2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第6話 冥王の落日 | トップページ | ヴァルヴレイヴの第3話 »

2013年5月15日 (水)

テルマエのロマエ

こんばんは。
さっき、なんとなくBSの番組表を眺めていたら、BS11って所で今日の朝4:30から中国ドラマの「封神演技」なんてのがはじまっていた。
三国志とか水滸伝がドラマ化されてたのは知ってたけど、封神演技もされてたのか……。
ホームページによると全38話らしいですが。
もうちょっと早く気がついていたら録画したんだけどな。。。いきなり一話から録画しそびれてしまった。
とはいえ、まだ傷は浅いので明日から録画して見てみようと思う。
BS11って今までまったく見たことなかったけど、意外と油断がならない。

と言うわけで日記なのですが。
水曜日は映画の日、と言うわけでもないのですが、毎週見ている今日この頃。
今日はゲオに行くことができなかったので、家で録画しておいたヤツを見たです。
その名も、テルマエ・ロマエ。
四月にフジテレビでやっていたやつです。
収益58億で原作者の取り分が100万円らしいお風呂の映画。
原作は未読っ!!!


↓これ。みんな知ってると思いますが。

テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD] テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

東宝  2012-11-23
売り上げランキング : 1671

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それでローマ風呂。
たぶんみんなそんな感じだとは思うのですが、中盤あたりまでは面白かった。ものすごく面白かった。
現代日本をローマの属洲と勘違いしてるところとか。技術力の高さにプライドがずたずたになるところとか。
ルシウスがギャップに驚く描写がいちいちおもしろくて、なんかあれだけをずっと見ていたかった。
ルシウスの温泉にかける情熱も熱かったし、そのルシウスが現代の風呂の技術に感激する様は、なんか見ていてうれしくなってしまった。
それにしても、阿部寛があんなにいい身体をしていたとは……。

あと、セットがえらい豪華でビックリした。
ハリウッド大作じゃないし、どうせCG駆使したチープなローマなんだろうなぁ、とか偏見丸出しで見始めたのですが。
なんか想像以上にセットに気合いが入っていた。
Wikipedia見てみたらイタリアのチネチッタのオープンセットで撮影って書いてあったけど、イタリアに撮影用の所があるのでしょうか。
日光江戸村みたいな。チネチッタローマ村。

とにもかくにもルシウスのパートが非常におもしろかったので、漫画家志望の人のパートとのギャップがなぁ……。
あっちのパートになるたびに、早くルシウス出して! ってそればかりを考えていた。
原作は単発エピソードみたいだから、それを一つの物語にまとめるためには、ああいうキャラも必要なのはわかるけども。うぅむ。

とりあえず、あの人の漫画家志望って設定はどうなんだろぅなぁと。
この設定が出てきた瞬間に「ああ、最後ルシウスをネタにマンガ描いて夢を叶えるわけね」ってオチが見えてしまって、そんなベタでいいのかなぁというか。
それでも、絵が上手いことを生かして劇中でなにかやるならいいのですが、特にそういう事も無かったし。
本当に、最後のオチをやりたいがためだけに漫画家志望にしたって感じで、なんだかなぁと。

あと、あの人の実家の温泉。
赤字続きでもう長くない、みたいなこと言われてたので、最後は逆にルシウスのアイデアで助けられるんだろうな、と思っていたのですが、結局投げっぱなしで終わってしまったな……。
あれでいいのかと。潰れるぞと。
漫画家志望のお見合い相手も途中からフェードアウトだし、なんかちょっと日本パートがいい加減すぎないかなぁ。

そして終盤の妙なシリアス路線もな……。
行ったら死ぬだの死なないだののやりとりは、それまでのギャグ路線との温度差がすごくて、なんだか見ていて恥ずかしくなってしまった。
コメディならコメディで突き抜けて欲しかったな。

ハドリアヌスとルシウスの友情とか、シリアスはシリアスでいいと思うところもありましたけどね。
「私が、そなたのウソを見抜けぬと思ったか」とか、ちょっと感動してしまった。あれって原作にもあるんだろうか。

最後に、これはどうでもいいと言えばどうでもいい話なのですが。
あの漫画家志望は20代中盤くらいだと思うけど、なんで北斗の拳とかキン肉マンとか、80年代ジャンプマンガに囲まれていたんだろうな。
「作風が古い」とか言われてたから、ああいう古いマンガが好きで今風の漫画が描けなくて伸び悩んでる、って設定なんだとは思いますが。
明らかに世代じゃないし、なんか不自然というか、ちょっとあざとく見えてしまった。

漫画の世代なんてストーリーにはまったく関係ない話だし、わかる人だけわかればいいって感じだとは思うのですが。
「親(兄姉、友達)の影響でこういうのが好きなんだからしょうがない」みたいな感じで、一言でいいからなんかフォローして欲しかったなぁ。

ともかくそんなこんなで。。。
日本のくだりはいまいちでしたが、ルシウスのくだりはそれを補ってあまりあるくらいに面白かったと思う。
プラマイ80点くらいだろうか。文句ばかり書いてしまいましたが、なんかすごく好きです。はい
原作も読んでみたくなったです。今度読んでみようと思う。うむ。。。

« 第6話 冥王の落日 | トップページ | ヴァルヴレイヴの第3話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896686/51643622

この記事へのトラックバック一覧です: テルマエのロマエ:

« 第6話 冥王の落日 | トップページ | ヴァルヴレイヴの第3話 »