ?とか思ってしまった。しずかちゃんまでそんな感じだし。
知り合ったあともジャイアン達はいじめっ子のノリでクルトを小馬鹿にしていたり、失礼を通り越して不自然。
そんなリアクション普通しないだろうと。

あと「無駄にでけぇ!」とか、変に最近の言葉を強調してるところも首を傾げたくなるな。ああいう演出って必要なのだろうか。
昔は昔でドラえもんが「マジだぜ!!」とか言ってたりはしたけど(笑)
あれはCMネタだっけ。

それと相変わらずドラえもん頭悪い。。。
これはリニューアル後全部に言えるんだけど、ドラえもんがテンションの高いアホキャラになってるのが気になってしょうがない。
声は五分も聞けば慣れるけど、あの性格だけはどうしても慣れない。
私の尊敬したドラえもんはもっと知的なはずだ……。懐古主義と言われてもこれだけは譲れん。

ドラえもんと言えば、鈴が取れるとノラネコ化してしまうと言う謎の新設定も、正直意味不明だったな・・・・・・。
あんまりストーリーに生かせてなかったし。途中からすっかり忘れてた。

もう一つドラえもん絡みで、なんだかなぁと思ってしまったところは、ドラえもんの道具を封印するエピソード。
ドラえもんが自由に道具を使えると無敵になってしまうので、毎回何かしらの形でポケットを封印しなければならないわけですが。
今回は、変なスッポンロボがポケットの中に入ってしまって、手を入れると噛まれるから道具が使えない、ってことになっていた。
手を突っ込む度に指を噛まれて、ドラえもんがギャー! って叫ぶ。
うぅむ……。

まあ、ノラネコ化とも合わせてそれなりの笑いどころにはなってるから、演出としては悪いもんじゃないとは思うのです。
たぶん映画館では笑い声が響くんだろうことも想像できる。
しかし個人的にはこういうギャグで誤魔化すような展開はどうしても好きになれないな。
ドラえもんをあんまり頭の悪いキャラにしないでくれ。。。

そもそも、今回は周りにひみつ道具があふれてる世界なんだから、ひみつ道具を使いまくるような話にしてもよかったと思うんだけどな。
実際、中盤の怪盗とのひみつ道具使った戦いは結構熱かったし。うぅむ。

そして結末。
このへんからはネタバレになるので、ちょっと改行。見ようと思ってる人は見てからお願いします。





怪盗の正体はクルト。
クルトの尊敬するペプラー博士の研究を完成させるために、DXに変装して必要になる道具を盗んでた。

それで、すべて事が終わったあと反省して、盗品は全部返してドラえもんにも謝罪するわけですが。
一番迷惑かけていた博物館の人達に対しては、事実は隠したままなんですよね。
ドラえもんもドラえもんで、「僕は鈴が戻ってくればそれでいいんだよ」って寛容に許してたけど。
いやいや、勝手に決めるなと。被害に遭ったのはドラえもんだけじゃない。メインの被害者は博物館の館長だ。
その変がどうも釈然としない……。

道具を返せばそれで許されるなんてことはあり得ないし、ほんとに反省してるのなら、筋を通して館長にも謝罪するべきなんですよね。
それで許してもらえばいいじゃないかと。
あっさり許されるのもご都合主義ではあるけど、事実隠したまま逃げるよりは遙かにましだと思う。

それに事実を知らない館長や警察は、すべてペプラー博士の仕業だと決めつけてしまっていたしな。。。
クルト、おまえはあれを見て心が痛まないのかと。
尊敬する博士がおまえのせいで濡れ衣着せられてるぞと(笑)

さらに問題なのは「怪人」の方。
こっちの正体は、博士の孫娘のジンジャー。
博士と一緒にビンボー生活をしているということもあって、なんとかエッティばりに博物館に忍び込んでは食料をちょくちょくもっていって、借りぐらし生活をしていたと言うオチ。
それが「怪人」の仕業だとされて恐れられていたわけです。

しかし小人がたまに角砂糖を持っていく程度ならばともかく、人間が頻繁に忍び込んで食いものを持っていくのは、どう考えてもやり過ぎ。
しかもジンジャーはまったく罪の意識は持っていなくて、当たり前のように窃盗を繰り返していた感じだし。
誰からの突っ込みもないし、おそらくこれからも繰り返すだろうし。これはリアルにまずいだろうと。
捕まえて豚箱にぶち込めとはいわんから、せめて謝ろうよ。謝ってくれよ!!
ちなみにこれもペプラー博士の仕業ってことで終わっている。
どちらも根本的な原因は博士にあるとは言え、お前ら博士の名誉を傷付けすぎだって……。

あとこれは文句じゃないけど、博士達の過去のエピソードがジャイアントロボを思い出してしょうがなかったな。
夢のエネルギーを作り出すとか。片っぽが失敗したのが原因で完成したとか。
お互いの研究成果が打ち消し合って消滅するくだりとかも。
ペプラー博士の見た目も、なんとなくフォーグラー博士に似てるし。いや、みんなたまたまだろうけど。

ともかくそんな感じです。
文句が多くなってしまいましたが、なんだかんだで良かったと思います。
若干退屈なところはあるけど、終盤は熱いですし。
個人的にはあのドラえもんのバトルが見られただけでも満足。
原作無しのオリジナル作品の中ではかなりちゃんとしてる方だと思うので、見て損はないと思います。
特にドラベースのファンは絶体見なければいけません。企画・原案協力がむぎわらしんたろう氏なので!

それとパフュームのあの曲いいですね。
ちゃんとこれのために作られた曲って感じで、ただのタイアップにはなってなかったし。
EDで流れてるの聞いて、なんかちょっと鳥肌立ってしまった。

そしで来年は大魔境。
さすがにこれで失敗はないと思うから、安心。。。

« ダンガンロンパの6話をみる | トップページ | アンパンマンを久し振りに見る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/52886058

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん! のび太のひみつ道具博物館!:

« ダンガンロンパの6話をみる | トップページ | アンパンマンを久し振りに見る »