2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ブレイブ20 アンラッキュー!タナバタのタナボタ | トップページ | レッド・ライト!! »

2013年7月 9日 (火)

第14話 魔女はささやく

こんばんは。
今日もドキドキプリキュアを見ていたのですが。
バ、バキューン!!!!!!
バキューンなんて聞いたの餓狼伝説のブルーマリー以来です。
キュアエースの変身シーンかっこいい。なんか炎に包まれて、フェニックスの聖闘士みたいであった。

キュアエース強かったけど、それよりもマナさんがキョウリュウジャーの赤ばりに挫折を乗り越えてさらに強くなってしまった。
すでに生身の段階で他の色達を凌駕している。大丈夫か、他の色達。
特にマコピーは最初の頃はもっと頼もしかったような気がするけど、すっかり埋もれてしまったな。一応先輩なのにな。
来週マコピーの話みたいだからこれでパワーアップするかな。
アイドルやめようとするみたいだけど、そもそも最近全然マコピー仕事してない。

ところでマナさんがあの謎の赤子を連れてお祭りを歩いてるシーンで、モブキャラが真っ黒でしたな。
あれは演出だったのかコスト削減でもしたのかよくわかりませんが。DVDではちゃんと塗られてたりするんだろうか。
しかし不気味なモブキャラであった。

そんなわけで日記ですが。
それで今日は宇宙戦艦のヤマトを見ましたヤマト。2199。
今回はあのSF回に続く謎の回だった。
サイコホラーというかなんというか。なんかほんといろんな様相詰め込んで来るから油断ができない。
一見サイコな展開の中に、色々と伏線らしきものがちりばめられていて面白かったですが。
なんでこのタイミングなんだろうな。ドメル将軍達と戦ってる真っ最中なのにのぅ。

しかしあの傘の人は速攻で死んでしまいましたな。
いかにも重要人物と言わんばかりにEDに出てるので、ちょっと期待してたんだけど。
まさか一話完結の刺客だったとは……。

ところでCMでやっていた公式設定資料集がすこぶる欲しい。
しかしいかにも高そうなのでamazonで値段見てみたら、3780円!
うぅむ、案の定高いな。ウォッチメンの原作より高い。
しかもガミラス編は別みたいだし……。うぅむ。高い。

そんなヤマト。
例の頭上注意の場所に、また入り込む岬百合亜。
この人ほんとにこの場所好きですな。
ここに来るようになってからと言うもの、ラジオヤマト全然やんなくなってしまったし。ぐむー。

一方ヘンなものを散布しているフラーケン達。
5(ガウ)、4(ジー)、3(ネォ)、2(ベォ)、1(アォ)、点火(バルス)!
バルスって、ガミラスはラピュタの人かと。
フラーケンの部下の人が「折れたちゃ便利屋じゃねぇ!」と愚痴ってます。
それを見てる片眼つむってる白髪の人がかっこよかった。すげぇ渋い!

ヤマトの始末はデスラー総統直々のご命令で、ミーゼラって人達がやることになったらしい。
フラーケンはこのあとどうなるんだか。

一方ヤマトの諸君。
古代進と森雪の痴話ゲンカが艦橋に筒抜けに。
怒筋を立てて親指を噛むイケメンの南部さん。

南部さん「なんなんだよこれ」

古代進は戦術長権限を凍結されてヒマそうだから運転手になってたみたいです。
いつの間にか戦術長降ろされてたんだな。やっぱり先週の無断行動のせいでしょうか。
そうこうしているうちに、ヤマトの周りに雪が降ってきて、通信が途切れ、ヤマトが回転しはじめる。
よくわからないまま、古代進達もヤマトに帰着。
誰の姿も見当たらず、アナライザーも動かない。チョーさん……。

古代進達がうろうろしていると今度は勝手にヤマトが発進。
オートパイロットになってしまっていて、解除もできない。
直接アクセスできるのは、中央電算室と自動航法室。二人はそのどっちかに向かうことに……。
いろいろあってハシゴを下る古代進。頭を森雪に蹴られて、上を向くとでかい尻。

森雪「あ、ごめん!」
古代進(ありがとうございます!)

映写室みたいなところに行くと、森雪の背後でいきなりフィルムのカウントダウン開始。
カタカタカタカタって、フィルムの音がいいな。なんかレトロフューチャー。

一方、森雪を見失った古代進には、電話がかかってくる。
不意に現れる緑の公衆電話。
あの電話のベルはいつ聞いてもびびる。一瞬自分の家にかかってきたのかと思ってしまった。

「思い出通話がご利用できます。」

古代進が電話に出ると、そこには母親の声が……。
あぁぁぁこのシュールな雰囲気がたまらん。たまらん!!!

後ろの大画面には傘の人の口元が映ってる。

傘「きっ――

ブツリとCMへ。

100回泣くことは再び消滅。
その代わりガンダムブレイカーのCMが二連続でしたが。
amazonのレビュー見てみると、だいぶ評判悪いですねこのゲーム。
すっかり課金ゲーになってるとかなんとか。
この調子だと早く安くなるかな? 安くなったら買おう♪

そして後半戦。
古代守の自宅。親戚一同が集まっている。
その中で古代進が居心地悪そうに背中を丸めてます。俺かと。
そして兄から電話。

進「兄さんどうして死んじまったんだ」
守「おまえの方こそどうなんだ。ちゃんと生きてるか」

シュールなやりとりだのぅ。
そうこうしてるうちに傘の人が出てきて、古代進と傘の人が禅問答みたいなやりとり。

傘「たたかう? だれと?」
進「誰とって決まってるじゃないか。ええと……」

その様子を森雪が映画館で見ていて、いきなり現れた土方のおじさんが「コレが地球だ」
それで土方さんが地球について学ぶために、パートナーを紹介してもらう。それが森雪

森雪「コンンチハ、ハジメマシテ」

そのまま映画を見てたらいきなり入院。
目覚めてテレビを見たら森雪がテロに遭っていて、隣のベッドに行ったら森雪が入院中。
その様子を後ろから傘の人がクビを曲げて見てるけど、鈴の音と共に岬百合亜とユリーシャ?のイメージがいきなり出てきて、顔が歪む。
展開が奇想天外すぎて文字にするのが辛い。

森雪の出自に関する断片情報がいろいろ出てましたが、とりあえず整理してみると。
ユリーシャが地球にやって来た際、地球のことを学ぶために、土方さんの紹介で森雪がパートナーになったってことでいいのかな。
でも森雪がテロに遭って記憶を失ってしまうと。
ユリーシャが何処に行ったのかは謎ですが、ともかくなんだかんだあってユリーシャはヤマトの例の場所の地縛霊になって、岬百合亜に憑依中。
それで今回ユリーシャが鐘の音で傘の人の精神攻撃を妨害していると。
よくわからんけどこんな感じでいいんだろか。ユリーシャ=森雪かと思ってたけど、もしかして別人??

一方古代進。
ボンヤリ立っていると、兄が現れてハーモニカを預かる。
森雪の方も、森雪(ユリーシャ?)から変な装置をもらう。

森雪(ユリーシャ?)「コレを、持っていて」
傘「バカな……なぜおまえがここに!」

びびる傘。なぜおまえがって、傘の人とユリーシャ?は知り合いなんでしょうか。
「ユキ」という岬百合亜の声で目覚める森雪。

森雪(なんで呼び捨て)

様子のおかしい岬百合亜は、森雪に色々アドバイス。
ヤマトを勝手にワープさせて、その先に「彼ら」が待っていて拿捕しようとしている。
波動エンジンを抜けばワープを止められるとのこと。

岬百合亜「波動エンジン……。ああ、お姉さまが来たんだ」

お姉さまってのはあの火星で死んでた人ですよね。
波動エンジンに憑依でもしてんのかな? 名前なんだっけ……。
ともかく走る森雪。途中でヤマトの諸君が夢心地で立っている。

新見薫「遠慮の無い人」

それで森雪がワープを止めて波動コアを取り除くけど、また傘の人がやって来て戻さない地球が滅ぶと脅してくる。
「たいせつな」「ふるさとが」っていうあの影の演出、なんか少女革命ウテナの影絵を思い出す。

一方古代進は、兄を迎えに行く途中に遊星爆弾が自宅に落ちたことを思い出す。
そして親戚の前で怒鳴る。

古代進「ここに遊星爆弾が落ちて……みんな、死んじまったんだ!」

正気に戻った古代進は変な装置を元に戻そうとしている森雪の姿をスクリーンで見る。
森雪、心の叫び。

タスケテ

恐い……。ボスケテだったら面白かったのに。
そしてここからは熱い音楽が流れて、ようやく現実に戻る。
古代進が森雪を助け出して、波動エンジン再起動。それに巻き込まれて、傘の人消滅。
傘の人の本体も、恐い顔のまま意識が戻ってこない。
あぁ、たった一話で……。

ミーゼラさん「コレで私も、ひとりぼっち」

うなだれるミーゼラさん。この人も意外とぼっちなんですね。

ゲールさん「結局なにしにいらしたのでしょう」

ゲールさんの突っ込みに吹いてしまった。ほんとなにしに来たのだ。
それでゲールさん。密かにゼーリックさんに報告。

アナゴ「めーざわりな狼もこーずるい女狐も今はヤマトに夢中かぁぁ。頃合いであるなぁぁ」

なんかゼーリックさん企んでます。新見さんといい不穏な人がたくさんいますな今回のヤマト。
だから2クールでちゃんと収まるのかと。

それでヤマトの保健室の前には行列。
佐渡先生の話によると、みんな一番大切にしている思い出を見ていたとのこと。
イケメンの南部さんもなんかすごく心配そうな顔をして並んでます。どんな夢見たんだおまえ。
新見さんはどんな遠慮の無い夢を見てたのか。
あと薮助冶の夢も知りたいですが、たんけんぼくの町の夢でも見てたにきまっている。

それで古代進と森雪のゆるいやりとりのあと、また例の場所に岬百合亜。

岬百合亜「さようなら、私。こんにちは、あなた。あなたは私、岬百合亜」

久し振りに岬百合亜のポエムで締め!
しかしポエムはラジオヤマトで詠めと。

「魔女はささやく」

今回も次回予告は無し。
結局秋からのアニメのCMもやらなかったな。。。来週あたりやるだろうか。
その代わりまどかマギカの映画のCMやってましたな。
あんなにきれいにまとまってる話の続きをどうやって作るのか想像がつかんですが。
みんな復活するんでしょうか。頭はどうするんだ……。


そしておさらい
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
第09話
第10話
第11話
第12話
第13話

« ブレイブ20 アンラッキュー!タナバタのタナボタ | トップページ | レッド・ライト!! »

コメント

まこぴーの今の所の最後のアイドルの仕事は16話の飲み物のCMですね。忙しいはずのまこぴーがスケジュールをどうやって開けているのかが気になります。

真っ黒なモブキャラを見て、コナンの犯人やプリティーリズムシリーズの透明なモブキャラを思い出しました。

まこぴーは王女様見つけるためにアイドルやってたので、王女様見つかってしまってモチベーション下がってるのかも知れませんね。
来週あたりそのあたりの話が出てくるかも知れませんね。

モブキャラは謎でしたね。色塗った上で黒くしてるみたいなので、手抜きにも見えませんし。謎です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/52369042

この記事へのトラックバック一覧です: 第14話 魔女はささやく:

» 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(7/07)#14 [ぬる~くまったりと]
第14話 魔女のささやき 次元戦航艦を使って資材をフラーケンに発射させるミーゼラ。 森と古代は哨戒行動、戦術長権限停止中の古代。森は操縦したいからと古代におねだり、全ての通信は ヤマトに筒抜けだった。 ヤマトに雪が降る?歌が聞こえる、哨戒機がヤマトに帰艦できない。ヤマトが回転している、マニュアルで非常用エアロックから乗船する。第一艦橋に誰も居ないが電源が通じて進路を変更する。第一艦橋からは航路を変更できない、中央電算室か 自動航法室でしか変更できない。 エレベーターも非情ハッチも動かない。マニュアル... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 #14. [色・彩(いろ・いろ)]
「魔女はささやく」 先行時に、かなり物議をかもした回です。小学生の娘的には「面白 [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第14話 「魔女はささやく」 [北十字星]
宇宙戦艦ヤマト2199 2 [Blu-ray](2012/07/27)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る 100式空間偵察機で古代と森雪が偵察? 珍しい組み合わせですね。 真田さんの粋な計らいでしょうか? ...... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第14話「魔女はささやく」★傑作・異色エピソード!! [世事熟視〜コソダチP]
宇宙戦艦ヤマト2199 第14話 「魔女はささやく」 大マゼランに向かい航行中のヤマト周辺の宇宙に雪が降り始める。 早くも幻想的・・・。 空間偵察機で次元潜航艦哨戒任務に就いていた古代と雪が帰還するとヤマトがゆっくりと回転。 オリジナルの手作業によるアニメでは難しいCGならではのシーン。 古代が空間偵察機をヤマトの回転に同期させ、二人は非常用エアロックからヤマト内へ・・・。 そると乗組員の姿は無く、幽霊船状態。 古代と雪の背後に、ときおり高速移動する影・・・幽霊の... [続きを読む]

» アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第14話 「魔女はささやく」 感想 [くまっこの部屋]
二人乗りの艦載機で操縦権を取り合いイチャイチャの古代と雪。「私は・・・私も会えた [続きを読む]

» アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第14話 「魔女はささやく」 感想 [くまっこの部屋]
二人乗りの艦載機で操縦権を取り合いイチャイチャの古代と雪。「私は・・・私も会えた [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第14話「魔女はささやく」 [空 と 夏 の 間 ...]
ミーゼラが、同じジレル人のミレーネルを使いヤマトにゴーストリンクの罠をかける。 古代と雪も過去の世界を見せられるが…。 雪は病院での記憶を思い出す…自分とそっくりだったユリーシャのことを。 今回はすごくエヴァぽい精神世界の戦いって展開です(笑) エヴァの映像に少なからぬ影響を旧作のヤマトが与え、 今度はエヴァ的な演出が使われているのが面白いですね。  ... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第14話 感想 「魔女はささやく」 [ひそか日記]
- そして誰もいないヤマト - まるで現実世界と幻覚世界を行き来するような話でした。 エヴァ風に感じられた演出は庵野秀明さんへのリスペクト? これまでとは一線を画すような回でした。 ... [続きを読む]

« ブレイブ20 アンラッキュー!タナバタのタナボタ | トップページ | レッド・ライト!! »