2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« これまで見た映画のおさらい | トップページ | ここ一年で見た映画のベスト3とかワースト3とか! »

2013年5月24日 (金)

ヴァルヴレイヴの四話

例によって微妙に長くなってしまったので、別枠でヴァルヴレイヴの四話の感想を少し。

第4話 人質はヴァルヴレイヴ

沈黙の艦隊みたくなってきましたな。
学校が独立してしまった。しかもノリで。
ぜったいいるだろうな。テンションあがってる連中の和に入れず、「やべー」とか思いながら端の方で苦笑いしてるような生徒(笑)
学園ものは序盤だけかと思ったら、まさかこういう形で学園ものが続くとは。
ロボット物+ヴァンパイアモノ+学園もの+沈黙の艦隊

ショーコ「独立国やまと」

食料とかどうするんでしょうか。
それにあの区画だけ思いっきり切り離してるけど、あれって正常に機能するんだろうか。
酸素とか大丈夫なのか? 宇宙漂流することにはならないのか?
そもそも自給自足できもしないのに独立ってどうなんだ。それは単なる籠城ではないか。

ヴァルヴレイヴ渡されたくなければ、って感じで国を脅して補給物資の世話させるにしても、そんなのいつまでも続かないよなぁ。
ショーコが大統領の娘らしいので、そのつてを頼って補給してもらうとかだろうか。
生徒の中に交渉の達人がいて、それこそ沈黙の艦隊ばりに巧みな外交で補給を確保するとかなら面白いんだけどな。
そうやって各人の特技を生かして国作りをしていくみたいな感じで。

それにしてもあの学生達はなんであんなにヴァルヴレイヴを評価しているんだか。
所詮一機の兵器ではないかと。
ちょっと敵を撃退した程度で、国家を敵に回せてしまうほどの信頼置くもんかな。
あれがどんなに無双したって、2ヶ所同時に攻撃されたらもうアウトだぞ。

それにショーコの責任は非常に重い。
全員がコトの重大さを自覚した上での独立ならばともかく、無邪気な学生達を煽って戦いの渦中に放り込んでしまっているわけだし。
そんな中で学生達が命を落とすようなことになれば、それは独立煽ったショーコにも責任の一端は出てくるわけで。
果たしてそういった責任を受け止められるほどの決意が、ショーコにはあるのか。

独立は若気の至りって感じで、後に過酷な現実を思い知るとかなら熱いんだけどな。
それこそ電気も食料も酸素の供給もストップされて、学生達も三分の一くらいは戦死して、独立煽ったショーコも目の敵にされたりして。
みんな後悔しまくるんだけど、それでもくじけずに戦っていくことでだんだん結束も強くなっていく……みたいな。

って、細かいこと考えれば考えるほど突っ込みどころが出てくるのですが、正直どうでもいい!!!!
予想外の展開で非常に面白かった。ショーコいきなり脱ぎ出すし。
なんか大変そうだけど、大丈夫。みんなエルエルフさんがどうにかしてくれる。

« これまで見た映画のおさらい | トップページ | ここ一年で見た映画のベスト3とかワースト3とか! »

革命機ヴァルヴレイヴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/51762914

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァルヴレイヴの四話:

» 革命機ヴァルヴレイヴ 第4話「人質はヴァルヴレイヴ」 [MAGI☆の日記]
革命機ヴァルヴレイヴの第4話を見ました。 第4話 人質はヴァルヴレイヴ 予言通りにハルトの後ろに立っていたエルエルフは契約するように迫ってくる。 「ドルシアを革命する。大本を変えるしか世界...... [続きを読む]

« これまで見た映画のおさらい | トップページ | ここ一年で見た映画のベスト3とかワースト3とか! »