2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第15話 帰還限界点 | トップページ | ダンガンロンパの2話を見る »

2013年7月18日 (木)

マンテラ! マンテラ! マンテラ!

こんばんは。
msnを見ていたら10月からやるマギの続編の記事が載っていた。
キービジュアルが公開されたとのことで、公式サイトに行ってみたのですが、トップのイラストが変わってますね。
アリババもアラジン少年も似合わない服着てますが、後ろの白髪はシャルルカンでしょうか。
シャルルカン、魔法使いみたいな格好してますが、剣士から転職したのか。
あとアリババの角みたいなアホ毛がなくなってる……というかこの人ほんとにアリババなのか?
ともかく10月からはマギ。ヤマトでCMなかなかやらないな。。。

と言うわけで日記ですが。
今日も映画を見たのです。
この前TSUTAYAが準新作100円レンタルやっていたので、その時に「マンテラ トランスフォーマーズ」なる映画を借りておいて見たです。
どう見てもトランスフォーマーのパク……オマージュ丸出しな作品。
でも見るからにトランスフォーマーだけど、設定はどちらかというとアイアンマンの方が近いんじゃないかという気もする。
ロボットと言うよりもパワードスーツだったので。
これ↓

マンテラ ─トランスフォーマーズ─ [DVD] マンテラ ─トランスフォーマーズ─ [DVD]

ファインフィルムズ  2012-12-31
売り上げランキング : 148625

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マンテラというのは、そのバイクから人型に変形するパワードスーツのこと。
バイクにしっかりと「マンテラ」ってカタカナで名前が書いてある。
マンは人。テラは10の一兆倍。つまり超人と言う意味。そのマンテラに人間が合体して戦うのです。
そういう設定のアニメだか特撮だかがあったような気がするけど、どうしても思い出せない。
ググってみたらバブルガムクライシスというのがあったけど、それは見たことない。
モスピーダでもない。なんだっけな……。

ともかくマンテラ。
どんな話かというと、光と闇の軍が昔から戦いを繰り広げていて、地球がそれに巻き込まれるんです。うん……。
というかもうトランスフォーマーでいいです。
デストロンとサイバトロンが戦っていて地球が巻き込まれるんです。そういう認識でまったく問題ない!

主役は冴えないゲーマーのアズマン青年。
この人の家にある日バラバラになったマンテラが宅配便で送られてくる。
最も適してるから送ったとか誰かが言ってたけど、詳しい説明はない。

それで友達呼んでよくわからないままそれを組み立てていくと、かっこいいバイクが出来上がって大喜び。
「コレを組み立てた人物は卓越した技術と頭脳の持ち主」とか言われてましたが、だいぶ出来上がってる大ざっぱな部品をただはめ込んでたようにしか見えなくて、全然難しそうに見えなかったな。
午前中くらいで完成させてた感じだし、難易度的には自作パソコンレベルではないか。
マスターグレードのEX-Sガンダムつくる方が絶体大変。

ともかくコレで、アズマン青年がマンテラに乗り込むのですが。
一旦乗り込むとDNAと結合してしまい、もうその人以外は乗れなくなってしまうんです。ヴァルヴレイヴみたいに。
そんなわけで、アズマン青年が戦いに巻き込まれていく。
乗る理由はそれだけで十分だと思うのですが、設定として「汚れなき魂の持ち主」だけがマンテラに乗れるそうなのです。
アズマン青年がそれらしい……。いや、別にいいけど。全然文句ないけど。

ともかく感想。
端的に言うと、話が唐突! 盛り上がらない! 突っ込みどころだらけ!
正直本家の二作目と三作目も微妙な内容だったので、実はあれらより面白かったりするんじゃないかとそれなりに期待して見始めたのですが。うむむ……。

とりあえず、マンテラがメインの話にもかかわらず、どうでもいい人間パートばっかりでちっともマンテラ戦わん。
ロボット同士で戦うのなんて終盤戦だけなので、そういうの期待して見ると思いっきり肩すかしを食らいます。
そしておそらくこれを見る人の約120%はそういうのを期待して見ると思う。

展開も行き当たりばったり。
唐突に武道の達人みたいな人が現れて、主人公が修行はじめたりする。このくだりだけ妙に浮いてるし、えらい蛇足に見える。
だいたい修行したってすぐに強くなるわけないんだし、中途半端にこういうことやられるとかえって説得力がなくなるというか。
マンテラの性能と根性で戦ってるでいいじゃないかと。
一応ラストの伏線にはなってるんだけど。あれもなぁ。。。

それに肝心のマンテラ。
まともに戦わないうちから、味方の組織に勝手に改造されて姿形が変わってしまいます。
こんなにありがたみのないパワーアップもないというか。
旧型の強さもろくに見せないうちにパワーアップされたって、何がどう強くなったのか分からんよ!
それに帰ってきたマンテラを見て「僕のマンテラ……」ってアズマン青年はすごく喜ぶのですが。
勝手に大改造されてるのになんでそんなに喜んでるの。あんたの大切なマンテラ違うもんになってるぞと(笑)

しかもそのパワーアップが弱い弱い!
パワーアップ後、最初に出てきた敵にいきなり苦戦というか、負けてる。
せめてパワーアップ直後は無双してくれ!!
それにこのときは肉弾戦してたので、てっきりマンテラはそういう戦い方なのだと思ってたのですが。
この直後のラスボス戦では、しっかりと剣を取り出して戦ってたりする。
最初から使えっ!

ちなみにこの戦いで武道の師匠が死ぬ。
その死に様も唐突というか……ちっとも役に立たないアズマン青年の救援に来て、代わりに敵を倒してくれるのですが。
戦い終わって一息ついた時に、いきなり背中からグサッ! 達人なのに無防備すぎ。
それに位置的にアズマン青年は師匠の背中に敵が迫ってるのを見えていたはず……。どこまで役に立たない。

で、そのラスボス戦。
敵は二刀流のでっかいロボットで、マンテラとチャンバラするのですが。
雑魚に苦戦してた人が、なんでラスボスと互角に渡り合ってるんだという突っ込みはともかく、このあたりだけはCGも気合い入っていてちょっと熱かった。
でも結局負ける。

マンテラ絶体絶命の危機。
そんなときにマンテラの中から謎の声が聞こえてきて、背中から翼が生えてさらにパワーアップを果たすのですが。
そのパワーアップも、やっぱりしょぼい。
ラスボスと空中戦を繰り広げたりして一瞬はかっこいいのですが、負ける。
「こんなことありえない!」とか「物理法則を越えているわ!」とか言われてたのに、負ける。
そんな人知を越えたパワーアップしてるのに、なんでそんなに弱いのだ。ラスボスは普通のロボットだぞと。

それで最終的には精神論。
「まことの拳を振りかざせ」と、亡き師匠の声が聞こえてきて、肉弾戦に回帰。
唐突にパワーアップしてラスボスを撃破。もうこのへんは理屈抜き。

あとこのラスボス戦はどっかのバーみたいなところで中継されていて、戦いが進むにしたがってその周りにだんだんと人が集まり始めて、次第に「マンテラ! マンテラ!」と応援の大合唱になっていくのですが。
そのギャラリーの少ないこと……。
数えてみたら19人しかいなかった。映画なんだからもうちょっと増やそうよ!

そして最後の終わり方。
最後黒幕が顔を見せたところで終了!
なんと完結してないのです。続きが楽しみじゃないかと。

しかしこの黒幕の顔見せも謎演出というか。
この人、冒頭で一回顔見せてるんですよ。で、その後ずっと顔を隠し続けて、最後にもう一回顔出し。
一体どういう効果を狙ってるのだかさっぱり分からん。
一応部下には顔を見せないことにしてるんだとは思うのですが、ストーリー的になにかあるわけじゃないし、もう視聴者に見せちゃってるんだらハッキリ言って隠す意味がない。
たぶん恥ずかしがり屋なんだろう。

と言うわけで、ほとんどいいところが思い浮かばない、かなりさんざんな作品でしたが。
別に嫌いなわけではないです。むしろ好きです。
アニメに例えるならガンダムAGE。続編あるなら見るよ絶体……。

« 第15話 帰還限界点 | トップページ | ダンガンロンパの2話を見る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/52495491

この記事へのトラックバック一覧です: マンテラ! マンテラ! マンテラ!:

« 第15話 帰還限界点 | トップページ | ダンガンロンパの2話を見る »