2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

第4話 雪原の墓標

こんばんは。
今日もドキドキプリキュアを見ていたのですが。
今日は、最近すっかり出番のなかった黄色がメインの回だった。
黄色が幼なじみのお嬢様と町内のコンテストで争うという話。
途中でみんなで絵を描いてたけど、みんな絵が上手だったなぁ。
1人くらいド下手なのがいたら面白かったのにな。
マナさんは歌、まこぴーは料理が下手なので、今回は青あたりが。。。
というか今のところ青には弱点がないですね。運動が苦手なくらいでしょうか。

ところであのお嬢様。
幼なじみだし「ライバル」って言われたしで、なんだかんだで黄色とは仲はいいんだろうな、と思いながら見ていたのですが。
話の終盤で黄色に「マナさん達に出会うまで私には友達がいませんでした」ときっぱり言われてて、なんだか気の毒だったな。
一切友達だとは思われてなかったんだなと(笑)
当人も「ほんとは友達欲しい」って寂しいこと言ってたし、あれあのままにしとくともっとダークサイドに落ちそう。

新キャラのレジーナって人は、なかなか出番ないですね。毎回最後にちょっと出てくるだけ。
来週もメインではなさそうだし、まともに戦うのはいつのことになることか。。。
しかしあの人見てると、なんか誰かに似てるなぁ、っていつも思うんだけど誰だか思い出せない。
金髪碧眼のキャラなんていくらでもいるけど、なんかそっくりなキャラがどっかにいたなぁと。。。思い出せないけど。

プリキュアの話が長くなってしまいましたが、今日の日記。
宇宙戦艦ヤマト見たです。ヤマト2199。
今回は、古代進と嶋大輔じゃなくて島大介が喧嘩したり、昼飯食ったり、星を調査したり。
今回も実に面白かった。はやくデスラー総統が見たい。

そんなヤマト。
おさらいのナレーションの後、ゆうがたクインテットのアキラさんが監修する合唱。
やっぱりあの合唱の中には、シャープくんとかアリアさんとかも混じってるのだろうか。

沖田艦長「なにぃ? プラモデルを子供のおもちゃだといってるやつがいるだと? そういうヤツにはバカめと言ってやれ。バカめだ!」

それで本編。
早速グレムト・ゲールさんという、えらそうな人からお説教されるシュルツ司令。
ヤマトがワープしたとか、そんなことは夢物語なので、正しい報告をしろと釘を刺す。
ちゃんと正しい報告をしてくれたら、二等市民から一等ガミラスへ引き上げるように進言してくれるとのこと。

グレムトさん、感じ悪いけど意外といい人だな。
この肌色の人達は二等市民なんですね。
ガミラスとは違う人種なのかな。植民惑星の人とか。
しかし二等市民に全権をゆだねられてる地球方面ってのは、やっぱりガミラスからすると相当辺境なんだろうなぁ。

一方ヤマト。
冥王星を叩くとか叩かないとか、救援信号の所に行くとか行かないとかで、仲良く喧嘩する古代進と島大介。
そうこうしているうちに、ヤマトに揺れる。
先週波動砲をぶっ放した影響で、コンデンサーが溶けかかってるとのこと。

沖田艦長(これもわしのせいか?)

ぶっつけ本番なせいか、なにかやる度に不具合が出るな、ヤマト。
修理するには「コスモナイト90」なる物質が必要だけど、全然量が足りない。
エンケラドスって星に放置されている採掘場からコスモナイトを補充しに行くことに。
ヤマトは修理用の物資もほとんど用意せずに出発してたんだな。
運良く近くに採掘場がなかったら、この時点で旅は終わっていた。

そして食堂。
金曜のオススメは「宇宙海軍カレーセット」
やっぱりヤマトの諸君も、金曜はカレーを食っている様子。
他にも「太陽風燃えてるチャーハン」や「アドリア風スペースジャンバラヤ」「完熟トマトの回転楕円形半熟オムレツ」「ヤマトどら焼き」「ブラックホールケーキ」等色々揃っている。
しかし真田さんはそういった魅力的なメニューには目もくれず、カロリーメイトみたいなのを食いながら中原中也詩集を読む。

真田さん(汚れちまった悲しみに……俺の青春もなんぼのもんじゃい)

それで真田さん。
食べ物は何から作られているのかとの問いに「知らない方が幸せだと思うよ」
やっぱりう○ことかなのかな。○んこ。
この世界もすでに22世紀だし、ドラえもんみたいにプランクトンで作ってるかもしれないし、○○ブ○みたいな繁殖力の強い生き物を繁殖させて材料にしてる可能性もあるけど。
でもやっぱり○んこだろうな。
実際に食料じゃないけど、飲み水とかにする研究は行われてるみたいですし。
近い未来、食料にするのも夢ではないかも知れぬ……。

参考。
いいうんち研究所

ともかく古代進と島大介が一緒に飯を食いながら、仲直り。
それを眺める、新キャラ二人組。
なぜか名前が表示されないですが。
片っぽはこの前、公式サイトのキャラ紹介で読んだな。なんか霊感強い人。
男の方の目がきらっきら。古代進達にあこがれてる様子ですが。

森雪「自己陶酔型というやつね。見習っちゃだめよ」
女子「はいっ! そうします!」

自分たちの知らないところで、地味に支持者を減らされている古代進達。島大介はどう考えてもとばっちり。
それでいろいろあって、エンケラドス。
救難信号の調査を森雪がすることになり、古代進がエスコート。

調査班は、古代進、森雪、チョー、原田真琴の4人パーティ。
原田真琴は、古代進と森雪の関係を怪しみ盗み聞き。

古代進「君、宇宙人の親戚とかいる?」
森雪「はい!?」

ズッコケる原田真琴。
原田真琴のキャラが回を追うごとに立っていくな。最初はタダのモブキャラだと思ってたのに。

それでCM明けて、エンケラドス。
調査したところ救難信号はコンピューターが自動的に送っていた様子で、生存者は無し。
そうこうしているうちに、ガミラスが襲撃。
原田真琴が衝撃で個室の中に閉じ込められたり、森雪が掠われたり。
原田真琴が地味にピンチに陥っていてちょっと面白かった。
それで戦ってるうちに、古代進がたまたま性能のよさそうな銃を拾って反撃。敵の兵士が撃たれる。

原田真琴「救急箱!」
アナライザー「敵ですよ」
原田真琴「関係ない!」

原田真琴かっこいい。
しかし敵は人間ではなくロボット。むしろアナライザーの仲間だった。
それで謎のパイロットが乗る戦闘機の援護を受けたりして、敵を撃退。
森雪と和みながら、古代進が拾った銃を見てみると、そこには年式と兄の名前が……。

古代進「兄さんのユキカゼだったんだ!」

熱い。。。
しかしこの船、初回で思いっきり爆発してたような気がするけども、原型止めたまま着陸してなおかつ救援信号まで送れてたのか……丈夫!
あと、兄はわざわざ銃にまで名前を書いてるんですな。これって普通のことなんでしょうか。
軍隊入ったことないからわからんですが、自分の物は名前を書いておきなさい! とか厳しく言われたりするのかな。

あと年式。2114年式って書かれてた。
性能よさそうなわりに、85年も前の銃であった。
なんでこんな古い銃を兄は持ってるんでしょう。なんか家に代々受け継がれてたとかでしょうか。

それでヤマト。
ユキカゼを見下ろして、静香に敬礼をする真田さん。兄とは親友だったっけ。
その真田さんを遠くから眺める新見薫。
この人は、星飛雄馬の姉ばりにいつも遠くから真田さんを見守っているな。ストーカ(ry
戦闘機に乗っていた謎のパイロットは、主計部に回された銀髪の人でした。

加藤三郎「ったく、おまえってやつは」

古代進達の時といい、加藤三郎はすぐに戦闘機をパクられるな。名前書いとけ!
そして、古代進が沖田艦長に報告。

古代進「ユキカゼに、生存者はありませんでした」
沖田艦長「生存者は無しか……古代、地球を、ユキカゼのようにしたくはないな」

沖田艦長のセリフはいつも熱いな。
しかし、古代進は兄の遺体は確かめたんだろうか。
銃があるなら近所にありそうな気がするけど、なんかそのまま出てきてしまった気がする。
どっかに脱出してたらどうするんだ。
兄って結局生きてるんだったけか。なんかよく覚えてないですが。。。
こういうのって死体が出てこないとまず生きてるからなぁ。

そして来週は午後五時半からお送りしますと出て、ユキカゼの墓標と共に終了。
最近よくずれるな……。

第4話 氷原の墓標

相変わらず次回予告がないのぅ。
地球滅亡は後何日くらいにまで迫ってるのかわからない。




そして今までのおさらい。
第1話
第2話
第3話

2013年4月29日 (月)

ブレイブ11 ウッチー!クールでござる

こんばんは。
移転して最初の日記です。
なんだか風邪引いてしまって、困っています。

それで昨日、風邪引いてるにもかかわらず深夜三時くらいまでいじっていたのですが。
ブログが変わると、だいぶ使い勝手も変わるもんなんですねぇ。。。
特に設定の仕方が今までと全然違うので苦労している。
テンプレなんて、いくら変えても反映されなくてちょっと困ってしまった。
何種類か試してみたら変わったけど、未だに反映されなかった原因がよくわからぬ。

しばらくは節操なくいろいろ変わっていくかも知れませんのであしからずです。。。
あと旧ブログへのリンクも兼ねて、しばらくは解説をトップにおいておこうと思います。

ともかくそんなわけで、最初の日記。
日曜日なので、いつものごとくキョウリュウジャーの日記です。
先週復活した金が活躍する回でした。
金のキャラが想像以上に面白かった。
よくある生真面目で実直なキャラかと思ったら、全然違った。
真面目に軽いというか。現代風になろうと一生懸命になるあの健気さがいいな。

第11話 孟古流妖禽掌

今回も金が相変わらずえらく強かったです。
というか、他の色が弱すぎ!
金を持ち上げるためとはいえ、いくら何でも他の色が雑魚化しすぎとる。
のび助持ち上げるために、過剰にのび太が役立たずになっていた某奇跡の島を思い出してしまった。
まあしばらくしたら赤達のレベルに落ちてくるとは思うけど…(笑)

今回もまた冒頭のやりとりは消え、いきなり歌。
金が中途半端に入り込んでます。
出たり出なかったり、この仲間になりきれてない感じが哀愁を誘う。
ついでにラミレスもどっかに入れてあげればいいのに。

それで本編。

カオス「悪いが食われてくれんか」

カオスさんがいきなりカンブリ魔にドゴルドさんの仮面をくっつけて、ドゴルドさん復活。
カンブリ魔の身体は一月くらいで溶けてしまうので、その時はまた新しいカンブリ魔を用意するとのこと。
カオスさん相変わらずえぐいな。

今回はキャンデリラの出番。
人間達をアイドルで骨抜きにして喜びを集めるという、至極まっとうな作戦。

そのキャンデリラの作戦のために生み出された今回の怪人は、「デーボ・ホネヌッキー」
群将カイゼルばりに孟古流妖禽掌を使いこなし、人々を骨抜きにする骨太な男。
ベルセルクに出てきそうな容姿の持ち主。
あらゆる格闘技にも通じており、力も青より強く、キョウリュウジャーが金を抜いた全員でかかってもまったく歯が立たないほどの実力の持ち主。
明らかにドゴルドさんやアイガロンさんより強い。
女性や骨太な男には、妖禽掌が通用しないのが唯一の弱点。

一方恐竜ジャー。
久し振りにラミレスが現れて、鳥と会話。
ラミレス結構出てくるんですね。ちょい役かと思っていたら、がっつりレギュラーメンバーではないかと。
ラミレス、獣電竜のナンバー8も見つかったとのことで、霊体となってどっかに飛んでいってしまいます。幽霊って便利だな。
というか金にあいさつくらいしていきなさい。

一方キャンデリラは、人間になってコンサート。
アイドルって、おまえがなるんかと。

キャンデリラ「叩いて蹴って燃やして割って、み~んなそ~らの塵になれ~♪」

しかしキャンデリラの歌、いい歌だ。。。
こんな歌歌われたら、そりゃみんな骨抜きになるわな。
いい感じに盛り上がってきているところに、キョウリュウジャーが邪魔をしに入ってくる。もう。

いろいろあって戦闘。ホネヌッキーが始動。

ホネヌッキー「自分男ですから」

その圧倒的実力でキョウリュウジャーを一蹴。キャンデリラも驚いてる。
そこに金が救援に駆けつけてきて、反撃。
銃、怪力、足技、剣の捌き、すべてにおいてキョウリュウジャーのそれぞれの色を凌駕する金。ホネヌッキーも一蹴。
なんかゴセイナイトみたいだな。
古風キャラな割には、銃のような近代武器まで普通に使いこなしています。

それで戦闘後。
金は、赤にかつてのお屋形様の姿を重ね合わせながらも、部下の質が低すぎる仲間になる気はない、とどっか行ってしまいます。

ピンク「もう、あったまきた! みんなのこと馬鹿にして、とっ捕まえて文句言ってやる!」

逆ギレするピンク。
実力不足を反省することもなく、金に文句を言いに追いかける。厚顔無(ry

黒「Oh my!」

そして追いかけていった先には、金が1人で悶えている。

金「言い過ぎた。ものすごく言い過ぎた。拙者、ものすごく嫌われたに違いないでござる」

なんか金がかわいい。嫌われたに違いないでござる(笑)
きついことを言ってしまうことを、当人もだいぶ気にしていた様子です。
先週感じ悪かったのも、ちょっとした照れ隠しだったんですな。
うぅむ。正しい形のツンデレを見ているようです。

それでピンクに恥ずかしいところを見られて、土下座して黙っててくれと頼む金。
ピンクにアイスをおごってもらって仲直り。

金「なんとうまい高利貸しだ」

青に話を聞くと、赤がかつて空蝉丸が使えていた「岩泉猛志ノ介」にそっくりだそうです。
信長じゃなかったのか……。
その岩泉氏と一緒にデーボス軍と戦ってたのだけど、デーボス軍の子供の姿に化けた卑劣な罠により、今泉氏が金の身代わりに死んでしまったとのこと。
ここでもデーボス軍はえぐいことやってたんだな。ぶれなくていい感じですが。
金の仲間達といい、彼の周りにいる人達はみんな死んでいくな。

空蝉丸「おやかたさまぁぁぁぁ!!!」

とりあえず一回くらいお屋形様と殴り合って欲しかった。
空蝉丸の過去に感化されたピンクは、涙を流す。

ピンク「私、困った人を見ると放っておけないの」

ああ、そういえばそういう設定あったな……とか一瞬思ってしまったけど、よく考えたらその設定はシンケンジャーのピンクだった。
一瞬混乱してしまった。

一方青。
夜中に1人でダジャレ言ってテンション上げているところに、いきなり現れるシャンデリラ人間バージョン。
ダジャレを褒められて舞い上がっているところに、ホネヌッキーの妖禽掌で骨を抜かれて、あべし。

CM明けて後半戦。
すっかりキャンデリラのしもべとなっている青が、他の色の所に現れ、ホネヌッキーによって他の色達も骨抜きに。
しかしピンクだけには通用しない。
ホネヌッキーは不器用なので、女子にはきかないとのこと。ロックブーケかと。

逃げるピンク。
途中で一輪車を乗りこなし、ゾーリマに向かって意味不明な攻撃。
あれはなにやってたんだ? なんかくるくる回っただけで、ゾーリマやられてたけど。
なんか怪電波でも出していたのだろうか。。。

なんだかんだでキャンデリラと再戦。
すっかり愛のしもべになっている赤達。前にピンクが使ってた魅惑のヤツよりも強力だな。さすがキャンデリラ。
そこに金が救援に登場。
服装も替わって、陣羽織風のヘンな羽織を着ている。
金って陣羽織着てるときは老けて見えたけど、着替えただけでえらい若返ったな。
わざと老け顔メイクにしてたのかな?

ともかく、金も骨抜きされるけど、通用しない。
骨太なヤツにも効かないらしい。
女子が苦手=骨太ってなんか微妙に違う気もするけど気にしない。

というか赤ってキングを名乗ってるわりには、意外と軟弱野郎なんだな(笑)
あと緑も、剣一筋で女子は苦手っぽい雰囲気醸し出してるけど、別にそう云うわけでもなかった。意外とぶいぶい言わせているのか。

そしてなんだかんだで全員復活。
金は一瞬(よかった)と安心するけど、ピンクに諭されてキャラ変更。

金「おなご1人を危機にさらすとは、何とも不甲斐ない奴らよ」

面白いけど、金はこれからずっと生真面目に多面性キャラを演じていくんだろうか。
意に沿わないきついことも言わなきゃならんし、金ノイローゼになるんじゃないか!

ここから先は金の無双タイム。
かっこいい音楽と共に、必殺技の連撃。ピンクも加わって、ホネヌッキーを撃破。
金強し。赤達をまとめて一蹴したホネヌッキーを、一蹴してしまった。
他の色との実力差がものすごい。ヒュンケルかと。

それでホネヌッキーが天翼じょうろで巨大化して、ロボット戦。
どっかの空き地で戦ってたのが、いつの間にか戦いの舞台は市街地に。
そんなわざわざと被害の出そうな所に行かんでも…(笑)
ともかく他の色達も復活してロボットに乗り込んで、金と一緒にホネヌッキーを撃破!

そして戦闘後。
金に色々言われたことを思い出し、自分たちのふがいなさを反省する男達。
金とピンクはいつの間にかメル友になって、連絡しあう。

金「やっていける自信がでてきたでござるよ! アミィ殿!」

金のキャラ、なんだかものすごく感じがいいな。。。
ピンクもとっとと本来のキャラ打ち明けさせてやればいいのに!

ED。
OPと同じように、中途半端に入り込む金。
なんかはぶられてるのに満面の笑顔が痛々しいんだが……(笑)
もうちょっとちゃんと入れてやればいいのに!
さすがにいずれラミレスとかも入れてちゃんと取り直すよな。。。

そして次回。
金の隠された過去が明らかになる。
今回全部吐き出したのかと思ったら、まだ何かあったのか。
結構深く掘り下げられるのかな。
ともかく来週あたり、金が赤をお屋形様と認めそうな気配。
今度こそ2人で叫びながら殴り合ってもらわないといけない。


過去のおさらい
第1話

第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

続きを読む "ブレイブ11 ウッチー!クールでござる" »

2013年4月28日 (日)

解説

アニメや映画の感想や、とりとめのない日記のブログです。
たまにコミポを使った四コマなどが混じり込んだりします。

過去のアニメ、映画の感想等は「くにづくり日記まーく2」をご覧下さい。

以下は関連サイトです。

じゅうや帝国(本家サイト)

くにづくり日記まーく2(旧ブログ)

ウッピー(本家サイトの他に小説上げてる所)

以下は詳しい(?)解説

続きを読む "解説" »

トップページ | 2013年5月 »