2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ブレイブ17 ガチだぜ!キョウリュウグレー | トップページ | トゥモロー・ワールドではないトゥモロー・ワールド »

2013年6月11日 (火)

第10話 大宇宙の墓場

こんばんは。
今日もドキドキのプリキュアを見ていましたのですが。
今回はいつもと趣が違ってスポーツ大会であった。
例の三人組みがフツーにボーリングが上手いのには笑った。
ズルしなくてもボウリング勝負やれば穏便に勝ててたな。

しかしあの三人組み、結構かっこいいな。
心が揺れるレジーナを「約束なんて破っちまえばいいだろ」ってそそのかすところとか。
ピカレスク!って感じでなかなか熱い。この人達は最後までぶれずに悪役やってもらいたい。

一方マナさんも、卓越した身体能力でサッカーのシュート撃ってましたが。
相変わらずすごいなこの人。
あんまり完璧超人だと「弱さが無い」とか言われてプリキュア追い出されるぞと。

それにしてもずっと気になってるんだけど、なんでマナさんだけ変身すると髪の色が変わるんだろうな。
別人みたいになってしまうので困る。色で呼べないし!
ともかくなんたらクリスタルが揃って、次回女王様が現れる。キングジコチューとの戦いも近い。

そんなわけで日記ですが。
宇宙戦艦のヤマト見ました。ヤマト2199。

ドメル「天は我に命ず、この手でヤマトを沈めよと」

ネタバレCMのドメルさんがかっこよすぎて困る。早く見てぇ!!!
一時期自粛傾向だったネタバレCMは最近復活してるけど、代わりにプラモのCMが無くなった。
そろそろプラモも新しいのを用意していただかないと。

今回は、ワープが失敗して変なところに迷い込んで、敵と協力して脱出するという呉越同舟的な話。
ネタバレCMでさんざん聞かされていた「敵だと思うなら撃て!」もようやく聞けた。
あの人、山本玲とライバル関係にでもなるのかと思ったら、なんか仲間になりそうな雰囲気。

敵の腕組みの人が非常にかっこよかった。
逆に親衛隊の人とかゲールさんとか、青い人達の失態が目立ちますが。
なんかすっかり青無能、肌色有能な状態になってます。

いい加減に青い人も挽回しなければいけませんが。
そろそろ、初期のネタバレCMに出てた「狩りをはじめよう」の人が出てくる頃だろうか。
ともかく早くドメルさんがみたい。

そんなヤマト。
自由浮遊惑星バラン。
いきなり更迭の宣告を受けるグレムト・ゲールさん。
アナゴさんじゃなくてヘルム・ゼーリックが、冴えた巻き舌でヤマトをやっつけないとヤバイと脅す。

ヘルム「吉報を待っておるぞ、げぇぇぇぇる」

はぁ、と肩を落とす司令。
なんかかつてのシュルツ司令みたいな立場に追い込まれてますな。この人には頑張ってほしいのだが。
行方不明になった遊軍艦の話をしようとする部下をどうでもいいと一蹴し、ヤマトを探し始めるゲールさん。

一方ヤマトの諸君。
キョウリュウジャーの赤が持ってそうな赤い宝石のネックレスを眺めながら、亡くなった兄に思いをはせる山本玲。
なんか兄が一瞬、古代守に見えてしまった。ちょっと似てる気がする。
と言うか兄はゼハ(ry

そうこうしているうちに、ワープ開始。
今回は誰がすけすけになるのかとちょっと期待してしまったが、すけすけになる前に事故発生。
なんかワープが終わらない。

岬百合亜は、ラジオが休みで暇をもてあましている様子。
頭上注意ってところでボンヤリしていたら、中から謎の霊体が現れて気絶。
すごい衝撃があったあと、ヤマトの諸君が気がつくと、そこは次元断層なる次元の狭間。

徳川なんとか「こちら機関室。波動エンジンに原因不明のエネルギー流出現象が起こっています」

そこで沖田艦長の分析。
ここでは時空の性質が反転していて、本来真空から無限にエネルギーを取り入れる波動エンジンが、逆にエネルギーを取られてしまっているとのこと。
沖田艦長、一瞬でよくそこまで分かるな。

周辺には、ここから抜け出せずにさまよっている船が多数浮いている。

古代進「宇宙のサルガッソーか」

アセムがダークハウンドに乗ってでてきそうですが。
でてきたのはアセムじゃなくて、ガミラスの戦艦。
攻撃するかの問いかけに、

沖田艦長「泥沼に足を取られた2頭の獅子が、互いに相争えば沈むだけだ」

かっこいいなぁまったく。こんなセリフ言ってみたいわ。
それで、敵が脱出の方法を知ってるとのことで使者をヤマトに収納。
戦闘機の中から、姿を現すガミラス人。

森雪「あれがガミラス人!」
だれか「いったいどんなやつなんだろう」
イケメン「人間を滅ぼそうとしてる連中だ。きっと化け物みたいなヤツだろうさ!」

コレが初コンタクトなんですね。
一応戦争してたのに、今まで敵の容姿も見たことなかったんだな。
そして姿を現すガミラス人。中から出てきたのは、美人のお姉さん。

イケメン「そんなばかな!」

名前はメルダ・ディッツ。階級は中尉。
ヘルメットかぶってもまったくアホ毛が崩れない、鉄のアホ毛を持つ女性。

それでこの人と、古代進が山本玲だけを護衛に付けて、個室で会談。
青くない人は劣等人種とかいわれて、ムッとする古代進。
銃をもって対応したことに、メルダさんもちょっと怒ってます。

メルダさん「テロン人は宣戦布告も無しに攻撃をしかけてくる、好戦的な種族だからな」

なんか意味深な展開になってますね。
実は地球の方にも色々企んでる人がいて、攻撃も地球側からだったみたいな展開になるのでしょうか。
いいなぁ、こういう展開。

それでCM。
夏が近づいてきたからなのか、映画の宣伝がやけに多くなってます。
ショートピースにハルに、100回泣くことも復活している。でも奇跡のリンゴは無し。

CM明け。
ヤマトの諸君が小会議。
メルダさんから伝えられた脱出方法は、波動砲を撃てば次元がどうにかなって脱出できるとのこと。
なんでむこうは波動砲のことを知っているのかとイケメンの南部さん。

真田さん「グリーゼ581で使用した時、彼らなりにマークしたのだろう」

波動砲持ってない人達の方が、波動砲の有効活用法を心得てるという皮肉。
これはあの戦艦に乗ってる誰の発想なんだろうか。腕組みの人かな。

でも波動砲撃つとエネルギーがなくなって動けなくなってしまうとので、後は向こうの船に引っ張ってもらわなければならない。
引っ張ってくれると入ってるけど、それを信用するかどうか悩むヤマトの諸君。

イケメン「じゃあどうすればいいんですか! なにか方法はないんですか!」
沖田艦長「ある! 相手を信じることだ」

南部さんがヘタレキャラを一手に引き受けている気がします。その代わりイケメンだけど。
ともかく提案を受け入れて、メルダさんもひと安心。

腕組み「だが通常空間に出た後は敵と味方」
沖田艦長「承知している」
腕組み「貴艦と砲火を交えることを、楽しみにしている」

なんて渋いやりとりなんだ。しびれる。。。

沖田艦長「コレは男と男の約束だ!」

沖田艦長もかっこいいが、あの敵の艦長かっこよすぎ。
なんかずっと腕組んでるし。牡牛座の聖闘士かい。

一方、山本玲のペンダントに興味を示すメルダさん。
交渉が上手くまとまったことで、メルダさんの物腰もだいぶ柔らかくなってます。

メルダさん「美しい石だ。高貴な青には劣るが、赤も美しいものだな」

メルダさん思いっきり髪赤いし。なんかとっても自画自賛に聞こえます。

山本玲「古代さんの銃と同じ――皆、おまえ達に殺された」

山本玲はあくまでも険悪。
それでガミラス艦に牽引してもらって、波動砲発射。出口が開く。
しかし、ガミラス艦では小競り合い。
小物そうな親衛隊の人が、銃で脅して牽引を解除してしまう。

牽引解除されて、やっぱり!とメルダさんに銃を向ける山本玲。

メルダさん「敵だと思うなら撃て!」

もうその言葉何回聞いたことか。CMはこの場面だったんだな。
それで親衛隊の人は撃たれて牽引は再接続されるけど、ケンカは終わらない。
床に落ちた銃を取り合い。
そんなパッツンパッツンの服着て二人でじゃれ合わんでくれ。えろいから。

で、勝負はメルダさんの勝ち。山本玲に向けた銃を反対側に返して、返却。

メルダさん「おまえは飛行機乗りなのだろ。私たちの間に、こんなものは必要ない」

メルダさんもなかなか渋い。
それでやっと外に出たところ、ゲールさんの艦隊が待ち伏せ。
ヤマトにはディンツ提督のご令嬢が乗ってるという注進もゲールさんは聞く耳持たず、腕組みの人達もろともヤマトを砲撃。腕組みの人の船撃沈。
あぁ、腕組みの人……。最後まで腕組みを崩すことなく渋かった。
シュルツ司令といい、ガミラスの肌色の人達は渋い人が多いな。

ゲールさんの渾身の集中攻撃を受けるヤマト。
反撃しようという古代進に沖田艦長は艦首回頭。

イケメン「逃げるんですか!」
沖田艦長「そうだ」

逃げるヤマトを追いかけるゲール艦隊。
その途中で、亀裂が大きくなりゲール艦隊は次元断層に吸い込まれていき、壊滅。
ゲールさんも吸い込まれそうになって、撤退命令。

兵士「ですが! 撤退命令も出さずに撤退しては!」
ゲールさん「死にたいのかキサマはぁ」

ゲールさんの引きつった声面白かった。

真田さん「開口部が元に戻ろうとする反動で、一時的に裂け目が広がり、飲み込まれたんだ」

艦長の冷静な判断力には毎回しびれるのぅ。
あの腕組みの人の残骸に敬礼するところも熱かった。
そして、メルダさん。

山本玲「あなたの帰るべき場所、無くなったそうよ」

メルダさんが腰砕けになったところで、終了。
メルダさんめちゃくちゃ動揺してましたが、あの腕組みの人が艦長つとめる戦艦がメルダさんの帰る場所だったのでしょうか。
二等市民の元で一等市民の偉い人が働いてるってのも変な話だし、なんか親衛隊の人とたまたま乗ってたようにしか見えないんだけどな。
単純に、あの腕組みの人が死んだことに動揺してるとかだろうか。
あんだけ立派な人なら、メルダさんも敬意払ってそうだし。うむむ。

第十話 大宇宙の墓場

しかしずっと続いていたラジオヤマトが今回はなかったな。シロシンタさんが悲しむぞと。
とりあえず次回はメルダさんをゲストに呼んでトークコーナーやらないとな。
名付けて「百合亜の部屋」

そして今回も次回予告は無し。
もう6月に入ったけど、まだ10月からはじまるアニメのCMはやらないな。
6月中に一回くらいはあるとは思うんだけどな。マギのCMもこの頃が初だったし。
なにかの手違いでガンダムAGEの続編やらないものか。


そしておさらい
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
第09話

« ブレイブ17 ガチだぜ!キョウリュウグレー | トップページ | トゥモロー・ワールドではないトゥモロー・ワールド »

宇宙戦艦ヤマト2199」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/51992022

この記事へのトラックバック一覧です: 第10話 大宇宙の墓場:

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第10話「大宇宙の墓場」 [SOLILOQUY]
宇宙戦艦ヤマト2199 第10話「大宇宙の墓場」「相手を信じる事だ」さて、今回のお話は・・・相変わらずゲールはゲスで(苦笑)ワープしてみたら次元の狭間に入り込んじゃって。そこは... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第10話「大宇宙の墓場」 [SOLILOQUY別館]
宇宙戦艦ヤマト2199 第10話「大宇宙の墓場」 [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第10話「宇宙の墓場」 [空 と 夏 の 間 ...]
ワープ中に次元断層に陥ったヤマト。 同じく次元断層に落ちたガミラス艦と協力して脱出することになるが…。 いざ脱出の時に裏切りが発生? 玲は、人質として来たメルダ少尉に銃を向けるが…。 玲ちゃんのキャラの掘り下げ回。 ライバルになりそうなメルダ少尉も登場します。 今作はガミラス側も美人さんが多いですね~♪... [続きを読む]

« ブレイブ17 ガチだぜ!キョウリュウグレー | トップページ | トゥモロー・ワールドではないトゥモロー・ワールド »