2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第8話 星に願いを | トップページ | ヴァルヴレイヴの5話 »

2013年5月29日 (水)

ジャッジ・ドレッドさん

こんばんは
今日はTSUTAYAに行ってジャッジ・ドレッドという映画を借りてきたです。
昔やってたやつではなく、最近出たTSUTAYAでしか借りられないやつです。
TSUTAYAならアウトレイジビヨンドも普通に借りられるけど、あれは意地であのゲオで借りる。

↓参考

ジャッジ・ドレッド [DVD] ジャッジ・ドレッド [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント  2013-06-26
売り上げランキング : 11819

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そういえば最近気がついたのですが、TSUTAYAってお店によってレンタル料が違うんですね。
僕がいつも行ってるツタヤは新作1泊420円だけど、この前行った違うTSUTAYAは360円だった。
というかあのツタヤは100円レンタルも終わったし、なんか全体的に高い!
しかし品揃えだけはすこぶるいいので行かざるを得ない。くやしいですわ……。

そんなジャッジ・ドレッド。
時は近未来。
荒廃した町の中に、シムシティのアルコロジーみたいなビルが建っていて、その中に人がたくさん住んでるような世界。
そのビルもすっかりスラム化していて、悪人に占拠されてしまっている。
ジャッジ(武装警官みたいな人)のドレッドさんと新人女性のアンダーソン君は、アンダーソン君のテストも兼ねてビルの中に悪人捕まえに行くんだけど、逆に閉じ込められてしまう。
で、そこに住む悪人や住民ら約7万5000人を相手に、たった二人で戦わなければならなくなると言う話。

なかなか面白かったです。
ひたすら戦う話ながら、敵の雑魚をやっつけたり、ガトリングガンから逃げたり、敵の強力(?)な援軍が出てきたりと、結構起伏に富んでいて、まったく飽きずに最後まで見られた。

ドレッドさんの人間味を感じさせない沈着冷静さと無双っぷりは、ヘイローの主役の人みたいだった。
寡黙でまったくぶれない感じはかっこよすぎ。
特にラスボスの人との、あの状態になってすら冷静冷徹な態度を崩さないのは熱かった。

新人のアンダーソン君も「人の心が読める」という特殊能力を生かしてがんばっていて、いい感じだった。
なんか見るからに足手まといになりそうなので、人質に取られたりしてめんどくさいことになりそうだなぁ、とか思いながら見ていたのですが。
意外とこの人も頼りになって、ドレッドさんの無双の興を削ぐようなこともなく、独自に色々と見せ場を作っていた。
あの黒人との想像力対決は面白かったし、味方と偽って……みたいな敵と遭遇した時もよかった。
ドレッドさんを助けたりもしてたし、最初は一人殺すのもためらってたのに、作中でどんどん成長していく感じが楽しかったです。

敵のボスの女の人も、やたら邪悪ですばらしかった。
ドレッドさん殺すためなら住人が死んでもまったく気にしないし、敵対勢力の見せしめとして捕虜の全身の皮を剥いで、すべてがスローモーションに感じる麻薬を打たせたあとに、高いところから落っことすとか、やたらとえぐい殺しかたしていて、熱かった。
ガトリングガンを容赦なく打ちまくるところも素敵だった。あんな強力なガトリングガン見たことない。
変に芸術的な死に様には、ちょっと笑ってしまったけど……。あの場面、妙に力が入ってたな。

ちなみにこの人、ターミネーター サラ・コナーなんたらでサラ・コナーやってた人だった。
やはりドレッドさんを相手にするには、ターミネーターと戦えるくらいの人じゃないとな。

なんか非常に面白かったので、特に文句付けるところもないのですが。
アンダーソン君がドレッドさんの心を読んだ時「抑制心の影に何かある」みたいなこといってたけど、それについては最後までふれられなかったな。
これ聞いた時は、この人もなんか悩んでる、みたいな湿っぽい展開になるのかと思ってましたが、完全にスルーだった。
まあ、変に明かさないほうがいいとは思うけど。この人はなにもわからん方がかっこいい。結局顔もわからなかったし。
というか、カール・アーバンという方がドレッドさんをやってるんだけど、主役なのに一度も顔を見せられないってどういう気持ちなんだろうか(笑)

それと文句ではないけど、売りになってる「7万5000 VS 2」ってのはちょっと誇張が過ぎると思う。
7万5000ったって大半は無力な非戦闘員だし、敵もちょこちょこ出てくるのを各個撃破してるだけなのでそれほど多くは感じなかったし、雰囲気的には「数十人 VS 2人」って感じだった。
ぶっちゃけた話、敵の数は普通のアクションものと大して変わらんです。
だから7万5000の大軍勢にたった二人で立ち向かっていく! みたいな展開を期待して見ると、肩すかしを食うかも知れない。
途中でどうでもよくなるとは思うけど。

それにドレッドさんが頼りになりすぎるので、孤立無援の緊迫感もそれほど感じなかったなぁ。
おまえひとりで十分だよ! って感じでした。一人旅団。
むしろ追い詰められていく敵の方に緊迫感を感じてしまった。

そんなわけで、ドレッドさんもアンダーソン君もがんばっていて、とても楽しかった。
同じようにTSUTAYAが独占していたキックアスくらい人気になって、続編とか作ってくれたらいいなと思う。
今度古いやつも見てみよう。。。

« 第8話 星に願いを | トップページ | ヴァルヴレイヴの5話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/51828154

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッジ・ドレッドさん:

« 第8話 星に願いを | トップページ | ヴァルヴレイヴの5話 »